情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.01.03 20:00|カテゴリ:政治経済コメント(4)

【悲報】大手保険会社が一斉値上げ検討へ!家計に悪影響の可能性、日銀のマイナス金利政策が理由


s_ice_screenshot_20170103-141145.jpeg


大手生命保険会社が今年の値上げを検討している事が分かりました。報道記事によると、昨年に実行された日本銀行のマイナス金利の影響から値上げを検討しており、大手生命保険会社は4月までに結論を出すとのことです。

保険料が値上げになると家計にも負担になることから、個人消費の冷え込みが加速することになります。保険会社は金利の動向で値段を決めているため、今後もマイナス金利が続く限りは値上げという話が出てくることになりそうです。


大手生保各社 一般的な保険も保険料値上げ検討
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170103/k10010827691000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012


s_ice_screenshot_20170103-141103.jpeg
大手の生命保険各社は日銀のマイナス金利政策の影響などで、契約者から預かった資金の運用が難しくなっていることから、貯蓄性が高い一時払いの保険に続いて、毎月、保険料を支払う一般的な保険などについても、保険料の値上げを含めて対応を検討しています。



以下、ネットの反応

















関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
「世界一の投資家」に独占インタビュー ジム・ロジャーズ「日本経済に何が起きるのか、教えましょう」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38748

紙幣が刷られると株価が上がるというのは歴史が証明していることであり、

ほぼあらゆる投資家たちがその「真実」に忠実に行動したまでなのです。

しかし、実はこうした通貨切り下げ策(金融緩和)が、

中長期的に一国の経済を成長させたことは、一度としてありません。

追加緩和を実施すれば株価が上がるので株のトレーダーはまた大喜びするでしょうが、

多くの日本人にとってはコストアップという形でより首を絞められることになるだけです。

いま日本がやるべきは、減税と支出削減です。

日本人は安倍首相から予算の権限を奪い取ったほうがいいかもしれません。
[ 2017/01/03 20:16 ] [ 編集 ]
保険会社が一斉にこういう事するということは、社会保障の更なる減額が確定しているということです。
保険会社と安倍政権(日本政府)は、グルですからね。

もう、いくらバカな日本人でもいい加減、日本の仕組み(社会の仕組み)を理解した方が良い。

原発の大株主は保険会社ですよ。
奨学金ローンも保険会社の投資先ですよ。
消費者金融に投資してるのは保険会社ですよ。
日本政府が、社会保障を減額しているのは、保険会社の利益の為ですよ。

バカは死ななきゃ治らないと言っているが、そのバカに道連れにされて社会を理解してる大勢?少数?の国民も一緒に逝くのが、現代社会と言うものです。
これを「連帯責任」と言いますね。
なので、社会を理解してない「バカ」は、罪です。
[ 2017/01/03 23:10 ] [ 編集 ]
保険会社の正社員の給料や賞与はあがるんですけどね。
[ 2017/01/04 00:04 ] [ 編集 ]
掛け捨てや共済にすりゃーいいだけ
そもそも金利の低下はもう何年も前から続いている

予定利率の引き下げも続いているのは今に始まったワケじゃあるまいし
家計を圧迫って・・・

値上げするような商品を選ばなければ良いだけ。

バカマスゴミの垂れ流しを真に受けなければ良いと思います。
[ 2017/01/04 16:41 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク