情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.01.04 19:00|カテゴリ:政治経済コメント(24)

北欧フィンランドで遂にベーシックインカム開始!毎月560ユーロ(約6万8000円)を試験的に支給へ


s_ice_screenshot_20170104-121356.jpeg

北欧のフィンランドで初めて試験的にベーシックインカムが開始されます。フィンランドのベーシックインカムは今月から試験的に2000人を対象にして行われ、一人あたり毎月560ユーロ(約6万8000円)が支給される予定です。

この金額は年収や雇用状況を考慮せず、全ての対象者に支払われます。政府はその後の動向を調査してまとめて、大きな問題が無ければ全ての成人を対象にする予定です。

ベーシックインカムを導入する代わりに、複数の社会保障制度を見直す方針で、制度をベーシックインカムに統一することで無駄の削減が出来ると見られています。


ベーシックインカムを試験導入、2千人対象 フィンランド
http://www.cnn.co.jp/business/35094497.html

ロンドン(CNNMoney) 北欧フィンランドで今月から2000人を対象に保証収入を支給する制度を試験的に導入する試みが始まった。
今月から始まったプログラムは、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)の実効性をテストする最初の取り組みの1つだ。対象者には収入や資産、雇用状況にかかわらず、毎月一律560ユーロ(約6万8000円)が支給される



以下、ネットの反応





























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
おもしろい試みだ。はたしてうまく行くか失敗するか、日本の参考になる。
[ 2017/01/04 19:19 ] [ 編集 ]
最低所得を一律に保障する政策は新しいものではない。既に1795年から1834年までの産業革命期の英国において、スピーナムランド法として施行されていた。それは失業保険と生活保護とを混同させ、労働者から勤労意欲を奪ったと評されている。単に貧しい労働者である貧乏人と、救貧院に入れられる貧民という異なるカテゴリーが、ひとつの寄生的な貧困大衆へと溶解した。すなわち、労働力を再生産する社会的制度が徹底的に破壊され、労働力の循環系に制度的真空が生じたとカール・ポランニー[1944]は指摘し、これを「悪魔の碾き臼を動かした」と形容したのであった。つまり、労働、土地、資本(特に労働力)という本源的生産要素の商品化というり転換が引き起こされ、市場外部の社会的紐帯が破壊されたが(市場の社会からの離床)、その国際的な市場システムは第一次世界大戦とともに機能不全に陥り、社会主義、ニューディール、ファシズムという様々な形態の反市場主義という大転換を帰結したと指摘する。ただ、このポランニーの議論は二十一世紀のグローバリゼーションにそのまま適用できないという批判もある。
結論:右からも左からも否定的意見があまり目に付かない状況に不安を感じるが、ようわからん。
[ 2017/01/04 19:56 ] [ 編集 ]
よくわからないんだけど、ベーシックインカム制度というのが導入されたら、企業年金はともかく、厚生年金プラス国民年金という公的年金については、これまでたくさん働いてたくさんもらえるはずだった人も、そうでない人と同じ一律の、例えば8万円とかになっちゃうってこと? 今までたくさん払ってきた人は損して少ししか払ってこなかった人は得をする? それが格差是正になるってことなわけ? 病気で働けない人も健康で働ける人も一律? それって社会保障なわけ?
[ 2017/01/04 20:08 ] [ 編集 ]
金額的に低いね!スイスでは否決されたが月27万円だったよね!
[ 2017/01/04 20:37 ] [ 編集 ]
個人的な経験に基づいた意見だから話半分で聞いてくれればいいんだけど
親はいわゆる高給取りだったのに、毎月何十万か慈善団体に寄付していたので
周りの子(土地柄富裕層が多い地域だったため)と同じように毎年海外旅行に行けなかったり
きれいな洋服を買ってもらえなかった思い出がある。
大人になって今思うと寄付のためだったと思うけど、刹那的な贅沢をするよりはよっぽど良いお金の使い道だったと満足している。
お金の使い道は人それぞれだけど、贅沢をしないと死ぬわけでもないし富の再配分はもっとあってもいいと思う
[ 2017/01/04 20:57 ] [ 編集 ]
本来お金は流通のための手段。
ペーパーマネーだろうが、ポイントだろうが
モノでも情報でも流通させなければ
人間生活は豊かにならない。
社会福祉を簡素化することは喫緊の課題。
[ 2017/01/04 21:14 ] [ 編集 ]
完全に怠け者を作る制度だろ
日本でやればニート量産するだけ
日本人は健全に働くべき
[ 2017/01/04 21:32 ] [ 編集 ]
>日本でやればニート量産するだけ
一体、どんなデータを使ってそのような答えを導いたんですかね^^
[ 2017/01/04 21:40 ] [ 編集 ]
ベイシックインカム約65000円というのは
生存権としてみればほどほどの金額。


[ 2017/01/04 21:47 ] [ 編集 ]
これであと、最低賃金1500円くらいならばブラックもなくなりますね~
もし実行するとなれば、「今まで俺が払ってきた多額の年金はどうなる」と言い出す人はいると思う。一時的に何らかの措置は必要かも。フィンランドではどうなるんだろう。
[ 2017/01/04 21:54 ] [ 編集 ]
>[ 2017/01/04 21:54 ] 名無し
払った分を取り戻すという考え方が間違っている。
社会への貢献と考えなさい。

[ 2017/01/04 22:04 ] [ 編集 ]
>今月から試験的に2000人を対象にして行われ

これは実験だからね。
やる前からあーだこーだ言っても意味が無い。
怠け者を作り出す制度なのか、野垂れ死にへの不安を消す制度なのかはこれからわかる。
結果が出るのを見守るしかない。
あと国民性の違いというのもあるからフィンランドの結果がそのまま日本に当てはまるとは限らない
ということは考えておくべき。
[ 2017/01/04 22:07 ] [ 編集 ]
>22:04さん
私自身は不要ですが。私の親世代の方のことですよ。年金を当てにして貯蓄してこなかった方もいますので、ある程度不安を取り除いてあげるケアも必要、ということです。私はBI賛成派です。注意深く見守りたいです
[ 2017/01/04 22:11 ] [ 編集 ]
>[ 2017/01/04 22:11 ] 名無し
あなたのご両親がおいくつかわかりませんが、
ご長寿であれば、この制度のままだと
払った分以上の年金を受け取ることになるでしょう。
それはどうなのでしょう。
[ 2017/01/04 22:20 ] [ 編集 ]
>[ 2017/01/04 22:20 ]
後の世代の方が、気の毒だと思いますね。 全ての国民が世代、現役時代の収入等に関係なく生存保障が行われるBIが良いような気がしますね。あなたは?
[ 2017/01/04 22:27 ] [ 編集 ]
[ 2017/01/04 20:57 ] 全く同感、いいコメントですね!






[ 2017/01/04 22:34 ] [ 編集 ]
[ 2017/01/04 22:20 ] 名無し ですが、、
前提として政府通貨の発行なんですが、
日本の人口減少やAIの発達を考えれば、
これからの時代にはBIが良いと思っています。
[ 2017/01/04 22:35 ] [ 編集 ]
何はともあれ、うまくいけばいいな。
[ 2017/01/04 23:47 ] [ 編集 ]
それと、BIは一カ月毎か、半年毎か、一年毎か
いづれにせよ、すべて使い切ることをチェックできる
システムが良いでしょうね。
[ 2017/01/05 09:33 ] [ 編集 ]
日本ではやれないだろうな。
北欧は民主主義だけど、日本は
見せかけの民主主義だからぜってーむり。
自民党なんて金持ちの為に庶民がいる
って思ってんだろうな。
[ 2017/01/05 09:33 ] [ 編集 ]
日本でベーシック•マイナス•インカム導入か?何の事は無い、新しい税金の導入だった!
[ 2017/01/05 09:58 ] [ 編集 ]
09:33とか、プリペイドカード方式とか言って、闇役人によけいな天下り先を作られないように注意しないといけない面もありますからね、日本では。
[ 2017/01/05 10:27 ] [ 編集 ]
北欧は社会保障が行き届いてのベーシックインカムだが、日本でこの額だととてもやれない。
収めている諸税金はトータルで北欧とそんなにも変わらないのに、日本の税金は何処に行っちゃうんだろうね。
[ 2017/01/05 10:29 ] [ 編集 ]
>[ 2017/01/05 10:27 ] 名無し
マイナンバーカードに決まっている。
[ 2017/01/05 10:47 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム