情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.01.05 19:00|カテゴリ:政治経済コメント(7)

【凄い】脳梗塞で死んだ細胞の再生に初成功!兵庫医科大が定説覆す大発見!2年で臨床試験も!?


s_ice_screenshot_20170105-120929.jpeg

兵庫医科大の研究グループが定説を覆すような大発見をしました。細胞を培養して移植することで、脳梗塞で死んでしまった脳細胞を再生させる事が可能だと発覚。
従来の定説では死んでしまった細胞の蘇生は不可能となっていたことから、画期的な発見だと言えるでしょう。

発表によると、脳梗塞で血管が詰まって脳細胞が危機的な状況になると、血管周囲の細胞が神経細胞などに変化して対応しようとするとのことです。iPS細胞に近いタイプの変異だと言え、重症の脳梗塞を起こしたヒトの脳でも存在が確認されました。

この細胞は「iSC細胞(虚血誘導性多能性幹細胞)」と呼ばれ、マウスへの移植にも成功したと発表されています。ヒトへの応用も不可能ではないと見られ、今後の研究調査に注目したいところです。


脳梗塞で死んだ細胞再生 兵庫医科大、定説覆す発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000002-kobenext-sctch


s_ice_screenshot_20170105-120808.jpeg
兵庫医科大(兵庫県西宮市)のグループが、脳梗塞の組織の中に神経細胞を作る細胞があることを発見し、それを採取、培養して移植することで、脳梗塞で死んでしまった脳細胞を再生させる研究を始めた。死んだ神経細胞は再生しないという定説を覆す発見で、グループは「今後2年余りで、臨床試験の前段階まで持っていきたい」と話す。(武藤邦生)



以下、ネットの反応





















関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
どこの細胞でも脳組織にできるのかな
ips
[ 2017/01/05 19:54 ] [ 編集 ]
脳だけの不老不死は無理w
細胞には「テロメア」という時限装置があってな・・
そのテロメア自体をイジれるようにならないと無理w

生物ってのは寿命という神の采配があるんだよ

ちなみに、地域猫活動をやっていて
親子らが遠方に別々に引き離されて飼われたり半野良のままだったり生活環境が違うのに
皆一斉に寿命が尽きてるのな
違う血族の仔は半野良でもずっと長生きしてたりする
つくづく遺伝子ってもんを感じるわ
[ 2017/01/05 20:36 ] [ 編集 ]
脳には幹細胞があることが数年前に分かって脳神経細胞は死んだらそのままって学説がひっくり返りつつあるんだよね
最近になって生活改善とサプリの併用でアルツハイマーの初期を治療できた例もでてきた
[ 2017/01/05 21:06 ] [ 編集 ]
武器やら原発やらを海外に売ることで活路を見出すなんてことしなくても、
日本にはこういった平和を築く「技術」があるんだから、それこそ誇りにすればいいのに!
[ 2017/01/05 23:32 ] [ 編集 ]
認知症や精神疾患にも応用できそう
委縮と機能が低下している部分の代用に

>[ 2017/01/05 23:32 ] 名無しさん
同感です
[ 2017/01/06 13:01 ] [ 編集 ]
>武器やら原発やらを海外に売ることで活路を見出すなんてことしなくても、
>日本にはこういった平和を築く「技術」があるんだから、それこそ誇りにすればいいのに!

医療も軍事も原発もすべて国家の安全保障のために必要ですよ。
当たり前の話ですが、どれも継続してレベルを上げなきゃだめなんですよ。
産業の裾野も広く、関連して何十万何百万人と雇用がありますから。
[ 2017/01/06 18:40 ] [ 編集 ]
>[ 2017/01/05 23:32 ] 名無しさん

私もそう思います。
人類の平和な暮らしや地球環境保護に着実に功績をあげていくのが日本のあるべき姿。
また、こうした善良な日本をどこかの国が脅かすとすれば、その国は国際社会の非難を浴びるので、安全保障上も有効と考えます。
[ 2017/01/07 10:01 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム