情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.01.14 13:26|カテゴリ:ニュースコメント(20)

自衛隊の実弾誤射事件、関係者ら25人を懲戒処分!担当者とその上司ら3人も停職!隊員2名が誤射で負傷


s_ice_screenshot_20170114-113947.jpeg

2016年5月に北海道で訓練中に誤って実弾を発射して隊員2名が軽症を負った騒動で、自衛隊は関わった隊員25人を停職などの懲戒処分にしたと発表しました。

処分となったのは誤って実弾を請求した上司ら3人と、実弾を訓練前に確認しなかった隊員ら計22人となっています。処分の大半は停職と減給になっており、自衛隊で発生した不祥事の中ではかなり規模が大きいです。
この事件では訓練中に発射された実弾で負傷者が出ていることから、自衛隊上層部も事態を重く見て判断したと思われます。


s_ice_screenshot_20170114-113641.jpeg
s_ice_screenshot_20170114-113649.jpeg
s_ice_screenshot_20170114-113656.jpeg
s_ice_screenshot_20170114-113713.jpeg

実弾誤射で25人懲戒処分=陸自訓練の隊員―北海道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000174-jij-soci&pos=1

 
北海道鹿追町の陸上自衛隊然別演習場で昨年5月、訓練中に誤って実弾が使われ、隊員2人が軽傷を負った事故で、陸自北部方面総監部(札幌市)は13日、訓練に関わった25人の隊員を停職などの懲戒処分にしたと発表した。





以下、ネットの反応




















*管理人コメント
空砲だと思ったら実弾が出るとか、ちょっと怖すぎです。二度と起きてはいけないトラブルで、自衛隊には再発防止を徹底して欲しいと思います。


関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
実弾の「誤射」とは思えない
初任の教練で、銃の操作等を教わり、実弾と空砲等の識別能力を認定されれば、誤射は有り得ない。

従って、この事故(?)が本当に事故なら、自衛隊の教練がいい加減なものである証拠です。

実銃の操作に慣熟するまで教練をしていないのなら、自衛隊の能力には疑問符がつくし、実際には、他国の軍隊のような能力が無いのでしょう。

サバゲー程度が出来る能力だと思う。
[ 2017/01/14 14:07 ] [ 編集 ]
 気になるのは原因と再発防止策です。
 防止策の一つとしては訓練回数を増やすことですね。


陸自誤射 「経験不足」実弾気づけず…「発注ミス原因」
http://mainichi.jp/articles/20160621/k00/00m/040/054000c
> 輸送隊の40代陸曹が弾を供給する業務隊に請求手続きをした際、実弾を使用した4月の訓練の書類を参照し、パソコンシステムに実弾を示す番号を誤って入力した。4月の書類を参照した理由について、陸曹は「業務に不慣れで、入力に自信がなかった」と説明しているという。

陸自、空包と間違え実包で撃ち合う
http://www.sanspo.com/geino/news/20160605/pol16060510000001-n4.html
> 北部方面総監部は「今回発砲した隊員は全員、平成27年度の射撃検定に合格している」としており、射撃能力が著しく劣ることはないという見解を示している。しかし、ある陸自幹部は「輸送部隊はもともと普通科ほど射撃訓練は多くなく、一般的に小銃の射撃能力は劣る」と指摘する。
> また別の幹部は「北部方面隊の輸送科は、戦車の輸送任務がやたらに多い。千歳市周辺にある北千歳駐屯地や北恵庭駐屯地などから北海道東部の矢臼別演習場まで、深夜に運ぶ。それで射撃訓練のひまもほとんどない」と語る。輸送距離は直線距離で測っただけでも280キロ程度はある。
> それでも手に触れれば一人ぐらいは形状の違いに気がつくはず。あまりにも不自然なことばかりのため、陸自内部では「誰かが故意に実包を配布した」「実包と分かっていながら撃った」などの陰謀説まで出ている。さらには「防弾チョッキで助かったというならわかるが、なんで1発も当たらないのか」という声まで聞かれる。

実弾と空包を区別できず 鹿追の陸自誤射「経験乏しく」
http://blogs.yahoo.co.jp/hattor123inakjima/34239505.html
> 輸送中隊の実弾射撃訓練は年1回で、隊員1人が撃つ実弾は数十発。普通科(歩兵)隊員1人が年間で数百発撃つのに比べ、格段に少ない。

5.56mm普通弾誤射事案に関する再発防止等の検証結果について
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2016/12/21a.html
[ 2017/01/14 15:03 ] [ 編集 ]
諸君、鉛を飲んで、スープをぶっ放さんようにな。あと、敵は、低く狙え。
⊃『青銅の巨砲』 (C.S.フォレスター:ハヤカワ文庫 NV 121)
逆境において、闘志をたぎらせる指揮官。

⊃『駆逐艦キーリング』の潮気も、また格別な件。
24時間、闘えますか!?

[ 2017/01/14 15:13 ] [ 編集 ]
これ確認しなくてもパッと見でわかるようになってないのか
色が違ったり形式が違ったりさ
[ 2017/01/14 15:13 ] [ 編集 ]
戦争をしない国
キリキリ、今にも戦場で戦えそうな自衛隊でない方がいいです。
[ 2017/01/14 15:54 ] [ 編集 ]
日頃から自衛隊の低能ぶりを疑っていたが、見事に証明された思い。
[ 2017/01/14 17:54 ] [ 編集 ]
訓練回数云々より以前に、

安易に前例を模倣した結果発注ミス犯す担当者の怠慢、
その確認チェックを怠る事務の甘さ、
空包と実包の区別を満足に教育できない、
訓練で空包を確認する手続を怠る

以上のような組織としての体をなしてない基本的な能力の欠如の方が問題だろう。
[ 2017/01/14 18:13 ] [ 編集 ]
[ 2017/01/14 14:07 ] とら猫イーチさん  兄さんお疲れ様です!
[ 2017/01/14 19:15 ] [ 編集 ]
ブランク・アダプター付けて実弾を激発させたから筒内爆発したって事?
弾が出るより危ない…。
[ 2017/01/14 20:41 ] [ 編集 ]
自衛隊の実弾誤射事件〜泥憲和
今回の事件が『初歩的すぎるミス』が重なっていることから『実弾を使った訓練』をこっそりしたのではないかと『元自衛官の方』が推測しています。

明らかな規則違反ですが、動機が『泥氏の推理通り』なら自衛隊の役割としては無理に責められない気がしますね。
http://blogs.yahoo.co.jp/akaruria/34774384.html
私は、この事件は現場の先任幹部の独断による、意図的な事件だったと思います。至近距離から実弾を撃たれる体験訓練をやったのではないか。実弾射撃訓練のときに監的壕(実弾が標的のどこに当たったかを表示する係が隠れる壕)に入った体験者なら分かることですが、正面から実弾を射撃されたら、その衝撃音は空砲と比較になりません。音というより、衝撃です。耳元に直接たたきつけられます。当たらないと分かっていてもはじめは恐怖でした。

 至近距離ならその衝撃は数倍大きく、風圧も体感することでしょう。身のすくみ上る恐怖だと思います。これから自衛隊が戦闘任務をまっとうするには、隊員がその恐怖を克服できなくてはならない。悠長に構えていては訓練が間に合わず、それは隊員の危険に直結する。

 至近距離から実弾を撃たれる訓練が絶対に必要だ。そのように危機感を募らせている幹部が大勢いることを、私は疑うことが出来ません。特に、米軍の訓練を受けた幹部はそうでしょう。米軍兵士は機関銃から放たれる実弾の下を匍匐前進する訓練を必ずするのです。そのようにして戦場の音と匂い、雰囲気に慣らしていくのです。

 今回の自衛隊の事件の真相は、意を決した幹部の命令で、数丁のライフルが実弾を撃ち続ける前で、隊員がその衝撃と風圧とを体験する訓練を敢行したのではないでしょうか。隊員は身を伏せて、射手は実弾が絶対に当たらない所を狙ったと思います。空砲用のアダプタが壊れたのは、まあアリバイ工作です。もちろん、こんな訓練は禁止されています。
[ 2017/01/14 21:10 ] [ 編集 ]
>もちろん、こんな訓練は禁止されています。

確か第一空挺団を辞めた隊員が書いた本に、自衛隊にもこういう訓練があったと書いてあった。
ただ日本の場合、安全性に配慮して、頭上はるか上を実弾が飛ぶようにしていると。
[ 2017/01/14 21:18 ] [ 編集 ]
ロハスな人

ブランク・アダプターついてりゃ弾は出ないし、筒内爆発で射手が怪我する危険性があるだけでしょ。
空砲での訓練ならブランク・アダプター付いてなきゃ銃は作動しないから、そう言う「建前」ならブランク・アダプターは装着。ならば弾は出ない。
空砲訓練なのにブランク・アダプターつけ忘れた上に間違って実弾を渡した、と言うのなら、そう言う「仮説」も有りうると思うが…。
[ 2017/01/14 21:38 ] [ 編集 ]
まあ、現在は藪の中なんですよ。↑

[ 2017/01/14 21:48 ] [ 編集 ]
軍事組織の民主的統制はきわめて重要、監視を怠らぬこと
憲法9条との緊張関係があるから、自衛隊は戦前の軍部のような腐敗・堕落は免れてきた。しかし近年は憲法9条への攻撃が強まるとともに腐敗・堕落の傾向が見られる。イラク派遣自衛官は1万人にのぼるが、そのうち50人以上が自殺している。異常な多さだ。だが、防衛省は自殺原因を調査しようともせず、なぜ自殺者が多いのかわからない。米英ではイラク派遣将兵が精神を病む事例が多く社会問題になっている。イラク派遣自衛官も極度の緊張を強いられたはずだ。宿営地は迫撃砲などで攻撃された。自衛隊車両が路肩爆弾で損傷した。群衆に囲まれた自衛官が銃の引き金に指をかけた事例があることも知られている。米兵を自衛隊機で輸送したのは憲法違反の高裁で断じられたが、その自衛隊機には対空ミサイル攻撃があったとも言われる。だが、イラクでの自衛隊活動報告は国会で提出要求が出されても黒塗り文書しか提出されなかった。最近では南スーダンの自衛隊の日報も廃棄され、7月の緊迫時の様子が検証できない。これで自衛隊の民主的統制ができるのか。そもそも、日本は米英のイラク戦争を支持し自衛隊をイラクに派遣したのに、ろくな検証をしていない。米英では独立調査委員会を設けて検証した。それが民主国家というものだ。英国では、当時のブレア首相まで呼び出して聞き取りをしている。機密文書の機密解除もして検証している。そして、イラク戦争に踏み切る前に平和的手段を尽くしていなかったとの結論を得て当時のブレア首相の判断を批判した。米国でも、イラク戦争開戦理由となったイラクに大量破壊兵器があるとの情報は誤りであったことが判明した。それなのにイラク戦争を支持した日本政府が、いまだにその判断は正当であったと言い張っているのはおかしなことだ。独立調査委員会を設けて検証しないのは、当時の判断が間違っていることを認めざるを得なくなり責任を問われるからであろう。だが、こんなデタラメがまかり通っては、軍事組織の民主的統制ができるわけがない。今後も誤った軍事的判断がまかり通ってしまう。イラク戦争では自殺者は多いが戦死者も負傷者もなかったとされている。ところが池田元空自三曹は米軍車両にひかれ、その後後遺症が残ったと訴えている。国が認めないので国を提訴している。きわめて不透明な事案だ。国は独立調査委員会を設けて調べるべきではないか。そして国民に向かって透明性のある報告をすべきではないか。透明性は中国の軍備にだけ求められるものではない。なお、稲田防衛相が軍需産業の株を持っているとも言われるが、事実なら問題だ。米国ではトランプの家族が外国とのビジネスに関与していることが問題視されている。米国の外交がビジネスの利益のために歪められかねないからだ。稲田が軍需産業の株を持っているなら、戦前に経済人と癒着して腐敗した軍部と同じ構図になる。軍事組織の民主的統制をゆるがす事案だ。監視を怠ってはならない。
[ 2017/01/14 22:45 ] [ 編集 ]
ロハスな人

そう言う実戦的な訓練を非公式にやっていたとしても、それが発覚するのは「内部告発」か「誤射による死傷者」の発生の場合のみでしょう。
ブランク・アダプターの破損と言う「アリバイ工作」とやら意味不明。
あなた、ブランク・アダプターの構造分かってませんよね…。
[ 2017/01/14 23:14 ] [ 編集 ]
この事件はもっと闇が深いと思う
ニュースで出てきてるのは嘘ばっかり
なぜなら俺元自だけど空砲と実弾を間違えることはマジで100パーセント絶対にないから
とにかく安倍政権になって自衛隊の訓練方式が全く変わったという声は現役のダチからよく聞く
もう完全に戦争できない軍隊からできる軍隊に180度変わったということや
ただ現場がその急激な変化に追いつけなくていろんな事故が実際ここ数年増加傾向にあるらしい
今回の事故(事件)はもしかしたら上層部が秘密裏に画策した実験的なものだったのかもよ ところがうまくいかず想定外(負傷者)が出てしまって隠しきれなくなった けれども最後まで嘘をつきとおすしかないみたいな
[ 2017/01/15 08:42 ] [ 編集 ]
自衛隊と警察は社会学でいう暴力装置だから、何かトンでもないことを仕出かさないように、市民がもっと意識して監視した方がいいな。
[ 2017/01/15 12:32 ] [ 編集 ]
>[ 2017/01/15 12:32 ] 名無し の方、

マスコミがその市民の代行で監視してくれればいいんだけど、今の「日本」のマスコミは・・・・・・?!
逆に考えるとそうやって他人を頼るのがダメなのかも(と言っても時間がある人はどれだけ・・・・・・)?!
[ 2017/01/15 13:17 ] [ 編集 ]
[ 2017/01/14 23:14 ] NetrightHunterさん>
『反安保法制活動で有名になった元自衛官の泥さん』のコラムの見解が興味深かったので引用しただけで、この件で誰をどうこういう『他意は一切ない』です。
『泥さんの推測(あくまで推測にすぎません)』が正しかったとしても『動機はともかく』実際にこういう『規則違反』はやはりダメだと思いますし、『文民統制』を徹底する上でも『真相を明らかにするのは必須』だと判断します。
[ 2017/01/15 14:12 ] [ 編集 ]
土地柄、、

シカ撃ってたんじゃね。
[ 2017/01/15 17:29 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム