情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.01.16 21:32|カテゴリ:政治経済コメント(15)

豊洲新市場の地下水汚染 都専門家「食の安全に問題はない」 業者「納得できない」


s_ice_screenshot_20170116-212534.jpeg
*豊洲新市場

有毒物質ベンゼンなどを基準値の数十倍も検出した豊洲新市場について、都の専門家会議は「食の安全に問題はない」という意見を発表しました。

報道記事によると、東京都の専門家会議は地下水の汚染が酷いことを認めた上で、食品を扱う場所からやや離れていることを理由に安全性をアピールしたとのことです。

これに対して食品業者らは猛反発しており、「消費者が納得しない。とても移転できない」とコメント。小池百合子都知事は汚染が予想以上に酷いことから、今後も検査を継続すると明らかにしています。

ただ、過去8回の検査ではいずれも「不検出」となっていることを考えると、今までの東京都の検査方法にも疑問があると言えるでしょう。業者からもこの点を不安視している声が聞こえ、今後の検査で不検出になったとしても対立は続きそうです。


s_ice_screenshot_20170116-212721.jpeg
s_ice_screenshot_20170116-212724.jpeg
s_ice_screenshot_20170116-212727.jpeg
s_ice_screenshot_20170116-212744.jpeg
s_ice_screenshot_20170116-212751.jpeg
s_ice_screenshot_20170116-212756.jpeg
s_ice_screenshot_20170116-212823.jpeg
s_ice_screenshot_20170116-212836.jpeg
s_ice_screenshot_20170116-212856.jpeg
s_ice_screenshot_20170116-212903.jpeg

豊洲有害物質 都専門家会議「食の安全、問題ない」 業者「消費者納得しない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000050-san-soci

土壌汚染対策を検証する都の専門家会議は「食の安全に問題はない」とするが、築地市場(中央区)の業者は「消費者が納得しない。とても移転できない」と漏らす。小池百合子都知事が「想定を超えた」とした結果によりモニタリング継続も決まり、豊洲移転の先行きは不透明さを増す。





以下、ネットの反応




















関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
床下に有害物質があったらもう駄目でしょう。
気化して床上まで来ることもあれば、埃状になって飛んでくることもある。
大地震でも起きればあたり一面有害物質まみれになる。
液状化現象でも有害物質が噴出してくる。
食品を扱う場所には不向きの場所ですよ。

[ 2017/01/16 21:41 ] [ 編集 ]
売り払う他ないのでは?
Amazonにでも売り払うしか手立てがないのでは?元々不向きな土地に建てちゃったからね。
[ 2017/01/16 21:52 ] [ 編集 ]
「専門家」なんて、政府の「有識者」と同じで、最初から出す結論が決まっている。放射能汚染のことを考えればすぐわかる。
 誰がベンゼンまみれの豊洲の魚を食べるか。
[ 2017/01/16 21:55 ] [ 編集 ]
はあ?
食の安全に問題はない?はあ?危険物乙4種で出てくるベンゼン。ガソリンと同じ第一石油類。融点が5.5゜Cと低い為冬季には凝固する物もある。水には溶けないがアルコール、ジエチルエーテルなどの多くの有機溶剤によく溶け、かつ各種の有機物を溶かすとある。揮発性が大きく引火しやすい。火気を近づけない。火花を発する機械工具等を使用しない。河川、下水溝などに流出させないとある。もう移転中止した方が身のためなのだが?何時火災が起きてもおかしくない場所と言う事さ。
[ 2017/01/16 22:18 ] [ 編集 ]
そもそも何のために環境水の基準があるのか?
「飲むわけではないから」という人がいるが、そもそも何のために水の環境基準(飲料基準ではありませんから間違えないように)があるのか、そしてなぜ、その環境基準(しつこく言いますが、飲むための基準ではありません)を満たすことを移転の条件としたのか、原点に帰って考える必要があります。

それさえ知らない?人が専門家を名乗り、専門家会議の座長をやっていますが、世も末だと思います。

環境基準法第16条
第十六条 政府は、大気の汚染、水質の汚濁、土壌の汚染及び騒音に係る環境上の条件について、それぞれ、人の健康を保護し、及び生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準を定めるものとする。

これは食品関係か否かを問わず、満たすことが「望ましい基準」ではありますが、食品市場であればこれを満たすのは当然でしょう。

次に、地下に閉じ込めてあるから大丈夫だと言う人もいますが、東日本大震災で浦安などの埋め立て地はどうなりましたか?
もし首都直下型地震が起きれば、豊洲は間違いなく地下水が噴き出すでしょう。
それを考えれば「地下だから構わない」という事にはならないはずです。

[ 2017/01/16 23:03 ] [ 編集 ]
爆破弁です!
以前も どこだかで、そういていた 自称専門家がいたっけな.
[ 2017/01/17 00:57 ] [ 編集 ]
この土地を購入しようとした人に責任をとってもらいましょう
[ 2017/01/17 02:04 ] [ 編集 ]
反対も多いが、この際、カジノに転用したらどうか?
賭博に狂う奴なんぞ短命で十分だ。
[ 2017/01/17 07:22 ] [ 編集 ]
このままでは、築地の業者たちは到底持ちこたえられず、展望も持てずで廃業が増えざるを得なくなる。せっかくの食の文化も先細り、古き良き時代を懐かしむだけの日々になり、それもやがて記憶が引き継げられず薄らいで、日本はまた得難い宝を自ら手放す事になりそうだ。豊洲には強引に安全宣言と共に移るだろうが、最早かつての面影は無く、大企業だけがドデカイ冷凍庫の中に世界から集めたモノを詰め込みまくり、どこで食べても同じ味、の食品が残る事になる。そういう姿がエスタブリッシュメント達の目指す、儲かる道なのだろう。よき日本のすたれゆく文化よ、さようなら、今まで楽しませてもらってありがとう。
[ 2017/01/17 08:10 ] [ 編集 ]
原発事故が起こると、それまでの基準を無視しました。

豊洲では飲むわけではないと
環境基準を無視しようとする

韓国がゴールポストを動かすと批判している日本も
都合よくゴールポストを動かす。
[ 2017/01/17 08:29 ] [ 編集 ]
小池知事にしても豊洲反対派にしても科学的知見を無視の感情論にしかなってないのが問題ですね。
地下水の含有が云々など現実的に地上に上がってくるかといえばまず無いに等しいレベルでしょう。
そもそも市場まで乗り込んでくるトラックの排気ガスに含まれるベンゼンの量の方が遥かに多いです。
この件を過度に問題視してる人は排水溝の汚水を採取して環境基準の検査にかけろと言ってるようにしか見えないのですが・・・
[ 2017/01/17 12:52 ] [ 編集 ]
科学的・・・科学的・・・・科学的知見・・・と
なんだか分からんが科学的知見と書けばいいんだな。

全く科学的知見が無いから土壌処理などで4500億円も使って、専門家会議やらなんやら無駄な事をことやって。
全く科学的知見が無いから・・・・

科学的地検があればこんな土地買わなかったのに。
[ 2017/01/17 15:31 ] [ 編集 ]
豊洲 ベンゼン 大地震
東北大震災のとき、浦安で、地盤の流動化現象が起きた。今後M6~M7の東京大地震は、不可避。地下のベンゼンは、豊洲に充満。大火災の原因になるでしょう。東京の一部住宅密集地が危険のことと同じ理由で、
豊洲市場に、移転すれば危険です。(都が食の安全を力説したとしてもです。)
[ 2017/01/17 15:51 ] [ 編集 ]
便所の上で魚売って問題ないゆとるんや
[ 2017/01/17 19:44 ] [ 編集 ]
>[ 2017/01/17 15:31 ]
逆ですね。
科学的知見があるから土壌処理等の対処をすれば使用可能と判断し購入し下地処理をしたのに、「不安だ!」の感情論をマスコミが増幅してしまった事に起因します。
それも元を辿れば、最初から東京都が盛土→地下空間の全容を正しく把握していれば特ダネを狙ったマスコミが中途半端に動くこともなかったのでしょうけど。

[ 2017/01/18 15:58 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム