情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.01.22 19:00|カテゴリ:政治経済コメント(24)

ドナルド・トランプ新大統領、最初の首脳会談はイギリスのメイ首相に!まずはCIA訪問!トランプ氏「私は1000%、CIAを支持する」


s_ice_screenshot_20170122-155839.jpeg

ドナルド・トランプ新大統領が1月27日にイギリスのメイ首相と首脳会談をすると発表しました。これがトランプ政権初の首脳会談となり、その後もメキシコやカナダのトップと連続で会談をする予定です。
日本の安倍首相については2月上旬になる見通しで、近い内に公式の発表があると思われます。

一方で、トランプ氏は就任後にCIA(=中央情報局)の本部を訪問し、CIAの関係者らを激励しました。トランプ氏はCIAで「私ほど情報機関とCIAに強い思いを抱いている人物はいない。私は1000%(CIAの)みなさんを支持する」と述べ、今後も積極的に支援すると表明。この数日間でトランプ氏はアメリカの主要な機関を見て回ると報じられています。


トランプ氏、英首相・メキシコ大統領会談へ
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170122-00000015-nnn-int

トランプ大統領は、今月27日にイギリスのメイ首相と首脳会談する予定。また、カナダのトルドー首相とも電話で会談、さらにメキシコのペニャニエト大統領とも電話で話し、今月31日に直接会談することを決めた。





↓CIAでのトランプスピーチ


以下、ネットの反応



















関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
CIAとトランプが組めば世界最強の悪魔政府が
できあがるよ。911や311の時の人殺しではすまなくなるくらい、最強ね!
[ 2017/01/22 19:12 ] [ 編集 ]
CIA たって内部は様々だろ、
それはどんな組織でも一枚岩じゃない、
何よりスノーデンの存在で米国民もその悪事は暴露されてる、もう変わざるおえない状況だろ、、それを見抜いてトランプは賢く味方に付ける作戦だろ、、まぁ日本は未だに旧CIA 残党の支配下にある自民党清和だから、トランプと旧米との狭間で右往左往状態。
[ 2017/01/22 19:34 ] [ 編集 ]
CIAの3派閥を暴露したNSA

CIAは、元祖CIA金に裏付けられた「GB-CIA」、「ブッシュCIA」、「Ex-CIA」の3派閥に分かれている。
これら、「GB-CIA」「ブッシュCIA」「Ex-CIA」3派閥がアメリカや世界を支配してきた。
GB-CIA
GB-CIAはアメリカの国益のために海外で活動することになっているが、彼らは通貨市場、債券市場、株式市場に関与し世界中に影響をあたえている。
GB-CIAのメンバーは米財務省及びアメリカの経済政策を決めるESF経済安定資金に多く入りこんでいる。 ESFは通貨、債券、株式市場を操作し、FRBに金融政策を指示している。
ESFはGB‐CIAにとってアメリカの金融市場を支配する上で最も都合の良いツールである。
GB-CIAこそがアメリカ経済を支配している。

Bush CIA (ブッシュ、クリントン、オバマ犯罪ファミリーとも呼ばれる):
パパブッシュが副大統領時代にブッシュCIAが正式に創設された。
アメリカの16の諜報機関は国家情報長官によって支配されている。
パパブッシュはCIA長官も務めたことがある。レーガン政権を支配していたのはパパブッシュである。
彼はレーガンによってアメリカの外交政策の責任者に任命された。
当時、パパブッシュはCIAの戦術を使ってソ連を崩壊させた。

Ex-CIA
Ex-CIAのメンバーは政府や大企業で最高の地位を獲得している。
既にGB-CIA対ブッシュCIAの対立が激化している中で、Ex-CIAがそれに参戦している。
政治家を脅迫して政権を変えることが好きなGB-CIAと非常に欲深く際限のない権力闘争に明け暮れるブッシュCIAの対立を逆手に取りEx-CIAはこれらの2派閥の戦術と利権を盗もうと考えた。
多くのEx-CIAは、政府を去り、利益の多い民間の諜報機関に籍を置いている。
民間諜報機関はアメリカの諜報活動の65%を行っている。
Ex-CIAは、政府、銀行、企業の最高の地位にいた元CIAエージェントたちである。
また、Ex-CIAは、GB-CIA及びブッシュCIAで働いていたエージェントらによる無秩序スパイ集団として創設された。

これらの3派閥はシリアで破壊活動を行っている。
シリアでCIAは、ペンタゴンが支援している部隊を攻撃していることが明らかになった。

こんな感じに、ただ、CIAと言ってもいろいろあるみたいですね(笑)
[ 2017/01/22 19:43 ] [ 編集 ]
スイス、ジュネーブのCIA海外本部はスイスの金融スキャンダルやCIAの犯罪活動に関わっている。
CIAのCiscoルーターやサーバーはNSAによってスパイされCIAの犯罪活動がNSAに知られてしまった。
その結果、CIAと共謀したスイスの金融エリートらが逮捕された。
NSAは今後もCIAに対するスパイを行っていく。

CIAのスイス本部は極秘施設であり、そこのサーバーがハッキングされたことでCIAは激怒した。
NSAに対するCIAの反撃として、CIA請負エージェントのエドワード・スノーデンを使って、NSAが米国民の個人情報を盗んでいることを示す大量のデータをリークさせた。

CIAは、CIAの3派閥を暴露したNSAがこれ以上CIAをスパイできないように対策を講じている。
クラッパー氏は米議会に呼ばれる度にNSAはスパイ活動を行っていないと嘘の証言をした。
CIAとNSAの闘争の中で、CIAはCisco SystemsやDARPAなどの活動情報をNSAに盗まれないようにした。


現在、CIA、NSAそして他の諜報機関の情報操作、情報収集合戦が進行中である。

・・・NSAからも追われ、CIAからは口封じで狙われた、スノーデン。
そりゃ、ロシアに逃げるしかないわな(笑)
[ 2017/01/22 19:54 ] [ 編集 ]
なかなかの曲者ですな
[ 2017/01/22 20:01 ] [ 編集 ]
彼はアメリカの国家諜報機関のトップに上りつめ、全権力とカネを手に入れた。

クラッパー氏は、現在、17の諜報機関
(CIA、NSA、国土安全保障省、FBI、国務省、財務省、国防情報局、空軍情報局、陸軍情報局、米海兵隊情報局、沿岸警備情報局、エネルギー省、国家偵察局、麻薬取締局、国家地理空間情報局)のトップに君臨している。
同時に彼は今でも3つの政府請負会社(Detica、BAE Systems、SRAインターナショナル、Booz Allen Hamilton)の取締役である。
クラッパー氏はアメリカの全ての情報機関を支配しているが、同時にアメリカの敵でもある。
彼は外国の諜報機関に所属してアメリカをスパイしていたこともある。

クラッパー氏はDNIに任命される前に、英軍に機密情報を提供している会社(Detica)の業務最高責任者を務めていた。同時に他の民間諜報機関(SRAとBoozAllen Hamilton)にも勤務していた。

・・・つまり、CIAの上に、チャッカリ、MI6がいるということなんだな(笑)
そして、スイスと言う国は、MI6、CIAのカネが流れ込んでいるということなんだな。
[ 2017/01/22 20:09 ] [ 編集 ]
「民主主義はあなたです」という言葉を
残してホワイトハウスを去ったバラク・オバマ氏。

トランプではない、あなただという言葉を強いメッセージにして
オバマは民衆にその主権をそっと返した。仕上げは私ではない、あなた方
国民一人ひとりだというメッセージだ。これはアメリカが本物の民主主義が
作れるのか、立ち上がるのかを試されている、最後のこの惑星の試練でしょう。

日本人とは比べ物にならないくらいミッシェル夫人をはじめ女性の力が輝いていて
強い人権の意識が育っている国アメリカ。

「仕上げはあなたたちで」というオバマ氏の言葉どうり、『立ち上がる人々」が
環境問題や気候変動問題、先住民族の人権や女性差別、人種差別、医療や保険の支配や核軍縮に、
NOを突きつけて全米を歩き回るだろう。環境保護団体や女性の行進や
立ち上がって団結する会やグリンピース、ムーブ・オン
オイルチェンジインターナショナル、デモクラシーナウなど沢山の団体が
今世紀に高まりつつある愛のエネルギーに背中を押されてその数は圧倒する力となり
全米だけでなく、世界中の人々に吹き荒れることだろうよ。
人類は「それを」経験したかったのね。
本当に民衆は偉大だ。
[ 2017/01/22 20:24 ] [ 編集 ]
イギリス→メキシコ→カナダ→?
ですな
[ 2017/01/22 20:34 ] [ 編集 ]
ひどいねー
[ 2017/01/22 21:07 ] [ 編集 ]
クラッパー米国家情報長官が辞表、トランプ政権への移行で

(CNN) ジェームズ・クラッパー米国家情報長官は17日の下院情報特別委員会の公聴会に出席し、前夜に辞表を提出したことを明らかにした。辞任は来年1月となる。
「昨夜、辞表を提出した。いい気分だ」と長官は述べた。「妻と過ごすつらい日々が訪れるまで、あと残るは64日間だ」
現政権の閣僚は、トランプ政権樹立までのいずれかの時点で辞表を提出することになっている。
公聴会では民主党の議員が、コミー連邦捜査局(FBI)長官によるヒラリー・クリントン前国務長官の私用メール再捜査の表明に言及。大統領選投票日直前になっての再捜査は「わが国の情報機関の長による民主的プロセスへの前例のない介入」だとし、クラッパー長官に対し「コミ―長官が何らかの慣例を破ったと思うかどうか」質問した。
これを受けクラッパー長官は「コミー長官に聴取を行う理由はまったくない」と返答。「私は彼を非常に高く評価しており、彼のいかなる行為もそれが最善だと考えて行ったものだ。聴取を行う根拠は1つもない」と述べた。

トランプ政権になって確実に、CIAの組織形態が変わって来たね。
まあ、日本政府はCIAなんで、日本にとって良いことではないだろう・・・
[ 2017/01/22 21:27 ] [ 編集 ]
みんな大好きCIA(笑) CIAのこととなるとおおはしゃぎですな(笑)
[ 2017/01/22 21:29 ] [ 編集 ]
真っ先に会談相手が英国なのは
大手メディアが極右と呼ぶ
国境を自国で管理したい国民国家を
目指すりーダー同士だからである。
ここがこれまでとは大きく違う。
[ 2017/01/22 22:07 ] [ 編集 ]
1000%と言ったトランプ大統領は、ジョークとしか思えない。

ISISの話も嫌みとしか思えない。

[ 2017/01/22 22:12 ] [ 編集 ]
>みんな大好きCIA(笑) CIAのこととなるとおおはしゃぎですな(笑)

というか、知らない時点で、ヤバイレベルなんだが(笑)
だから、日本人は、永遠のゼロ、ならぬ「永遠にカモ」になってるんだが・・・
[ 2017/01/22 22:13 ] [ 編集 ]
トランプ大統領はCIAのブレナン前長官は信用してなかったが、一般のCIA職員は支持しているので「ガンバッテネ」ってことでしょう。
[ 2017/01/22 22:17 ] [ 編集 ]
CIAの中も一枚岩じゃないから。
[ 2017/01/22 22:32 ] [ 編集 ]
CIA幹部達を皮肉ったんじゃないの?1000%って
[ 2017/01/22 23:32 ] [ 編集 ]
預金者でなく銀行から適正な法人税を取れば良い。
国民の財布ばかり覗き、、大企業の内部留保には手を入れず政治献金に回る、
国民を縛る法律ばかり作り、、政治家の法律は穴だらけで法的には問題ないの連呼
[ 2017/01/23 00:05 ] [ 編集 ]
あれれミスです。
↑スレチ、、ゴメンなさい。
休眠預金への※です。
[ 2017/01/23 00:12 ] [ 編集 ]
トランプ「私ほど情報機関とCIA(の上層部粛清)に強い思いを抱いている人物はいない。1000パーセント(スノーデンのような)あなた方(一般職員)と共にある。(だからユダ金情報を暴露してね。)」
CIAはペンタゴンにとってはソ連やナチス、中国、北朝鮮の政治局員のようなものだから、旧軍人主導のトランプ政権は何かの排除の手は討つと思う。

CIA本部演説で「ケネディ大統領ができなかったことを私はやるつもりだ。」と宣言
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52001469.html
[ 2017/01/23 09:29 ] [ 編集 ]
 おいおい、CIA支持 って・・・  9.11偽装テロの再調査をするんじゃなかったのかよ
トランプ、就任直後に早くも国際金融資本/戦争屋/CIA/FRB の軍門に下ったのか?

 人殺しヒラリーに勝利した意味ねえじゃねえか
[ 2017/01/23 11:15 ] [ 編集 ]
CIAを上手く使いこなすには高度なテクニックが必要
[ 2017/01/23 12:31 ] [ 編集 ]
>みんな大好きCIA(笑) CIAのこととなるとおおはしゃぎですな(笑)

まず、↓これをみろ。
|新しい| REINA×坂上「異色の経歴を持つ美人芸人」CIA・FBI・東大合格+ + 時計 HD
https://www.youtube.com/watch?v=y7IIuS0uy0U
↓おまけ。
https://www.youtube.com/watch?v=wBJF3b66Qds

イラクのテロリストに面会できるルート。
諜報活動で、各国に入り込み、無制限の活動資金の援助。
これらをある程度、知能がある人が見たら、 REINAは、もの凄いことを言ってると理解できる。

つまり、簡単に言うとCIAは、各国で内政干渉をしている。ということをTVで言っている。
そして、反政府側に資金を流し込んで革命させている。ということでもある。
だから、テロリストとも簡単に交渉できるルートが存在しているし、物資や武器兵器を流すルートも存在している。
それを踏まえての各国の反対運動を、もう一回検証した方が良いと思いませんか?
リビア、イラク、シリア、ウクライナ、ブラジル、フランス、ドイツ・・・・
そして、今現在、アメリカで行われてる、「トランプ反対運動」も・・・・

ちょっと、↓この人は、CIAをナメすぎていますね。
>みんな大好きCIA(笑) CIAのこととなるとおおはしゃぎですな(笑)
>[ 2017/01/22 21:29 ] 名無し

まだ、「CIAはスパイで超カッコイイ」とか、TVや映画に洗脳された状態なのかな?
こういうのばっかりだからな・・・日本人ってやつは・・・・
[ 2017/01/23 16:27 ] [ 編集 ]
>[ 2017/01/22 21:29 ] 名無し の方、

祝・大漁(AA略)
[ 2017/01/23 21:23 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム