情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.01.25 06:00|カテゴリ:地震予測コメント(10)

「千葉県沖か首都圏で地震が発生する」、高橋学教授が警告!茨城沖地震を的中させた実績!


s_ice_screenshot_20170125-045923.jpeg


地震の研究調査をしている立命館大学・歴史都市防災研究所の高橋学教授が関東地方での地震に注意を呼び掛けています。高橋教授は12月28日に茨城県で発生した震度6弱地震を的中させたと言われており、今回は首都圏か千葉沖で地震が起きるかもしれないと発言しました。

週刊女性PRIMEは教授の発言として、「1~2か月以内に千葉県沖かその内陸部で、M6~7クラスの地震が発生する」と取り上げています。千葉沖というのは東日本大震災の割れ残り地盤があり、今も非常に地殻変動が活発化している場所です。
2011年から連鎖地震の危険性が指摘されていることから、教授の警告通りに地震が来たとしても不思議ではありません。

また、高橋教授は東日本で噴火のリスクがあるとも指摘し、「M9クラスの地震のあとに大噴火が起こっていないのは世界中を見渡しても3・11だけです」などと発言しました。


茨城沖地震を的中した教授が警告!「次は千葉県沖か首都圏直下が発生する」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170118-00008907-jprime-soci&p=1

高橋教授は「震源地が少し内陸にずれましたけどね」として“次の大地震”について語る。
「次は1~2か月以内に千葉県沖かその内陸部で、M6~7クラスの地震が発生するとみています。千葉県沖というのは犬吠埼など県北の沖合です。内陸というのは千葉県内だけでなく、東京や東京湾を含めた首都圏直下です。実は、昨年後半から千葉、茨城、東京、埼玉、群馬、栃木では小さな地震が頻発しています。防災の備えを再確認してください」





以下、ネットの反応




















*管理人コメント
関東地方での地震はメガ地震予測で有名な村井俊治教授も指摘していますね。外れるかもしれませんが、この予測をキッカケにして、今まで以上に防災対策を強化する必要があると言えるでしょう。


関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
先生の世紀末なヴィジュアル見てると本当にいよいよかとおもた
[ 2017/01/25 07:17 ] [ 編集 ]
防災グッズメーカーの株でも買ってるのかな。
[ 2017/01/25 09:10 ] [ 編集 ]
茨城県東海村の再処理施設の大量のプルトニウム溶液が非常に心配。
この件誰か国会で安倍に質問してくれないかな。
[ 2017/01/25 12:45 ] [ 編集 ]
大災害に見舞われて東京オリンピックなくなると予見する。
[ 2017/01/25 12:54 ] [ 編集 ]
六ヶ所村もだって
[ 2017/01/25 12:55 ] [ 編集 ]
最近、毎週のように日曜になるとNHKで特番やってるけど、これで外国人旅行者いらっしゃいはないと思う。
[ 2017/01/25 13:27 ] [ 編集 ]
汚りんピックどころか終わりんピックになってしまう
[ 2017/01/25 13:42 ] [ 編集 ]
国立競技場が大会前にポシャったりするかもね。
[ 2017/01/25 13:49 ] [ 編集 ]
次は千葉ですか…
福島、茨城と震源地が南下してるのは気のせいか。
地盤の軟化も…
バヌアツ、パプア、ニュージーランド、ソロモン縦のラインからの連動で日本に来るのか…縦のつながりは上司と部下、縦や横のつながりは、中島み○きの「糸」だけで勘弁ですね。
[ 2017/01/25 17:42 ] [ 編集 ]
シャク暦と言うもので、もう明日から月末まで警戒らしいです。最近、海外だけど結構な規模のヤツがおきてるから、そろそろ日本でも…とか?
[ 2017/01/25 20:52 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク