情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.01.30 00:14|カテゴリ:政治経済コメント(14)

岐阜県美濃加茂市の出直し選挙、藤井浩人前市長が再当選!不当判決と戦い続けながら勝利!


s_ice_screenshot_20170130-001310.jpeg

1月29日に投開票された岐阜県美濃加茂市の選挙で、藤井浩人前市長が再当選することになりました。藤井浩人前市長は雨水浄化設備導入をめぐり現金30万円を受け取ったとして提訴され、今も裁判が続いています。
名古屋高裁は「市長にお金を渡した」という贈賄側の供述だけで有罪と判断し、一審判決の「無罪」をひっくり返しました。

市長側は「不当判決」として徹底抗戦しながら市長選挙を戦い、最終的には何とか勝利となります。公職選挙法の規定で藤井氏の任期は辞職前と同じ6月1日となり、5月にも再び市長選挙となる予定です。
この間に有罪が確定すると立候補は不可能で、今後の判決に注目したいと言えるでしょう。


美濃加茂出直し市長選、上告中の藤井氏が再選 岐阜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000040-asahi-pol

 受託収賄罪などに問われ二審で逆転有罪判決を受けた岐阜県美濃加茂市の藤井浩人前市長(32)=上告中=の辞職に伴う出直し市長選は29日投開票され、藤井氏が再選を果たした。投票率は57・10%(前回52・86%)。藤井氏は当座の信任は得たものの、刑事被告人としての市政運営が続く。


















関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
控訴審逆転有罪判決の引き金となった”判決書差入れ事件”~郷原信郎が斬る
今回は元検事の郷原信郎氏がブログでコメントされているように『どうして有罪判決になったのかわからない』という不思議判決のようです。

村山裁判官は裁判官失格のようですが、村山氏自体がダメ裁判官なのか、『背後に何らかの動きがあった』のか調べる必要がありそうです。 
https://nobuogohara.wordpress.com/2016/12/02/%e6%9d%91%e5%b1%b1%e6%b5%a9%e6%98%ad%e8%a3%81%e5%88%a4%e9%95%b7%e3%81%8c%e9%87%8d%e5%a4%a7%e3%81%aa%e8%ab%96%e7%90%86%e7%9f%9b%e7%9b%be%e3%82%92%e7%8a%af%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%be/
裁判の当事者である被告人の弁護人に対して、「判決要旨」という判決内容を正確に記載した書面を交付せず、なぜかマスコミには判決直後に渡すというやり方は、藤井市長だけでなく、5万6000人の美濃加茂市民に対する「嫌がらせ」としか思えない。

市民に選ばれた美濃加茂市長に対して、一審判決とほぼ同じ証拠に基づいておきながら、「有罪ありき」の方向で証拠を評価し、市長の話を一言も聞かず、いきなり有罪にするという、不当極まりない判決を出した村山裁判長にとって、マスコミに便宜を図ることは大切だが、市民や市議会に対する便宜を図るつもりはないということなのだろう。
[ 2017/01/30 00:52 ] [ 編集 ]
この市長さんの今後の行方は想像もできかねますが、最近の司法の人事には目に余るものがあると私は感じています。

しかし高浜原発のクレーンのように、何かよくわからないながらも、何らかの力が働き出していることも私は感じています、何とか手ごたえが感じられる時が来ることを切に願います。
[ 2017/01/30 00:54 ] [ 編集 ]
当選おめでとう!!
[ 2017/01/30 01:02 ] [ 編集 ]
酷すぎる裁判だった。
なんだ、美濃加茂市… 見直したぞ。
二重の頑張りの末の勝利じゃないか。
いかさま裁判の今後の成り行きも注目だな…
よく物事のわかる市民達の登場と活躍と勝利なのだ。いいぞ。
[ 2017/01/30 03:31 ] [ 編集 ]
美濃加茂市の人々、スゲーじゃん
色々物事の背後に気付いてる人が増えてるのかも

これって何気に司法の側に打撃だぞ
ああいう人達って何気に世間の評価気にするからな
[ 2017/01/30 03:53 ] [ 編集 ]
審理不尽差戻し
[ 2017/01/30 04:49 ] [ 編集 ]
甘利やドリルやみんなのDHCは無罪放免なのに何でこういうシロに近い人にひどいことをするんだろう、司法は。
[ 2017/01/30 07:42 ] [ 編集 ]
美濃加茂市民は馬鹿ではない
小浜市・宇佐市と馬鹿な市民がいて絶望してたけど
政治信条・思想なき民衆とか本当の意味での生物兵器だよな
[ 2017/01/30 07:54 ] [ 編集 ]
裁判に目が行きますが、「はなたれ小僧を市長に選んだ美濃加茂市民の気が知れない」「早く自白しないと美濃加茂市を焼け野原にするぞ」と市民をも冒涜した愛知県警にも忘れずに目を向けるべきかと。これについての謝罪と処分はあったのかな。
[ 2017/01/30 09:19 ] [ 編集 ]
美濃加茂市の民意に賛同。
司法はどうなっているのか疑心暗鬼になる裁判だ。
[ 2017/01/30 11:02 ] [ 編集 ]
某闇株新聞さんによると、
事件を担当した検事が東芝問題も担当するようで、
傷をつけるわけにいかなかった、
という事らしいが、さて…。
[ 2017/01/30 16:54 ] [ 編集 ]
今思うと、この藤井とかいう被害者面してる奴って怪しさ満載だね。そう辛のように。
[ 2017/01/30 18:14 ] [ 編集 ]
藤井新市長や美濃加茂市民にとっては、これからが本番だな。
[ 2017/01/30 19:21 ] [ 編集 ]
この時点で選挙に臨んだ藤井氏に疑問を感じないではないが、控訴審において不可解な理由で判決が覆り不安があったのは理解できる。

ところで、
この裁判、何か陰謀を感じるよね。↓
ブログ「郷原信郎が斬る」
”重大な論理矛盾”を犯してまで有罪判決に向かったのはなぜか ~美濃加茂市長事件控訴審不当判決(村山浩昭裁判長)の検討(その1)~
より

控訴裁判所から
「検察官には証人テスト(打合せ)を控えるようにという異例の要請があった。」(控訴裁判所は証人の”ナマの”記憶を確かめたかった)
「ところが、証人尋問の前に、融資詐欺・贈賄の罪で服役中の中林の下に、中林自身の裁判で弁護人だった東京の弁護士から、尋問事項に関連する資料として、藤井市長に対する一審無罪判決の判決書等が送られて差し入れられるという想定外の事態が起こった。そのため、中林は、その判決書に記載されている自分の捜査段階での供述や一審での証言内容をすべて把握して証人尋問に臨むことができることになった・・・」
なんで、証人の前件の弁護士(この人誰?)がこの証人に一審無罪判決の判決書を差し入れる必要があったのだろう。

ね 何か 臭いよね サスペンスでドラマにしてね。
[ 2017/01/30 21:21 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム
スポンサードリンク