情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.02.01 21:00|カテゴリ:政治経済コメント(8)

【重要】トランプ大統領、連邦最高裁判事に保守派のニール・ゴーサッチ氏を指名!リベラルの過半数が崩壊へ 


s_ice_screenshot_20170201-183514.jpeg

1月31日にドナルド・トランプ新大統領が連邦最高裁判所の判事に保守派のニール・ゴーサッチ氏を指名しました。連邦最高裁判所は社会に影響を与える政策の合憲性について判断を下す場所で、大統領に匹敵するような影響があります。

前のオバマ政権ではリベラル系の判事が半数となっていましたが、今回の指名によって保守派が多数派になる見通しです。今までは連邦最高裁は9人の判事からなり、保守派と民主党に近いリベラル派が4人ずつの同数でした。

トランプ大統領は「国防の次に最も重要なのが(最高裁)判事の指名だ。判事の決定は何世紀も、そして永遠に続くからだ」と述べ、判事の重要性を強調しています。
トランプ氏の大統領令については一部が憲法違反だと指摘されましたが、判事の変更によってそれも修正されることになりそうです。
*大統領が任期途中で変わってもこの判事を変えるのは非常に難しい。この決定によって今後もアメリカの方向性が決まる。


連邦最高裁判事に保守派指名 反発さらに…
http://www.news24.jp/articles/2017/02/01/10352986.html

 
最高裁の新たな判事がトランプ大統領によって指名されたが、最高裁の前には約500人が集まり「いったい誰の裁判所なんだ」と抗議している。
 トランプ大統領は、空席となっていた最高裁の判事に共和党の考えに近い保守派でコロラド州の裁判所の判事、ニール・ゴーサッチ氏を指名した。
 トランプ大統領「国防の次に最も重要なのが(最高裁)判事の指名だ。判事の決定は何世紀も、そして永遠に続くからだ」

























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
でんでんとは全くちがうってば。でんでんは国民のためではなく自分のための政治。
[ 2017/02/01 21:22 ] [ 編集 ]
トランプのやっていることは、安倍政治のド派手なカリカチュアライズだな。
[ 2017/02/01 21:26 ] [ 編集 ]
結局リベラルって何なんだろうね。
独占資本主義のもとで国家が弱体化したら
ごく少数の独占企業が独裁的権力をもつに決まっているのに。
もう階級闘争という理念は消滅してしまったのだろうか。
安倍とトランプの政治理念の大きな相違を無視してはばからないのは
そういった基本的な問題意識がない人なのだろう。
あるいは意図的に撹乱を狙っているのか。
[ 2017/02/01 22:20 ] [ 編集 ]
大本の出口王仁三郎は、「日本は世界の雛形であり、日本に起きたことは世界に起きる」
と言っていた

日本で朝鮮民主党政権が崩壊して、安倍自民党が
「日本を(不良外国人の手から)取り戻す!!」

と宣言したことと、世界一の大国であるアメリカのトランプ大統領が

「アメリカを(不良外国人の手から)取り戻す!!」と推し進めてる政策は、
雛形の移写なのかもね
[ 2017/02/01 22:35 ] [ 編集 ]
アメリカ合衆国の最高裁判事に関して日本人は無知すぎる
トランプじゃなくても、共和党の大統領なら共和党寄りの人物を指名する
オバマ前大統領もリベラル派の人物を指名しようとしていたが
上院多数派の共和党が承認を拒否していたため果たせなかっただけ
つまり司法のトップもアメリカでは党派色が濃厚だということ

自分が注目しているのはトランプの実際の人選
親子代々の共和党支持者であることを理由に決めたのであれば
トランプはファミリービジネス的な側面が強いから
この人物はトランプにかなり近いのかもしれない
[ 2017/02/02 05:39 ] [ 編集 ]
リベラルとは偽善のことですよ
[ 2017/02/02 09:07 ] [ 編集 ]
米国のリベラル派というのは国家に寄生するグローバリスト
[ 2017/02/02 13:27 ] [ 編集 ]
以前の、裁判官の、ものの考え方は、

『 very bad 』(とんでもないものだったと思う)と、
素直に、述べていましたね。

左巻きの、ものの考え方は、
日本でも、非常に、迷惑なものです。

それらの幼稚な発想しかできない人々が、
何をやっても、許されるというのが、
公正な裁判官の仕事ではないことは、確かでしょう。

しかし、一方で、この国際社会の中で、
トランプも、認めているように、

『 どの国にも、存在している悪気の無い人々、
  いいかえれば、賢明な人達 』

との連携は、深めなければならないのです。

極端な右寄りの発想は、日本では、極端な左寄りの発想と等しい。

したがって、右とか左ではなく、真の哲学と、人間性に基づいた、
判断が、求められる時代になってきたといえるでしょう。

そして、最高裁の裁判官であるときうことは、
その『 人間性の定義 』そのものが、
独善的であったり、偏っていたりしてはならないということが、
いえると思います。

[ 2017/02/02 20:47 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム