情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.02.03 18:00|カテゴリ:政治経済コメント(5)

ドナルド・トランプ大統領の入国禁止令、Appleが法的措置を検討へ!社員の移動に悪影響も


s_ice_screenshot_20170203-055052.jpeg
*Apple

ドナルド・トランプ新大統領の入国禁止令で業務に悪影響が出ているとして、大手IT企業のAppleが法的措置を検討していることが分かりました。

海外メディアによると、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)は「米国が世界のどの国よりも強くいられるのは、移民国家という背景があり、あらゆる背景の人々を迎え入れる力があったからだ」と述べ、大統領令の撤廃を求めて動くと表明したとのことです。
法的措置以外にもホワイトハウスに直接働き掛けるとしており、今の時点で数百人の社員が影響を受けていると明らかにしました。

Apple以外の大企業も世界規模での移動に問題が発生している状態で、トランプ氏の大統領令には反発が相次いでいます。


Apple Considers Legal Options Against Trump’s Immigration Order
https://www.wsj.com/articles/apple-considers-legal-options-against-trumps-immigration-order-1485925005

s_ice_screenshot_20170203-055026.jpeg

Apple considering legal action over Trump's travel ban
http://money.cnn.com/2017/02/01/technology/apple-tim-cook-trump-travel-ban-legal-action/index.html

s_ice_screenshot_20170203-054955.jpeg

入国禁止令反対 CEO、撤廃へ法的措置検討
http://mainichi.jp/articles/20170202/k00/00e/020/181000c

【ワシントン清水憲司】米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが1月31日付で掲載したインタビューで、トランプ米大統領が署名した中東・アフリカの7カ国からの入国を一時禁止する大統領令の撤廃を求め、法的措置を検討していることを明らかにした。








関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
違法行為を行なった者は、

図体の大きい大統領であろうと、
法的安定性回復のために、
法的処理を、お願いします。
[ 2017/02/03 18:20 ] [ 編集 ]
ユダヤ企業には二か国の国籍を持つ社員が多そうだからややこしいね!
[ 2017/02/03 18:26 ] [ 編集 ]
スティーブ・ジョブズはシリア人の息子。IT企業は移民の力で成り立っている。移民を排斥するトランプは、自分で自分のクビを絞めているようなもの。
[ 2017/02/03 18:43 ] [ 編集 ]
日本はいつまでもグローバリズムを謳っているとババをひくことになるだろう
[ 2017/02/03 18:49 ] [ 編集 ]
トランプはサイコパスです。

トランプのゴーストライター、良心の告白 « WIRED.jp
http://wired.jp/special/2016/trumps-ghostwriter/
[ 2017/02/03 19:49 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム
スポンサードリンク