情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.02.04 13:30|カテゴリ:政治経済コメント(88)

中国外務省がトランプ政権の尖閣防衛に抗議!中国「誤った発言。尖閣は中国固有の領土だ」


s_ice_screenshot_20170204-060500.jpeg
*首相官邸


アメリカのマティス米国防長官が沖縄県の尖閣諸島を防衛すると表明した件について、中国外務省が抗議声明を発表しました。

中国外務省は「米側は釣魚島の主権問題で誤った発言を停止し、問題をさらに複雑化させたり、地域情勢に不安定要素をもたらしたりすることのないようにすべきだ」と述べ、日米両政府の見解を全面否定。
更に続けて「釣魚島は中国固有の領土であり、歪曲(わいきょく)できない歴史的事実だ」とも強調し、尖閣諸島の領有権を主張しています。

尖閣諸島に関してはかなり昔から沖縄県に所属していたことを示す資料があり、中国も半世紀前は普通に認めていました。ただ、海底資源の存在が発見されてからは主張を一変させ、「中国固有の領土」という言葉を強調するようになります。
中国の抗議は何時も通りの内容だと言え、日本としては無視するのが一番です。


米長官の尖閣防衛発言に反発=「問題を複雑化」と中国外務省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000009-jij-cn

 【北京時事】中国外務省の陸慷報道局長は3日夜、マティス米国防長官が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)について、日米安保条約の適用対象と確認したことを受け、「米側は釣魚島の主権問題で誤った発言を停止し、問題をさらに複雑化させたり、地域情勢に不安定要素をもたらしたりすることのないようにすべきだ」と反発する談話を発表した。






















関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
歴史的領土を主張するなら、まず、チベット、新疆ウイグル、内モンゴル、万里の長城以北、雲南省の南部、台湾(小琉球)の権利放棄を見本に示した後に尖閣の歴史資料を日本に提示し主張して欲しいものだ。
まあ、領土問題はアメリカがしゃしゃり出てくる話でも無いが。
[ 2017/02/04 13:46 ] [ 編集 ]
中国共産党工作員のみなさ~ん!出番ですよ!
[ 2017/02/04 14:14 ] [ 編集 ]
中共北京もワンパターンだよね。中国固有の領土を主張するなら先ずは現存する米軍の施設を撤去しろだろうよ。ま・日本政府も固有の領土、係争は存在しないより司法で白黒つけようぜ~って啖呵でもきれば(*^^*)国際司法判断は紙くず同然ってなるんだろうがな(*^^*)
[ 2017/02/04 14:23 ] [ 編集 ]
未だに中国の根拠がはっきり分からないので教えて下さい。

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1395027298

上のページに中国人が日本語で説明してますが、日本国としてはどのような反論になるのでしょうか? 勉強不足ですみません。

日本の主張にも中国の主張にも一理あるような気がします。
そうなると簡単な問題では無さそうです。
[ 2017/02/04 14:31 ] [ 編集 ]
⬆外務省の公式サイトを参照されてみたら?
[ 2017/02/04 14:51 ] [ 編集 ]
良く分からないのですが、これってどういう意味なんですかね?
えっ!日本は敗戦したんじゃなくて、最終的に戦争に勝ったって事ですかね?


>ベストアンサーに選ばれた回答

a14yaさん 編集あり2012/10/816:48:10
日本の降伏調印文章にもカイロ宣言とポツダム宣言にも書いてあります。日本の国は本州,九州,四国,北海道限定です。島は戰胜国アメリカ、中国,イギリス、ロシア決める事を書いてありました。日本側もサインしたから、尖閣は中国の島です。
.
.
.
.
1895年前,日本政府はちゃんと尖閣は中国清の島を知りながら、わざわざ確認しましたと言って、秘密で日本の島になりました、この證據が一杯出ました。


まだ、非公開でした、ただの文章処理だけです。
これ国際法で国から宣言がなければ始點無效になります。


今回は日本側から、棚卸したから問題になりました。

棚上げ事自体を否定する事は、日本の信用は失うしました。

東京買わさせない為に日本国が買った事は陰謀です。昔日本よく使う手段です。悪いのは日本軍部です。日本政府は平和の為です悪例がたくさんありました。

1920年中華民国の感謝狀は、当時台湾と島は日本の殖民地です。殖民地時代の背景があります、
1960年代中国の地図は尖閣が書いたありますが、実は地図の裏側か最後ページに"抗日戰爭時代当時の背景で、作る物です。新しい地図はまだ用意が出来てませんから、新中国作った物です。
1952年人民日報は尖閣が書いてありましたが、これは、琉球の記事を通訳した文章です、当時琉球は日本物ではない背景ありました。中国政府の公式物ではない。


この島は本当にどこ国の島か、日本のみんなさん冷靜で考えてください。日本の国民が政府などから騙されないでください。

ODAの90%はローンです、借金です。利息付き、約束通り返してあります。
勘違い日本人多いみたいね。いつもODA返せ声がよく聞こえてくる、おかしいな〜
今日本の住宅ローンより利息が高いなのに、ODAと言えるでしょうか。
まだODAの名前で投資して日本製品を買わなければならない、日本製品の部品交換は中国韓国自払です。ODAに入ない。
つまり、4兆億ODA投資して、日本製品は20兆か100兆億が儲かります。
まだ、戦争弁償の変わりではありません。
もちろん日本のODAの投資有り難いです。
でも、勘違い日本人多いみたいね。



1970年前に釣魚島は国連の法律上で中国に帰る事になりました。
当時日中間は外交ない、その後、中国は共產黨政権になったから、アメリカは日本に島があげる悪い事しました。香港はその時デモが起こりました,中国と台湾から反対声明が出ました。
サフランシスコ条約は、戰勝国の中国とロシアは参加していません、サインもしていませんでした。無効です。

まだ、この条約はカイロ宣言とポツダム宣言に違反してあります。
日本の降伏調印文章にもカイロ宣言とポツダム宣言にも書いてあります。日本の国は本州,九州,四国,北海道のみだけです。島は戰胜国アメリカ、中国,イギリス、ロシア決める事になります。つまり、島の説明権利は日本側が無い事です。日本の降伏調印文章に日本側はサインしてありました。

野中広務は尖閣国有化の事で、中国人に謝罪しました。
「こんな不幸な事件が起きたのは、まったく日本の人間として恥ずかしい。中国の皆さんに大変申し訳ない」と謝罪していたことが明らかになった。

戰爭になりますと、両方の国は止める事は出来なくなる。とても恐ろしい事です。日本亡国前に目がお覚めてください。エスカレートすると、韓国やロシアなど入る可能性があります。中国清時代事は同じく日本に発生する事になります。

日本と日本人の為に提言しています。

まだ、海外新聞が日本国に非難声がたくさんありました。
オーストラリア政府閣僚「オーストラリア国民は平和を好み、日本の尖閣諸島に対する主張を支持しない」
http://sappukei.livedoor.biz/archives/5976449.html

欧州のマスコミが続々と日本を批判「過去の反省をしない」
http://news.nifty.com/cs/world/w ... 20121001-2012100...

ジャッキー・チェン「尖閣諸島は中国のもの、人の物を横取りした国に還すよう求めたい」
http://news.2chblog.jp/archives/51713883.html

スペイン紙に続いてフランスの週刊誌も日本を批判
http://mediapatroler.seesaa.net/s/article/295346765.html

スイスの名誉教授、英紙寄稿文で日本を批判「過去の蛮行に対し驚くほど良心の呵責を感じていない」
http://kimsoku.com/lite/archives/7446711.html
[ 2017/02/04 15:31 ] [ 編集 ]
またご都合主義のデマ。




日本は敗戦で占領した地域を放棄してるよね、当然尖閣は日本の領土と認定されたから、米軍も日本政府と交渉し尖閣民有地に施設を建設。アメリカは尖閣使用に関し、中華人民共和国や中華民国とは交渉していませんし両国共に関与していません。



各国メディアがほざくなら司法で白黒つけたらエエやん
[ 2017/02/04 15:40 ] [ 編集 ]
中国の性質 気質 代々 自分の物は自分の物 人の物も自分の物 そのような考えの人が多いのでは
司法など気にしない人種
[ 2017/02/04 16:07 ] [ 編集 ]
日本の防衛大臣が一番世界で、楽チンな役職ですね。

日米同盟は、揺るぎないと言ってれば務まる。

稲田さんでも務まる。摩訶不思議。
[ 2017/02/04 16:16 ] [ 編集 ]
日清戦争で中国が敗戦して台湾、琉球、朝鮮、満州地方を日本が侵略、強奪したものを第二次世界大戦の日本の敗戦で返還しましたが、第三次世界大戦で日本が勝利したので取り返したと言う認識で宜しいでしょうか?
[ 2017/02/04 16:27 ] [ 編集 ]
それって旧民主党へのブーメランかな?防相は機密次項で答弁は差し控えるって気軽な稼業ときたもんだってクビになった大臣がいたが
[ 2017/02/04 16:30 ] [ 編集 ]
1627ついに発狂❗❗
[ 2017/02/04 16:33 ] [ 編集 ]
日清戦争イイネ~👍清国は満州民族の王朝だから→漢民族中国とは無関係ってことね。尖閣は漢民族とは無関係イイネ~👍
[ 2017/02/04 16:38 ] [ 編集 ]


日本国の防衛大臣っているんですか?


[ 2017/02/04 16:50 ] [ 編集 ]
中国側は釣魚島の主権問題で誤った発言を停止し、問題をさらに複雑化させたり、地域情勢に不安定要素をもたらしたりすることのないようにすべきだ。
[ 2017/02/04 16:52 ] [ 編集 ]
やはり尖閣諸島は、中国の島だったんですね。

15:31さんありがとうございました。

[ 2017/02/04 17:06 ] [ 編集 ]
スノーデンデンさんて中国か韓国のかただったの?すごい翻訳語なのですが… 別に、どこの国のひとでも色んなコメントを見れるのは良いのですけど。
[ 2017/02/04 17:11 ] [ 編集 ]
ん?スノーデンデンさんは翻訳コメントを引用しただけかな?
[ 2017/02/04 17:13 ] [ 編集 ]
太平洋戦争後、日本は武力の行使として一発も撃つてないというわりにゃ第三次世界大戦に参戦したわけね。何処でどんな戦闘しなのかなオセエテオセエテ
[ 2017/02/04 17:33 ] [ 編集 ]
スルメイカの話題が紹介されてだけど、1706の脳ミソはそのスルメイカ以下じゃね。ここはオヤジギャグおもしろ投稿欄かい(///ω///)♪ 
[ 2017/02/04 17:41 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 未だに中国の根拠がはっきり分からないので教えて下さい。
>
> http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1395027298
>
> 上のページに中国人が日本語で説明してますが、日本国としてはどのような反論になるのでしょうか? 勉強不足ですみません。
>
> 日本の主張にも中国の主張にも一理あるような気がします。
> そうなると簡単な問題では無さそうです。


中国に一理も無いんですけど。
日本ではないとすれば、歴史的に尖閣諸島は琉球王国の物です。
日本か琉球王国の2択しか無く、それ以外はデタラメかと。
[ 2017/02/04 17:59 ] [ 編集 ]
ヤラセの尖閣諸島での衝突を演出して戦争へのきっかけは止めてくれよ!
[ 2017/02/04 18:07 ] [ 編集 ]
で、中国と米国は戦争すんの?いつ?
[ 2017/02/04 18:09 ] [ 編集 ]
ヤマダさん
すみません。
どの辺りが一理も無いのでしょうか。
ネットはデマと偏見がいっぱい有り、何が本当で何が嘘なのか自分でも判断出来ません。
この中国の方のコメントに一理も無い部分をもう少し教えていただく事は可能でしょうか。
[ 2017/02/04 18:10 ] [ 編集 ]
アメリカは渋々尖閣は日本の領土だと言ってるけど、アメリカ以外に認めてる国なんてないのでは?
[ 2017/02/04 18:14 ] [ 編集 ]
米中戦争ですか?通常兵器でやれば圧倒的にアメリカの勝利だから尖閣は日米安保適用地発言ね(米国までも相手しますかのメッセ。。
無人島尖閣なんぞで日中/米中戦争する訳ねえだろう尖閣は干乾し作戦だぜ。

[ 2017/02/04 18:16 ] [ 編集 ]
1814戦勝国が日本の領土と認定したと書いてあるやん(///ω///)♪大陸の領土ならアメリカは大陸と交渉して軍事施設を造るだろうが、仮にも主権国家の領土に軍事施設だぜ。日本の民間がやってたカツオ節水産加工工場じゃねえっうの
[ 2017/02/04 18:24 ] [ 編集 ]
安倍くんはいつになったら公約に掲げてた尖閣への公務員駐留をやってくれんの?
[ 2017/02/04 18:27 ] [ 編集 ]
パヨの無恥攻撃が始まったのか。
[ 2017/02/04 18:28 ] [ 編集 ]
冊封関係を理解しないと難しいのではないでしょうか、冊封について先に説明します。

冊封とは、近隣の強大国に貢物を持って行き「貴国の偉大さを称え、皇帝として受け入れますので、うちの国と私が王であることを認めてください」と願い出ます。強大国の王は「よし、私を皇帝(つまりあんたより偉い)と認めるなら、私も慈悲深さを発揮して、お前の領地は侵略しないし、お前を領主(王)と認めよう。よく来たな。褒美を持って帰れ」と貢物よりも多くのお土産を持たせて帰す、と言うやり取りのことを言います。

これにより、皇帝である強大国は軍事力を使うことなく周辺の国を従わせ、属国とすることができますし、周辺国も強大国から認めてもらうことで、近隣の争いのある国に対しても「おらのところは皇帝から領主のお墨付きをもらったんだから、うちの国を攻めると皇帝が黙っていないぞ!」と主張することができます。

事実、近隣国同士の争いは戦争の火種になりますので、皇帝はそういう近隣国同士の調整も行っていたといえます。

東アジアでは、基本的に中国(唐や隋・明・清など)が常に皇帝を称する大国であり、近隣の朝鮮やモンゴルの一部、ベトナム、沖縄(琉球)一時期の日本などが冊封を受けていた国に相当します。

では、冊封を受けていたから「大国の属国であり、現代的に言えば領土に入るか?」と言われれば、「入る可能性は高い」と言わざるをえません。

これは、なにも中国が主張しているということではなく、西洋的な国際法の考え方からも援用される部分があります。
西洋においての国と国関係はローマ帝国とそこから分離した各諸国、そして皇帝との関係性が基本になっています。そのため「ローマ帝国の属国または属領は、ローマ帝国の領土」という考え方が基本になり、アジア的な冊封関係もそれから類推して『領土的範疇に入ってもよい」と考えられているのです。

ただし、そうは言っても「ヨーロッパ各国」も独立国になっているわけですから、そのための条件というのはいろいろと複雑にあるわけです。

ただし、ウクライナとロシアの現在の問題のように(ソ連時代、ウクライナはソビエト連邦の一部(構成国)一度でも大国の一部になった形跡があれば、大国はいつまでもそれを主張し続けるし、それが的外れであるとは言い切れない、ということもあるのです。

ヨーロッパ各国が独立を維持できるのは、すでに大国であるローマが無い(その末裔である神聖ローマもすでにない)ので、主張する国がないからです。神聖ドイツ帝国だった時代までは、戦争が多かったのはそういう理由(領土主張)もあります。

で、沖縄です。

沖縄が「中国の一部であったか、独立国であったか」というのは、上記の冊封体制と現代の国際法両方をかんがみて、さらに歴史的経緯からすれば「どちらも正しい」ということになります。

日本の場合は卑弥呼の時代に冊封を受けていても、大和朝廷が成立して以降「独立するから冊封はしないよ」とメッセージを発していますし、その後元寇などを撃退して独立を保っています。
朝鮮については、日清戦争後の下関条約で中国の属国から独立しましたし、ベトナムは何度も戦争して独立を担保しています。

ところが、沖縄に関しては、あまりにも小さな国であったこと、隣に日本と言う別の大国もあったこと、で「二つの大国と等距離を取ることで、独立を維持する」と言う政策をとったことで、中国から見ても「お前の国が一応の独立国だったのは、うちのおかげ(つまりうちの属国)」ですし、日本から見ても「お前の国が一応の独立国だったのは、うちのおかげ(つまりうちの属国)」(日本も(正確には鹿児島藩が)冊封を琉球から受けていた)お前んとこはうちの属国だろう、ということになります。

実際に琉球は、どちらの国からも独立を維持するために軍事的な配慮は一切せず、刀の代わりに扇子を腰に差し、舞踊や歌などの文化的な力で特色を維持していました。

結局、日本の都合で琉球処置と言う形で鹿児島藩に組み込むことになるわけですが、中国の側から見ると「うちの属国である琉球を日本が奪った」という見方も成り立つわけです。

ですので、沖縄の歴史的経緯を見ると
・中国から見れば、ずっとうちの属国で日本が武力で奪った
・日本から見れば、うちの属国だったけど必要があったので、藩に組み入れた。
・沖縄から見れば、ずっと独立国だったけど日本に武力で併合された。
ということになります。


日本人だから「日本の領土で間違いない」とはいいませんが、各立場の視点すべてを説明してもそれほどの手間ではないでしょうし「歴史」と言うものの見方(立場によって違う)という事でしょうね。

この様な見解が成り立ちますので敗戦した日本が領有権を主張するのには無理があると言わざるをえないでしょう。
[ 2017/02/04 18:29 ] [ 編集 ]
でスノーデンデンちゃん第三次世界大戦は何処でやったん?チミトンデモ念仏族かな
[ 2017/02/04 18:39 ] [ 編集 ]
スノーデンデンさんはオヤジギャグ専門かも
[ 2017/02/04 18:51 ] [ 編集 ]
某コミサイトにさつまいもさんの妄想軍事物語があるけどここの妄想軍事物語は👋👋 
[ 2017/02/04 19:09 ] [ 編集 ]
[ 2017/02/04 18:29 ] スノーデンデンさん
>この様な見解が成り立ちますので敗戦した日本が領有権を主張するのには無理があると言わざるをえないでしょう。

 日本が沖縄の領有権を主張するのには無理がある? サンフランシスコ条約で米国に持っていかれたものの、1972年に沖縄返還された以上、それは無理筋でしょう。歴史的経緯から中国のものであると判断されたなら、日本の敗戦時から中国にプレゼントされたかと。
 中国としては清の時代の国境線に戻したがっているとしても。

 ま、栄光のソ連時代再びとジョージア、チェチェンなどに武力侵攻し、今ではバルト3国やポーランドが警戒を強めるロシアに比べれば、なんぼか中国のほうが平和的(?)なのかもしれません。
 そういえばウクライナのNATO入りの噂は以前からありましたが、とうとう国民投票投票の話まで出ていますね。

ウクライナ NATO加盟で国民投票 大統領意向
http://mainichi.jp/articles/20170203/k00/00m/030/131000c
[ 2017/02/04 19:10 ] [ 編集 ]
日清戦争勝利後に編入

ポツダム宣言(カイロ宣言の趣旨を内包)受諾

この二つの基本的事実だけで日本の主張に無理がある

せっかくかつての自民党や外務省の知恵者が日本に有利な形で棚上げ(緩衝地域)にしていたのに、後世の愚かな政治家や官僚が紛争の火種にしてしまった
[ 2017/02/04 19:26 ] [ 編集 ]
>[ 2017/02/04 19:10 ] 自民がんばれさん
>日本が沖縄の領有権を主張するのには無理がある? サンフランシスコ条約で米国に持っていかれたものの、1972年に沖縄返還された以上、それは無理筋でしょう。歴史的経緯から中国のものであると判断されたなら、日本の敗戦時から中国にプレゼントされたかと。


その辺は中国の方が説明されていますね。

>1970年前に釣魚島は国連の法律上で中国に帰る事になりました。
当時日中間は外交ない、その後、中国は共產黨政権になったから、アメリカは日本に島があげる悪い事しました。香港はその時デモが起こりました,中国と台湾から反対声明が出ました。
>サフランシスコ条約は、戰勝国の中国とロシアは参加していません、サインもしていませんでした。無効です。

>まだ、この条約はカイロ宣言とポツダム宣言に違反してあります。
日本の降伏調印文章にもカイロ宣言とポツダム宣言にも書いてあります。日本の国は本州,九州,四国,北海道のみだけです。島は戰胜国アメリカ、中国,イギリス、ロシア決める事になります。つまり、島の説明権利は日本側が無い事です。日本の降伏調印文章に日本側はサインしてありました。

>野中広務は尖閣国有化の事で、中国人に謝罪しました。
「こんな不幸な事件が起きたのは、まったく日本の人間として恥ずかしい。中国の皆さんに大変申し訳ない」と謝罪していたことが明らかになった。
[ 2017/02/04 19:26 ] [ 編集 ]
中国は中国で幾ら主張をしても、日本も領土について譲る発言は出来ないでしょうな。

棚上げが本当は一番無難なんでしょうが。

アメリカ等に仲介して貰い、日本中国台湾とも各国問題を棚上げとはいかないものか。
[ 2017/02/04 19:57 ] [ 編集 ]
キチ朝鮮やキチ中共のパシりカタナシみたいな
[ 2017/02/04 19:59 ] [ 編集 ]
もうさ、アメリカにあげちゃたら?
[ 2017/02/04 20:03 ] [ 編集 ]
棚上げ論は単二問題の先送り領有問題を解決するなら国際司法。
[ 2017/02/04 20:20 ] [ 編集 ]
日本・中国・台湾3国で、棚上げ「再確認」でよい

日中漁業協定・日台漁業協定で漁業権の問題は調整終了済

将来的には、日本・中国・台湾の共同管理条約を結ぶことが最も日本にとって有益な在り方だ
[ 2017/02/04 20:28 ] [ 編集 ]
漁業関連と領有を同一視するアホー❗
[ 2017/02/04 20:36 ] [ 編集 ]
中国は以前から棚上げで合意していたのですが日本の方で約束を反故にして戦前回帰したい様ですね。

棚上げ以外に途はない〜鈴木首相発言と日中首脳会談
http://www.alter-magazine.jp/index.php?%E6%A3%9A%E4%B8%8A%E3%81%92%E4%BB%A5%E5%A4%96%E3%81%AB%E9%80%94%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%9C%E9%88%B4%E6%9C%A8%E9%A6%96%E7%9B%B8%E7%99%BA%E8%A8%80%E3%81%A8%E6%97%A5%E4%B8%AD%E9%A6%96%E8%84%B3%E4%BC%9A%E8%AB%87
[ 2017/02/04 20:37 ] [ 編集 ]
反日ブサヨすり替えすり替えでドツボ自虐ネタかい
[ 2017/02/04 20:38 ] [ 編集 ]
尖閣を中国のものだと日本が認めたら沖縄も中国のもの(沖縄と尖閣はセットだから)と認めることになるから
日本政府は、戦後アメリカが統治した沖縄を70年代に日本に返してもらったから沖縄は日本のものだし
沖縄の一部の尖閣も日本のものだと主張しているの?
[ 2017/02/04 21:13 ] [ 編集 ]
日本は、アメリカがくれたから尖閣は日本のものだと言ってるけど
中国からみたら、アメリカと日本が勝手にやったことだし、それは国際的な条約に反してるから認められない
ということですかね、
ところで中国側の言い分の
「1970年前に釣魚島は国連の法律上で中国に帰る事になりました」
というのはどういうことなんでしょうか
[ 2017/02/04 21:22 ] [ 編集 ]
カイロ宣言・ポツダム宣言の当事者から中国を除外することは無理筋である

アメリカも久場島・大正島を射爆場として利用していただけである
[ 2017/02/04 21:30 ] [ 編集 ]
結局一般の人で中国の主張を知っている人がどれだけいるのか。
そして、それが理不尽なものなのか、何故理不尽なのか、日本側の主張の妥当性はどうなのか、こういった部分テレビで全くやってくれない。一言「日本固有の領土」で片付ける。

そして、多くの日本人もよく知らないのに「そうだ、そうだ」となる。
ただ、愛国心を刺激して中国を敵国とみなしどんどん右傾化する口実を作る。

今回のスレではやっと少し深い話になってお互いの主張が見えてきたような気がします。
ヤマダさんの言う通り、中国の主張に一理も無ければそれを理解した上でどう国際的な場で説明するか考えなければいけない。まだまだ理解不足で自分なりの結論も出ていませんが、多くの皆さんのご意見を拝見するのは本当に勉強になります。



[ 2017/02/04 21:35 ] [ 編集 ]
日本側の言い分の一つに
「中国はアメリカに太平洋を二分割しようと提案したくらいだ、中国は日本を狙っている。
それで尖閣諸島を中国に奪われたら第一列島線一部を奪われることになるからより危険になるから
絶対に尖閣は中国に渡せない」
と愛国心と恐怖心を刺激して尖閣は日本のものだと国民に煽る。

(こういうと条件反射で反日だと言われるだろうが)
言語や文化や制度が全く違う日本全体を中国が支配するのは限りなく不可能に思える。
そもそも中国に支配されたところで一般国民の生活は変わりようがない。
働いて税金払うだけだ。
中国は文化大革命をしたくらいだから日本文化を破壊しにくると言われるが
今、中国は自国文化の保護や復活に力を入れている。(例 孔子の論語の復活や古建築の保護)
文化を残すメリットに気づいたからだ。海外に人気のある日本文化を破壊するわけがない。

では、もし日本が中国側に傾いたら困る国はアメリカである。
第一列島線もアメリカ発信の意見だ。
日本で流行ってるのは、防衛省がそれを輸入したからだろう。
防衛大学校の教授が書いた論文がアメリカで行われた研究の後追いだったりする。
これは防衛省の性質上仕方のないものかもしれないが(防衛省の技官は月一でアメリカで共同研究をするらしい)
もっと多面的に考えてほしい気もする。
ただ「防衛」というものを考えると仕方のないことかもしれないが
日米の軍事費の増加が、中国側に恐怖を与えて中国が強硬策にでるのかもしれない。
防衛を「軍事」だけで見ると軍事力の増加はキリがない
[ 2017/02/04 22:13 ] [ 編集 ]
フランス領のレユニオン島を見ると、領土問題は何処の本国に近いかはあまり関係無さそうですね。
[ 2017/02/04 22:42 ] [ 編集 ]
[ 2017/02/04 22:13 ]
>では、もし日本が中国側に傾いたら困る国はアメリカである。
>第一列島線もアメリカ発信の意見だ。
>日本で流行ってるのは、防衛省がそれを輸入したからだろう。

 その意見には賛成しますが。

>もっと多面的に考えてほしい気もする。

 そもそも日清戦争をやった頃には日中の利害は対立していましたし、WW2では米中を相手に日本は戦争をしました。戦後も露中という共産主義の東側相手に冷戦がありましたが、これは民主主義の西側の一員としての参戦であって、米国「だけの」意向ではなく。
 中世以降、もともと日中の仲が良かったという印象はありませんね。

>日米の軍事費の増加が、中国側に恐怖を与えて中国が強硬策にでるのかもしれない。

 日本の防衛費は雀の涙程度の微増、年率2桁台で軍事費が伸びる中国の足元にも及びません。
 米国もイラク戦後は減る方向でしょ。トランプ政権にてどうなるかは分かりませんが。というよりその時の政権が中国にどのような態度をとるかのほうが重要で、それに比べれば多少の軍事費の増減など影響は軽微かと。
 私は、仮に尖閣問題がなかったとしていずれ中国とは揉めたと思っています。年率2桁台で軍事費が増え、南シナ海に進出している中国軍が東シナ海や西太平洋に食指を伸ばさない方が不自然。それも中国が自国の防衛のため平和的に台頭するならともかく、他国の権益を奪う形でですからねぇ。
[ 2017/02/04 22:54 ] [ 編集 ]
>[ 2017/02/04 22:54 ] 自民がんばれさん

日本は琉球の理不尽な占領で領有権を主張しても国際的に孤立して昔の様に枢軸国認定されれば日本にとって不利益になるだけかと思います。

それよりもロシアに占領されている北方領土を奪還する方がよっぽど正当性のある領有権ですので国際的な支持の得られる事で日本にとっての利益になるかと思いますよ!

[ 2017/02/04 23:25 ] [ 編集 ]
尖閣諸島の地下資源を一番狙っているのは大国!日中共同で掘削して地下資源利益を日中で分ければええよ!
[ 2017/02/04 23:32 ] [ 編集 ]
日本国内の論理が世界の共通認識ではないことを知るべき、尖閣対立の政治解決こそ国民の利益
尖閣に関して、いつまでも「井の中の蛙」でいてはいけない。日本国内では日本政府もメディアも「尖閣は日本固有の領土」と言い続けるから国民もその認識しかないが、それは世界の共通認識とはずれている。領土というものは世界各地で歴史的に変わってきたものだ。だから国際法に「固有の領土」という概念はない。その言い方は、千島を放棄した日本が北方四島の領有権を主張すするために編み出した概念にすぎない。中国は日本が発明した「固有の領土」概念を借用して使うようになった。世界では通用しない概念だ。そもそも尖閣は「固有の領土」の意味にそぐわない。沖縄でさえ明治以前は米仏と国際条約を結んでいた別の国だった。尖閣には日本人も沖縄人も住んでいなかった。なぜそれが「固有の領土」の意味にかなうのか。尖閣は近代になって獲得した領土というのが本当だ。日清戦争中に非公開の閣議で領土編入したのだから、近代になって中国との力関係で獲得した領土だ。尖閣海域に海底資源の可能性が見出されて台湾、ついで中国が領有権を主張した。沖縄返還前だったので、台湾にも気をつかった米国は領有権に関して中立の立場をとった。今もそうだ。他の国も尖閣を日本領と承認しているわけではない。欧米のメディアは尖閣を日中の係争地と報じている。それが世界の認識だ。その認識に立てば、尖閣を日本も中国も「固有の領土」と主張しているのは、どっちもどっちでしかない。だから、尖閣ごときで対立を深めず共通の利益を図るために棚上げ合意をしてきたことは賢明な政治判断であった。その時代には、香港の活動家が尖閣に上陸しても即時国外退去処分にしてことを収めた。それで中国も抗議しなかった。ところが安倍政権は、自分から尖閣棚上げ合意を否定してしまった。尖閣の領有権を主張している中国がそれを黙認するはずがない。それなら我々の領土なのだから遠慮なく入るぞとばかり、尖閣海域への領海侵入を常態化させた。日本は海上保安庁の巡視船を常時派遣することになって無駄な予算を使うことになった。尖閣ごときで戦争することは日中両政府とも望んではいないが、緊張状態が続くと跳ね上がり軍人がいつ挑発行為に出ないとも限らない。日中両政府とも国民に弱腰は見せられないから簡単には引けなくなる。だから、尖閣の緊張状態は政治解決すべきなのだ。日米安保があるから武力衝突は起きないというものではない。安倍は戦争にならない範囲内で尖閣の緊張を利用して改憲機運を盛り上げたいと思っているだろうが、国民の利益のためには新たな尖閣棚上げ合意を結ばなければならない。そうすることによって武力衝突の危険性を除去しなければならない。政治解決を放棄して軍事対決路線を続けるなら、社会保障費へのしわ寄せを招き尖閣での武力衝突の危険性も増すことになる。緊張状態を放置して尖閣をめぐっての日中双方の国民感情がぶつかるようになれば、もっと災厄は広がってしまう。早急な対立沈静化が必要だ。
[ 2017/02/04 23:41 ] [ 編集 ]
施政下と領有権は別物ではないの 前から↓の見解見るけどね。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/post-f2e7.html
この記事では3つのポイントが示されていて
1 尖閣諸島が日本の施政下に置かれている以上、「自動的に」尖閣諸島は日米安保条約第5条の適用範囲になる。 別にマティスやトランプが発言してもしなくても~ だからニュースになるような内容でない。

2 これが気になるところで
米国は尖閣諸島が日本に帰属するとは一度も言ったことがない。
「尖閣諸島の領有権について、米国はいずれの国の側にも立たない」との立場を貫いている。マティスはこの件は触れてないけどね
認識を分けているので、今後中国の施政下になる可能性を否定できない?

3 安保条約第5条は、「自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動する」と定めてるだけなので、自動的に援軍を差し向けるとは限らない。米国内の議会で承認されればとか言われている。
[ 2017/02/05 00:00 ] [ 編集 ]
売国奴が毎回毎回めんどくせぇな。突っ込みどころ満載の長文駄文。はっきり本音を言ったらどうだ。

日本は中国固有の領土!

だろ。バレバレだよ。「たかが」尖閣だの尖閣「ごとき」だの言ってるような奴にだれが騙されるか。
[ 2017/02/05 00:01 ] [ 編集 ]
戦う修道士マティスw
このマティスさんという人は、
トランプ政権で、国防大臣となった人だが、
軍事一筋で、結婚もせず、子供も作らず、一方で、7千冊という軍事や哲学の本を、
読み、彼を、『 戦う修道士 』と、呼ぶ人もいるそうです。

マティスさんは、間違いなく、韓国人でもなければ、
北朝鮮カルト宗教にも、はまっていません。w
もちろん、日本の田舎で、「おれっちの、ガキ産めやあ~~。」と、
騒いでいる、不気味な、キチガイの日本人の男どもでもございません。w

このマティスさんは、来日前に、
トランプの印籠を持って、日本に対し、日米同盟を餌に、
たかりゆすりに来るのではないかという、
日本に、たかっている、隠れ韓国左巻きメディアが、騒いでいましたが、
そうではありませんでした。

やはり、それも、日本人を装う、偽韓国人メディアの、でっち上げでした。

マティスさんは、一度も、在日米軍の日本側の負担の値上げなどは、
議題にもせず、そのような意図は無いといいきり、こう述べた。

「むしろ、日本は、米国との同盟における負担のあり方について、
 他国への、お手本となるような状態にある。」

つまり、現在でも、表面の、見える形ですら、
75%もの負担を行っていることは、アメリカの、その他の同盟国と比較しても、
突出しています。

それを、「いや~、100%だ!」などと、あおっていたのは、
いつものとおり、日本人を装い、日本で、甘い汁を吸いながら、
日本人を逆恨みしては、常に、日本人に対して、
嫌がらせをしたがる、反日帰化韓国人による、なりすましメディアの、
でっち上げだった可能性があります。

もし、100%の負担金を求めるのであれば、
それは、すでに、傭兵であり、
米軍の指揮系統は、日本にあるということになってしまいます。
だから、100%の負担金を求めるなどということは、
同盟国においては、ありえない話です。

あっぱらぱー大学(爆笑)という、左翼レッテルが好きな在日韓国人は、
カルトで、頭がおかしいのか、たった、それだけの、論理すら、
知りません。w

ところが、マティス国防大臣は、

「 100%、アメリカは、日本を守る 」
と、言い切りました。

しかも、
「 尖閣は、日本の領土 」
とも、言い切ったうえで、
マティス国防大臣は、「日本に、ゆすり、たかりに、やって来たのではない」
ということを、明確にし、
稲田国防大臣は、
「 日米同盟負担金の話は、今回、一度も、出ませんでした。」
と、述べました。

このマティスさん、トランプが、名指ししている中東のテロリストに対し、
拷問を復活させようと提言したことを、
やんわりと、撤回させただけあり、
単に、頭に血がのぼって行動するようなタイプではなく、
非常に、理性的でもあり、合理的判断が出来る人であることが分かった。

かつて、日本に、滞在していた経験もあるとのことで、
トランプは、信頼のおける参謀を、国防大臣に選んだといえる。


[ 2017/02/05 00:09 ] [ 編集 ]
00時01分の方へ、23時41分より
私あての「反論?」のようなので一言。「売国奴」とはどういう者のことで、私がそれに当てはまる理由は何かをお示しねがいたい。理由もなく罵ったのなら謝罪するのが筋と思うがいかがか。「突っ込みどころ満載」なら、なぜ満載で突っ込まないのか。本当は何も突っ込みどころがないなら返答は無用だ。「本音」も「建前」もない。書いたとおりが私の「意見」だ。「日本は中国固有の領土」とは初耳だ。説明できるものなら説明ねがいたい。単なる「駄文」なら返答は無用だ。尖閣「ごとき」が違うというのなら、尖閣を失うと日本にどのような重大な損害があるのか説明していただきたい。自衛隊幹部も尖閣は日本にとって死活的利益でないことくらい承知している。あなたの命をかける価値があるなら尖閣へ行かれることをお勧めする。
[ 2017/02/05 00:18 ] [ 編集 ]
顔文字ジジイはついにみんなから総スルー(^^)v(^^)v(^^)v いいとこなし(笑)
[ 2017/02/05 00:40 ] [ 編集 ]
別記事で書いたコメント。こ記事でも同じことを考える。
ーーー
日本人であるならばこの言葉に気をつけたほうがいい。
「尖閣は必要?」
「沖縄は独立したほうがいい」

尖閣は日本の領海面積を大きく左右するもので、宮古島や石垣島の領域で漁を営む人達は今も海上保安庁と海上自衛隊を信じて漁を続けている。
しかし、翁長ハゲバカはこの件は形だけでしか言及しない。

尖閣を失い、九州地方の土地面積を上回る領海を失って、沖縄が独立運動が加熱することで喜ぶ輩は誰か想像すれば、子供でもわかる。

僕は絶対に工作員には騙されない。
[ 2017/02/05 01:39 ] [ 編集 ]
0139
工作員はお前だろw
カイロ宣言、ポツダム宣言を無視して領有権を主張できる立場にない無条件降伏した日本が沖縄を占領していることが日本が無法者として世界から見られて敵国条項適用されてまた、核爆弾落とされたらどうするんだよ。
誰が喜ぶか、誰に利益があるかじゃなくて、日本は中国を無法者扱いしてるけど、実際は日本のやってることがならず者だろ。
どこか間違ってるか?
[ 2017/02/05 02:38 ] [ 編集 ]
↑ 何もかも間違ってるよ。
[ 2017/02/05 02:44 ] [ 編集 ]
0244
どの部分がどのように間違えているのか明確に答えてみろ。
答えられるのならばな
[ 2017/02/05 02:47 ] [ 編集 ]
2:44さん、2017/02/05 02:38 ] 名無しが、そういうことを書きたいかの意図がね。
何を欲してるのかがね。笑
[ 2017/02/05 03:42 ] [ 編集 ]
幼稚な思想のネトウヨどもが明確な反論もできずに負け惜しみの意味不明コメントを残して逃亡したか
このような危険な思想のバカがいる事によって日本の信用がどれほど毀損していることか、

だってボクちんの物はボクちんの物なんだもん条約や署名なんか関係ないやい

でも枢軸国や敵国条項で日本に軍事行動されたら無責任に真っ先に外国に逃げるんだい

ってか?
[ 2017/02/05 04:27 ] [ 編集 ]
2017/02/05 04:27さんの言われるように

論理的な、客観的事実に基づく反論が「尖閣日本領土」論者からなされていない

孫崎亨氏の「日本の国境問題」を精読すればよいと思う
[ 2017/02/05 07:28 ] [ 編集 ]
「日中領土問題で得をしたのは誰なのか?」
http://www.magazine9.jp/interv/magosaki/index1.php

上のコメントで上がった孫崎さんの記事です
[ 2017/02/05 07:55 ] [ 編集 ]
自分はどっちが正しいと言う前に、単純に日本の論理的根拠が知りたかった。どなたか、ただ違うと言うだけでなく冷静な論理的説明をお願いします。

そうでないと、結論としてはやはり中国の言い分が正しいという事になってしまう。国際的な司法の場で訴えれば良いと言いますが、何をどう訴えるのか?
[ 2017/02/05 08:41 ] [ 編集 ]
石原慎太郎が尖閣云々でお金集めてたよね
極右やネトサポの大好物尖閣問題の元凶でもあったのか
[ 2017/02/05 08:57 ] [ 編集 ]
外務省のHPより
Q11
中国政府は,1943年「カイロ宣言」,またその後の1945年「ポツダム宣言」を日本が受け入れた結果,尖閣諸島は台湾の附属諸島として,台湾とともに中国に返還された旨主張しています。また,中国を排した状況で締結されたサンフランシスコ平和条約により米国の施政下におかれることとなった南西諸島に尖閣諸島は含まれておらず,1953年12月に米国政府は『琉球諸島の地理的限度』を発表して米国の管轄範囲を無断で拡大し,1971年に米国が沖縄の施政権を日本に返還する際に尖閣諸島もその返還地域に組み入れられた,中国政府は一貫して尖閣諸島が日本の領土と認めていない旨主張していますが,日本政府はどのような見解を有していますか。
A11
カイロ宣言やポツダム宣言は,当時の連合国側の戦後処理の基本方針を示したものですが,これらの宣言上,尖閣諸島がカイロ宣言にいう「台湾」の附属島嶼に含まれると中華民国を含む連合国側が認識していたとの事実を示す証拠はありません。
そもそも,戦争の結果としての領土の処理は,最終的には平和条約を始めとする国際約束に基づいて行われます。第二次世界大戦の場合,同大戦後の日本の領土を法的に確定したのはサンフランシスコ平和条約であり,カイロ宣言やポツダム宣言は日本の領土処理について,最終的な法的効果を持ち得るものではありません。
日本は,サンフランシスコ平和条約第2条(b)により,日本が日清戦争によって中国から割譲を受けた台湾及び澎湖諸島の領有権を放棄しましたが,尖閣諸島はここにいう「台湾及び澎湖諸島」に含まれていません。なぜなら,尖閣諸島は,サンフランシスコ平和条約第3条に基づき,南西諸島の一部として米国が施政権を現実に行使し,また,1972年の沖縄返還により日本が施政権の返還を受けた区域にも明示的に含まれているからです。
サンフランシスコ平和条約締結に際し,尖閣諸島は日本の領土として残されましたが,主要連合国である米,英,仏,中国(中華民国及び中華人民共和国)のいずれも異議を唱えていません。むしろ,中国は,1953年1月8日人民日報記事「琉球諸島における人々の米国占領反対の戦い」において,米国が,カイロ宣言やポツダム宣言で信託統治の決定がなされていない琉球諸島を,琉球諸島の人々の反対を顧みず占領したと非難していますが,同記事には琉球諸島は尖閣諸島を含む7組の島嶼からなる旨の記載があり,尖閣諸島が琉球諸島の一部であることを認めています。中国はサンフランシスコ平和条約の締約国ではありませんが,日本は当時承認していた中華民国(台湾)との間で日華平和条約を締結しました。同条約において,日本はサンフランシスコ平和条約第2条に基づき,台湾及び澎湖諸島等に対する全ての権利等を放棄したことが承認されていますが,同条約の交渉過程では,日本領として残された尖閣諸島については一切議論されていません。このことは,尖閣諸島が従来から日本の領土であることが当然の前提とされていたことを意味します。
1968年秋に行われた国連機関による調査の結果,東シナ海に石油埋蔵の可能性があるとの指摘を受けて尖閣諸島に注目が集まり,1970年代以降になって,中国政府及び台湾当局が独自の主張を始めました。それ以前には,サンフランシスコ平和条約第3条に基づいて米国の施政権下に置かれた地域に尖閣諸島が含まれている事実に対しても,何ら異議を唱えていません。何ら異議を唱えていなかったことについて,中国政府は何ら明確な説明を行っていません。
[ 2017/02/05 09:16 ] [ 編集 ]
http://www.sharewithu.com/forum.php?mod=attachment&aid=MTU5ODIzfDc4YzVjYjhkfDE0Nzg4OTE3MTF8MHw1NzMwOTc%3D

英語ですが、とても参考になります。
そもそも中国は明の時代の1403年に尖閣を発見し、1561年に明のmaritime territory に導入(include) しました。
そして台湾の管轄にしたそうです。(A Tour of Duty in the Taiwan Strait)
1579年の琉球の地図(The Roadmap to Ryukyu)で尖閣は 「魚釣島」と中国の領土だとみています。

つまり1579年に尖閣は台湾の管轄になったから、カイロ宣言(日本は中国からstole (盗んだ)した領土を返す)により
尖閣は中国の領土だということ。
ロサンゼルス条約では、アメリカが間違えて日本に返してしまった。

外務省のHPにはこのことは触れてないようですね
[ 2017/02/05 10:24 ] [ 編集 ]
北京政府は少なくとも台湾の管轄ということは認めてたんですね。
台湾地位未定論が復興してきたので三つ巴の泥試合になりそうですね。
[ 2017/02/05 10:49 ] [ 編集 ]
>1968年秋に行われた国連機関による調査の結果,東シナ海に石油埋蔵の可能性があるとの指摘を受けて尖閣諸島に注目が集まり,1970年代以降になって,中国政府及び台湾当局が独自の主張を始めました。それ以前には,サンフランシスコ平和条約第3条に基づいて米国の施政権下に置かれた地域に尖閣諸島が含まれている事実に対しても,何ら異議を唱えていません。

 反論   ↓

1 中国は文革という国内の内戦の最盛期だった
2 沖縄を管理していたアメリカが射爆場として久場島・大正島を利用していた
3 1950年6月28日、中華人民共和国の周恩来外交部長声明
4 1970年中華民国政府外交部声明

[ 2017/02/05 10:59 ] [ 編集 ]
20:33スノーデンデン氏の貼ったもの読ませてもらったけど、確かに、未来志向で言えば「再棚上げ」が一番の外交だと思いますね。最後のこれは頷きました。↓

>尖閣をめぐる日中の軍事衝突の懸念が拭えぬ中、新たな暗黙の了解に基づく事実上の「再棚上げ」が危機回避の唯一の道と説く専門家は多い。両国指導者は「次世代の知恵」の発揮を迫られている。

ところが今の政権はその方向を考えてない点、防衛費が上がってる点、いろいろ裏があるんでしょう。
[ 2017/02/05 12:29 ] [ 編集 ]
[ 2017/02/05 04:27 ] 名無し
相当頭が痛いですね。あなた、バカですか?
逃亡も何もあなたの基準で生きていません。何故私があなたなどに回答するしないを合わせる義理があるのでしょう。
その辺の柱で一度頭をぶつけてしまえば少しはまともになるのでは?
誰も悲しみませんから。

色々と書いてますが、で、結論は何を仰りたいのでしょう。 他の方にも散見されますが、

・正しい歴史認識をすべきだ!
・尖閣が日本の領土とは言い切れない!
はわかりましたので、その結論は、

・尖閣は中国のものでいいではないか!
・沖縄は独立すべきだ!
なんですか?違うんですか?
回りくどい書き方しないで。
[ 2017/02/05 16:16 ] [ 編集 ]
歴史的根拠が日本にはないため、国際的には日本が分が悪い、ただアメリカだけは味方をするかもしれない。
(サンフランシスコの件は過失とはいえ、アメリカが自分のミスを認めるのは嫌がるでしょうからね)
このことから導けられる結論は次の3つ

(1)アメリカを味方につけて尖閣を無理やり自国領土にしよう
(2) 上記をすると中国猛反発する。最悪な場合が想定されるから、アメリカを盾にして、もう一度棚上げを提案する
(3)それすらめんどくさいから、もう中国に返してしまえ

個人的に一番ベストのは(2)だと思います。
[ 2017/02/05 16:48 ] [ 編集 ]
夏希さん、熱くなりすぎ。
回りくどい書き方しないでと言いますが、その人は棚上げがベストと言っているように思いますが。

日本にも中国にも譲歩出来ない背景があるし理由がある。
とても難しい問題なんです。
だから、一方が現状打破しようとすると最悪の事態も考えなければならなくなる。
お互いに友好的な状況でない限り棚上げが正解だと思いますが、いかがでしょうか?

少なくとも中国にも領土を主張する理由があり、完全にそれを否定出来ない場合はなんとか中間を取って未来に託すというのも知恵ですね。そう考えると、今の政府より当時の政府の方が優秀だったのかな。今は世界中が紛争を求めているように思えて怖いです。
[ 2017/02/05 17:14 ] [ 編集 ]
頭の悪いネトウヨには高尚な御高説は理解できないらしい。

今の日本の立場が如何に危ういものなのか、この状況を打開するには日本はどの様に振る舞う事が適切なのか

知性がある生物であれば自ずと回答は出せるであろう

何でも人に聴かないで少しは自分で考えてみたらどうだ知性の欠片もない哀れな猿よ。
[ 2017/02/05 17:56 ] [ 編集 ]
結局 ”内向きのリロン”なんかは、、

得るモンが無いからね。
[ 2017/02/05 18:53 ] [ 編集 ]
[ 2017/02/05 17:14 ] 名無し
棚上げは結果ですよ。
外交上は主張はし続けなければなりません。

それに4:27と17:56が同一人物だと思います。
16:48さんのような文章書けません。

それに、F●CKとか、猿とか言えば、優位に立ったと思うあたり、日本人じゃないかもしれませんね。
如何にもあの国らしい。
そして極め付けはみんな大好き「(真の)知性がない!」笑

相手にする価値がなさ過ぎますね。残念な仕上がりです。
[ 2017/02/05 21:05 ] [ 編集 ]
01時39分と16時16分の「夏希」氏へ
領海は12海里、すなわち22㎞までの範囲だから、尖閣ごときで日本の領海を大きく左右するというのは言いすぎです。それに経済的利益を論じる場合は領海よりも、200海里の排他的経済水域を問題にするものです。あなたは誤解に基づいて書き込みをしているのではないですか。漁業権については、日中漁業協定で互いに相手国の排他的経済水域での漁業権を認めています。だから尖閣周辺にも中国漁船は協定に基づいて漁業をしています。その取締りは自国の魚産は自国の公船が担うことになっています。安倍政権は、台湾に大幅譲歩して日台漁業協定を結びました。中国と台湾の分断を図る政治的利益を優先したためです。それは沖縄の漁民にとっては不利な協定だから反発しぇした。そういうニュースがあったのをご存知ないようですね。沖縄独立にならないよう、国民統合を図ることが大切です。沖縄県民も同じ日本人との同胞意識があるなら、地元を無視した日米中央政府による沖縄の軍事植民地化に加担・黙認はできないはずです。自分を宗主国の国民、沖縄を植民地と見下すようなら、同じ日本国民としての国民統合などありえません。あなたも沖縄が独立など考えないよう、沖縄県民の痛みは自分自身の痛みとの意識を持っていただきたい。日本の中央メディアには、国民統合の意識がなさすぎます。「工作員には騙されない」とのことですが、誰が工作員で、どんな工作をしているのか、あなたが知っているわけがありません。あなたは私が書いたことすら知らなかったのだから。だから「騙されない」と気張ったところで気づかぬうちに騙されるものです。まずは知る努力をせられよ。なお、中国の工作員は入国審査を受けなければならないが、へ米国の工作員は米軍基地に飛来すれば入国審査なしに日本中に行けます。その方が工作しやすいとは言えるでしょう。私は米国の工作員がいるのか知りませんが。尖閣は日本の領土です。ただし「固有の領土」ではありません。「固有の」というのは「もともとの」というのが本来の意味ですが、もともとの日本の領土ではないからです。琉球王国の領土でもありませんでした。中国の領土でもありませんでした。前近代の東アジアには辺境の無人島に明確な領有概念はありません。尖閣は日清戦争中に、日本が非公開の閣議で沖縄県に編入した領土です。つまり近代における日中の力関係で獲得した新領土です。しかし国際的には日本領と確定していません。米国も認めていません。そんな条約も国際司法裁判所の裁定もなく、日中台が領有権を主張しているからです。ただ、日本が実効支配しているだけです。日本国内では、政府もメディアも「固有の領土」と宣伝しているだけです。世界各国は、尖閣は係争地と見ています。辺境の無人島である尖閣に日本の死活的利益はありません。あなたはご自分の命をかけても守るべきと思いますか。私はそんな島のために自分の命を投げ出すのでなく自衛官や中国兵の命を奪うのではエゴでしかないと思います。むだ金を使うほど財政に余裕もありません。だから、尖閣は棚上げにして武力衝突の危険性を除去するのが最善なのです。棚上げ交渉もせずに軍事対決路線を続けて軍産複合体の利益にカネを回すよりよほど賢明です。反論があるなら受けて立ちます。
[ 2017/02/05 21:49 ] [ 編集 ]
2017/02/05 21:49 ] 名無
結論を書きなさい。
最近随分見苦しい。

弁が立つのはわかった。
それが術であるなら、あなたの本質は確定ベースに言い訳を探しているだけだ。
どうあってほしいと願う?
どうあるべきだと連ねる?

あなたは優秀さを無駄にしている。残念でならない。
[ 2017/02/06 02:07 ] [ 編集 ]
見苦しいのはお前だよ
もう出てこなくていいよ(笑)

>棚上げは結果ですよ。
>外交上は主張はし続けなければなりません。

何一つ明確な根拠を示さずに只主張し続ければ良い?

縄張りを主張している危険な野良犬がワンワン騒いで煩いから保健所に連れて行かれて殺処分されたいのか?

本当に幼稚で意味の無い駄文しか書かないな何か正当性を主張できる根拠を一つでも示してから書き込めよ。

見苦しい正にお前に相応しい言葉だよw
[ 2017/02/06 05:58 ] [ 編集 ]
認識の甘い皆さんへ!!
①常任理事国とは
第二次世界大戦の戦勝国に基づき、アメリカ合衆国、イギリス、フランス、ロシア連邦(かつてソビエト連邦)、中華人民共和国(かつて中華民国)の5カ国は安保理常任理事国である。

②敵国条項とは
日本は敵国条項に指定されている枢軸国とみなされています。
国連憲章第53条、第77条1項b、第107条に規定されている。その内容を端的に言えば、第二次大戦中に連合国の敵国であった国が、戦争の結果確定した事項に反したり、侵略政策を再現する行動等を起こした場合、国際連合加盟国や地域安全保障機構は、安保理の許可がなくとも当該国に対して軍事制裁を科すことができる、としている。

つまり、あらゆる紛争を国連に預けることを規定した、先の国連憲章51条の規定には縛られず、敵国条項に該当する国が起こした紛争に対して、自由に軍事制裁を課する事が容認されるのである。さらに言えば、これらの条文は敵国が敵国でなくなる状態について言及していない。

そのため旧敵国を永久に無法者と宣言したのも同様であり、旧敵国との紛争については平和的に解決義務すら負わされていないとされている。従って、敵国が起こした軍事行動に対しては話し合いなど必要なく、有無を言わせず軍事的に叩き潰してもよろしいということになる。

③敗戦した日本が理不尽な無人の尖閣諸島の領有権主張をする事により日本の本土までもが危険にさらされています。
何が日本の利益になるか良く考えてみては如何ですか?
[ 2017/02/06 08:53 ] [ 編集 ]
日本が危険ってことはないわ。
正確に言うなら尖閣、沖の鳥島みたいなんが単独で危ないんやろ。
後は珊瑚みたいにかっぱらわれるのもな。密漁はしんどいで。
乱獲もしんどいけどな。

竹島みたいに実効支配しやすいからな。無人島は。

中国が日本本土に核ミサイル打ち込むとかさすがでけへんで。
やったら全世界相手に全てが終わるのもしっとるからな。
[ 2017/02/06 10:41 ] [ 編集 ]
長内さんへw
敵国条項とは戦争とは違い宣戦布告をする必要はありません。

中国は尖閣諸島を自国領土と認識しております。

日本が再三の忠告にも耳を傾けずにいれば侵略行為とみなされるでしょう。

敵国条項の適用となればテロ行為とは違い他国からの中国への武力攻撃は容認されないでしょう。

いきなりの核ミサイルの使用はして来ないにしても通常弾道ミサイルや無人偵察機ターミネーター(ドローン)による空爆攻撃等アメリカがタリバンを殲滅した方法等やり方は色々あるかと思いますよ。

今の平和な日本を自ら危険に陥れるような愚かな行為はやめるべきです。
[ 2017/02/06 15:42 ] [ 編集 ]
実効支配は日本・中国・台湾もしていない

政府や海上保安庁・防衛省・外務省が「尖閣海域」侵犯と発表してマスコミが騒ぎ立てているだけだ

日本が「棚上げ合意」を破り、恒久的施設を建設したり、海保や自衛隊員を配置すれば、戦争の端緒になり得る




[ 2017/02/06 18:50 ] [ 編集 ]
02時07分「夏希」氏へ、5日21時49分より
「反論があれば受けて立ちます」と書いたが、あなたの回答は反論になっていない。「あなたはご自分の命をかけても守るべきと思いますか」に答えていない。「自分の命を投げ出すのでなく自衛官や中国兵の命を奪うのではエゴでしかないと思います」にも反論していない。「結論を書きなさい」と書かれているが、私は「だから、尖閣は棚上げにして武力衝突の危険性を除去するのが最善なのです」と結論を書いている。「最近随分見苦しい」そうだが、私にはそういう自覚がないので、具体的に指摘していただきたい。そうでないと「そんなことはない」としか答えようがなく、水掛け論に終わってしまう。具体的に指摘してこそ議論が成り立つ。「確定ベースに言い訳を探しているだけ」という傾向は私も含め多くの人にあると思う。あなたにもあると思う。自戒していきたい。ただ、理由もなく「確定ベース」に至ったのではない。十分な理由があって「棚上げが最善」と考えるに至った。だから「言い訳」というより、「棚上げが最善」と考えるに至った理由を書いたのだ。それが間違っていると思われるならぜひ反論していただきたい。納得できる反論があれば、私の考えも変わっていく。「優秀さを無駄にしている。残念でならない」は過分なお褒めの言葉としてありがたく受け止めさせていただく。ただ、私が本を読んでも理解できないことは山ほどある。言うまでもないが、私を含め間違いのない人間はいない。中国との向き合い方も一刀両断でうまくいくとは思っていない。大切なことは、政策に間違いがあっても早めに修正することで、神ならぬ人間はそれしかできないし、そうすることが賢明な政治なのだと思う。
[ 2017/02/06 21:36 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク