情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.02.05 21:00|カテゴリ:政治経済コメント(11)

【身勝手】JASRAC外部理事「成熟の秋を待った」「日本の音楽を設計することは使命ではない」


s_ice_screenshot_20170205-200110.jpeg


JASRAC外部理事の玉井克哉氏が「音楽教室から著作権料を徴収する」という問題について、自身のツイッター上にコメントを投稿しました。玉井氏は今回の騒動に関して「成熟の秋を権利者は待ったわけですよ」と述べ、音楽教室側は米一粒も渡す気がないと指摘。

「日本の音楽業界の衰退を招く恐れがある」という指摘に対しては、「日本のこれからの音楽を設計することなど、JASRACの使命ではないし、できることでもない」などとコメントしました。
JASRACを巡ってはヤマハ音楽教室などが抗議しており、ネット上でもJASRACの横暴に怒りのコメントが殺到しています。














関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
TPPで儲かる予定だったJASRAC。
ところがTPPは中止。予想通りに儲からなくなった。
仕方ないので収入を増やす為に音楽教室に手を延ばすことになった。
ということですかね。このタイミングってことは。
[ 2017/02/05 21:51 ] [ 編集 ]
相変わらずJASRACの言い分はデタラメ。

>音楽教室から著作権料を徴収する
→ 今や、教育は無償化、が世の中の流れ。
そのほうが社会にとってメリットが大きいからだ。
それを、自分の金儲けのために横槍を入れようとは、聞いて呆れる。

>作詞家作曲家の経済的基盤をきちんとした管理組織が支えないと、
 日本のこれからの音楽文化は、終わる…
→JASRACが「きちんとした」管理組織?
 ヤクザと変わらない取立てを行っておいて、よく言う。
[ 2017/02/05 21:51 ] [ 編集 ]
世が世なら、勝手に他人の編曲物を作曲していたバッハもモーツァルトもベートーベンも完全にJASRACに訴えられてたな。「◯◯氏の主題による変奏曲」というジャンルが消滅するのが新しい文化。
[ 2017/02/06 00:36 ] [ 編集 ]
営利目的ではなく、教育目的で使われるのなら無償で提供されるのが理想だけれども、ヤマハがJASRACKに登録されている音楽を餌にして生徒を集めていたり、レッスンで使う音楽の半分以上がJASRACKの音楽なら支払う義務はあるかもしれない。JASRACKが法律上きちんとしたビジネスであり、それを利用している音楽家が多いのだから仕方がない。
[ 2017/02/06 04:23 ] [ 編集 ]
‥ということは、お前らの存在価値なんか全く無く、

ただの「米付きバッタ屋」ってことを自分で言ってるだけじゃないか?
[ 2017/02/06 08:23 ] [ 編集 ]
どんなものであれ、ビジネスモデルが生まれるごとに本質が蝕まれていく。
CDとかが売れない時代だからLIVEに客が集まらないアーティストは小銭稼ぎに精をだすしか。
[ 2017/02/06 11:09 ] [ 編集 ]
もう誰かを困らせて儲けようという発想しか生まれない時代なんだな
[ 2017/02/06 11:26 ] [ 編集 ]
~たら、~れば、~なら、は確定ではないですからね
[ 2017/02/06 12:18 ] [ 編集 ]
JASRAC
天下り、税金泥棒の温床。

経済的基盤とJASRACは
何の関係もない。
[ 2017/02/06 16:24 ] [ 編集 ]
使用料適用は国内だけ?外国の曲、歌はどうなのかな?
私的にはアジアなのかイスラムなのか知らないが歌や音楽を流しているレストランに行って気に入っている。 とても心地良いし歌も上手い。
他の店でももっと流してくれないかと期待している。
現代の日本で聞かれる歌は物足りないしつまらない歌詞も訳分からんが多い。
どうせ分からない歌詞なら雰囲気の良いイスラムでも南米でも良いよ。
日本芸能界に固執しなくてもいいのではないのか?
中韓は聞きたくないが
[ 2017/02/06 16:41 ] [ 編集 ]
「フリーライダーを許さない」という正義を実現させているのであって、それで音楽業界がどうなるかは別の問題だろう。
もし、それで音楽業界が衰退して著作権管理する音楽も無くなればジャスラックも役目を終える。

そんなに難しい話では無いと思う。
[ 2017/02/07 18:33 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク