情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.02.06 21:00|カテゴリ:放射能測定情報コメント(22)

東京のコイからセシウム検出!浄水場でもセシウム、依然として汚染物質が残る!福島原発事故の放射能


s_ice_screenshot_20170206-080008.jpeg

今年で福島原発事故から6年が経過しますが、依然として汚染物質は残っています。週プレNEWSによると、2016年秋に東京の新中川の下流域でコイを調査したところ、50Bq/kgのセシウムが検出されたとのことです。
東京湾には関東中の川から水が流れているため、場所によっては局所的にかなり線量が高くなります。

福島第一原発に近い海域だと10000Bq/kgを超えるような魚も検出されたことがあり、半減期を考慮しても汚染は継続していると言えるでしょう。

東京都が発表している浄水場の検査結果を見てみると、先月の調査でも発生土から50Bq/kg以上のセシウムを検出していました。福島では100ベクレルを超えている浄水場もあることから、今も東日本の汚染が続いていることを実感することが出来ます。


セシウム値が急激に上昇? 東京湾のコイも福島原発沖のヒラメ以上に汚染されていた!
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170123-00078760-playboyz-soci

■新中川のコイから、50Bq/kgのセシウムが…
旧江戸川と通じる新中川(江戸川区)の下流域で捕獲した全長約70cmのコイを、すり身にして放射能測定所のNAI(TI)シンチレーション検出器で測定したところ、50Bq/kgのセシウムを検出した。身を乾燥させれば水分が除去されてセシウムが濃縮されるため、さらに高い数値が出たはずだ。



東京都 浄水場発生土の放射能測定結果について
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suigen/shinsai/pdf/data_today.pdf

s_ice_screenshot_20170206-075921.jpeg

すりかみ浄水場 浄水発生土の放射性物質測定結果について(最新)
http://www.f-wsa.jp/oshirase/zyousuicake/

s_ice_screenshot_20170206-075905.jpeg





関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
コイは淡水魚で東京湾には生息していません。
また記事の中川も東京湾ではありません。

ただ、記事の趣旨である魚の放射能汚染は理解でき、当方もかつて好物だった芦ノ湖のワカサギの唐揚げを原発事故以来食べないことにしています。
[ 2017/02/06 21:18 ] [ 編集 ]
福島の汚染水の滞留地域の値が、なぜか東京湾。
わからないものですね。
やはりねー。
[ 2017/02/06 21:50 ] [ 編集 ]
>東京の新中川の下流域

文字どおり新中川の下流であって、すなわち東京湾とは理解できない。
日本語が苦手であっても頑張って正しく使うように。
[ 2017/02/06 21:53 ] [ 編集 ]
意外なとこにホットスポットありそうだから、
本音としては、引っ越せるならさっさと引っ越したい。
[ 2017/02/06 22:43 ] [ 編集 ]
海に生息する鯉をまだ一度も見たことはないから東京湾でないのは分かるが、
新中川の下流なら東京湾に流れるだろうと想像するのは、思いたくない人以外は自然なことでは。
[ 2017/02/06 22:52 ] [ 編集 ]
そういえば2013年ころ、大量発生した多摩川のシジミを平気で採って食べている人たちもいたね。
[ 2017/02/06 23:03 ] [ 編集 ]
そろそろ人間からの検出が話題になるべき
[ 2017/02/06 23:30 ] [ 編集 ]
そろそろ人間に?

うんその通りだよね
甲状腺が恐ろしくなるな
[ 2017/02/06 23:36 ] [ 編集 ]
食べて応援 ロックフェラー

ググれ

恐るべし、安倍の嫁
[ 2017/02/06 23:42 ] [ 編集 ]
東京に影響がないみたいな事言ってなかったっけーでんでんはオリンピックやる気満々か未だ
[ 2017/02/07 03:19 ] [ 編集 ]

  お・も・て・な・し


[ 2017/02/07 05:28 ] [ 編集 ]
鯉はよく川底にいる魚で藻を食べるだ
フナも似た様な修正があって、ギギュウだったりドジョウも底に張り付いてる

藻を検査してほしい

藻にすらついてるようならだいぶ水と浸透してるかもね
[ 2017/02/07 06:22 ] [ 編集 ]
ドイツの検査官が野生イノシシからのチェルノブイリ由来のセシューム検出値がやっと安心できる低レベルに、と言うぐらいだからね

日本は石棺の蓋なしで水蒸気と共に出し放題
象の足二本か三本ぐらい地中に潜ったまま、対策なしで検証ばかりだろ
これじゃあ地下水も高熱に触れ汚染し放題さ

ま、水蒸気爆発の対策はとっているんだろうが 
[ 2017/02/07 06:32 ] [ 編集 ]
ソース記事で少し気になるのは、50Bq/kgとそれほど大きな数値ではないのに(基準値は100Bq/kg)、なぜ今また騒ぎはじめたのか??と思います。
それと、セシウムが134なのか137かも記されていません。
[ 2017/02/07 08:11 ] [ 編集 ]
To21:18へ
日本人なら、もう少し日本語勉強したら?

新中川(決して中川ではない)は江戸川区で、旧江戸川に合流、旧江戸川はTDLの西側で東京湾に注ぐ。
知ってた?

ヤフーの元記事にもあった様に
調査したコイは海水と淡水が混在する汽水域に生息ってかいてあるよ。
よく読んで!

管理人さんは、別におかしな事は言ってないと思うよ。
[ 2017/02/07 08:54 ] [ 編集 ]
http://sharetube.jp/article/1353/

2年前の調査結果だが、湾内は溜まって出にくい事と、セシウムの半減期から
現在は更に線量は上がっているんじゃないかなと予想するけどね。
[ 2017/02/07 09:49 ] [ 編集 ]
まさに中川の近くに住んでいました。
葛西臨海公園(東京湾)までも2キロくらいで、江戸川区のあの一帯は埋め立て地だから、川と名前はついてますが、下流はほぼ海なんです。汽水だからコイもいますよ。
東京湾は関東中の放射性物質が洗い流されて、濃縮する場所なので、蒸発して雲になり、どこかで雨になり降り注ぐの循環。数値も高いまま。
事故がなかったら、汚染がなかったら。本当に景色もきれいで素晴らしく住みやすい大好きな街だった。

水と空気が汚れたら、それまで通りに暮らすのはとっても難しい。
空気清浄機や空調のフィルタ掃除、西日本の水や野菜の取寄せ、産地や製造地のチェックはできる範囲で各家庭で黙ってやるしかない。
[ 2017/02/07 10:22 ] [ 編集 ]
ネトサポ糞じじいの検閲は原発関係が特に厳しいようだな。東京汚染ピックまで24時間営業必死のパッチなのは分かる気がする。でも汚染水といっしょで、あちこちから漏れ出ているよ。私が毎日読んでいる「zerohedge」にも2号機の穴の問題が特集されていた。あれに載ったら終りだね。世界中の識者が見るよ。
[ 2017/02/07 11:15 ] [ 編集 ]
ネトサポ糞じじいの検閲を世界に及ぼす事は可能か?
[ 2017/02/07 11:26 ] [ 編集 ]
ネトサポ糞じじいの求人が必要だな。「英語、フランス語、ロシア語、スペイン語、中国語の出来る方求む」
[ 2017/02/07 11:29 ] [ 編集 ]
核を持っているとは言えないから『原子力』って言葉を使う。
そして皆さんも同じ言葉を使って、核を持っていない強調に協力をしている。
でも所詮核エネルギーの詭弁。原発と言わずに「核発電」と国民みんなでハッキリ言おう。
[ 2017/02/08 03:38 ] [ 編集 ]
50ベクレルは非常に高いと思います。

理論上では放射性崩壊するときに1ベクレルは一時間に3600もの放射線を出す。

これがもし細胞になった時にはその細胞の周りに一時間に3600発発射され細胞の周りを
1°とすると360度方向に10発づつ放射するので、そこにある細胞のダメージは計り知れない。

さらに、隣接する細胞すべてがためーじを受けるので当然修復されずにがん化につながる可能性が
上がるので、体には1ベクレルも入れてはいけないというが、原発事故以前の考え。

現在でも世界中で日本の農作物は輸入規制しているくにがかなりありますが、当然1ベクレルでも高いので当然の措置ですが日本では昔は100ベクレルで黄色いドラム缶で厳重管理になったのが今は食べる基準になってしまった。

基準がいろいろあって判断は自己責任へとなってしまったが、きちんとした科学的理解をできるように国が本来はやっていかないといけなのが国はオリンピックへ向けて秘密特定保護法を盾に隠ぺいまっしぐら。

もともと、基準値は原発を使う側が使いやすいように決めた信用ならない基準でしかないと思っているので、子供には一番厳しい基準を元に行動しています

[ 2017/02/16 06:06 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム