情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.02.07 21:00|カテゴリ:世界の災害情報コメント(26)

【気候変動】2030年に氷河期の本番が到来か?寒冷化の兆候が続々!太陽活動と類似も・・・


s_ice_screenshot_20170207-192456.jpeg
*氷河期

2030年頃に地球が本格的な氷河期に突入するという予想が報じられています。NEWSポストセブンは英国ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザーコバ教授率いる研究チームの発表を紹介し、その中で「1645年に始まったマウンダー極小期の時代に近い状況。2030年、世界は氷河期に突入する」と指摘。

実際に2012年から太陽では磁極が分裂する現象が観測され、それから活動がドンドン低迷しています。これは過去数百年間でも最低クラスの水準で、太陽活動の低下は地球の寒冷化を誘発することになるはずです。

約400年前にもミニ氷河期の時代があり、その時は東京にある江戸川が氷漬けになったという記録が残っています。首都圏が北海道並みの気温まで低下するという感じで、到来する時期が2030年頃と予想されているのです。

寒冷化の問題は植物がやせ細り、食料の生産量が激減する点だと言えます。歴史上の大飢饉や食糧不足は寒冷化の到来とも一致。時期的には今も暖かい氷河期になっているわけで、本番に備えて国家規模の対応が必要になりそうです。

↓生物学者・長沼毅氏も氷河期に警鐘
s_ice_screenshot_20170207-191831.jpeg
s_ice_screenshot_20170207-191922.jpeg
s_ice_screenshot_20170207-191944.jpeg
s_ice_screenshot_20170207-191957.jpeg
s_ice_screenshot_20170207-192001.jpeg
s_ice_screenshot_20170207-192024.jpeg
s_ice_screenshot_20170207-192304.jpeg

2030年氷河期突入で約20億人が死亡する危険性あり
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170131-00000017-pseven-life

 2015年に英国ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザーコバ教授率いる研究チームの発表によれば、太陽の活動は2030年代に現在の60%にまで減少し、1645年に始まった「ミニ氷河期」(マウンダー極小期)の時代に近い状況になるという。つまり「2030年、世界は氷河期に突入する」というのだ。

 いまから約400年前にもミニ氷河期があった。1645~1715年は、「マウンダー極小期」とも呼ばれ、太陽の黒点の数が著しく減少した。ザーコバ教授はいう。

「マウンダー極小期には地球の平均気温が1.5度下がりました。今回の寒冷化はその時よりももっと気温を低くさせるでしょう」


























関連記事


ブログパーツ
年々新潟も豪雪の期間が短くなっています。
以前は年末にはすっかり雪が積もっていたのに、最近はそれも希です。
[ 2017/02/07 21:10 ] [ 編集 ]
まえから何度も言っているが今は温暖化を問題にするような時代ではなく、小氷河期を心配した方が良い時代に入って来ている。
[ 2017/02/07 21:12 ] [ 編集 ]
以前は氷上のワカサギ釣りが楽しめた榛名湖も、氷が薄くてできなくなってしまった。
[ 2017/02/07 21:27 ] [ 編集 ]
地球温暖化詐欺団が利権欲しさに、今でも温暖化とパリ協定で吠える!
[ 2017/02/07 21:35 ] [ 編集 ]
床暖房や薪ストーブ完備の住宅が売れるかもなぁ。ていうか米の増産に踏み切った方が良くないですか?あと、山林の手入れも。外国から、バカ高い値段の農産物を買わされますよ。
[ 2017/02/07 21:37 ] [ 編集 ]
未だに温暖化詐欺と気付かない日本人

[ 2017/02/07 21:48 ] [ 編集 ]
ヨハネの黙示録
が現実的になってきたか
[ 2017/02/07 21:50 ] [ 編集 ]
温暖化云々よりも南極の氷が溶け出して、それが爆弾低気圧となって、大きな被害をもたらすことになるということであろう。
恐らく、人口の10分の1が亡くなる恐れはある。
[ 2017/02/07 21:55 ] [ 編集 ]
地球の気温は細かくデータができている。数万年、数千年、数百年、数十年単位でだ。自分の居住半径1.5キロメートルくらいに起きていることから何がわかるの。
[ 2017/02/07 21:58 ] [ 編集 ]
南極の氷どうかしたか?
[ 2017/02/07 23:12 ] [ 編集 ]
23:12さん、多分ですが、南極の一部で大きな亀裂が出来て、もしもそれが割れて漂流するようになったなら、溶け出して海水が上昇すると言われていた。

そういうのが、繰り返して溶け出したら、いろいろと問題が起こると言いたいのでしょう。

海水温と上空の温度が気温差が40℃以上差があると夏は豪雨、冬は豪雪になるという。
[ 2017/02/08 00:22 ] [ 編集 ]
どうだろう。エコ経済がいまいちだから、過剰経済へとシフト。北風と太陽のように。テクノロジーは十年あれば進化する。
[ 2017/02/08 01:21 ] [ 編集 ]
ふ~ん南極の氷は溶けてるんだぁ(^-^)
[ 2017/02/08 01:30 ] [ 編集 ]
まあ、まだどうなるかは解らないけど
今後今まで雪が積もらなくなって来た場所にも大雪が積もるとかなってくれば色々対策は必要ですねぇ
それが長期化&深刻化するようならエネルギー問題から考え直さないと
暖房(エネルギー)が足りなくて凍死続出って事もありそう
[ 2017/02/08 02:11 ] [ 編集 ]
南極の氷って増えてるが正解だよね
[ 2017/02/08 02:32 ] [ 編集 ]
温暖化で気温が下がるのだと、言っておろうが!
地球の気温が下がるのも、温暖化の影響。

榛名湖の氷が張らないのも、
諏訪湖の御神渡りができんのも、

みーーーーんな、温暖化の影響である。
[ 2017/02/08 06:41 ] [ 編集 ]
温暖化or寒冷化か、なにが本当かは?だが
ミニ氷河期がくるとしたら、人間の英知を結集しても
避けるのは無理かな?
地震の一つ、火山の噴火一つ、地球規模のこと予測出来ないからね。

個人的には温暖化が?かな
ゴア元副大統領が温暖化と騒いで、
裏で結びつきの米企業が大儲けしたらしい。
そんな話も確かあった。
[ 2017/02/08 09:48 ] [ 編集 ]
現在はマウンダー極小期、寒冷化していくことを取り上げたのがイギリスの大学研究チームか。元々、温暖化詐欺を始めたIPCCの中心メンバーがイギリスのイーストアングリア大学だった。彼らはクライメートゲート事件で表舞台から姿を消した。同じイギリスで真逆のことを論説したことは画期的だ。CO2温暖化説は破綻した。利権にありつこうとしてる輩はパリ協定というものに風呂敷を変えて奮闘中だ。一度手にした利権は手放したくないからな。
温暖化を信じてやまない方は現在起きている地球温暖化とはどんな現象かIPCCのメンバーのかわりに論じてみたら。


[ 2017/02/08 10:17 ] [ 編集 ]
群盲撫象
[ 2017/02/08 10:57 ] [ 編集 ]
「17世紀ごろテムズ川が凍って、住民はスケートを楽しんだ。」
淀川が凍って向こう岸まで歩いて渡れるかな?(←橋があるから関係ない)
[ 2017/02/08 11:12 ] [ 編集 ]
温暖化と寒冷化が同時にやって来て「引き分け」にならないかな?
[ 2017/02/08 11:44 ] [ 編集 ]
寒いのヤダもん
[ 2017/02/08 12:07 ] [ 編集 ]
>ていうか米の増産に踏み切った方が良くないですか?あと、山林の手入れも。

為政者が賢者ならそうしますよね…食糧自給率をあげ、樹を植え、野性動物も家畜も増やし、国内で賄えるものを増やす、シェルターを作る…

気候大変動期に、世襲ボンクラや学校の勉強しかできない役人を雇ってる場合ではない
[ 2017/02/08 13:07 ] [ 編集 ]
地球温暖化詐欺によって カツアゲされた日本国民のカネは、数兆円。


まだ分からないのか? 排出権取引 を粉砕しろ!!



[ 2017/02/08 13:36 ] [ 編集 ]
牛のゲップのメタンガスはどうなんだ?
○○のおならの硫化水素はどうなんだ?
ネトサポの「うんこ」はどうなんだ?
[ 2017/02/08 13:42 ] [ 編集 ]
トヨタが最近農業に手を出していませんか?

工場で野菜を栽培する技術を開発していると聞いています。
もしこれが成功すれば、長期的には自動車以上に利益をもたらすかもしれません。

企業は100年先、200年先も見越しながら、動いているのかもしれませんね。
[ 2017/02/08 21:34 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク