情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.02.09 12:00|カテゴリ:原発関連コメント(13)

【ズサン】志賀原発の雨水流入トラブル、10の原子力施設で浸水の可能性!655カ所で対策不十分


s_ice_screenshot_20170209-072356.jpeg
*志賀原子力発電所

2016年9月に志賀原発2号機で雨水が建屋内部に流入したトラブルで、他にも10ヶ所の原子力関連施設で同じような事故が起きる可能性があることが分かりました。
報道記事によると、全国の原発や再処理工場など10施設の少なくとも655カ所で止水対策が不十分で、原子力規制委員会は1年以内に対策を求めているとのことです。

雨水の規模によっては施設の一部が浸水する恐れもあり、重大事故の引き金になる可能性も考えられると言えるでしょう。問題がある施設の中には六ケ所再処理工場や東海再処理工場の名前も含まれていることから、今後の調査次第で数が増えることになりそうです。


<規制委>10原子力施設で浸水の恐れ…大雨時、対策を指示
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00000082-mai-soci

 北陸電力志賀原発2号機(石川県)で昨年9月に起きた原子炉建屋内への雨水流入トラブルで、原子力規制委員会は8日、全国の原発や再処理工場など10施設の少なくとも655カ所でトラブルを防ぐ建屋の止水対策が未実施だったとする調査結果を公表した。規制委は今後1年以内に対策を完了するよう、電力各社に指示する。



志賀原子力発電所2号機における雨水流入事象に関する原子力規制庁への報告について(中間報告)
http://www.rikuden.co.jp/press/attach/16102805.pdf

s_ice_screenshot_20170209-072716.jpeg
s_ice_screenshot_20170209-072737.jpeg
s_ice_screenshot_20170209-072822.jpeg
s_ice_screenshot_20170209-072840.jpeg






関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
原子炉建屋に水が入るのはさすがにまずいでしょ・・・。
電気系統のトラブルを生み、重大事故につながる可能性ありですね。
もはや、ため息しかでませんが・・・。

これで再稼働は無理です。
大雨に対する対応もなっていないのでは、怖くて動かせません。
[ 2017/02/09 12:58 ] [ 編集 ]
図をみると、原子炉全体の物理構造的な問題ですね。
ソフトというより、ハードの問題です。

どこまでがアメリカが作成した構造で、どこからは日本の指示通りに建築できるのか。その境目、誰か、知ってますか?

(福島原発も、米国が出してきた構造図に日本人技術者の多くは危険性を指摘したが、結局変更できなかったと聞いています)
[ 2017/02/09 13:02 ] [ 編集 ]
どうすんのコレ台風とかさー
[ 2017/02/09 13:35 ] [ 編集 ]
アメリカに責任を押付けるんじゃね~よw
その後に改善の余地や危険を指摘されたのにスルーしたのは安倍じゃないかw
記録にも残ってる
[ 2017/02/09 13:36 ] [ 編集 ]
[ 2017/02/09 13:02 ] 名無しさんへ  原発建設の作業員(現場監督)などからこれはダメでしょの声がたくさん上がったそうですが、それを力ずくで押し込んで完成させたのです。

この国と、米国では地質や気象の条件が全く異なります、従い同じものを建設する事には超える事の出来ない矛盾がある。

上記のような技術者のリポートなどを無視し建設し、稼働せしめたのです。

プラントの設計にかかわった人間ならその矛盾と欺瞞には容易に気づくでしょう。

原発反対派を抑え込むために雇われたヤクザと対峙し話をしたことが有りますが、証拠を示した処いきなり原発反対に転じて賛同され、事務所から無事帰還できた経験があります。

まるで、テレビのやらせのようなお話ですがその影響が事故もないのに及ぶ範囲で生活している人には絵空らごと、冗談ではないのです。

長くなりましたのでこのぐらいで。
[ 2017/02/09 15:19 ] [ 編集 ]
雨水流入トラブル?
ウソでしょ。原発って、全部津波対策が出来てるものだと思ってたけど。
津波は大丈夫でも、雨水は駄目なんですか?
(志賀原発だって、当然海のそばだよね)
[ 2017/02/09 17:38 ] [ 編集 ]
[ 2017/02/09 17:38 ] 名無しさんへ  PWRは原理的に防水出来る可能性がありますが、BWRは構造上防水は不可能です。

で、耐圧で話せば、BWRの格納容器や建屋は少々持ちこたえるかもしれませんが、PWRは 0.8から4,0気圧まで(各炉による)しか持ちませんので、自転車の空気入れにも勝てません。
[ 2017/02/09 18:36 ] [ 編集 ]
ニュースでの扱いが小さい
これは重大な問題
[ 2017/02/09 18:53 ] [ 編集 ]
>>15:19774774 さん
色んな意味でカッコ良すぎるw

事故が起こった時の、原発輸出国への処方として
フクシマ避難者を汚染地域に戻せばモデルケースになるなどという、脳内お花畑でご都合主義な連中だから、自分が生きてるウチはもう事故は起こらないなどという根拠のない自信で原発推進やってるんだろうね

海外で事故を起こせば、フツーに日本や原発企業に訴訟を起こして賠償金を巻き上げるっての
[ 2017/02/09 20:19 ] [ 編集 ]
[ 2017/02/09 20:19 ] 名無しさんへ  いいえ、只の馬鹿おやじです、流石に警察に対しては私一人では全く無力ではあります、其のときは皆で力を合わせ戦います。

まるで、フラッシュモブのように支援の手は湧いて出ます。

諦めてはいけません、諦めないことです、その心の強さと、存在の力はきっと貴方やその子供たちに未来を切り開くための糧となるでしょう。

今は、大阪圏でしか活動は出来ません、がもしお困りのことが有ればどうぞ、発信して下さい。

力には限りは有りますが、全力で援護します。

良いですか   待て、そして希望せよ。  エドモン、ダンテス

大阪圏で、○○○所に突撃が必要でしたらぜひにご連絡を。
[ 2017/02/09 20:42 ] [ 編集 ]
誤解が無いように追記しておきます、これは日本海側の話でではなく、私が過去に住んでいた北関東での出来事です。

丁寧に、説明し証拠を提示すれば人の子には通じます。

この話、今見過ごせばあなたは覚悟の上かもしれないが、貴方の子や孫の命でその代価を支払うときの来ることを想像して貰うように訴え掛ければ人の親心にはきちんと響くようです。

話し合うことの努力を放棄せず努力し、機会をうかがうことです。

この世は欺瞞や虚構に満ち溢れていますが、見方とその対象を変えれば愛と誠意に満ちているとも考える事が出来ます。

この世間捨てたものではありません。
[ 2017/02/10 02:26 ] [ 編集 ]
少し手が空きましたので、かっこいいとの応援に感謝、しかしそんなものではありません。

ピンポンを鳴らしいきなり膝を突き合わせ談義するわけではありません。

はっきり、カッコ悪いです。最初は地面にめり込むぐらいの土下座からです、その状謡で1時間も繰り返しやっと顔を見せろとなります。

そのあと、質疑応答の嵐で、途中店屋物でも取ってもらい食事の後でも議論は続きます。

納得してもらうには最低でも1晩かかったりします。

私もですが、相手も命がけですから。
[ 2017/02/10 04:25 ] [ 編集 ]
どなたも来ないようなので、少しぼやかしていただきましょう。

私は当時22歳ぐらいで反原発どころか商売に忙しく何の運動もしていませんでした、仕事の都合でお客さんの委任状を預かり、東海村役場に住民票を取りに行っただけです。

其のとき騒いでいた人達に、それはこうではないか、こうした方がいいのではと話しかけたところ、じゃおめも けー と連れていかれました。  どちらがやくざか?

で、対決が始まるととてもお粗末で、誰が見てもやくざの方に分がありました、そこで介入したのが地獄の始まりでした。

で、恥を打ち明けますと、漁師の出や親類がいる方たちは温排水の影響で魚種が変わったり、奇形の魚が取れたり(養殖しない海域で)で肌で感じているのでしょう、説得もできましたが、陸で生活している人には目に見えるものが無く未だに説得など出来た経験はありません。

お粗末でした。
[ 2017/02/10 19:02 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム