情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.02.10 20:00|カテゴリ:政治経済コメント(24)

ニュース女子の司会者・長谷川幸洋氏、東京新聞の対応に激怒!「私に不名誉な処分を世間に公表した」


s_ice_screenshot_20170210-181838.jpeg


お正月の沖縄基地特集に批判が殺到しているTOKYOMXの「ニュース女子」ですが、司会者の長谷川幸洋氏が東京新聞の対応に激怒しています。
長谷川氏は東京新聞論説副主幹を担当しており、ニュース女子の騒動で東京新聞にも批判の声が殺到していました。この批判を受けて東京新聞側は長谷川氏の処遇を見直すと発表し、今回の長谷川激怒に繋がります。

長谷川氏の説明によると、当初は長谷川氏を処分しないとしていたようですが、先日に一転して東京新聞側が見直しを宣言してきたとのことです。この東京新聞の対応について長谷川氏は「私にきちんと説明しないまま、主幹が私に不名誉な処分を世間に公表したのは事実である」とコメント。

ネット上に掲載した記事で東京新聞と上司らの対応を強く批判しました。また、沖縄のメディアから何らかの圧力があったことを示唆するような言葉も掲載しており、再度の沖縄批判をしています。
長谷川氏はニュース女子の対応を正しいと考えているようで、東京新聞や沖縄メディアのスタンスと対立していました。


東京新聞の論説主幹と私が話し合ったこと 「事なかれ主義」を強く憂慮する
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170210-00050947-gendaibiz-bus_all

いずれにせよ、私にきちんと説明しないまま、主幹が私に不名誉な「処分」を世間に公表したのは事実である。主幹は電話の切り際にあらためて「今度の話は定例の人事異動だからね」と念を押すように告げた。また態度を変えるのか。数日前には「副主幹という立場が問題」と私に明言していたのだ。

 こうなると、先に書いたように東京新聞に不名誉な推測であっても、私としては処分される理由を自分で考えて、読者に問うほかない。
























関連記事


ブログパーツ
正解はこっち

「沖縄県民にきちんと謝罪しないまま、

長谷川が基地反対派に不名誉なデマを

世間に公表したのは事実である」

まず、デマを流した謝罪と、
東京新聞に、自分の発言で迷惑かけた事を謝るべき。

産経新聞に雇ってもらえば?
[ 2017/02/10 20:14 ] [ 編集 ]
こういう人が老害でしょ

需要ないから辞めれば?

そういえばまだウヨ芸人としての道があるかw
[ 2017/02/10 20:23 ] [ 編集 ]
いやぁ、マジでネトウヨ親父だわ。
やめちゃいな。
[ 2017/02/10 20:27 ] [ 編集 ]
発言や表現の自由は誰にでもある
だけど同時に、発言内容への責任も発生する
それが報道者であり公共の電波に乗せるというのならなおのことだ

根拠なき内容で他者を誹謗中傷するならば、社会的信用を失ってしかるべきだし
名誉毀損で訴えられても文句は言えないだろう
[ 2017/02/10 20:39 ] [ 編集 ]
本当にアホかと

自分の発言に責任がとれないなら

ジャーナリストなど名乗るんじゃないよ

最初から発信するなボケ
[ 2017/02/10 20:49 ] [ 編集 ]
事実を軽んじておいてジャーナリストなどと騙っている自称なひとが高給をとり、その地位にしがみつくことが世の中に閉塞感をもたらす。。

本当に、産経に拾ってもらえばよろしい
[ 2017/02/10 20:59 ] [ 編集 ]
自業自得だ!
[ 2017/02/10 21:06 ] [ 編集 ]
おしどりマコの爪の垢でも飲めよw
あっちの方が本物のジャーナリストだ
[ 2017/02/10 21:10 ] [ 編集 ]
東京新聞としては良かったんじゃ無い?

年功序列で給料高かったのでは

プライドも高そうだし

この人にツイッターで物申した望月さんとかに投資した方が東京新聞のため
[ 2017/02/10 21:20 ] [ 編集 ]
植村隆を擁護した人は長谷川氏も擁護すべき。
植村隆を批判した人は長谷川氏も批判すべき。
違う?
[ 2017/02/10 21:21 ] [ 編集 ]
デマ流しして逆切れとかかっこ悪すぎ。
何なんだこいつは。
[ 2017/02/10 21:40 ] [ 編集 ]
肩書に異常にこだわる姿勢がダサすぎ。
[ 2017/02/10 21:41 ] [ 編集 ]
同じ穴のムジナ・極右の悪意(鈴木まりこ・日本のこころを大切にする党)
鈴木氏のツイート〈事務所スタッフが国内でも常に注意している事が本当にあったなんて……事実でないことを祈りたい……でも、事実なんでしょうね……日本人客に糞尿を食べさせる……韓国のレストラン従業員逮捕~淫夢新聞社オフィシャル〉

「事実なんでしょうね……」までが鈴木氏の発言で、その後が「淫夢新聞社」に掲載された記事のタイトルだ。

「淫夢新聞社」は嘘ネタを出すことで知られており、今回の記事については、元から「釣り」目的なのは明らかである。
「淫夢新聞」は、こうした『バカげた話を信じる者』を、おちょくる意図をもったサイトだ。
そこに鈴木氏は見事なまでに引っ掛かってしまったのだ。

その後、鈴木氏は謝罪も訂正もしていない。
(2016年12月24日・東京新聞より抜粋)
[ 2017/02/10 21:42 ] [ 編集 ]
こんな老人には絶対なりたくない。
[ 2017/02/10 21:43 ] [ 編集 ]
産経新聞も思想新聞も同じようなものかな?!
[ 2017/02/10 21:56 ] [ 編集 ]
さっさと辞めてくれ!
 長谷川氏、東京新聞をさっさと辞めてくれ。
そののちに、何をほざこうが勝手だ。
[ 2017/02/10 23:33 ] [ 編集 ]
これ言いたかった事だけどさぁ~

東京MXテレビは前から毎日見ていてキャスターとかもある程度知っているけど、
このわざとらしい騒ぎが起きるまでニュース女子と言われる存在なんて全く知らなかったんだけど? 
(スピンも兼ねて騒がれている?)
[ 2017/02/10 23:58 ] [ 編集 ]
長谷川はひどい奴だ。

5万円受け取ってないのに!!

その出所も、明確にしてなくて怪しさ満点だが、デマに決まってる!!

極左連合は常に正しい!!
[ 2017/02/11 00:01 ] [ 編集 ]
HNKは報道としては扱わないだろうけど
今朝のラジオで木村草太さんが「放送法の観点から見たニュース女子問題」って
語ってくれてたよ
腰抜けNHKだけど、たまーにラジオで勇気出す時があるんだよね
[ 2017/02/11 00:25 ] [ 編集 ]
この年になるまで 良心に恥じることなしで来たのだろうか
真実の報道とは 主観ではなく 客観的な視点からしか語れないのに
先入観 偏見 それを忌み嫌うのが報道マンとしての誇りであったのでは?? 
報道マンとして 社会的正義感を全く感じないのは どうしてなのだろう 
もしかして 何かに脅えながら そして自己を守ることしかできない人生で この年まできたのだろうか
年のとりかたは やはり たいせつだな まちがっても 強い立場でしか語れない人間にはなりたくない
[ 2017/02/11 01:14 ] [ 編集 ]
〈00:11〉の極右連合は相変わらず聞く耳を持たないね。
散々具体例をあげてカンパの集め方や「特派員」の詳細な行動を説明されているのに、事実なんてどーでもいいんだよ。コイツら。
そりゃあ、インチキ動画だろうと、言葉遊びだろうと、嘘がバレた後の開き直りの屁理屈だろうと、何でもやるわな。ゲーム感覚でね。
皆さん、うちらは常に、こういうタチの悪い連中を相手にしているんだという事を忘れないで下さいね!
[ 2017/02/11 02:12 ] [ 編集 ]
沖縄の人に、きちんと聞くのが筋
外野は、所詮、どんな肩書きだろうが、外野。

沖縄の人に、聞くべき。

この長谷川さんも、1年くらいかけて、
沖縄のおじいちゃんとか、おばあちゃんとか、若い人たちにも、じっくり取材して回ればいいのに。

いつも、類推と、感想と、意見でしかものを言わない。

それ、事実じゃないよね、あなたの感想でしょ、
ということばかりで、喧々囂々の見せかけだよね。
[ 2017/02/11 04:34 ] [ 編集 ]
東京新聞の「おわび」もそれに同調する人たちも、
具体的に「何が」ヘイトで「何が」事実と違っているのかを語らない。
そもそも浅い取材を行った井上氏こそが非難されるべきだが、
そんな論調はどこにもない。

「のりこえねっと」が活動費をばらまいているのは事実だし、
高江周辺で仕事をしに行った末端の公務員を怒号で恐喝・恫喝している反対派の酷い姿も
YouTubeを検索すれば山ほど出てくる。
上記団体の筆頭がどいう言う経緯で韓国人になったのかも誰も語らない。
韓国人なら在韓米軍の排外に努力すべきだろう。
しかもその韓国人は反対運動に対し、
「若い者には死んでもらう、爺さん婆さん達は嫌がらせをして捕まってください」
「山城(博治)には病気で死ぬな、米兵に殺されるな、日本の警察に殺されるな、私が殺してやるから」
「逮捕されても生活に影響のない65歳から75歳を募り行動に出る。」
と活動家の死や嫌がらせ・暴力を肯定する内容の発言をした。
これも検索すれば動画が出てくるし、一番最後のコメントは、
2013年9月20日の沖縄タイムスに掲載されたもので、デマではない。

尖閣諸島問題で中国と丁々発止のご時世に、米軍撤退はありえないし、
先日のマティス国防長官が尖閣の事について「安保条約は尖閣に適用される」
とまで明言している。なおのことだ。

そもそも高江のヘリパッドは沖縄本島で最大規模の訓練場を返すとして
代替で作られるスペースなのであて、基地返還の大きな流れに沿っていない反対運動で
やっている意味が分からない。
[ 2017/02/11 12:13 ] [ 編集 ]
自由には責任が伴うんじゃなかったか、長谷川さん?!
[ 2017/02/11 21:02 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク