情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.02.14 09:00|カテゴリ:ニュースコメント(10)

【二転三転】原発避難イジメ、横浜市教委が恐喝行為もイジメと認定へ!「イジメではない」を謝罪!


s_ice_screenshot_20170214-064124.jpeg


福島から横浜に自主避難した子供が学校でイジメを受けた問題で、横浜市教育委員会はこれまでの見解を変更して「イジメ行為はあった」と発表しました。

今まで横浜市教育委員会は「イジメ行為は無かった」として加害者側の言い分が正しいとしていましたが、13日になって突然の謝罪会見で前言撤回を表明。横浜市教育委員会の岡田優子教育長が会見で、「いじめの一部と認識する」とコメントしています。
また、教育長は「生徒の気持ちを受け止められず、おわびします」と述べ、被害者の生徒に謝罪を表明しました。

横浜に避難した生徒に対するイジメを巡っては抗議の電話やメールが殺到していたことから、このような多くの人の声に慌てて対応した可能性がありそうです。


金銭払わされた行為「いじめと認識」横浜市教委が謝罪
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170213/k10010875031000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001


s_ice_screenshot_20170214-064036.jpeg
s_ice_screenshot_20170214-064044.jpeg
s_ice_screenshot_20170214-064102.jpeg
s_ice_screenshot_20170214-064120.jpeg
原発事故で横浜市に自主避難してきた生徒がいじめを受けていた問題で、生徒が、同級生におよそ150万円を払わされた行為もいじめと認めるよう求める手紙を市長に提出しました。教育委員会は、これまでの見解を変え、この行為を「いじめの一部と認識する」と謝罪しました。








関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
横浜市の教育委員会には
恐喝がイジメ以前に
犯罪という認識がない。
[ 2017/02/14 10:15 ] [ 編集 ]
>恐喝は、イジメ以前に『犯罪』
      教育委員会は、これまでの見解を変え、

    『この行為』は『いじめ』の一部と認識する。
    『この行為』は『いじめ』の一部と認識する。
    『この行為』は『いじめ』の一部と認識する。

結論:何も変わっていないじゃんw
[ 2017/02/14 11:45 ] [ 編集 ]
見解を変更した理由は?
[ 2017/02/14 11:53 ] [ 編集 ]
頭下げれば何でも通る。いじめ、横領、偽ニュース、セクハラなんでもアリ。
[ 2017/02/14 13:49 ] [ 編集 ]
恐喝という犯罪
法治国家ではないのかな?
[ 2017/02/14 14:00 ] [ 編集 ]
横浜市は治外法権のつもりなのだろう。
[ 2017/02/14 14:28 ] [ 編集 ]
遅い❗
誰がイジメじゃないと言ったのだ?
議事録を見せろ。
[ 2017/02/14 17:10 ] [ 編集 ]
世間の風当たりが強くてあっさり撃沈。
人様教育するなんて1億年早いってくらい無能そうな顔しとる(笑)
[ 2017/02/14 17:37 ] [ 編集 ]
教育委員会や教育長の見識の無さ、第三者委員会のいい加減さ。
これらをどう解決する気なのか?

子どもの公開した感想や要望の方が何100倍もまっとうだ。

全員辞任しかないだろう。
「教育長・教育委員会事務局長・第三者委員会委員長・市長」
そして、横浜市は市長選を行うべきだ。
それが出来ないなら、横浜市民が市長のリコールをすべきだ。
教育委員会だって、市長は無関係とは言えないだろう。


[ 2017/02/14 20:08 ] [ 編集 ]
都民ですが、しばらくは観光等で横浜市に行くことは避けようと考えています。
[ 2017/02/14 20:45 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク