情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.02.16 06:00|カテゴリ:原発関連コメント(15)

【重要作業】今日にも福島第一原発の格納容器にロボット投入へ!毎時600シーベルト超、耐久に不安も


s_ice_screenshot_20170216-040442.jpeg


東京電力が2月16日に福島第一原発2号機の格納容器内部にサソリ型ロボットを投入すると発表しました。このサソリ型ロボットはある程度までの放射能には耐えられるような仕組みになっており、カメラや測定器などのセンサーを搭載しています。

依然として行方不明になっている溶けた核燃料などを見つけることが目的で、ガレキや放射能に気を付けながら慎重に調査を行うことになるでしょう。
先月の簡易検査で格納容器からは毎時650シーベルトというような超高線量が検出されました。ロボットが耐えられるかは未知数だと言え、かなり不安がある状態で投入することになります。


↓投入されるサソリ型ロボット
s_ice_screenshot_20170216-040437.jpeg
s_ice_screenshot_20170216-040449.jpeg
s_ice_screenshot_20170216-040451.jpeg
s_ice_screenshot_20170216-040455.jpeg
s_ice_screenshot_20170216-040458.jpeg

福島第一原発2号機 サソリ型ロボットあす投入
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170215/k10010878081000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

東京電力福島第一原子力発電所2号機で格納容器内部の本格的な調査を行うロボットが16日、投入されることになりました。



2号機PCV内部調査について~自走式調査装置による調査~
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2017/images1/handouts_170215_08-j.pdf

s_ice_screenshot_20170216-040235.jpeg
s_ice_screenshot_20170216-040308.jpeg
s_ice_screenshot_20170216-040322.jpeg
s_ice_screenshot_20170216-040337.jpeg






関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
イスラエルに、やってもらえばいいんじゃなか?w

ネタニヤフも、改心して、アメリカの重要な同盟国である日本に対し、
アメリカと共に、stand behindすると、声明を出しているようなので。

ちなみに、トランプに対し、
暗に、北朝鮮ミサイルの問題解決に向けて、共に、
新時代の平和のために共闘したいという旨の発表も、行ったことだしね。

アメリカは、自国の、エージェントを通して、
同盟国に、罠を仕掛けるようなことは、
今後、いっさい、つつしむべきだろう。

トランプは、何も知らないのかもしれないが、
現在、上映されているスノーデンの映画では、
(ちなみに、わたしは、映画化されたものには、いっさい、関心無いが。)
日本に対し、
いつでも、攻撃できるように、あらゆる関連施設に、
ウィルスを仕掛けているということが暴露されている。

米国は、敵を、間違えているんじゃないか?

そういうことをするから、いつまでたっても、真の平和は、訪れない。

また、新政権になったのだから、
アメリカは、日本における、特に、関東圏上空の、
制空権を、日本に返還すべきである。

[ 2017/02/16 07:03 ] [ 編集 ]
写真の TOSHIBA のロゴがやけに気になった…。
[ 2017/02/16 07:08 ] [ 編集 ]
東京の放射能汚染、こっそり公表。
新宿区でセシウム137が260ベクレル(東京都健康安全研究センター)
http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/506.html

取り出す前工程としてようやくロボット投入の段階か…
福島や隣県だけでなく首都圏ももう手遅れっぽいね。
[ 2017/02/16 07:39 ] [ 編集 ]
解決できないけど、とりあえず、やっているフリが大事
何も解決できないほど、深刻なのを打ち消すためです。
[ 2017/02/16 08:17 ] [ 編集 ]
2015年のニュースで、1号機にロボットを投入して11シーベルトでゴミと化した記憶。

「格納容器内の放射線量は1時間あたり11シーベルトと極めて高い状態で、長時間とどまれば機器に障害が出るおそれ」

今回TOSHIBA製ロボットは、600シーベルト/hに挑戦ですか、短期間ですごい進化・・・へー・・・
[ 2017/02/16 08:22 ] [ 編集 ]
東芝のロボット?

100パーセント失敗?
[ 2017/02/16 08:41 ] [ 編集 ]
玉蔵さんやカレイドスコープさんで指摘?なんdすが、
4号機以外、1号機・2号機・3号機の燃料棒って、
まだ、置きっぱなしなのですか。。。?

[ 2017/02/16 08:58 ] [ 編集 ]
 もうデブリ取り出しは不可能になった。  チェルノ同様に石棺方法しかない。  双葉断層が動けば日本は終わる。  そして海産物は人類が食することができなくなるだろう。
 支配層のアジェンダである ”人類の適正人口は5億人” に向かってまっしぐらだ。
[ 2017/02/16 10:45 ] [ 編集 ]
東京オリンピックが近ずくまで、ある程度の把握作業を進め、その後は
作業に蓋をかける。海外の批判封印。だから焦ってるんです。

素人ですが、地下にまで到達してる気がしますが?
[ 2017/02/16 11:58 ] [ 編集 ]
【使用済み燃料棒】 計画に沿って取出し中。。。放置ではない模様。
大変は、大変なんでしょうが、計画に沿って進めていらっしゃるようです。
なんか、書き方が物凄いので

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hairo_osensui/dai2/siryou2.pdf
使用済燃料プールからの燃料取り出しにおける工程見直し

http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning/committee/osensuitaisakuteam/2016/06/2-00-04.pdf
廃止措置等に向けた進捗状況:使用済み燃料プールからの燃料取り出し作業


現場の方々。地道に、頑張って頂きたい。

とりあえず、万が一に備えて、マスクとか水とか確認。
あとは日常を頑張るしかない。騒いでも仕方ない件。
[ 2017/02/16 13:16 ] [ 編集 ]
コレについて何か書くと削除されるのがミエミエなので何も書かないよ〜〜だ!
[ 2017/02/16 15:27 ] [ 編集 ]
 今朝のTVで 福島県相馬市での地元産の野菜や果物、魚を使った料理を放映していた。『風評には負けない』と、子供らも相馬の港で水揚げされた魚の鍋を頬張っていた。

 政府、東電、規制委員会、原発推進学者/評論家 らは、近い将来 ”人殺し” と呼ばれるだろう。キ○ガイの所業ここに極まれり だ。
[ 2017/02/16 15:47 ] [ 編集 ]
もう隠蔽したり原発賛成反対で議論してる段階じゃない。逃げろ!
[ 2017/02/16 16:02 ] [ 編集 ]
誰がどう考えても、取り出しなんて無理でしょ。

①600シーベルト/時の放射能に耐えて、デブリを取り出す
 ロボット(または機械装置)があるのか → あるわけないと思う
②600シーベルト/時のデブリを保管する場所があるのか
 → あるわけないと思う。

東電さんには是非、納得できる説明をしてほしい。
[ 2017/02/16 16:07 ] [ 編集 ]
「福島県死亡宣告」
東京まで直線距離200km
311からもうすぐ六年。
よく騙し続けてきたものよ。
食べて応援だ~?
[ 2017/02/16 16:19 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク