情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.02.20 15:00|カテゴリ:ニュースコメント(21)

金正男氏の素顔が話題に!「政治も国同士の言い争いもない所でお酒を楽しんでいる時が非常に幸せだった」


s_ice_screenshot_20170220-055333.jpeg
*金正男


金正男氏の事件は世界を揺るがしていますが、同時に彼の素顔にも注目が集まっています。

金正男氏は非常に温厚な人物だと言われ、日本人とお酒を飲んだことについて「新橋の焼き鳥屋で日本のサラリーマンと酒を飲んだ時は非常に幸せだった。政治も、国同士の言い争いもない所でお酒を楽しんでいる時が非常に幸せだった」などと話していました。
かつてディズニーランドに行くたくて日本に来たこともありましたが、基本的には権力争いや闘争が嫌いな性格をしていると言えるでしょう。

マスコミのインタビューにも気さくに応じる方で、その部分が暗殺に繋がってしまったとも指摘されています。国外生活中も暴力行為などの話はなく、非常に礼儀正しい丁寧な人という証言が多かったです。
それだけに今回の事件は非常に残念で、北朝鮮という国では優しい人が潰されてしまう現状を示しているのかもしれません。


「新橋の焼き鳥屋で、日本のサラリーマンと酒を飲んだ時は非常に幸せだった」 専門家が語る金正男氏の素顔とは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00010000-abemav-kr

 男性は金正男氏の印象について「印象としては非常にソフトな感じですよね。話をしやすいタイプ。冗談もよく言いますし。笑顔も人懐っこい、かわいい感じですよ。非常に礼儀正しいです。威張ったようなところが全然感じられない人です」と話す。

「特に食事をする時、ワインが好きなんですけど、ワインを傾けながら自分が体験した話を含めて色々な話をします。お寿司も好きでしたし、中華もよく食べました。人々に対して気を遣いながら、生活していたんですけどね、彼と接して嫌な感じを受けた人はほとんどいないと思う。権力者という感じは全然なかったです。いち友人として非常に尊敬できる人でしたよって伝えたくて、(この)インタビューを受けている」と、その人となりを語った。


































関連記事


ブログパーツ
警告。安倍総理がこれ以上ロシアやトランプと接近すると日本国土がどうなるかわからないぞ。
[ 2017/02/20 15:06 ] [ 編集 ]
これがイケメンだったら
そのセリフはもっと様になっていたに違いない‥
[ 2017/02/20 15:42 ] [ 編集 ]
金正男の遺体写真だけど、あれ本人?
お腹にタトゥーがないんだよな
顔もどことなく違う気がする
[ 2017/02/20 15:55 ] [ 編集 ]
ネズミーランド好きとか、居酒屋が好きとか、
半島との友好の小さな希望だった件。
[ 2017/02/20 16:05 ] [ 編集 ]
イケメンじゃないから良いんだろ
気の良いおっちゃんと親しまれてたみたいだし
こういう闘争から離れて生きていける人が増えて欲しかった
[ 2017/02/20 16:24 ] [ 編集 ]
この件で日本のマスゴミが襲う瞬間~ぐったりしたシーンまで人権も無いほど(茶化す)流しまくってるが、、この正男映像は誰かに対しての脅しなのか?もしくはトランプ誕生とリンクしているのか?
いくらなんでもザマみろ的な扱いにみえる。
確かに敵対側含めフェイクの線も、、
[ 2017/02/20 17:07 ] [ 編集 ]
【速報】殺されたのは金正恩だった
[ 2017/02/20 17:14 ] [ 編集 ]
>北朝鮮という国では優しい人が潰されてしまう現状を示しているのかもしれません。

何も「北」朝鮮だけに限らないだろ。
[ 2017/02/20 17:21 ] [ 編集 ]
朝鮮に優しい人…?
どこどこ(・д・ = ・д・)?
[ 2017/02/20 17:26 ] [ 編集 ]
>17:26
お里が知れますよ?
[ 2017/02/20 18:28 ] [ 編集 ]
マサオ~!

いい奴だったのにな。

アホの弟の方こそ、だれか暗殺してくれないかな。
[ 2017/02/20 18:37 ] [ 編集 ]
この話は、平和が何処にあるかのヒントになる。
[ 2017/02/20 19:41 ] [ 編集 ]
優しすぎて権力者には向かなかったのだろうという気がする。
権力大好きな誰かさんと正反対だな。
[ 2017/02/20 20:31 ] [ 編集 ]
安倍を支える朝鮮総連の自民ネトサポは
人柄が良い正男氏が、本国の忠誠もしたくない正恩に殺されたことにたいして
いまどんな気持ちなんだろうか。
[ 2017/02/20 20:46 ] [ 編集 ]
金日成、金正日、金正男、金正恩、金地金、金魚糞、金隠し、金玉痒、、、、
[ 2017/02/20 23:21 ] [ 編集 ]
>[ 2017/02/20 15:55 ]

そう、そこが俺も気になった
ただ写真では遠目だったので刺青を消した痕がはっきり写らなかっただけかもしれないがね
影武者を身代わりにした可能性は十分にある
[ 2017/02/20 23:49 ] [ 編集 ]
他に彼を腐す書き込みを見た事がない。
非常に心優しき好漢。
もし本当に亡くなったのが彼だったのならば、
他の大多数の日本人と同様に、その早逝を心から惜しみ
哀悼の意を表明したい。
そしてこう言う事をしでかした権力基地外を心の底から許さない事を誓うよ。
[ 2017/02/21 00:03 ] [ 編集 ]
金正男が激白「北朝鮮を解放する!」(4) 「常に警護されている」真意

(以下抜粋)
ところでこの本の出版が与える影響が小さくないことは、当然、予想されるところだ。五味氏が出版を打診したところ、正男氏は、〈ご理解をお願いします。北朝鮮の政権が、私に危険をもたらす可能性もあります〉と、今回の時期での出版について断っている。昨年大みそかのメールだった。
 
それでも出版に踏み切った真意について、五味氏はこう話す。「彼の立場ならそうでしょう。ただ、北朝鮮が17年間統治した指導者を失い、どの方向に向かうかはっきりしない中で、長男の意見を広く世間に伝えるほうが意味があると考えました。さらにこの本を通じ、正男氏のイメージが変わり、多くの人が関心を持つようになれば、逆に正男氏にうかつなことはできなくなると思います」

「父・金正日と─」は発売前後から大反響を呼んだ。日本、韓国はもちろん、米国や英国、豪州など世界中のメディアから取材依頼が殺到しているという。 ところで今、正男氏は、どこでどうしているのか。「本を出すなら、われわれの関係は終わりだ、と言っていました。本への反応はありませんが、たぶんどこかで入手して読むでしょう。そしてまた連絡してくれることを願います」(五味氏)五味氏のメッセージに、正男氏が再び応えてくれることを期待したい。
http://www.asagei.com/excerpt/3582




マサオが再三、本の出版をしないでくれ!とお願いしたにも関わらず出版を強行したことがマサオ暗殺のトリガーを弾かせた。五味は殺人の教唆にあたるね。因みに五味洋治は東京新聞編集委員。

東京新聞はやはり朝鮮の機関紙そのものであることが明らか。
[ 2017/02/21 12:22 ] [ 編集 ]
@KiyoFortySix
どっかのボンボン総理とは天と地ほどの感性の差がある

ほんとパヨクは何にでも乗っかって安倍批判したがるんだなw
[ 2017/02/21 23:00 ] [ 編集 ]
正男は覚醒剤の密売の大元だったって噂を見かけたけどどうなんだ?

もし本当なら、覚醒剤で家族をメチャクチャにされた人たちは
恨んでるだろうな
[ 2017/02/22 15:40 ] [ 編集 ]
「金正男 覚醒剤」で検索したらいっぱい出てきたわ



海外の闇事業に詳しい、チャイニーズマフィア関係者のX氏が語る。

「北朝鮮は国家事業として、覚醒剤をはじめとした非合法な薬物を諸外国に売ることで
外貨を稼いできた。でも、原料の大麻やアヘンは寒い国内では自生しにくいからな。

北の上層部は原料の代替先を求めていたんだよ。それで白羽の矢が立ったのがミャンマー。
15年ほど前なんか、当時はまだ後継者候補だと思われていた金正男(44)が、じきじきに
大量買い付けに行くほど、おおっぴらだったな」


ミャンマーの暗部と手を結んだ北朝鮮はそれを輸入し加工することで、世界中に顧客を
作って売りさばいてきた。もちろんターゲットとしては日本も例外ではない。
[ 2017/02/22 15:58 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク