情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.03.06 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(11)

「稲田大臣は塚本幼稚園の顧問弁護士だった」、FBの投稿を削除へ!稲田氏の旦那と勘違い?


s_ice_screenshot_20170306-113813.jpeg


「保守の会」会長の松山昭彦氏がフェイスブックで「国会議員になる前の稲田朋美先生は塚本幼稚園の顧問弁護士だったそうです。驚きました」と発言した問題で、松山氏が投稿を削除したことが分かりました。

松山氏はこの投稿について「顧問弁護士だったのは稲田先生の旦那さんの方でした。この場を借りて訂正いたします。お騒がせしました。反日左翼の皆さん、残念でした」と述べ、稲田朋美大臣の旦那さんと勘違いしたとコメントしています。

ただ、問題視されているのは森友学園と稲田氏が前々から関係していたという点で、旦那さんが塚本幼稚園と深い関係にあるとすれば、稲田朋美氏も同じような関係だったとしても不思議ではないです。
籠池理事長の長男も「稲田朋美氏の初当選から応援していた」と明かしており、依然として疑念は消えません。







関連過去記事

森友学園理事長の長男が激怒、政治家の名前を大暴露!自民党議員が続々!「安倍先生と会った」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15764.html
関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
妻と旦那は雌雄同体、カタツムリ、ミミズ
[ 2017/03/06 12:04 ] [ 編集 ]
わざわざ『反日左翼』と言っている辺りがネトウヨ議員丸出しだな。こいつの地元はこいつに投票することを考えた方がいい。近所付き合いや親の代から、なんて馬鹿な考えは捨てないと、いずれ地元にも害悪をもたらすタイプだぞ、こういう奴は。

ただ、わざわざ『反日左翼』って言葉を使うってことは、稲田本人が顧問弁護士やってたかもしれない疑念は拭えないんじゃないか? 違うなら、謝罪で済ませるだろうにネトウヨ語を捨て台詞に使うってことは、反省していないってことだろ。反省しない=間違っていない、だから、こいつの発言は鵜呑みにはできんな。
[ 2017/03/06 12:07 ] [ 編集 ]
そもそも唯の専業主婦だった稲田朋美に南京虐殺否定弁護の仕事を勧めて以来反日朝鮮右翼に染めさせたのは日本会議の旦那だし。同じ穴の狢。
[ 2017/03/06 12:09 ] [ 編集 ]
籠池は、他の名前の幼稚園も経営して裁判になってたはず。
裁判記録で分かるんじゃね?
[ 2017/03/06 12:11 ] [ 編集 ]
ここまで繋がりやらが報道されるということは、もう手が及んでいるという段階は過ぎていると言うこと。
社会自体が日本会議だし、それ以外の人達はもう”賊軍”になってることを意識しないといけない。
[ 2017/03/06 12:16 ] [ 編集 ]
だからさ稲田の旦那が関係してたんだろ。
安倍夫人も関係してた。

なんだこの家族ぐるみ?
[ 2017/03/06 12:18 ] [ 編集 ]
狂信的北朝鮮愛国思想の稲田防衛相、夫が以前顧問弁護士を務め、妻が権力を持って、その狂信的洗脳体制をしいた幼稚園に、国防の観点から表彰状を送り、これからの活躍を鼓舞していた訳だ。一歩一歩この日本を北朝鮮体制に移行する、ゾンビ軍団の幹部と成りにけり、か。真実は必ず日の目を見るモノだ。事実の積み重ねから、容易にその全貌を知る事が出来る。注目あるのみ。これは日本の抱える闇を排除する戦いの、第一歩である。日本を彼ら戦争ゾンビ共に渡してはならない。子供たちを守ろう。子供たちを戦場に送ってはならない、は日本の国益を損する言論では無く、日本の誇る国体の大事な宝である。
[ 2017/03/06 12:41 ] [ 編集 ]
ナンジャーーーー。
[ 2017/03/06 13:16 ] [ 編集 ]



[ 2017/03/06 14:06 ] [ 編集 ]
[ 2017/03/06 12:11 ] 名無し

>籠池は、他の名前の幼稚園も経営して裁判になってたはず。
>裁判記録で分かるんじゃね?

そう。旦那が顧問弁護士だったという「証拠文書を見せろ」ですよね。

[ 2017/03/06 20:29 ] [ 編集 ]


「 反日左翼の皆さん、残念でした 」
『 愛国ショウバイニンの国売りド右翼の皆さん、ザンネンでした 』

儲けそこなったな?
松山昭彦。

[ 2017/03/06 20:40 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク