情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.03.07 21:30|カテゴリ:政治経済コメント(25)

【残念】テレビ朝日「日曜洋画劇場」が終了、番組編成を大幅に変更へ!ニュース番組を開始


s_ice_screenshot_20170307-205444.jpeg
*日曜洋画劇場


テレビ朝日は4月から番組の大幅に改変すると発表し、目玉の日曜9時からは日曜洋画劇場が消滅することが分かりました。日曜洋画劇場は1966年に始まった映画番組で、非常に多くの人達から親しまれていた番組です。

洋画が消滅するわけではないとコメントしていますが、消滅後の番組編成ではニュース番組「サンデーステーション」(日曜・後8時54分)に変更されます。
ネット上では多くの人たちが「残念」というコメントをしており、日曜洋画劇場の継続を求める意見も多かったです。


テレ朝、土・日曜も大型ニュース番組開始で「日曜洋画劇場」は完全消滅
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00000132-sph-ent

テレビ朝日が7日、東京・六本木の本社で4月の番組改編会見を開いた。
席上、発表されたのが「サタデーステーション」(土曜・後8時54分)「サンデーステーション」(日曜・後8時54分)の新設。「午後9時にニュースの需要があるのではないかということで編成した」と西新総合編成局長は説明した。






















関連記事


ブログパーツ
南無阿弥陀仏
[ 2017/03/07 21:45 ] [ 編集 ]
ニュース番組をするのはいいが、「御用ニュース番組」だけはやめてね!フィクションは映画だけでたくさん!
[ 2017/03/07 21:48 ] [ 編集 ]
安倍晋三政権の森友疑惑加計疑獄の隠蔽と、日本国憲法を改悪し戦争へと大多数の目を覚ましつつある日本国民への洗脳番組にならなきゃよいが、、
[ 2017/03/07 21:49 ] [ 編集 ]
テレビ朝日かあ・・・羽鳥×橋下の番組はやめてくんないかな(´・_・`)

※逆にアレはアレでも重要な番組なのか・・・見てないけど(苦笑)
[ 2017/03/07 21:53 ] [ 編集 ]
日曜洋画なんて親しんでる場合か。

日本が面白いようにヒルにくわれているというのに。

こっちのほうが何倍も面白い。
ニュース特番で長期で安倍友学園、加計学園、葛西学園、オトモダチの
日本会議の動向を狙ってほしいくらい。

コメンテーターは視聴者推薦の方式にしたら、広告ももうかるよ。

[ 2017/03/07 21:58 ] [ 編集 ]
また後藤謙次がコメンテイターになったりして……。
あんな誰にでも言える、毒にも薬にもならないコメントは要らない。
[ 2017/03/07 21:59 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 日曜洋画なんて親しんでる場合か。
>
> 日本が面白いようにヒルにくわれているというのに。
>
> こっちのほうが何倍も面白い。
> ニュース特番で長期で安倍友学園、加計学園、葛西学園、オトモダチの
> 日本会議の動向を狙ってほしいくらい。
>
> コメンテーターは視聴者推薦の方式にしたら、広告ももうかるよ。


映画は重要だけど。
その時の時代や状況のメッセージがコメられている作品もあるし、何よりも視聴者が多いこの番組を潰してまでやる必要があるのかという話ですよ。
ちょっとあなたは自分勝手すぎるかと。
[ 2017/03/07 22:01 ] [ 編集 ]
どうせなら最後にアカデミー賞も受賞したミュージカル映画
「レ・ミゼラブル」を放映してくれたら尊敬する
まさしく今の国民が見るべき映画だ
[ 2017/03/07 22:11 ] [ 編集 ]
サタデーステーションかサンデーステーションのどちらかに後藤謙次が出演すると思う。

後藤謙次出したところで安倍擁護ニュースにしかならない。

安倍御用達のニュースではなく、反権力のようなニュースがほしい。

橋下×羽鳥の番組のことについてのコメントがあるが、あの番組は最初は見ていたが、徐々にあの番組は橋下の個人的な意見を言っているにすぎないことに気づいた。
橋下といえば、安倍にも近い人間だから、結局あの番組も安倍の言いたいことを代弁しているということになる。あからさまだと問題だから、時々だとは思うが…
[ 2017/03/07 22:14 ] [ 編集 ]
昔から日テレの水ローとフジのゴールデン洋画劇場は解説・編集・吹き替えが醜かった。
フジは今も醜いが。

映画はBSでノーカット放映すりゃあいいんだよ。
[ 2017/03/07 22:36 ] [ 編集 ]
水野ハルオちゃん、淀川さん
テレビでたくさん映画を見てきた世代です
なんかさびしいですね
[ 2017/03/07 22:50 ] [ 編集 ]
社内の企画力が無いからテレ朝は昔からニュース番組が多い。
[ 2017/03/07 22:54 ] [ 編集 ]
50年も続いたんだから、
もう、さすがにいいでしょう。

映画など他の方法でいくらでも楽しめる。
[ 2017/03/07 22:58 ] [ 編集 ]
[ 2017/03/07 22:54 ]

>社内の企画力が無いからテレ朝は昔からニュース番組が多い。

なんじゃその理論(笑)
[ 2017/03/07 23:03 ] [ 編集 ]
まともなニュース番組を作ってくれよ。ミスリード番組なら観ない
[ 2017/03/07 23:36 ] [ 編集 ]
テレ朝の本気モード
国民に伝えたいこと満載。

いい案だ。
いまの時代ゆったりと映画見る人がいなくなったと判断したと思う。
[ 2017/03/08 00:09 ] [ 編集 ]
>23:03
「理論」じゃなくて「論理」な。

人の揚げ足取る前に、用法を正確にww

[ 2017/03/08 00:26 ] [ 編集 ]
もう長らく、地上波で映画は見ていなかったので、とやかく言えないんだけど…自分の思い入れの有るものが段々消えて行く様が寂しいです。
[ 2017/03/08 00:29 ] [ 編集 ]
映画評論家・町山智浩(54)版「真・日曜洋画劇場」も心の中では密かに期待していたが。
一昔前のような、
カリスマ・淀川氏のベテラン解説に基づく
様々なバリエーション作品を
放映されていた時代と異なり、

一般大衆向けの特定の作品のみを

特に、
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の
【バイオハザード (2002) 】
シリーズを断続的に、マンネリ化してもなお、
強引に放映を繰り返す悪しき体制の時点から、

当該番組枠は既に終わっている印象を受けていた。

淀川氏の死去から
適切な映画解説者が存しなかったから、
当該番組の凋落も始まったとの見方もありうるが、
映画評論家・町山智浩(54)のような、素晴らしい解説者も
何人か存するだけに、彼らの監修・選別した作品を
製作年代問わず、放映する、真にリニューアルした当該番組
も心の中では密かに期待していたが。

ただ、様々な手段で映画が見られる
時代の流れから、必然的に訪れた時代の結末だとも感ずる。


[ 2017/03/08 00:51 ] [ 編集 ]
全体主義国家の不気味さと支配者との戦いを描いた「リベリオン」や「Vフォー・ヴァンデッタ」等々を放映すれば、政治に興味の無い層にもちょっとは響くと思うんですけどねぇ
[ 2017/03/08 02:48 ] [ 編集 ]
ここ数年は日本映画しかやらなくなったから、私としては余計つまらなくなりました。
[ 2017/03/08 02:49 ] [ 編集 ]
映画の放映権もバカにならないし、
テレビ離れで視聴率も下がって
スポンサーも集まらず
新しい企画も立てられない。
結局ニュースしかない。
一週間の総ざらいの垂れ流しですね。
テレビ離れが加速するだろうなぁ。
[ 2017/03/08 07:41 ] [ 編集 ]
ニュースと言っても安倍の寿司天麩羅中華料理圧力で「でんでんがんがれ、でんでんえらい、でんでんかっこいい」とか「ノラ猫が子供を三匹産みました」とか教育勅語を延々と流すんじゃないんだろうなwww
[ 2017/03/08 07:48 ] [ 編集 ]
何でもかんでも安倍に絡める人が多いなぁ。ここは。

[ 2017/03/08 07:54 ] [ 編集 ]
レンタルでDVDが借りれる時代に、同様な映画ばかりいつまでも流してこられたと思う。
淀川さんの居た頃は多彩な映画をやってたのにね。
ニュース番組に特化すると言っても、政界との癒着による報道の限界とフェイクな内容、しかも周回遅れでネットに負けてるし、もうテレビメディア自体が終わったと思う。
因みに、ここ5年はレンタル店で借りたい新作DVDが無い程ストーリーがマンネリ劣化してる。
[ 2017/03/08 11:21 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク