情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.03.14 08:00|カテゴリ:政治経済コメント(19)

NHKのクローズアップ現代が森友学園問題を特集!財務局元職員の証言も!「資料は残す」


s_ice_screenshot_20170314-030028.jpeg


3月13日に放送されたNHKクローズアップ現代で森友学園問題が特集されました。クローズアップ現代は森友学園問題の関係者にインタビューを行い、元財務局の職員等から新しい証言を引き出します。

政府が「破棄した」と証言していた資料に関して、元財務局職員は「紙で記録はきちっと残している」などと発言。森友学園の問題を分かり易く解説した上で、政治家の関与も指摘するような番組構成となっていました。
NHKが森友学園問題を1つの番組を丸ごと使って特集したのは異例で、最新の世論調査などで国民の関心が高いことに配慮したと考えられます。


NHK クローズアップ現代 追跡“森友学園問題”
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3949/index.html

s_ice_screenshot_20170314-025918.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030043.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030047.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030103.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030109.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030120.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030152.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030206.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030216.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030227.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030233.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030250.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030302.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030320.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030325.jpeg
s_ice_screenshot_20170314-030330.jpeg
















関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
良かった、こういう当然あるべき調査報道が日本に取り戻せなければ、仮にも先進国の一員とは世界からみなされなくなるばかりだ。日本の浄化に少しづつでも動き始めた感じがする事は、大きな希望だ。
[ 2017/03/14 08:38 ] [ 編集 ]
クローズアップしない現代なんて呼んで馬鹿にしてすいませんでした(笑)
今後は期待してます
[ 2017/03/14 08:55 ] [ 編集 ]
犬HKと揶揄されるNHKの中にもジャーナリズム精神を持った人たちがいる事を知って嬉しい。
この番組を作って放映するのには勇気がいった事だろう。
夜7時のニュースの武田アナウンサーを始め、ニュースを読むアナウンサー達も心に葛藤を感じながら仕事をしているのかもしれないと思いながら毎日NHKのニュースを見ている。
クローズアップ現代の今回の特集に対して官邸から圧力がかかるかもしれないが、
真実究明を望んでいる国民の声に応える努力をこれからも続けて欲しい。
NHKは数々の優れたドキュメンタリー番組を作って来た日本一の放送局だと思う。
コマーシャリズムだけでなく権力にも毒されない公正な報道をして欲しい。
それこそが世界に誇れるNHKが目指す方向であるはずだ。
それはとりも直さず受信料を払っている視聴者の信頼に応えることに他ならない。

[ 2017/03/14 09:18 ] [ 編集 ]
よかった、ヨカッタなどと言ってる人が
いるが、受信料を払っているものとして
当たり前。

受信料はそれほどに、抗議する権利がある。
NHKは民放に遅れを取ると感じ始めているのではないか。

抗議はどんどんしてほしい。報道を自民党に渡してはいけない。
[ 2017/03/14 09:25 ] [ 編集 ]
戦前、戦後、アベ後、NHKは主張を一貫せず体制の流れで風見鶏のように存続して来た。
森友学園をきっかけにアベ独裁体制従順の流れが変わったんだろうか。自浄作用ならまあいいが。
[ 2017/03/14 09:34 ] [ 編集 ]
NHKの本筋は、○○○○記念放送局。
しかしそれをカモフラージュするためのアリバイ報道コンテンツも織り交ぜる。
あくまでも本筋は、○○○○記念放送局。
[ 2017/03/14 09:44 ] [ 編集 ]
私学審議会会長の話は第三者的で違和感がある
委員レベルでは当初から懸念が示されていたのに1ヵ月後に認可適当、上のほうで既定路線のように判断が行われた、その事情をよく分かっているはずでは、会長さん。

NHKは深夜の時論公論でも取上げてたな。森友学園の国有地売却を巡る国の説明に納得できないが実に80%、国有地というのは国民の財産、今のままでの幕引きを国民は許さない。 その通りなので、忖度ぬきで追跡報道よろしくね。
[ 2017/03/14 09:49 ] [ 編集 ]
それだけNHKに失望してたからこういう番組つい期待しちゃうんだよなあ
確かに抗議多かったのかもしれないね
[ 2017/03/14 09:59 ] [ 編集 ]
稲田防衛大臣、森友学園の代理人として裁判所に出廷していた模様
https://this.kiji.is/214065793666072577
[ 2017/03/14 09:59 ] [ 編集 ]
NHKが報道するということは安倍さんはもうダメということですね。
次は麻生さんで決まりかね。
どちらにしろ最悪だ。
[ 2017/03/14 10:16 ] [ 編集 ]
NHKが報道したことがニュースになる時代とはね~
[ 2017/03/14 10:34 ] [ 編集 ]
シジリツは高くするからダイジョウブですよ。
[ 2017/03/14 11:33 ] [ 編集 ]
関わらない方がいいね
無関心
[ 2017/03/14 11:34 ] [ 編集 ]
どのみち私学っていうのは何らかの政治力が働いているんだろうから、徹底的に全国レベルで調査すれば。勿論朝鮮学校を筆頭にな。NHKはじめマスゴミどもはやらないだろけど。
[ 2017/03/14 11:39 ] [ 編集 ]
朝鮮学校のどこが悪いの? 素でわからんのだが?
[ 2017/03/14 14:35 ] [ 編集 ]
NHKよく頑張りました。

国民が見たい番組を作ってくれた。

引き続き、森友10億円問題、加計35億円問題の続報を期待したいと思います。

国営放送ではなく、公営放送であること。

その矜持を胸に、番組を作り続けてほしいと思います。
[ 2017/03/14 15:41 ] [ 編集 ]
宗主国アメリカも安倍と日本会議(生長の会原理主義者達)のやりたい放題でこのままだと本当に社会主義国になり日本ごと滅びると判断してまとめて葬り去ろうとしてるんだろうか。植民地が滅びたらもう搾取もできなくなるしね。
[ 2017/03/14 16:08 ] [ 編集 ]
安倍支持率”命”の人ガンバッテ!
[ 2017/03/15 00:37 ] [ 編集 ]
追及すべき森友学園問題
トランプが暴走したおかげで北朝鮮問題にメディアの関心が行き、森友学園問題への追及が緩んだことに安倍政権はほくそ笑んでいるが、このままで本当に日本はいいのか?政治に倫理や論理がなく、法を超えて自身の推進する政策賛成者は圧倒的に優遇し反対者は暴力的に取り締まる、今や法治国家と呼べない、かつての軍部の暴走と同じ状況に危機感も怒りも感じていないようなメディアや国民こそが問題だ。森友学園問題こそは、基地反対の沖縄や原発反対の福島などへの暴力的抑圧を知らない他県の人々に安倍政権の本質を暴露したのだが、それでも辺見庸が嘆くように国民は湿った導火線で怒りを知らないようだ。
[ 2017/04/18 13:23 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク