情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.03.19 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(24)

ドナルド・トランプ大統領がドイツのメルケル首相と初会談!会見での握手は無し、過去最悪の首脳会談?


s_ice_screenshot_20170318-230110.jpeg

3月17日にアメリカのドナルド・トランプ大統領とドイツのメルケル首相が初めて会談をしました。メルケル首相は移民受け入れ政策を推進していることもあり、トランプ大統領の大統領令を何度も批判しています。

そのような政策の違いから、今回の首脳会談は過去最低とも言われるほど堅苦しい内容になりました。安倍首相とは10秒を超える握手をしましたが、トランプ大統領とメルケル首相は握手無しで終わりとなります。
カメラマンに囲まれた記者会見でも苦笑いして固まっており、友好とは程遠い会談でした。


トランプ大統領、会談後にメルケル首相との握手を拒否? © AFP 2017/ Saul Loeb
https://jp.sputniknews.com/us/201703183445691/

会談の後、両首脳は報道陣を招き入れ、雑談をしながら大統領執務室で撮影を行っていた。報道陣が握手を頼んだところ、トランプ大統領はその要望を無視した。メルケル首相がトランプ大統領の方に体を傾け、握手をしたいか尋ねるも、トランプ大統領は一切の反応を見せなかった。














関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
この写真、気まずい空気がよく分かる(笑)
[ 2017/03/19 22:06 ] [ 編集 ]
別の
映像では、握手してたけどね。一応。
[ 2017/03/19 22:09 ] [ 編集 ]
メルケル真面目だからな~。オランドなんかは、社交辞令で愛想振りまくけど。
[ 2017/03/19 22:25 ] [ 編集 ]
必死にシッポ振ってトランプに気に入られたデンデンとは対照的
[ 2017/03/19 22:26 ] [ 編集 ]
早く、プーチンと会うとき、
習近平と会うトランプののぞけった顔が見たいのう。
[ 2017/03/19 22:32 ] [ 編集 ]
メルケルからしたらこの類いの人間は生理的に受け付けないのだろう。
勿論デンデンも例外ではない。
[ 2017/03/19 23:12 ] [ 編集 ]
まだデンデンなんて言っているやついるんだ。まるで民進の小西みたい。
[ 2017/03/19 23:26 ] [ 編集 ]
でんでんは、さすがにヤバイが、本人は、気付いて無いから、問題無い。
[ 2017/03/19 23:34 ] [ 編集 ]
云々が読めない国会議員を持ち上げなきゃいけないなんて、ネトサポが哀れ過ぎる(涙)
[ 2017/03/19 23:42 ] [ 編集 ]
でんでんはもうアダ名なんだからいいんだよ、使いたいひとは使っても
[ 2017/03/19 23:50 ] [ 編集 ]
みぞゆう太郎が世に定着したから、でんでん晋三も残るんでないの。
自民以外には世襲でもこういう恥ずかしい(生まれはいいが育ちが悪い=麻生自談)人はいないね。
[ 2017/03/20 00:58 ] [ 編集 ]
核を使用しなければ、ティラーソンの先制反撃に賛成
偽難民の不法大流入を、拍手喝采して、推奨するメルケルは、
最近、グロテスクな、トランプ大統領のギロチン人形を、
町のお祭りで、お披露目した。

その、欧州崩壊の役割を担う、左巻きメルケルさん、
今度は、バイエルンに、なんと、またまた、
韓国の反日工作員の捏造人形、偽慰安婦像(その実態は売春婦像)を、
設置させたばかりだ。

多くの日本人が、このことを知らないだろう。
その場所とは、なんと、バイエルン州の公園である。

もはや、左翼による、世界共産主義化に賛同しない国々は、
メルケル政権下で、CNN以下の、捏造によって貶めるという、陳腐な計画に、
はまっている様子がうかがえる。

しかし、おそらく、このこと自体、日本でも報道されていないが、
ドイツでも、報道されたいないはずだ。

ドイツ人は、はっきりいって、中国人が嫌いだ。
基本的に、どの国も、あまり好きではない。

現在は、きまじめな、ドイツ人も、
今の、ドイツは、最悪だと思いながらも、
自分の国が、そのようなことになっているのに、
トランプ政権下のアメリカに対しても、疑念を持っているのである。

しかし、日本人と、ドイツ人は、昔から、なかば、友人同士なのである。
ホロコーストで、思考停止してしまったドイツ人を、
その先へ、心を開かせることが出来る、唯一の民族は、日本人だという気がする。
しかし、アメリカに、トランプが、一人しかいなかったように、
そのようなことが出来る日本人も、限られる。
しかし、アメリカとの違いは、それが、政治家ではないということだろう。

ところで、米ティラーソン国務長官が、中国を訪れ、朝鮮半島の無力化を訴えた。
核は、もちろんのこと、軍備増強による脅威を、
朝鮮半島から、撤廃する目的である。

この件に関しては、中国大陸では、賛同が得られたようだ。

同時に、ティラーソンは、先制攻撃(先制したのは北朝鮮のほうなんだが。)も、
考慮していると述べた。

北のミサイル発射台は、可動式であり、
撃ってくるまで、様子見では、かえって、危険である。

しかし、米軍側が核を使って、北朝鮮を攻撃することも、
同様に危険なのである。

また、あの、キムのために、地球環境が汚染され、
動植物までもが、危険に、さらされるというのは、実に、理不尽である。

したがって、米軍としては、キムだけを捕らえることができれば、
軍部をおさえることが出来、核の脅威を食い止めることができる。
もちろん、軍部の中には、良識など、最初から、
持ち合わせていない連中もいるだろう。
あのようなボスに洗脳されることしか知らず、
外の世界のことも、まったく、知らず、
信奉するキムが、叔父、叔母、兄、側近200名以上を殺したこともしらないで、
ミサイルのボタンを、ゲームのボタンのように押す可能性もある。

ここを、どう、抑えるかが、米軍の思案のしどころだろう。

しかし、この攻撃に対し、少なくとも、中国大陸は、手出ししないと、
ティラーソンに、述べたわけだから、
おそらく、アメリカは、これで、北朝鮮に対し、反撃に出ると同時に、
朝鮮半島という言い方をしているため、
おそらく、南北朝鮮は、同じコリアンズとして、併合されるであろう。

ティラーソンからすれば、韓国に入り込んだ、北朝鮮の軍部や、工作員が、
そこで、再び、反撃する機会をつくろうとすることも予測されるからだ。

つまり、韓国も、今後においても、核開発などは出来なくなる。
北朝鮮と同じ法律のもとで、軍備拡張は、出来なくなるということだ。

これは、アメリカの同盟国である日本としても、望ましいことである。
日本側は、同盟国として、このティラーソンの、反撃に対し、
全力で、協力すべきである。

もし、このアメリカの方針に逆らう者がいるとすれば、
それは、日本の外務省の岸田だろう。

こいつは、コリアンの帰化なのか、
このごに及んで、なんと、北朝鮮問題なのに、
「ちょっと、待った。俺、韓国に、機嫌を取りに行ってくる。」と、
もはや、支離滅裂な、思考回路で、
隠れコリアン丸出しとしかいいようがない対応をしているらしい..........w
この、岸田という危険人物(日本が攻撃されるのは、かまわないが、
北朝鮮を攻撃してほしくないと思っている、工作員外務省)は、
日本と、世界のために、いいかげん、辞めてもらったほうがいいだろう。

[ 2017/03/20 01:28 ] [ 編集 ]
でんでんとドリル小渕、パンツは死語
もう、古い話題。
[ 2017/03/20 01:57 ] [ 編集 ]
有能で人気のある政治家だったはずなのに移民受け入れ政策で一気に信頼を失ったメルケルと、移民排除を前面に出しすぎて非難されているトランプ

どちらかを支持するかと問われたらトランプかな…
[ 2017/03/20 01:59 ] [ 編集 ]
岸田は良い人
ロシアとパイプがある。
日本としても貴重な人物。
[ 2017/03/20 02:01 ] [ 編集 ]
だからどうだって言うんだ?
[ 2017/03/20 02:09 ] [ 編集 ]
あっぱれ、メルケルさん、流石だ。政治家はこのくらい芯が強い方が分かりやすい。謎の人物では危な過ぎる。でんでんの頭真っ白外交、貢外交、しなだれ外交とは大違い。でんでんには信頼できる芯が何も無い。外国ではひたすらおおように金目を振舞って、持ち上げられては得意満面になり、国内では狂信性を隠す事無く、洗脳教育に迄その触手を伸ばす、大日本帝国の復活を目論むという、思想テロリズムに踏み込み、世界の信頼を失墜させつつある。メルケルさんも今年は苦労の年に成るだろうが、信じる道、狂信とは違う、信じる道を真剣に見極める姿勢が、彼女の政治家としての一貫した姿だ。政治家は狂信したらお終いだ。すべての意見を聞く耳が必要だ。狂信したら、国を危うくするだけだ。国民は世界は、大日本帝国の悪夢をもう一度21世紀でも見たいとは決して思っていないのだ。ここ迄違う姿を見せる、国のトップとして生きる、メルケルさんとでんでんの差は歴然だ。
[ 2017/03/20 07:14 ] [ 編集 ]
岸田は、広島に帰ってこんで良し!

先の戦争の反省ができない憲法違反●罪者は、
広島には必要ない!
ノーベル平和賞詐欺師●バマと、
早く●殺しがしたい自称最高権力でんでん者!
くさい芝居で平和詐欺を広島でするな!

よろしくお願いします。
[ 2017/03/20 09:02 ] [ 編集 ]
首相夫婦、外遊って都合のいい言葉だね。

何しに頻繁にでかけるのだろうか。
私人をつれて。原発の問題モアベノミクスも沖縄の基地問題も
何一つ国民の方を向いていない。
TPPは失敗、自衛隊派遣も失態で、
トランプにパターあげに行っただけの人。

洗脳カルト内閣は総退陣、外遊してる間に、国民が
かたづけとくよ。
[ 2017/03/20 09:17 ] [ 編集 ]
岸田もカルト内閣の一員。
日本会議の一派。
[ 2017/03/20 09:19 ] [ 編集 ]
落ち目のメルケル
ドイツでのメルケルの支持率は低下している。
https://jp.sputniknews.com/politics/201702073313376/

韓国の朴の次は日本の安倍、支持率もタイムリー(?)に低下しているようだ。



[ 2017/03/20 10:03 ] [ 編集 ]
安倍首相、今回は昭恵夫人を同伴しなかったらしい。
世論を刺激しないように、こんなとこまで印象操作するんだなと思った。
安倍首相の森友スキャンダルは訪問国の元首だって承知してるだろう。
でんでんは身から出たサビとは言え、帰国したくない心境だろうね。
[ 2017/03/20 16:13 ] [ 編集 ]
[ 2017/03/20 01:28 ] 名無し

せめて10行以内にまとめよ。やり直し!
[ 2017/03/20 16:42 ] [ 編集 ]
コメントがちらほら逆の理解では?
私も見出しではメルケルが握手を拒んだんだ、と記事を読み始めだけど、メルケルの、「握手はどう?」の呼びかけにスルーしたのはトランプね。
[ 2017/03/20 22:42 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム