情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.03.21 10:00|カテゴリ:政治経済コメント(13)

北朝鮮の挑発激化、日本本土の米軍攻撃に言及したのは異例!日ロは対北朝鮮で協力合意!新型エンジンも


s_ice_screenshot_20170320-233933.jpeg


3月20日に日ロの外務・防衛の閣僚協議が行なわれ、およそ3年4か月ぶりの会議で具体的な協力で合意することが出来ました。会議のメインテーマは北朝鮮への対応で、ロシアと日本は北朝鮮に対して挑発行動の自制や、国連の安保理決議の順守を強く求めることで一致。

岸田外相は「4月下旬に安倍総理が訪ロをし、プーチン大統領と会談することを確認した。特に北朝鮮の核・ミサイル問題について突っ込んだ議論を行いました」と述べ、来月には安倍首相がロシアを訪問すると言及しました。
ロシアも北朝鮮の挑発行為には警戒心を抱いているようで、ここ数年は極東方面の軍事力を増強しています。

今月に北朝鮮は初めて日本本土にある米軍基地への攻撃に言及し、周辺国に対しても核攻撃を示唆しながら挑発行為を繰り返しました。

また、北朝鮮が使っているミサイルのエンジンも改良されているのが確認され、半年前よりも性能が向上していると報じられています。韓国の軍関係者も「補助エンジンによって飛行の安定性や精度が増し、ICBMへの搭載に向けて最終段階にある」と言及し、北朝鮮のミサイル技術が次の段階に入ったと指摘しました。


日ロ2プラス2、対北朝鮮 協力する方針で一致
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3009025.html

s_ice_screenshot_20170320-233425.jpeg
s_ice_screenshot_20170320-233427.jpeg
s_ice_screenshot_20170320-233431.jpeg
ロシアによるクリミア併合の影響で途絶えていた日本とロシアとの2+2=外務防衛閣僚協議が3年4か月ぶりに行われ、ミサイル発射などを繰り返す北朝鮮に対し、日ロ間で協力する方針で一致しました。



北朝鮮のミサイルの新型エンジン 半年前より性能向上か
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170320/k10010918271000.html


s_ice_screenshot_20170320-233532.jpeg
s_ice_screenshot_20170320-233539.jpeg
s_ice_screenshot_20170320-233554.jpeg
北朝鮮が公表した弾道ミサイルに使用する新型エンジンの燃焼実験の写真では、半年前に比べて噴き出す炎の勢いが増しているうえ、複数の補助エンジンが確認できることから、ICBM=大陸間弾道ミサイルへの搭載を目指して、エンジンの性能向上を図っているという見方が出ています。











関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
いよいよ半島有事勃発だな。そしてその戦渦はどんどん広がるだろう。
いずれは日本も当事国になるだろうな。
もう覚悟を決めないとな。
[ 2017/03/21 11:46 ] [ 編集 ]
ふ~ん・・・。あっそ。
[ 2017/03/21 12:20 ] [ 編集 ]
ミサイルの新エンジンはどこの技術でしょう?


北朝鮮の独自開発?


そこ明確にすると、世界中の人々が踊らされていることに気づくきっかけになるだろうに…。
[ 2017/03/21 12:22 ] [ 編集 ]
御國の盾として忠勇たるネトウヨ諸兄に散華してもらおう。
[ 2017/03/21 12:46 ] [ 編集 ]
北朝鮮にあるアメリカレイセオン社製のミサイルでアメリカを脅すとか茶番すぎる!
[ 2017/03/21 12:48 ] [ 編集 ]
4月下旬まで、まだ総理や議員をやるつもりなんだ。
しかし安倍さんとロシアや北朝鮮の関係って知れば知るほど根が深いんだな。

>北朝鮮にあるアメリカレイセオン社製のミサイルでアメリカを脅すとか茶番すぎる!
日本だって中島がホイットニーのライセンス改造の栄エンジン搭載の零戦でアメリカに先制攻撃したんだからおかしくもない。零戦搭載の無線機も照準器もアメリカ製か模造だし。
しかし韓国がロシアの技術で停滞、北朝鮮が米国の技術で着々と進めてるとは政治ってわからんね。
[ 2017/03/21 13:17 ] [ 編集 ]
さっきあった「D.ロックフェラー2017年3月20日死去」のレスが消えたけど何で?
[ 2017/03/21 13:58 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> さっきあった「D.ロックフェラー2017年3月20日死去」のレスが消えたけど何で?

引用元書いてない盗用記事だから。
普通に管理人に通報来るから何だろうとURL記載無しはできるだけ削除します。
[ 2017/03/21 14:01 ] [ 編集 ]
何度もここに書いてきたけど
レイセオン社製のミサイルだろうがなんだろうが、アメリカは常におびきだし戦略なんですよ。イラクも戦前の日本も。ゼロ戦もおそらくアメリカの撒き餌だろう。だから北朝鮮も撒き餌をもらって有頂天になって開発をやってる。アメリカは時期を見計らって、おびき出しか、先制攻撃をやるだろう。痩せた豚はまずい。太った豚は食う価値がある。日本のバブル崩壊もおびき出し戦略と見たほうがいいだろう。
[ 2017/03/21 16:10 ] [ 編集 ]
18日に行われた米国のティラーソン国務長官と王毅外相の共同記者会見で、
ティラーソン国務長官は、「双方が朝鮮半島情勢はかなり危険なレベルに達しているとの認識を共有した」と述べたとか。

かなりヤバイのでは…
[ 2017/03/21 17:02 ] [ 編集 ]
「覚悟」とは能天気にもほどがある、衝突回避のためにこそ安倍は動け
「覚悟を決めないとな」とは能天気にもほどがある。本気で覚悟を決めるつもりがあるなら、一度ISの根拠地にでも行ってみるがよい。本当に戦争になれば何が起こるか予測できない。先制攻撃で米国の思惑どおりにいくと思うなら甘すぎる。アフガンでもイラクでも米国は失敗している。北朝鮮の報復攻撃が在日米軍基地を標的にするのは当たり前だ。北朝鮮が明言するまでもなく初めからわかっていることだ。日本政府は日米安保のメリットを宣伝するばかりで、そのリスクがあることを正直に言わなかっただけのことだ。北朝鮮の報復は、何も核ミサイルだけとは限らない。抑止力とは、相手に恐怖心を植え付けて攻撃を思い止まらせるものだ。日米韓の対北朝鮮抑止力とは、北朝鮮が戦争を仕掛けるなら北朝鮮を叩きつぶすことができるぞという脅しだ。北朝鮮の対日米韓抑止力とは、戦争を仕掛けるならソウルを火の海にするし日米韓の都市も核ミサイルで焦土にするぞという脅しだ。いま双方の脅しがエスカレートしている。米韓は金正恩暗殺を狙う斬首作戦で脅し、北朝鮮はミサイル技術向上を誇示して対抗する。双方とも、戦争になれば大損害を被るから戦争を望んではいない。だが、チキンレースがエスカレートすれば簡単には降りられない。そのあげく誤算や偶発による戦争は起こりうる。1962年のキューバ危機では、米ソのケネディとフルシチョフがぎりぎりの交渉で妥協して核戦争を回避した。それを教訓に米ソ首脳間にはホットラインができた。だが、米国と北朝鮮のトランプと金正恩は危険だ。ケネディとフルシチョフほどの理性は感じられない。ホットラインもない。この状況下では、戦争回避のためにこそ安倍は動くべきではないか。曲がりなりにも安倍は北朝鮮を訪問したことがある。安倍が北朝鮮に飛んで金正恩と会い、最低限の信頼醸成を図るべきではないか。他国と連携すれば戦争回避ができるというものではない。直接、当事者と会って交渉する必要がある。会えば多少なりとも疑心暗鬼をほぐすことはできるだろう。少なくとも水面下での交渉は不可欠だ。北朝鮮が非人道的な政権であっても戦争して大惨害をもたらすわけにはいかない。妥協点をさぐり穏健な国家に導いて経済支援もし、徐々に人権状況の改善も図るほかない。日朝間の経済拘留が盛んになれば日本海側の経済発展にもつながるだろう。
[ 2017/03/21 20:57 ] [ 編集 ]
今回の安倍政権中に北朝鮮も茶番でなくなるだろうな
[ 2017/03/21 21:28 ] [ 編集 ]
そんな段階だろうか?
安倍は戦争を覚悟しているだろう。だから北朝鮮を説得などするはずがない。そんなことをすればアメリカとの約束を踏みにじることになる。ミサイルによる日本での死者は仕方ないと思ってるだろう。昔から日本の考え方は弱者切り捨てだ。しかしおそらく、日本にミサイルは落ちないと踏んでるだろう。アメリカの電撃作戦が成功するとみているだろう。アメリカは「もし失敗したらゴメンね。ちょこっとミサイルは来るかも?」ぐらいのことだろう。安倍はこのことによって、積年の恨みを晴らしたいだろう。また預金凍結、資産課税、デノミでもなんでもこのチャンスに実行できるだろう。庶民の犠牲?そんなもの安倍たちは屁とも思ってないよ。
[ 2017/03/22 18:51 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク