情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.01.18 21:15|カテゴリ:政治経済コメント(3)

厚生労働省、内部告発者を組織に売り渡す!告発者「臨床データが改ざんされている」⇒厚生労働省が告発者の個人情報をバラ撒く


jsansnn.jpg
J-ADNI
厚生労働省は「臨床データが改ざんされている」という内部告発があったのにも関わらず、その情報を内部告発者の実名を入れ、改ざん元の責任者に転送していたことが判明しました。これはアルツハイマー病などの治療方法を調べる国家プロジェクト「J―ADNI(アドニ)」で行われていた臨床データを巡るもので、厚生労働省が内部告発をもみ消そうとした可能性があると推測されます。

内部告発で「臨床データを改ざんした」と指摘されたのは岩坪威東大教授が率いる研究チームで、厚生労働省はここに告発者の提供した情報と告発者の個人情報をセットで送信したとのことです。

海外では告発者の人権は手厚く守られているのですが、日本ではかなり軽視されているみたいです(苦笑)。特定秘密保護法案の時もそうでしたが、国はこのような内部告発者を本気で消そうとしています。情報を開示するシステムや告発者を守る制度が不完全なのに、情報を漏らした方だけを徹底的に罰しようとするのは、正に告発者潰しと言えるでしょう。

今回の事件を見ても分かるように、国は大学や企業とグルになって、自分達の権益を守ろうとしているのです。このような日本の権力構造を規制する法案などをちゃんと作らなければ、この国が良い方向へ変わることはまず無いと私は思います。


☆臨床改ざん疑惑、厚労省が告発者名を漏洩 研究責任者に
URL http://www.asahi.com/articles/ASG1K4DFCG1KUUPI11B.html

引用:
アルツハイマー病の治療法確立を目指す国家プロジェクト「J―ADNI(アドニ)」を巡り、厚生労働省が臨床研究データの改ざんを指摘する実名入りの内部告発メールを無断で告発対象の研究チームの責任者に転送していたことが分かった。内部告発者の人権を著しく損なう行為で、国家公務員法(守秘義務)や内規に触れる可能性もある。

 厚労省が国家プロジェクトを守るため疑惑をもみ消そうとしたとの疑念も招いており、厚労省の調査への信頼が揺らぐのは必至だ。

 厚労省認知症・虐待防止対策推進室によると、担当専門官に「改ざんが数十例ある」というメールが届いたのは昨年11月18日。J―ADNI事務局側がデータの書き換えを指示した文書と、その通りに書き換えられた検査記録が添付されていた。専門官は翌日、「研究チーム内で対処すること」と判断し、代表研究者の岩坪威東大教授にそのままの文面と添付資料をメールで送ったという。
:引用終了

☆発表が嘘だらけ「J-ADNI」臨床データ改竄問題が泥沼化
URL http://www.huffingtonpost.jp/yoshiomi-unno/todai-j-adni_b_4612988.html

引用:
 目を疑った。

改ざんではない、未熟...認知症研究で部門責任者
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=90869

 記者会見で、堂々と「改ざんではない。この分野の大規模共同研究は日本では初めてのため、データ処理技術など、研究班に未熟な点があった」と、朝田隆・筑波大教授は説明したのだという。

 メディアにも確認を取ったところ、確かにそう言っている... これ、嘘ですよね。

 「この分野の大規模共同研究は日本では初めて」なので未熟というが、これまでに同一分野の多施設臨床研究としてJ-COSMIC、SEAD-Jという国内多施設臨床研究があり、それぞれに成果を挙げている。

J-COSMIC「最終報告書」 : MCIを対象としたアルツハイマー型痴呆の早期診断に関する研究
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000010872973-00

SEAD-Japan
http://square.umin.ac.jp/SEAD-J/

 どちらも規模的には今回問題となったJ-ADNIと比肩するものであり、国際標準に適合した被験者データ処理を行って、改竄その他これといった問題は当然起こさず研究結果の論文を発表して研究プロジェクトは満了している。

 と申しますか、筑波大の朝田教授も、東大の杉下「元」教授も、カンファレンスにいましたよね。先行研究で同様の大規模共同研究があり、実績があることを両先生が知らないはずがない。なのに、J-ADNIが「日本で初めて」。

 嘘はいけません。
:引用終了


失敗例に学ぶ『内部告発』―公益通報制度を知り、守り、活かす


内部告発・内部通報 -その「光」と「影」- (守れるか企業の信用、どうなる通報者の権利)


何のための秘密保全法か――その本質とねらいを暴く (岩波ブックレット)


「特定秘密保護法」をどう考えるべきか (OR books)


秘密保護法は何をねらうか

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
氷山の一角でしょうね。内部告発を防げず判明しただけなので。

出資元は複数の省庁と製薬会社で
アルツハイマー治療薬は大きな儲けが期待されたのでしょうか?

東大教授が研究開発し、有名製薬会社で製造販売・承認は厚生省であれば
ちゃんと治験したんだろうと思ってしまうもの。
過去の子宮頸がんやC型肝炎の問題から厚生省の認可に意味が
無いこと分かっているはずですが。

規制しても医薬分野はどうしようもない気がするなあ
人を健康にしたら儲からない自己矛盾かかえた業界なので・・・
[ 2014/01/19 00:21 ] [ 編集 ]
これが
秘密保護法の目的だ。内部告発潰し!隠せなくなるまでは、意地でも隠す。流石は世界一のクズ官僚だ。
[ 2014/01/19 06:34 ] [ 編集 ]
公益通報者保護制度
公益通報者保護制度では、公益のための内部告発をした者は、保護されなければならないのが基本です。

今回の研究がその対象であるかないか、詳細はわかりませんが、基本的な考え方に厚生労働省の担当者は、反しています。
[ 2014/01/27 15:03 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

J(ジェイ)アドニの論文は撤回を
スタップ細胞の疑惑ですっかり影の薄いものになってしまったが、アルツハイマーの治療薬研究を巡るデータ不正」処理問題で、杉下氏がこのデータを使って発表した論文の撤回を提言している。
広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム
スポンサードリンク