情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.04.03 17:00|カテゴリ:噴火関連情報コメント(4)

小笠原の海底火山で変色!伊豆諸島に続いて異変、西之島から異常状態?鬼界カルデラでは巨大溶岩ドーム


s_ice_screenshot_20170403-081245.jpeg
*気象庁


3月末に東京都の小笠原諸島で変色を観測していることが分かりました。海上保安庁が3月25日に行った調査で硫黄島沖にある「福徳岡ノ場(ふくとくおかのば)」で変色の拡大が観測され、地下で何らかの活動が活発化していると見られています。
福徳岡ノ場は過去100年間に4度も噴火を観測しており、最近だと2005年にも海底噴火が発生しました。

2013年に西之島で新島が生まれるほどの噴火がありましたが、東日本大震災後からこの海域で地殻変動が活発化している傾向が見られます。
海上保安庁の調査では東京から400キロほど離れた明神礁周辺でも変色を観測しているわけで、今後も小笠原諸島から伊豆諸島の地殻変動には警戒が必要です。

九州南方の海底にある「鬼界カルデラ」でも直径約10キロの巨大な溶岩ドームが発見されていますが、このような調査結果を見ると、改めて日本は世界有数の火山大国だと実感することが出来ます。


福徳岡ノ場
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%BE%B3%E5%B2%A1%E3%83%8E%E5%A0%B4


s_ice_screenshot_20170403-080924.jpeg
s_ice_screenshot_20170403-080933.jpeg
s_ice_screenshot_20170403-081019.jpeg
有史以来たびたび噴火し、時には海面上に新島を形成するまでに成長して「新硫黄島」と呼称されていた。しかし波浪により海没し、現在は島はなく最浅水深22m[1]ほどのギヨー[2]となっている。その後も海上保安庁や海上自衛隊による調査が行われており、2007年、2008年[3]、2010年[4]、2013年[5]にも変色水が観測された。



伊豆諸島・ベヨネーズ列岩に続き 小笠原の海底火山でも変色水域が出現
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19632.html

東京からはるか南に位置する青ヶ島沖の明神礁(ベヨネーズ列岩)周辺で海水が変色し、小規模な海底火山の可能性が高まっているというニュースは先週お伝えしたが、小笠原諸島の硫黄島沖でも黄緑色に変色した海水域が確認され、火山活動の活発化が懸念される。



鬼界カルデラに特大の溶岩ドーム 超巨大噴火後に形成か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000113-asahi-soci

約7300年前に超巨大噴火が起きた九州南方の海底にある「鬼界カルデラ」(直径約20キロ)に、直径約10キロの溶岩ドームがあると、神戸大などのグループが3月31日発表した。ドームは超巨大噴火の後に形成された可能性が高いという。









関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
アキエリークスが更新されてて、講演会の動画がアップされてた。安倍晋三がミヤネ屋とそこまで言って委員会に出演するため大阪に来ていて、本人も時間があれば塚本にも行きたいと言っていたと昭恵が言ってる。動画、全部観たほうがいいね。
https://akie-leaks.com/ (2017年4月3日更新)
[ 2017/04/03 17:24 ] [ 編集 ]
どうせなら伊豆半島ぐらいのが出来て欲しい。
[ 2017/04/03 17:54 ] [ 編集 ]
さぁ、トラフがスタンバイ始めたよ
[ 2017/04/03 20:08 ] [ 編集 ]
浮上
オコツト情報の、精神が実体化実行化しているというのだらうか。
[ 2017/04/04 01:04 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク