情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.01.21 16:27|カテゴリ:健康問題全般コメント(6)

子宮頸がんワクチンの副作用報告が相次ぐ⇒厚生労働省「不安が原因。色々な症状が報告されているけど、ワクチンは関係無い」


20140121162421sikyukeigann.jpg
全世界で数十万と言われているほど大量の副作用が発生している子宮頸がんワクチンですが、1月20日に厚生労働省の有識者検討会が子宮頸がんワクチンの副作用に関する報告書を発表しました。厚生労働省が発表した「子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの副反応に関する論点整理」という資料には「接種による痛みや不安に対する心身の反応が引き起こしたもの」と書いてあり、子宮頸がんワクチンの副作用が心理的な作用によって生み出されている可能性があると検討会は見解を述べてます。

ハッキリ言って、この報告書は滅茶苦茶です。子宮頸がんワクチンの臨床試験の記録を見てみると、ワクチン接種時に80%以上の方が非常に強い痛みを訴えていることが判明しているのです。日本脳炎のワクチンは10%程度なので、如何に子宮頸がんワクチンが異常であるかが分かるかと思います。

しかも、この数値は厚生労働省が発表しているのです。8割以上が強い痛みを訴えているのにも関わらず、それを「心身の反応」で切り捨てる厚生労働省は異常だと言えるでしょう。海外では子宮頸がんワクチンの副作用があまりにも強すぎて、接種を中止にした国が多数あります。
そもそも、インフルエンザワクチンもそうですが、ワクチンというのは殆ど病気を防ぐことは出来ません。子宮頸がんワクチンも含めて、ワクチンという薬を見直すべきだと私は思います。
*というか、他の痛みを感じる注射などではこんな副作用は報告されていません(苦笑)。


☆子宮頸がんワクチンの副作用、痛みや恐怖感などが原因か


☆子宮頸がんワクチン副反応の実態


☆子宮頸がんワクチン副作用は「痛みに心身反応」
URL http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140121-OYT1T00186.htm

引用:
子宮頸がんワクチンの接種後に体の痛みなどの重い副作用が生じている問題で、厚生労働省の有識者検討会は20日、こうした副作用は「接種による痛みや不安に対する心身の反応が引き起こしたもの」との見解をまとめた。

 現在、接種を積極的に勧めることを一時的に中止しているが、2月に開催予定の次回の検討会で最終的に安全性を確認した上で、再開の判断が出される可能性が出てきた。

 この日の検討会では、これまでの議論を踏まえ、接種後に起こる痛みなどの原因について話し合われた。その結果、患者の症状などから、ワクチンの薬液が神経の異常や中毒、免疫反応を引き起こしていると説明するのは難しいとの見解で一致した。

 また、医学的に局所の痛みは通常2週間以内に治まるとし、接種後、1か月以上たってから発症している場合は、接種との因果関係を認めるのは困難とした。接種後に起こった症状が3か月以上続く場合、その原因として、接種以外のほかの要因の関与も考えられると結論づけた。

(2014年1月21日08時02分 読売新聞)
:引用終了

☆厚生労働省 臨床試験の炎症反応(疼痛、発赤、腫脹)の比較
URL http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000035214.pdf

20140121161610sikyuwakutin.jpg
*サーバリックスとガダーシルが子宮頸がんワクチン

☆子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの副反応に関する論点整理
URL http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000035213.pdf

20140121161706sikyuukeigann02.jpg
20140121161828sikyuukeigawakutinn04.jpg
20140121161906sikyuukeigannwakutinn05.jpg


こんなにあぶない子宮頸がんワクチン 少女たちの体を守るために (合同ブックレット)


薬をやめれば病気は治る (幻冬舎新書)


インフルエンザワクチンはいらない (双葉新書)


フレンドの遺言状―それでもあなたはワクチンを打ちますか?


新型インフルエンザワクチン・タミフルは危ない!!―病気より薬が怖い?


安部英医師「薬害エイズ」事件の真実

関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
うーん、これはひどいなあ。
しかし子宮頸癌を予防するのは意義あることです。
そのためには、性交渉でヒトパピローマウイルスがうつることを周知徹底し、安易な性交渉をしないような意識を持たせることが何より大事だとおもいます。
[ 2014/01/21 16:35 ] [ 編集 ]
こんなことが最近ありました

厚生省に「娘が子宮頸がんワクチンで下半身不随になった!」とナイフで暴れまわった男 逮捕!


http://www.google.com/gwt/x?gl=JP&hl=ja-JP&u=http://reptilianisreal.blogspot.com/2014/01/blog-post_3447.html&client=ms-kddi-gws-jp&source=sg&q=%E5%8E%9A%E5%8A%B4%E7%9C%81+%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%95+%E7%94%B7+%E5%AD%90%E5%AE%AE%E3%81%91%E3%81%84%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3


一部引用

厚生省に丁度、居合わせた、某製薬会社の社員によると、男がナイフを持って、急に厚生省に入ってきて、こう叫んだという。「お前ら!俺の娘を下半身不随にしやがってー!タダじゃおかないからな~!」と言って、厚生省内にあるワクチン推奨課に走っていったという。



[ 2014/01/21 17:06 ] [ 編集 ]
こんな欠陥品でも大量に作っちゃったから、
騙してでも売り抜かないと行けないのね
元締めはどこなの?
[ 2014/01/21 17:52 ] [ 編集 ]
↓犯人の一つは、グラクソスミスクライン。薬から歯磨き粉まで売ってる。MRは美人揃いです。エロ医者相手だからね^_^

放射能と同じ論法で安全無害なんですね。
[ 2014/01/21 18:29 ] [ 編集 ]
検討会のメンバーはさほど変わってないようですので
何があったか分かりませんが、元々推進派なんでしょうね。
メルクもグラクソも大手ですし、手は打ってるでしょう。

グラクソの顧問弁護士に政党関係者もいるような話もありましたし
推進したのはその党みたいですし、検討会なんてのは形だけでしょうね。
これも氷山の一角だなあ。。。
[ 2014/01/22 01:18 ] [ 編集 ]
>reputilianisreal
その爬虫類系サイトのその記事は某所でも転載してあったので、私が当時に1次ソース探しましたが確認されませんでした。なお約100人が平手打ちされてるとかも書かれてありますがありえないかと、某デビ夫人も平手打ちの傷害罪で訴えられてるくらいですので


なお、今回の記事にも「不必要だと思う各種 予防接種を拒否、断るための方法。要求書の書き方」
を転載しておきます。
http://vegemanga.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-47c5.html
↑これを使えば、子宮頸がん予防ワクチンの強制接種などを公に拒否することができるそうです。
何もいわないでもワクチン接種拒否できるみたいですが、もし強制させそうな雰囲気でしたら是非。

全身麻痺になって車椅子の24時間付き添い必要になった人も海外にいらっしゃるみたいなので。
ちなみにワクチン接種で我が子に副作用が発生しても、同意した親の責任とされる仕組みみたいですから、一生障がい抱えたまま泣き寝入りになるかもですね


【画像あり】子宮頸がんワクチンで、健康だった女の子が全身麻痺の車椅子生活に?!
> 国が根拠としていた論文の執筆者が製薬会社の社員だった!しかも、論文には明記せず!薬害会議が指摘!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1464.html
[ 2014/01/26 22:13 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
Amazon
広告
検索フォーム