情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.04.24 21:00|カテゴリ:政治経済コメント(9)

天皇陛下の退位法案、政府が修正へ!「お気持ち」を記載するも「陛下」は変更無し!自民は特例強調


s_ice_screenshot_20170424-082738.jpeg


天皇陛下の退位法案について、政府与党は骨子案の修正を発表しました。

これは与野党の協議の結果を反映した修正で、皇室典範付則を改正する文言に「この法律の特例として天皇の退位について定める特例法はこの法律と一体を成す」と記載。
昨年の記者会見で天皇陛下がお気持ちを表明した件も明記されましたが、野党から指摘を受けていた「天皇陛下」との記載は変更されませんでした。

制度として書く場合は「天皇」が正しいのですが、与党側は個人を強調した「天皇陛下」を法案に盛り込むべきだと主張しています。この点は全く修正されず、あくまでも退位は特例という方向になりました。

制度の見直しを求めている天皇陛下のご意思にも反することから、今後も自民党の方針を巡って対立が激化することになりそうです。


「天皇の退位」文言復活 特例法骨子案、政府が修正
http://www.asahi.com/articles/ASK4R52Z8K4RUTFK003.html?iref=comtop_8_03

 天皇陛下の退位を実現する特例法案をめぐり、政府の骨子案が修正され、皇室典範付則の改正は与野党合意に基づいて「天皇の退位」との表現を加えることが23日、明らかになった。衆参両院正副議長による「とりまとめ」に沿って、原案にはなかった「お気持ち」も明記した。ただ、政府・自民党は法案名に「陛下」を加える方針は維持。退位は例外的と位置付ける色合いは残している。









関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
反天皇なのに、保守愛国を騙る安倍政権。
[ 2017/04/24 22:14 ] [ 編集 ]
>>23:02
安倍が天皇のご親戚であり
陛下を敬っている具体的な証拠をお願いします。
[ 2017/04/24 23:08 ] [ 編集 ]
天皇陛下のお気持ちに逆らい、あくまでも一代限りに固執する安倍。不敬の極みだ。
こんな政権の下に譲位される陛下に本当に申し訳ないと思う。
高村さんが野党と協議してもっと陛下のお気持ちに沿うようにしたのに、結局こういう形に戻すという傲慢。許されるべきではない暴挙でしょう。
[ 2017/04/25 11:02 ] [ 編集 ]
安倍政権によって天皇制は破壊されるでしょう。
[ 2017/04/25 12:19 ] [ 編集 ]
安倍は権力の為なら、皇室まで利用するんだよ。
拉致問題に熱心だったのも、総理大臣になるまで。
あとは知るもんかという冷酷な態度。
[ 2017/04/25 15:37 ] [ 編集 ]
安倍は勿論、陛下と血はつながってません。
麻生のなんかが皇族のだれかに嫁にいって、その麻生と安倍が吉田茂でなんとかつながってるってその程度だろ
[ 2017/04/25 16:43 ] [ 編集 ]
んなのどっちでもいいから・・・ さっさと今上陛下を休ませてやれよ。 
陛下は少しでも長生きをしたいこともあって退任を申し出たんだからさ。
予定した通りの時期に皇太子様にしっかりとバトンタッチ出来る体勢は絶対に崩さぬように。
[ 2017/04/25 17:32 ] [ 編集 ]
江戸時代迄は天皇の退位はよく行われていたんじゃないの?!
存命中は天皇の地位に居なければならない状態はまるでイギリスのまねだな。
[ 2017/04/25 17:48 ] [ 編集 ]
『なぜ特例法?』判断示さず・「有識者会議」は一貫して、首相官邸が描いた『特例法ありき』のシナリオに沿って議論を進めた・「皇族数減少への対応」は、待ったなしの課題
天皇陛下の退位をめぐる「有識者会議」の「最終報告」は、大半が「退位後の称号」や、「身位(身分や地位)をどう定めるか」といった「制度設計」の提言に費やされた。

「なぜ退位が必要なのか?」「なぜ皇室典範改正」による「恒久制度化」」ではなく「特例法」とするのか?

「象徴天皇のあり方」にも密接に絡む根幹の課題には、有識者会議としての判断を示さなかった。
その理由について、メンバーの1人は「官邸の意向に反する訳にはいかなかった」と弁明。
途中で衆参正副議長のもとで、各党・会派の協議が行われたことを念頭に、「有識者会議が決めたという形にはできなかった」と語った。

「最終報告」は与野党の対立を煽らないよう、あえて退位の本質論には踏み込まなかった。
 
「有識者会議」は一貫して、首相官邸が描いた『特例法ありき』のシナリオに沿って議論を進めた。
陛下が高齢であることを踏まえ、結論を急いだ事情は分かる。
しかし、退位は『近い将来の』天皇にも起こりうる課題だ。
物足りない結果に終わったとの印象は否めない。

一方、「最終報告」が最後に触れた『皇族数減少への対応』は、待ったなしの課題だ。
政府は「特例法の施行を待たず」、国民的な議論にふさわしい検討を始めてほしい。
(4月22日・朝日新聞・解説・二階友紀)
[ 2017/04/26 13:48 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク