情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.04.28 18:00|カテゴリ:政治・選挙コメント(27)

共産党の志位委員長が野党連合政権に言及!「打倒した後の政権構想を示す責任がある」


s_ice_screenshot_20170424-101400.jpeg

4月23日の講演会で共産党の志位委員長が野党連合政権について言及しました。

志位氏は次期衆院選に関して「共闘発展の過程で、政権問題についても前向きの合意を得る可能性は大いにある」とコメントし、野党連合政権が実現する可能性があると指摘。
目玉政策として安保法案の廃止を掲げるとしており、「安全保障法制の廃止を野党共闘の一丁目一番地として追求したい」とも述べています。

ただ、民進党などの野党からは「共闘まで」「連立政権は無理」との声が多く、今の時点では話がまとまっていません。国民からも「廃止や反対ばかり」という指摘の声が聞こえ、安保法案の廃止を目玉政策にする選挙戦では勝つのが厳しいと言えるでしょう。


野党連合政権に意欲=共産・志位委員長
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042300344&g=pol

 共産党の志位和夫委員長は23日、党本部で学生らを対象に講演し、次期衆院選に向けた民進党などとの協力について「共闘発展の過程で、政権問題についても前向きの合意を得る可能性は大いにある」と述べ、共産党が提唱する野党連合政権の実現に改めて意欲を示した。


























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
アベガ~三期は長いと言うが代表選すらしない共産党が強権独裁そのものだべ。
[ 2017/04/28 18:05 ] [ 編集 ]
日本共産党が他のどの党より保守政治をやろうとしている不思議
[ 2017/04/28 18:07 ] [ 編集 ]
戦争法はいらない
日本国憲法は日本人の血と涙の結晶。
戦争法なんかで汚さないで。対案など無用。もともといらないものの対案はいりません。
[ 2017/04/28 18:15 ] [ 編集 ]
連立政権組めなかった場合、質問時間ほとんどもらえなくなって共産党は終わるからな
仮に政権交代できたとして、連立が組めなくなったらどうなるか?
・野党1党は自民党、野党の質問時間割り振りは自民党がやることになる
・自民党としては連立組めなくっても選挙協力したんだから民共社自由は「与党」
・質問時間の野党割り当て分は自民と維新と無所属でわけると主張する
・民進党としては連立組んでないから共産党は「野党」、短い与党時間を分けない、と主張
・連立政権に入れなかった共社自由は質問時間が確保できない
こうなるわけよ
[ 2017/04/28 18:16 ] [ 編集 ]
狂産党はひとりぼっちで自爆しとけ。
[ 2017/04/28 18:20 ] [ 編集 ]
未だに戦争砲だって笑う)


[ 2017/04/28 18:22 ] [ 編集 ]
「生活重視の野党連合政権」と「大企業・軍産・米国の下請け政権」
の、どっち選びますか?

これで十分伝わると思います。

生活重視の中には、最低賃金の向上、労働政策の見直し(労働時間の規制強化)、子育て支援、高齢者支援の増強といった政策が掲げられると思います。

経済財政政策も同時に出す。第一次民主党政権のように、予算の組み替え案を国民に示せばよい。
森友や加計に何十億円も出しているんだから…。特別会計含めれば、無駄な予算はいくらでもある。
[ 2017/04/28 19:01 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 「生活重視の野党連合政権」と「大企業・軍産・米国の下請け政権」
> の、どっち選びますか?
>
> これで十分伝わると思います。
>

視野が狭い。
自民党も生活は重視しているんですよ。
公務員の。
視点が違うだけで生活を重視している点は与党も野党も同じです。
公務員だけでも数百万人、その家族を入れれば1000万人とも言われていますよ。
これに対抗するのは簡単ではない。
[ 2017/04/28 19:07 ] [ 編集 ]
野党はぜひ共闘してほしい。
フランスは移民反対派も、EU否定派も共闘して、極右ポピュリズム政党のルペンに対抗しようとしている。
オランダやフランスに出来る事が日本に出来ないわけがない。
民進はどっち付かずでいたら、票を分断され、敵の思うつぼだ。
もう失うものはないだろう。
とにかくやるしかない。
[ 2017/04/28 19:26 ] [ 編集 ]
動画の中で志位は一致する公約だけを共通公約にすると述べてるし、「安保廃棄を前面に押し出すと、野党共闘は不可能」と明言してる

なので

>目玉政策として安保法案の廃止を掲げるとしており、「安全保障法制の廃止を野党共闘の一丁目一番地として追求したい」とも述べています。

志位本人の弁と記事との間に大きな不整合を感じるんだけど、記事がフェイクである可能性があるのでは?
[ 2017/04/28 19:31 ] [ 編集 ]
共産党は権力を監視する万年野党で良いと思うのアタシ。総じて頭が悪い上に、ブーメランが得意技の馬鹿民進には監視役は勤まらんでしょ。
馬鹿民進も、カリスマ性無し知性無し台湾人と自民ブタに完全に破壊される前に、小沢っちにごめんなさいして戻ってきてもらった方が良いんじゃね?まとめられるのは小沢っちしかいないわ。
[ 2017/04/28 20:04 ] [ 編集 ]
そうなんだよねぇ
投票権を放棄しない公務員と東証上場企業層に手厚い給与増額工作
している自民党に勝てるわけないんだよねぇ
おまけに1000万信者をかかえる創価学会公明党票も上澄みされるわけだから
戦争法反対や格差是正の掛け声だけで勝てるわけがない

自民公明民主共産相乗り候補が敗れた名古屋市長選挙が野党勝利の唯一のヒント
河村さんの詰めの垢でも煎じて飲めばいいよねぇ
[ 2017/04/28 20:13 ] [ 編集 ]
[ 2017/04/28 18:07 ]
安倍政権が共産主義に行ってるよな
共謀罪なんか中国共産党が喜びそうな法じゃん
[ 2017/04/28 20:15 ] [ 編集 ]
最終的にはぜひ、結党以来の悲願である米帝打倒を実現して
独占諸本主義の走狗であるトロツキストを殲滅して
人類の理想である社会主義体制を樹立してほしいですね!
[ 2017/04/28 20:21 ] [ 編集 ]
日本の北朝鮮化ですね。
[ 2017/04/28 20:44 ] [ 編集 ]
「大衆運動」を担ってきた人達は、かつて「労組」の組合員として集会に参加したり、「機関誌」を読んで学習したり、あるいは「学生運動」に参加して「政治批判の視点」を身に付けてきた『若い人達』
先週「末」、大阪扇町公園「戦争をさせない関西大行動」集会のあと、パレードの終点は、大阪駅近くの西梅田公園だった。
行進してきた人達の笑顔を眺めていて、私は「若い人達」が多いのを不思議に思っていた。 
「若いてすね」と思わず隣にいた労組出身のFさんに声をかけてしまった。
20代、30代の若者が多く、新鮮な感じにとらわれていたのだ。
「組合員ですからね」とFさんは「当たり前だろう」、といった表情である。
主催したのは、「戦争をさせない1000人委員会」なのだが、参加者に「日教組」の教員や「自治労」の地方公務員など、安倍首相や橋下元大阪市長らに嫌悪されている「組合員」が多かった。それと中小企業の「労働者」である。

東京での、代々木公園や日比谷野外音楽堂、国会前の集会は、「平日」の夜が多いこともあって、「労組員」よりもはるかに高齢者のほうが多い。
「怒れる老人たち」と私が密かに思う、60代後半から80代までの「昔の若者」たちである。

戦争に繋がる安倍政権の政治に抵抗する「大衆運動」を担ってきた人達は、実はかつて「労組」の組合員として集会に参加したり、「機関誌」を読んで学習、あるいは「学生運動」に参加して「政治批判の視点」を身に付けてきた。

「労働運動」と「学生運動」の停滞と断絶が現在の暴政を許してきた。
これらの運動が再構されるまで老人が担おう。
(4月18日・東京新聞・鎌田慧・ルポライター) 

「若い人達」は「シールズ」や「未来のための公共」だけでなく、沖縄米軍基地の抗議行動には医師会の20代、30代の若い医師、看護士たち組合員が、毎年参加して、フィールドワークや平和市民団体の講師を招いて現地講習会を開いている。
今は組合員が減少しているので、個人参加者を増やすにはどうしたらいいのか、絶えずアイディアを出していかないとならない。
[ 2017/04/28 20:50 ] [ 編集 ]
>ブーメランが得意技の馬鹿民進には監視役は勤まらんでしょ。

半分皮肉だけど、「自分らにも不都合だから黙っておこう」をやらないのは立派だと思うよ。
[ 2017/04/28 20:51 ] [ 編集 ]
安倍政権も共産党も同じ
安倍政権も共産党も同じだ
そもそも読売新聞の編集長だって戦争に行ってそのあと共産党員になったけど
「日本軍も日本共産党も同じだ」といって共産党やめた人もいるし
[ 2017/04/28 20:51 ] [ 編集 ]
志位発言の元ネタをみつけましたが、やはり悪意ある曲解ですよ、
以下志位発言

http://ameblo.jp/kichitaroaoki/entry-12234026475.html

>第一は、共通政策を豊かで魅力あるものにすることです。
安保法制=戦争法の廃止は「一丁目一番地」の政策として大事にしつつ、暮らしの問題、民主主義の問題、原発の問題など、国民から見て「まかせてみたい」「1票を入れよう」と思っていただけるような魅力ある共通政策のパッケージをつくっていきたい。

動画でも発言しているのですが、志位本人は共産党として安保法廃止は共産の理念として保持するのの、他党との共通政策たり得ない旨の発言をしています

朝鮮情勢が緊張状態下にある中で、与党支持者が野党共闘を阻止すべくデマを流してるってのが正しい見方かと思いますがね

ソース元はあからさまなフェイクニュースですよ、これ
[ 2017/04/28 21:18 ] [ 編集 ]
とりあえず民進はいらない。特に執行部全員。
岡田克也と長妻よ。早く民進を見限らないとシロアリどもに党を食い荒らされた挙句、君らを慕う若手と君らの支持者からも裏切り者扱いされることになるぞ。
[ 2017/04/28 22:01 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2017/04/28 22:07 ] [ 編集 ]
アメリカと一緒になって武力で威嚇して国際紛争を解決しようとする憲法違反の自民なんか絶対ないわ。
もし今後多少内輪もめしたりしてあまり良い状態でなかったとしても断固野党連合を応援するわ。
[ 2017/04/28 23:09 ] [ 編集 ]
> [ 2017/04/28 22:07 ] コンスコンさん

貴殿がそこまで民進に期待している理由が分からんのだけど、俺的には民進の狙いは次の総選挙で自公で2/3に届かなかった時の連立政権入りにしか見えないので潰れてほしいってこと。まあ執行部+前原が居なくなれば生まれ変われるだろうけど、特に野田が居座っている限りは国民の期待に添える野党には絶対に成り得ないので、それなら『要らない』ですわ。

後は今の問題が国民には左右じゃないって理解できてるかどうかだろうね。理解できないなら共産が含まれる野党共闘に票は集まらないだろうな。
[ 2017/04/29 01:27 ] [ 編集 ]
安全保障法制の廃止をして国民から「廃止や反対ばかり」とはならない
集団的自衛権は違憲だと言って99%の学者が反対だと言ったし
シールズ(学生)が反対したし
安倍政権の支持率が一番低下した時期だ
[ 2017/04/29 02:33 ] [ 編集 ]
次期総選挙で安倍政権が揺るがなければ
共産党を除く野党が自滅するだけ
共産党が野党第一党になるだろう。
そこから、底から、が立ち直るきっかけとなるか?

それとも、既に、point of point of no return を
過ぎているのか?
   
[ 2017/04/29 07:20 ] [ 編集 ]
なぜ分からんのか?
コンスコンは別に民進に期待している訳ではなく、好むと好まざるとに関わらず、
「このままだと大政翼賛政治になりますよ。それでもいいんですか?」って分かりやすく言ってくれているのに、それさえ理解できない人がいるみたい。

俺も民進は好きではないが、1人区で野党候補に民進の候補がきてしまったら、好むと好まざるとに関わらず、投票せざるを得ない。
「戦前回帰の独裁恐怖政治とどちらがいいか?」ということは考えるまでもないだろう。
[ 2017/04/29 10:17 ] [ 編集 ]
[ 2017/04/29 10:17 ] 名無し さま

フォローありがとうございます(^-^)

アタシが言いたかったのはまさに「そういうこと」です。民進党一党分野党が消滅することは、それだけ野党の弱体化と、与党の大政翼賛政治を許すこととなります。

野党として、民進党単独でどれだけ「戦力」になっているかはわかりませんが、とりあえず「存在している」ことが大勢翼賛政治の抑制につながるのかと思っています(´・Д・`)

※と、いいながらもなんか年中ゴタゴタしている民進党には少々呆れますが・・・(苦笑)
[ 2017/04/29 14:59 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム