情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します!
2013.12.10 22:41|カテゴリ:その他コメント(30)

【フリーエネルギー】世界中の政府が隠す究極フリーエネルギー!これがあれば、原発も石油も要らない!


*12月に記事の一部を更新しました。
当ブログでは今まで敢えて取り上げていませんでしたが、原発を遥かに超える効率的かつ、クリーンな発電システムはすでに完成しています。

実は当ブログでは、いわゆる原発推進派の方々が、どのような言い訳をするのか情報収集をしていました。
で、その集めた情報を分析してみると、原発推進派の方々は必ずあることを口を揃えて言っているのです。

それは・・「エネルギー問題」です。

「原発を止めると電力が無くなる」「原発の代用エネルギーはまだ無い」と推進派の方々は必ずと言っていいほど、エネルギー問題と絡めて議論してきます。

もちろん、当ブログでは前々から、日本は現時点でも火力と水力で電力は足りるということを何度も言っています。

しかしながら、火力は燃料の輸入費用がけっこうかかっており、今の政府を見ているとそれを理由にして、火力を止めて原発に切り替えそうな気配があります。(また、推進派の方々もこの部分を強調してくる傾向があります)

そこで、今回は燃料などを使用せずに発電を行う、いわゆる「フリーエネルギー」についてご紹介しようと思います。


まず最初にご紹介するフリーエネルギーは「温度差発電」という発電システム。
文字通り、温度差を利用して電気エネルギーを作り出す方法です。

以下の動画で専門家の方が分かりやすく説明してくれています。

☆【SHORT】File.002-1「温度差発電」


☆【SHORT】File.002-2「温度差発電」


↓家でも風呂場などを利用すれば発電できます。
☆Hybrid Thermoelectric Generator【Ver.3】 温度差発電


↓空気中の僅かな温度差でも発電ができます。
☆空気の温度を利用した発電



この温度差発電を可能にしているのが「ペルチェ素子」です。


☆ペルチェ素子による温度差発電
URL http://www005.upp.so-net.ne.jp/barkhorn/home19.HTM

引用:
H9.7.6
札幌旭丘高等学校 杉山剛英

ペルチェ効果とは1834年にフランスのペルチェが発見したもので、2種の導体や半導体の接点に電流を流すと電導率の違いから熱の移動が起こるという現象です。
P型とN型の半導体で作った場合、P→Nの部分では電子が流れにくいため熱を吸収して{元気になって}通過しようとし、N→Pの部分では電子が流れやすいため熱を放出して{元気をなくして}通過するため熱の移動が起こると考えられます{私の解釈です}。

言い替えれば、1本の導線中を流れる電流はどこでも同じはずですから、流れにくいところでは電子が熱をもらって馬力を上げ、流れやすいところでは電子が熱を放出して馬力を下げようとするために熱の輸送が行われるという事です。

o0319013012058949387.jpg

今回使ったペルチェ素子はP,N型半導体がそれぞれ127個直列につながったものです。P-N接合はダイオードの様に密着しているわけではありません。また、17Vの電圧をかけても、1個の素子当たり0.07V位の電圧しかかからないので障壁が発生せず、順方向・逆方向とも電流が流れると思います。
さて、自然界には逆も真なりという事が多く存在します。発電機=モーター,マイク=スピーカー,電流を流して温度差が発生するなら、温度差を与えてやれば電流を発生するのではないか{熱起電力・ゼーベック効果}と生徒に質問し、この実験です。
なお、この素子は乾電池を1個つないで両面を指で持っているとはっきり温度差がわかります。極性を反対にすれば吸熱面と発熱面が逆転します。ゼネコンを使っても大丈夫。一生懸命回しても切れることはありません。
材料‥ペルチェ素子{4cm角,最大17V,9A,最大温度差76℃,サンド イッチ状に重ねると性能UP}}1500円

CPUテープ{4cm角,熱伝導大}2枚で200円
銅板{電池用の極板,中村理科等,10枚で1700円}
ペルチェ素子とCPUテープの入手先は
〒158 東京都世田谷区瀬田5-35-6 秋月電子通商通販部{03-3251-1779}
送料は何個たのんでも600円,消費税なし,前金{現金書き留め,郵便為替}領収書必要と書けばつけてくれます。「トランジスタ技術」の後ろに広告あり
写真1{ペルチェ素子}

o0293014412058951196.png

方法
(1)ペルチェ素子にCPUテープをつけ、銅板を曲げて写真のように作れば完成。
(2)極性は気にしなくてもよい。反対の熱勾配を与えれば反対向きの起電力を発生。
(3)一方を熱湯に他方を氷水につける。太陽電池モーターがゆるゆると回り出す。

0℃,80℃につけた場合

太陽電池モーター接続時=0.3V,18mA,手で触るだけでも発電します。
発光ダイオードに光を当てると発電します。エネルギーの実験でどうぞ。こういうものは、何種類かまとめると1時間の実験になります。
PN接合とは何と偉大なものでしょう。そのうち、常温PN接合核融合炉なんてのができるかも(^^;)
写真2{発電中}
o0472025812058952572.png
:引用終了


つまり要約すると、「ペルチェ素子は温度差が1度でもあれば電気を発電することができる素材」ということです。この素晴らしい素材、「ペルチェ素子」は普通に通販サイトで買えます(笑)。


☆ペルチェ素子 通販サイト
URL http://www.n-tecmo.co.jp/custama/perutie.htm



お値段はなんと、2000円前後(゚д゚)!

意外と安いです。
原発につぎ込んだ数十兆円のうち、1%でも良いから温度差発電に使用してくれれば、相当なものが開発できると思います。


温度差発電以外にもフリーエネルギーは数多く実在しています。

以下、フリーエネルギーをまとめて紹介します。


☆無風でも回り、発電する風車


☆フリーエネルギーモーター


☆燃える水


☆無反動推進?反重力?『スラストジェネレーターUSNFM-500』


☆水からエネルギーを取り出す技術 Water Fuel Cell Voltrolysis Replication No.5
URL http://ameblo.jp/ghostripon/entry-10350465759.html

引用:
調節時間はかなり長かったです。 表面はクロム酸化物と共にニッケル酸化物の層をうまく形成し、そして、316Lの場合では、SS合金に@2%のモリブデンが含まれていますが、誘電体としてクロム酸化物が作用することはあり得るかもしれません。ニッケルは、空気や酸性物質により不動態化され、亜鉛メッキされたような状態になります。

[不動態:金属の表面に酸化した被膜(薄膜)ができ、内部を酸による腐食や、酸化などから保護する状態のこと。

非常に酸化力の強い酸に曝された金属の表面にも不動態ができる場合がある。ステンレス鋼は、特に極薄の不動態皮膜によって耐食性が安定に維持される。

酸化剤、例えば硝酸などによるステンレス鋼(12%以上のCrを含有する316L)の不動態化現象は、酸化剤の作用(電子を吸い取る)で、目に見えない透明な厚み1~3nm の水和オキシ水酸化クロム(他の元素の濃縮はない)が合金表面上に形成される現象である。

したがって、酸化力のない環境では不動態皮膜は生成されない。] 用例:電解ニッケルメッキが必要な場合、メッキ行程前またはメッキされていた場合は、一皮剥くかメッキを剥がし表層を復活させる必要があります。

~~省略~~

o0400049412058978314.jpg
o0800038912058978313.jpg
:引用終了
*元記事はかなり長文で、発電システムの原理や構造などが色々と載っています。


このように、水や大気などから電気エネルギーを取り出す技術は無数にあるのです。
後は、原発を広げた時と同じように、政府が人材と予算をしっかりと送れば、世界中で上記のような、クリーンな発電システムが使用できるようになります!
そうなれば、世界の火種のひとつである、エネルギー問題は解決され、今より争いも少ない世界になることでしょう。

もちろん、そのようなことを望まない勢力もいます。日本では原子力団体が有名ですが、世界では石油企業連合体、軍需産業複合体など、巨大な富と権力を保有している団体が、これらのフリーエネルギーを潰そうとしています。


☆フリーエネルギーを公表すると殺される。!!!
URL http://www.asyura.com/07/bd51/msg/421.html 

引用:

フリーエネルギーを公表すると殺される。!!!
水が燃える。! 水で自動車が走る。! 水で電気が起こせる。!

 そんな夢のような事が、実際にあるのだろうか。ある。それをフリーエネルギーという。しかし、それを発案し、実験し、公表すれば殺される。それは、今、エネルギーを支配し、コントロールしている一部の人々には、死活問題だからである。支配という優位性が一夜にして崩れるからである。

 そもそも、エネルギーとは宇宙に偏在し、元々有りて在るものである。人間はそれを利用・活用しているにすぎない。そして、それらは全ての人々に公平に分配されるべきモノでありながら、一部に独占されている。あるいはその活用権を争い、境界を定め獲得競争に明け暮れている。それは、ありもしない限度を設け、価格操作をし、富の集中を謀っている。
 良く考えてみて欲しい。古来、枯渇してしまった資源があったであろうか。掘り尽くされ、枯渇した油井があったであろうか。掘り尽くされた炭坑があったであろうか。実は、ない。! あるのは、競争に敗れて、廃坑、廃油井とされたにすぎない。太陽は、人間の時を越えて輝き続けているし、空気は、頬を撫でつけるのを止めない。水はめぐり巡っている。増えもしないし、減りもしない。只、遍在が生ずるのみ。
 エネルギーは、物理学で云うところの、強い相互作用、電磁相互作用、弱い相互作用、重力相互作用で、今も昔も変わらない。
 いわゆる、エネルギーというのは、その中からの抽出乃至は応用で、利便に供するモノをそう呼んでいるにすぎない。全ては、与えられたモノ、備わったモノである。そうではないだろうか。誰が、これは僕のモノ、私のモノと言えるモノがあるか。云うならば、見出したモノである。創造したわけではない。

 ここに独占できないエネルギーを、見出した人々がいる。このエネルギーをフリーエネルギーという。石炭、石油、原子力ならば独占も出来よう。しかし、蔓延する水ならば独占することは出来ない。しかも、僅かな量で、簡単に、莫大なクリーンエネルギーを引き出し得るならば、なおのことである。しかし、不幸にも抹殺された。

 <「水で走るエンジン発明者は抹殺せよ。」
 ガソリンの代わりに水を使って走る車ができたら・・・・という夢のような話に取り組んだ男の物語です。
昔アメリカはオハイオ州の片田舎に スタンリーとスティーブンという名前の双子の兄弟がいました。
2人はいつも仲が良く 物を作り出すのが好きで おもちゃも自分達で作り出していました。
高校を卒業してから オハイオ州立大学に時々通っているのが見られましたが、卒業はしませんでした。 
やがて1970年代に入ると第一次オイルショックが世界中を襲い、ガソリン代が高騰し そのうえガソリンが品切れになるという事態がおきました。
それに刺激されたのか 1975年、齢30歳にしてスタンリーがあることに興味を持ち 研究に没頭しはじめました。
それは ガソリンの代わりに水で動くエンジンの研究と制作でした。
そして使える水は 水道水、雨水、川の水、冬ならば雪、海の近くだったら海水と どんな種類の水でもOKという 夢のようなエンジンです。
この研究は一部の人の興味を引いたようで ある時スタンリーはスティーブンに電話で”800億ドルで研究を売って欲しい”という申し出があった と報告しました。
でも研究は完成していなかったので そのオファーは断って研究を続行しました。
やがて 彼の研究に2人のベルギー人億万長者が興味を持ち 資金を提供してくれたので 研究は順調に進みました。
1998年の3月20日にスタンリーとスティーブンと2人のベルギー人の4人で 製品の完成にまでこぎつけたので それを祝ってクランベリージュースの入ったグラスで乾杯をしました。
スタンリーがジュースを飲むやいなや 喉をかきむしり 激しい嘔吐にみまわれました。
建物の外で スティーブンに抱えられたスタンリーは”やつらに毒を盛られたよ。”を臨終の言葉にして57歳の生涯を終えました。
彼の死を調査したコロンバス市警察署は 死因を病死と発表しました。>
http://www.dispatch.com/dispatch/content/local_news/stories/extras/0707/hydro.html (このサイトの Videoのリンクから、Down Lordしてご覧下さい。)
【死亡広告】水で走る車の発明者Stan Meyerはやはり殺された。下は死亡通知。
<Notice of Death of Stanley Meyer
While doing a search in DejaNews, I had seen a brief mention of this from the alt.conspiracy forum. However, based on past experience with such statements and the fact that it was a conspiracy forum, I chose not to act on it. Later, a couple of emails repeated the claim. Finally, Gene Mallove chose to call to see if there was any truth to the report. Here is his email.
From: E.F. Mallove
Subject: Meyer IS dead
Date: Sunday, March 29, 1998 10:38 AM
Vortexians:
I just called the funeral home listed in the announcement of Meyer's death. I used directory information to get the number.
The gentleman there at Evans Funeral Home confirms that Meyer had indeed died and that there was a service there. I hope this ends speculation about the reality of Meyer's death.
Gene Mallove
Dr. Eugene F. Mallove, Editor- in-Chief
Infinite Energy Magazine
Cold Fusion Technology, Inc.
PO Box 2816
Concord, NH 03302
Phone: 603-228-4516
Fax: 603-224-5975
http://www.infinite-energy.com>

<究極の燃料 水が燃える。 HHO GAS WATER POWER
水で自動車が走る時代がすぐにやってくる!これは本当ですよ。
WATER POWER 開発成功情報によって8月上旬より急落を始めた原油価格>
http://video.google.com/videoplay?docid=6551972044259706451&; amp; amp; amp; amp; amp; amp; hl=en
その他のフリーエネルギーサイト
http://www.waterpoweredcar.com/nz.html
 <スタンリー・マイヤーの車は勿論のこと ニコラ・テスラが1900年代初頭に作った車も紹介している。水に何かを混ぜて それをガソリンの代わりに使って既存のエンジンを走らせることに成功したという人物がニュージーランドとオーストラリアにいる。その人達のことも 取り上げている。
 この人達は エンジンを作るのでなくて 水の新しい性質を利用しようとしているように思う。オーストラリアの方の風船を使った映像は、電気処理をした水を風船の中に入れて、それを燃やす実験をしている。映像では確かに燃えていますが、にわかには信じられない映像だ。>

 水は、酸素と水素の結合だ。触媒で分解すれば、即クリーンエネルギーだ。しかも無尽蔵の資源で、又、水が出来る。減らない。汚さない。石油メジャーが聞いたら、その場で卒倒しそうなモノである。だから、抹殺され、隠される。
 しかし、隠しても隠しても顕れる。それは、エネルギーは枯渇するというマインドコントロールから、目覚めた時、必ず顕れる。それが人間の叡智というモノである。
それには条件がある。独占という迷いから、人々が解放される必要がある。
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2007/11/post_f08d.html
:引用終了


すでに皆さん御存知の通り、マスコミはお金をくれる人の言うことしか聞きません。
ですので、私達1人ひとりが学び、そして、広めなければいけないと思います。


スライヴ THRIVE 【日本公式盤】 [DVD]


フリーエネルギー、UFO、第3起電力で世界は大激変する 永久機関の原理がすでに見つかっていた(超☆わくわく)


ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙


原子力も石油も必要なかった 宇宙エネルギーがここに隠されていた 昆虫学者が解明した天然自然の代替エネルギーの謎 (超知ライブラリー)


超不都合な科学的真実 もうからない重要な発見はすべて潰される! (5次元文庫)


ニコラ・テスラの地震兵器と超能力エネルギー―人類が知らない重力(スカラー)波の存在を探る


関連記事



情報速報ドットコムは新サイト(http://johosokuhou.com/)に移転するので、改めてブックマークやお気に入り登録をよろしくお願い致します! ブログパーツ
もう売られている
すでにブラジルで販売されたそうですよ。以下参照URL

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51881618.html

あとケッシュ財団もヨーロッパで予約販売してますよ。
[ 2013/05/07 14:42 ] [ 編集 ]
知ることって大事ですね
知らなければこのまま不便さや理不尽な毒入りの薬品や食べ物を食べ、人として普通に健康に生きることもままならなくなる。今や限界です水も空気も。アメリカでもディスクロージャーあったみたいですが、全員が知ることがパワーになると思います。こちらで様々な情報を教えて頂けるので本当にありがたい。感謝しています。
[ 2013/05/07 15:27 ] [ 編集 ]
これは無料で技術提供したケッシュ財団の技術と同じですか?
凄いです!今は6WでLED電球がつくからすぐですね。米映画トータルリコールで星の支配者が酸素を独占して供給を止めて民が窒息しそうだったが、今の時代の水を商品にする考えと似てます。あの映画は警告だったのか!?
[ 2013/05/07 18:18 ] [ 編集 ]
ガイアックス復活希望
10年前に発売されていた、アルコール燃料Γガイアックス」も政治的圧力により排除されてしまいました。
ガソリンよりも二酸化炭素排出が少ない、オクタン価はハイオクガソリン並、値段はレギュラーガソリンよりも安い、良いことずくめでしたが、良く思わない輩は、金属を侵す(公的機関で証明付き)・火災を起こした車がある(たまたまあっただけ)という難癖を付けて、当時の議員立法でアルコール燃料は排除されてしまいました。
[ 2013/05/07 18:49 ] [ 編集 ]
以前
海の波を利用して発電するシステムを、以前テレビで見ました。海に囲まれている日本ならではの発電で、全国の家庭の電気は賄えると…。

原発は、そもそもゴミの問題が解決していないのに、推進って無責任すぎる。今いる子供達が、何十年後に原発作業員として働くかもしれない…。危険なゴミを未来に押し付けては、絶対にならない。
[ 2013/05/07 20:53 ] [ 編集 ]
徴兵原発廃炉作業
次回選挙で自民党圧勝、改憲は八百長みたいに決まっていることでしょう。
近いうちに徴兵制にもなるでしょう。

ところで国内に50基以上もの原発や高レベル廃棄物処分施設がありますが、
被爆線量を考えると、作業員の数はどうしても今後減少せざるを得ないでしょう。
つまり作業する者がいなくなってきます。もっともまともに被爆管理をやって
いるならの話ですが。

54基もの原発もいづれ廃炉になります。放っておくわけにいきません。
自民党政権は新規原発建設も目論んでいることでしょうから作業原発は
もっと増えるでしょう。

なぜか人気の高い現政権を支持している方々、誰が作業やるんですか?

[ 2013/05/08 17:35 ] [ 編集 ]
温度差による発電なら沖縄で最近プラントができています。
まだあくまで実験段階みたいですが。
水をというのは燃料電池のことではないでしょうか?
ただし、使うのは水素なので取り扱いに危険があるため進みにくいのでは?
波力発電、風力発電、地熱発電などは建設するのはよいですがけんせつのわりにエネルギーが得られにくい・安定性にかけるなどの問題が解決できにくいのと災害時の観点からすればやはり二の足を踏むのでは?
雷などを利用しようとまじめに研究されている学者も世界には結構いますよ!
電気を流して問題なのは抵抗です。熱が発生するのは抵抗があるからです。モーターなどで熱を帯びるのはモーターの回転もによる摩擦もありますが電気抵抗による発熱もあります。
超伝導の研究はいかに抵抗を無くし電気のロスをなくすかという点にあります。
テスラが実用させたかったものはテスラコイルではなかったかのような記憶がありますし。いまだ実用化されていないはずです。
[ 2013/08/01 11:48 ] [ 編集 ]
無風で回る!?
動画見たら無風でなく〝軽諷〟で回ってますな。
ビューフォート風力階級 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E9%A2%A8%E5%8A%9B%E9%9A%8E%E7%B4%9A
抗力型微風力発電
“360°微風をとらえろ”…ハイブリッド風力発電機「F.W.P.S.」|フタキの実力:事例紹介|フタキ鉄工
http://www.futakitekkou.com/case/case_05.html
抗力+揚力ハイブリッド
そよ風でも発電する小型風車を開発 - インタビュー - 環境goo
http://eco.goo.ne.jp/business/csr/ecologue/wave39.html
長野県内でもこれをやれば電力自給率100%も夢じゃない!?
オクラホマの町中に縦型風力発電機。そよ風でも大丈夫(タイナビニュース) - エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/science/20120824/Leafhide_eco_news_avX58f6rt8.html
[ 2013/08/10 16:27 ] [ 編集 ]
空中から無尽蔵の電力を得る技術があるのに!
ベルギーのKeshe財団は空中から特殊アンテナで無尽蔵の電力を得る技術を開発した。彼らはそれを世界中の政府に無償で供与した。露、中、独、仏、豪、加、ウクライナ、ベラルーシが無償で入手して実用化を決めた。米英日はイルミナティの反対で封印・死蔵している。許せない犯罪だ。
日本では野田内閣が無償で入手したが、米オバマ政権に伺いを立てたら反対されたので、封印・死蔵して、安倍内閣が継承している。売国反逆罪だ。
日本人はそれを容認するのか。
[ 2014/01/19 04:06 ] [ 編集 ]
原発をやめられないのは ただ 天下り先など 官僚との癒着と廃炉にかかる費用が莫大になるのが わかっているから面倒くさいだけなのでは・・・
最終処分場も決められないのですから もし原発廃止になったとしても 何十年かかるのかな
廃炉にするから 消費税上げますとか 始まるんだろうな
[ 2014/01/19 04:48 ] [ 編集 ]
一番まずいのは
原発立地地域では、地元経済のエンジンになってしまったこと!止めると経済が成り立たなくなってしまうのが致命的…
だからこそ、無理してでも再稼働要望などと言う事態になる。
そもそも、過疎地域に誘致した狙いは被害規模を小さくするのと、地域経済を人質に出来るからだろう。
真に安全ならば、横浜八景島辺りに作れ。要塞みたいな原発になっただろう…
[ 2014/01/19 06:21 ] [ 編集 ]
第三のエネルギー革命が無いのは
化石燃料派と原子力派の対立を煽り
そこに付け入り世界の支配を企む黒幕の陰謀
[ 2014/05/11 20:28 ] [ 編集 ]
>>第三のエネルギー革命が無いのは
>>化石燃料派と原子力派の対立を煽り
>>そこに付け入り世界の支配を企む黒幕の陰謀

アフォかいな。
そんなにいいエネルギーがあるなら、とっくの昔にオイルメジャーが飛びついて研究してるよ。あいつらは石油よりお金がすきなんだからな。

石油が掘りにくくなってくるのは50年も前から、企業の連中は知ってるんだ。自分の商売の先が見えてるのに、石油を使い続けているのは「いまのところ化石燃料以外にまともなエネルギーがない」んだよ。
[ 2014/07/04 14:04 ] [ 編集 ]
うーん・・・
現在、3Dプリンタが普及しはじめています。
その併用で自分の設計データ(3D・2D)を販売する事が出来ます。
従って、従来の巨大組織が個人の発明を潰す事は不可能になりました。

なぜなら、メール・ホームページ・データ販売等を阻止出来る手段が存在しないからです。
Torrentやedkのようなサーバを必要としないP2P。
通信全てを暗号化するSSL。外部から通信を見る事すら出来ないVPN。
はっきり言えば公開方法は無数にあり、その全てを遮断する事は不可能なのです。
現在では携帯電話ですら、数メガバイトのデータ受信が可能なのですから。

ですから、まだフリーエネルギーが公開されていないという事は、全て嘘だという事です。
現在そのような物は存在しないと考えて良いでしょう。
[ 2014/07/22 00:00 ] [ 編集 ]
あと数年で ガソリン=水素。
バイクなんかも 既に走ってるし、スタンドも国内30箇所くらい有るとか…。
bat...新車だと 400万くらいから らしいです。
結構前に ニュースで流れてました(・ω・)ノ。
[ 2014/07/22 00:18 ] [ 編集 ]
夢を託すことは良いことですが。。。
まだまだ現実的ではなく使い物にはなりません。
なにせ容量が全く追いついていない。

かろうじて水の方が利用価値としては大きいですが、
爆破に堪えるリスク管理が必要となります。
だからいまだに大きく普及出来ないわけです。
[ 2014/07/22 00:47 ] [ 編集 ]
なんでも コストが莫大にかかるとも言っていました。
( ̄◇ ̄;)バイクは乗り回したら トントンくらい?(笑)15分の充電で 大丈夫らしい。。。
バイクそのものの形が ちょっとウケましたが、長〜い目でみればお得なんですよね…。

bat...汚染まみれだから 先長くないか。。。
[ 2014/07/22 19:21 ] [ 編集 ]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140807-00050005-yom-bus_all
こんなに お金かけられる訳ないじゃない。。。
庶民舐め過ぎっ( ̄(工) ̄)。
[ 2014/08/07 20:14 ] [ 編集 ]
原発のコスト
知り合いで、フリエネみたいなの作っちゃった人とよくはなすんだけど、
原発を廃炉にしたり使用済み燃料を処理するコストいれたら、
作るだけ赤字なんだよね。それを国民が負担するとか。。

火力のほうがまだましですよ。
[ 2015/05/20 14:28 ] [ 編集 ]
水を触媒で分解すれば無限にエネルギーが得れるというが、その分解にエネルギーがかかるはずだから差し引きゼロなのでは?
またあらゆるフリーエネルギーを取り出す設備、維持にかかるエネルギーを補うほどのエネルギーを生み出せるのか?
あまりにも適当すぎる記事だと思う。
陳腐な陰謀論に陳腐な理論
もっと勉強した方がいいですよ。
[ 2015/06/17 17:02 ] [ 編集 ]
フリーエネルギーは絶対に存在する。
なぜなら地球は回り、火山活動は何万年前から続いている。
空を見上げれば太陽が燃えている。
[ 2016/03/18 10:28 ] [ 編集 ]
何か怪しいなあ。トンデモ科学じゃないの?
[ 2016/04/24 06:26 ] [ 編集 ]
日本が原発を止めようとしないのは亀山社中、海援隊の時代より政治を操り徳川幕府を倒して大日本帝国を作り戦争で大儲けしてきた空飛ぶ棺桶=ゼロ戦を作り、国民を食い物にしてきた安倍自民のバックの政商が原爆も作って儲けたいというのもあると見ています。

危険なものほど政府の許認可利権で儲かりますから・・・。

三菱財閥グループについて知っておきたいこと【創始者:岩崎彌太郎】【坂本龍馬との関係】【成蹊大学】http://matome.naver.jp/odai/2135801026571541901
[ 2016/05/24 22:46 ] [ 編集 ]
他のフリーエネルギー
酸化鉄太陽発電も検索
従来の太陽発電より効率が100倍から1000倍
材料も大量生産できる

なのに全然話題になってない…
[ 2016/06/07 23:58 ] [ 編集 ]
50年前に携帯電話の話をしても信用する人は皆無でしょう

50年後
またそれ以降に実用化して

それが当り前の世の中になるでしょう


今は信じられないのが常識的な人間でしょうねw
[ 2016/07/12 16:31 ] [ 編集 ]
水自動車
水で動く自動車エンジンは、日本でも特許が取られたことが書いてなかったのは何でだろ? 最初に水素で火をつける必要こそあれ、これは今どこに隠されたのか? といっても特許取得済みだからね。隠してもムダとは思うけれど、その特許自体を削除されたかも。調べてないのでここまで。
[ 2016/08/22 12:19 ] [ 編集 ]
錘でエネルギーを
重力によるエコエネルギー装置を考案し特許出願したが、実証機が作れないで困っている。
この装置は設計規模の16倍の出力が期待できる。それは、錘の移動距離が2倍なら出力も2倍、それに錘の大きさも2倍にできて重さが8倍となり、合わせて16倍というわけだ。逆に半分なら16分の1になる。つまり、ちょっと試しにと言ったことが不可能なのだ。
錘を使った考案は数多くあり、すべてが失敗したとされている。よって、だれも真剣に取り合ってくれない。みんな一様に発する言葉が「永久機関だからだめ」というものだ。重力を投入するので永久機関ではないのに。
私はすべての負の要素を克服したつもりだ。
 特許出願公開 2016-160771
 ブログ    http://nakaei.at.webry.info/201503/article_2.html
[ 2016/12/23 08:54 ] [ 編集 ]
無限エネルギー
あと、12〜14年耐えよう!
[ 2017/05/31 19:56 ] [ 編集 ]
そもそも生命とは何ぞや、くらいのことも解明できていない。
植物、動物、人間含め生物は生き続けている。
これを永遠に近いエネルギーといってもよいと思う。
さらに、宇宙規模でいえば、何故宇宙が存在するのかと
考えれば、当然であるが答えはとっくに出ている。
なのに否定する奴らは(特に物理学者に多い)明らかに馬鹿か、
洗脳されているか、何者かに強制されていると思うしかない。
ひょっとして将来、AIがこれを解いたりして(怖いけど)
[ 2017/12/09 03:02 ] [ 編集 ]
フリーエネルギーは単なるあたりまえ
2016/03/18 10:28 に投稿された方に共感します。
そう、地球は回っているのです。
ビッグバーン理論(これこそ疑わしい)が例え正しいとしても
それを引き起こしたのは何なのか、いまだに判らないですね。
2017/12/09 03:02 の方が仰っているように、
まだまだ、理屈では解決できないことだらけなのです。
それを認めてから、行動を起こすことが重要であって、
本当に理解もできていないような教科書を
信じてはいけないと私は思います。


[ 2017/12/09 03:19 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク