情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.04.28 21:00|カテゴリ:地震情報コメント(5)

2017年版の全国地震動予測地図が公開される!太平洋側で発生確率が上昇、南海トラフなどの懸念


s_ice_screenshot_20170428-025515.jpeg


地震調査委員会が今後30年間の地震発生確率をまとめた「全国地震予測地図」の2017年版を公開しました。公開された地図を見てみると、関東地方から四国地方の太平洋側で発生確率が昨年よりも上昇しており、南海トラフ巨大地震や首都直下型地震への懸念が強く示された数値になっています。

東海地方の静岡市で69%、四国地方の高知市で74%と高く、首都圏も横浜市の81%を筆頭に高い数字が並んでいました。あくまでも30年間の発生確率なので断定は難しいですが、地震の可能性が高い場所だけは覚えておいた方が良いです。


今後30年の大地震確率 太平洋側で1%ずつ上昇
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170427-00000031-ann-soci

今後30年の間に大きな地震が起きる確率などをまとめた「全国地震動予測地図」の2017年版が発表されました。大きな被害が予想される「南海トラフ地震」が発生していないことから、太平洋沿岸などで去年に比べて確率が1ポイント程度、上昇しています。



地震調査委員会関係報告書
http://www.jishin.go.jp/reports/research_report/

s_ice_screenshot_20170428-025324.jpeg
s_ice_screenshot_20170428-025345.jpeg
s_ice_screenshot_20170428-025412.jpeg
s_ice_screenshot_20170428-025434.jpeg

気象庁プレート地図
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/whitep/2-1.html

worldprkkopiioooooo.png
platejpjjiauauoiauioauiouo.png







アイリスオーヤマ 防災グッズ 家具転倒防止伸縮棒 M 高さ40-60cm ホワイト KTB-40 2本入


熊本地震2016の記憶


サンワサプライ 耐震ストッパー QL-78
関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
政府の地震調査委員会が大地震の予測をし、注意を喚起する一方で、その同じ政府が原発を推進する
という大いなる矛盾が解消される日はいつになったら来るのでしょうね。
[ 2017/04/28 21:09 ] [ 編集 ]
ほとんどあてにならないと思う。
[ 2017/04/28 21:47 ] [ 編集 ]
この確率分布は・・・
一番濃い色の地域以外は比較的安心
一番濃い色の地域は分からん(責任取りたくない)から気をつけてねということかな
0%を外してるから全域信用できないけれど
[ 2017/04/28 21:57 ] [ 編集 ]
地図本体編だけで295ページもある膨大な、専門的確立論に基づく、予想である。
パッと見をし、色の薄いところは安心である。。これは危険な見方になりますね。
どこのページも日本海側が薄い予想。。
日本海側も含め、内陸と海の活断層による強い震度の地震が多発してきたことが
反映されてない。
本体を読む前の76ページにもわたる手引・解説書もあり、一般人には読むのも
大変な労力である。
千葉市85%、東京都庁47%、横浜市81%。。なぜ近いのに47になるの??
[ 2017/04/29 05:35 ] [ 編集 ]
東海地震はどこへ逝ってしまったのだろう?
[ 2017/04/29 08:52 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク