情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.04.30 17:00|カテゴリ:政治経済コメント(25)

安保法新任務、初の米艦防護を実施へ!海上自衛隊が米海軍の補給艦を護衛!襲撃時は武器使用も


s_ice_screenshot_20170430-135437.jpeg

5月1日から安全保障関連法案を適応して、初めて自衛隊が平時からアメリカ軍の艦船を護衛することになりました。

報道記事によると、海上自衛隊の護衛艦が関東地方の房総沖から四国沖までアメリカ海軍の補給艦を護衛するとのことです。米艦防護は安保法案に含まれている新任務で、自衛隊がアメリカ軍を護衛することが目的。

仮に護衛中のアメリカ軍が襲撃された場合、自衛隊は必要最小限の範囲での武器使用が可能になります。自衛隊がアメリカ軍の戦闘に巻き込まれるとの懸念もあり、国外の紛争地域だとリスクが高い護衛任務だと言えるでしょう。


初の米艦防護実施へ=海自護衛艦、5月1日に出港-安保法新任務、房総~四国沖
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017043000290&g=pol

 安全保障関連法に基づき、自衛隊が平時から米軍の艦船を守る米艦防護が、5月1日にも初めて実施されることが分かった。政府関係者が30日、明らかにした。稲田朋美防衛相の命令を受け、海上自衛隊の護衛艦が米海軍の補給艦を守りながら、房総沖から四国沖まで航行する。







関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
安倍政権は北朝鮮に日本を攻撃する口実を与えることに成功しました。
[ 2017/04/30 17:07 ] [ 編集 ]
安倍と稲田2人でタイタニックの名シーンやってくれよ
[ 2017/04/30 17:48 ] [ 編集 ]
房総沖から四国沖まで護衛するとの事ですが、、
太平洋側近海にどんな脅威があるのでしょうか??
近海フェリーや漁船、貨物船等々が、ばんばん航行してるのですが
危険な海域なのでしょうか?
まあ、既成事実を作るために無理矢理の護衛任務なんでしょうか。
こう言うやり方は嫌ですね。

スレ違いですが。
 ナウキャストが誤データとか言ってますが、打撃群や日韓イージスが
 いるあたりなので、その影響が可能性大です。付近船舶や住民の
 健康被害が心配です。
[ 2017/04/30 17:51 ] [ 編集 ]
敵国から見たら護衛なのか、いっしょに戦う仲間なのか判別できないって専門家が言ってた。
よかったね安倍、自衛隊を戦争に巻き込んで。
でも自衛隊になんかあったらあんたと稲田を絶対許さないからね
[ 2017/04/30 18:13 ] [ 編集 ]
???「地獄の底まで悪魔(アメリカ)と相乗りしてくれ日本」
[ 2017/04/30 18:18 ] [ 編集 ]
北朝鮮様様の安倍
仲良く喧嘩しな。
[ 2017/04/30 18:26 ] [ 編集 ]
USAを悪魔というあなたはいったい何者ですか?
[ 2017/04/30 18:28 ] [ 編集 ]
アメリカは、非常時には日本の軍事力を好きに使えるからな~
理由?日米安保&密約&自衛隊で調べたら?
[ 2017/04/30 18:41 ] [ 編集 ]
永田町用語 → 護衛

真相 → 戦争参加

安倍がヨーロッパに行ったのは、この事を突っ込まれない為か…。
[ 2017/04/30 19:57 ] [ 編集 ]
1828さん。 だってアメリカの戦争屋は、アメリカ以外のシリアや極東、アフガニスタンで難癖つけてはとんでもない爆弾落としたり、無理矢理サード買わせたり、やりたい放題じゃん。戦争屋は日本人が血の涙でつかんだ9条を壊したがってる。自分らの武器商売をもっともっと広げたいから。
傷つき、死んでいく国民達などどうでもいいんだよね、安倍は戦争屋から見返りがほしいだけだし。
戦争という商売をしまくりのアメリカは悪魔でしょう、違う?
[ 2017/04/30 20:23 ] [ 編集 ]
憲法違反
トランプが「無敵艦隊を差し向けた」と声明を出した途端、カールビンソン打撃群は北朝鮮を威嚇し始めたと認められる。
 その群に我が護衛艦が合流したとなれば、まさに一体となって威嚇したものと認めざるを得ない(北朝鮮の挑発があるなしに関わらない・・・条文参照)。
 これは、憲法第9条が禁じた「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」に抵触しているのである。

参考
日本国憲法9-1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

これを問題視しない風潮こそが問題である。

「あらゆる選択肢がテーブル上にある」などと嘯いているでんでんが「ただし、武力による威嚇又は武力の行使を除いて」と言えれば、もう少し国際社会で評価を上げられたに違いない。残念だ。
[ 2017/04/30 20:47 ] [ 編集 ]
米艦護衛とは文字通り米艦護衛であって、日本の安全保障とは関係が無い。

当面はそれも関係がありそうな事態を利用して、巧妙に一体化した積りなの

だろう。

NHKも明確に言っていた。「新たな任務だ」と。

いつの間にか、インド洋だろうが中東だろうが、米艦の行くところ自衛隊ありの
桃太郎と猿の関係になるだろう。

安倍の強行した安保法制による戦死者が出るのも近そうだ。



[ 2017/04/30 21:02 ] [ 編集 ]
戦争まっしぐら。
なんで日本国民はこんな政権選んだんだよ!
[ 2017/05/01 00:11 ] [ 編集 ]
日本人に説教もエエが訓練しかも日本の領海内ね。訓練が憲法違反なら様々な日米訓練は憲法違反かな(爆) 
[ 2017/05/01 03:39 ] [ 編集 ]
て言うか、その都度その都度捻り出すゴジツケいいががりの類いでしようなあ。自衛隊が憲法違反と言うならまだ可愛いが⬅それを言えば国民ウケしない(一般国民の笑い声)反日サヨクの劣化現象がここまで酷いと逆に憐れですなあ。
[ 2017/05/01 03:48 ] [ 編集 ]
その行動が本当に必要な場所なのか?
その行為を状態化させて感覚を麻痺させるのが狙いじゃないのか?
[ 2017/05/01 07:13 ] [ 編集 ]
⬆また憑いてる憑いてる君登場かい
[ 2017/05/01 07:28 ] [ 編集 ]
ついに日本の領海内訓練までイチャモンとは劣化自称サヨクも困ったもんだ。え・日本領海を離れ北朝鮮海域沿岸で訓練しろってことでしたか了解。

それなら最初から素直に棍棒外交をしろと書け。
[ 2017/05/01 07:37 ] [ 編集 ]
ホント私日本人でよかったわポコチンニダニダ
[ 2017/05/01 07:52 ] [ 編集 ]
最近、正義のHEROポコチンニダ―マンや売ライダーがお里を隠さなくなって逆に良かったかも。夜道と怪しい特殊な団体組織人には気をつけましょう。
[ 2017/05/01 08:10 ] [ 編集 ]
安倍政権は基地朝鮮に日本攻撃の口実を与えることに成功した(爆)





エエことやん。



迎撃システムが本当に有効か判断できるな、イージスシステムなんて相手が撃つてナンボ。





当然本チャンBLが底をついて戦えない状態になる可能性もあるだろうよ。









訓練レベルが挑発行為になるならめでたいだろう。
[ 2017/05/01 12:23 ] [ 編集 ]
昔勤めていた職場に自衛隊上がりの兄ちゃんがいたが、米国の悪口が口癖の私と全くそりが合わなかった。米国に対する「信仰」があって、広瀬隆氏の本などおそらく一度も読んだ事が無いのだろうなあ。購読紙も読売か産経。英字新聞など読めないんだろうな。特にスプートニクやロシア•トゥデイなど絶対見た事もないと思う。一生米国を信じて死んで行くんだろうなあ。
[ 2017/05/01 12:51 ] [ 編集 ]
⬆あんたタブロイド専門なのね
[ 2017/05/01 12:53 ] [ 編集 ]
ついでに文春砲も加えてやりなよ。お隣さんの人民や系列環境を読んでみろ、国産空母のよいところと西側に劣るところをキチンと報じるようになったな(爆)アンタラのは日本の安全保障ネタは好き嫌いが判断基準じゃねかどう対応するくらい書け。








[ 2017/05/01 13:10 ] [ 編集 ]
とにかく自国を核保有国それ以上の核兵器国にするため必死なんでしょうな。
[ 2017/05/01 13:24 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム