情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.02 21:00|カテゴリ:噴火関連情報コメント(5)

【活発】西之島の噴火、溶岩流が海に到達!マグマ上昇が止まらず!?大規模な噴火が発生する恐れ


s_ice_screenshot_20170502-144413.jpeg

4月20日に1年半ぶりの噴火を観測した東京都・小笠原諸島の西之島ですが、遂に溶岩流が海まで到達しました。
海上保安庁によると、西之島の火口内に新たな火砕丘(新火砕丘)が形成され、今も現在進行形で爆発的な噴火が観測されているとのことです。

この噴火によって発生した溶岩(マグマ)は山の北側⼭腹と麓から流出し、島の南⻄岸で海に到達しました。
マグマの上昇が止まらない可能性も浮上しており、新島を生み出した2013年の大噴火よりも規模の大きな噴火が発生する恐れがあると言えるでしょう。
西之島周囲では航空機や船舶の通行が制限されている状態で、今後も活動に注意が必要です。


⻄之島の噴火について 〜溶岩流が2ヶ所で海に到達〜
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KIKAKU/press/2017/20170428-1.pdf

s_ice_screenshot_20170502-144337.jpeg
s_ice_screenshot_20170502-144343.jpeg
s_ice_screenshot_20170502-144351.jpeg
s_ice_screenshot_20170502-144356.jpeg

西之島 溶岩流が海に到達!「マグマ上昇で激しい噴火のおそれ」海保
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20017.html

 西之島は4月20日、約1年5カ月ぶりに噴火が観測された。27日午後1時58分から同2時35分にかけて、上空から観測した海上保安庁によると、火口内に新たな火砕丘が形成され、断続的にストロンボリ式噴火が発生。
 山の北側斜面から流出した溶岩は、島の西と南西の海岸に到達し、落下した海面からはさかんに水蒸気が発生していた。



西之島2017年噴火による溶岩流の分布と推定される噴出率(続報)
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/2017/04/21/2013

s_ice_screenshot_20170502-144129.jpeg
s_ice_screenshot_20170502-144146.jpeg
















関連過去記事

小笠原諸島の西之島、噴火でマグマの噴出を確認!島の大きさは12倍以上に!過去の噴火では大地震も
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16448.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
西之島は1万年後妖怪になったりして
西之島はこのまま大きくなり続けたら1万年後妖怪人食い島になったりして
[ 2017/05/02 21:17 ] [ 編集 ]
フジニホン
なぜ富士山に大きな動きがないのであろう
[ 2017/05/02 22:21 ] [ 編集 ]
鳥が営巣し始めた場所は大丈夫なの?
[ 2017/05/03 05:21 ] [ 編集 ]
鳥が営巣しているのは、旧島部分。噴火前から営巣していた部分の、最後のひとかけら。
西の海岸線まで流れ出た溶岩流の、すぐ北側の白っぽい部分。
その北側にも溶岩流が分岐して迫っているので、このまま溶岩の流出が続けば十中八九埋まる(あるいは、もう既に埋没している)
鳥さんには悪いけど、完璧に生態系がリセットされた後の経過が見れる貴重な機会と割り切ろう。
[ 2017/05/03 10:59 ] [ 編集 ]
公明党と自民党が朝鮮有事で国民を脅してるから神の怒りは爆発寸前だ。
[ 2017/05/03 15:54 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム