情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.03 13:30|カテゴリ:ニュースコメント(11)

【ズサン】朝日新聞社、イジメ事件で母親に取材せず談話掲載!「行き違い。捏造には当たらない」


s_ice_screenshot_20170503-000559.jpeg
*朝日


今月に朝日新聞社が掲載した仙台市青葉区の男子生徒が自殺したイジメ事件の記事で、母親にはインタビューをしていないのに、まるで取材をしたかのような記事を掲載していたことが判明。

問題の記事は5月1日に投稿された「いじめ自殺、遺族語る 『あったかどうか』腹が立つ言葉」という記事で、かなり詳細な母親のコメントが掲載されていました。

報道記事によると、遺族関係者は「母親が朝日新聞に対してこうした心情を話した事実は無い」などとコメントしており、掲載された記事には事実誤認も含まれていたとのことです。
朝日新聞側は「行き違いがあり一部修正した。捏造(ねつぞう)には当たらない」と述べ、問題の記事を修正しました。

取材をしていなかった上に嘘も含まれていたわけで、朝日新聞社の「捏造ではない」というコメントにはやや疑問があるところです。
大手メディアへの不信感が高まっていることもあり、この記事を受けてネット上では「朝日はフェイクニュース」などと批判の声が溢れています。


<仙台中学生自殺>朝日新聞、母親に取材せず談話
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00000006-khks-soci

 仙台市青葉区の市立中2年の男子生徒(13)が自殺した問題で、朝日新聞仙台総局の50代の男性記者が生徒の母親に取材せず、談話をデジタル版に掲載したことが1日、分かった。同社広報部は「行き違いがあり一部修正した。捏造(ねつぞう)には当たらない」などと説明。河北新報社の指摘後、ウェブ記事から母親のコメントをいったん全て削除した上で、遺族のコメントとして一部を掲載し直した。



























関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
取材してないのに談話を掲載

捏造というか創作だな
[ 2017/05/03 14:30 ] [ 編集 ]
捏造する新聞は絶対に読みたくない。

全国民へ周知させるべきだ。
[ 2017/05/03 14:47 ] [ 編集 ]
 
さすが朝鮮新聞。
日本の文化の大半は起源は韓国とか捏造するくらいだから、こうして息をするように嘘を付くのが当たり前の文化なのだろう。
遺族からすれば心の殺人に等しい。名誉毀損にもあたるだろう。
死者を冒涜している。
ほんとにこんな捏造新聞会社なんかなくなってしまえばいいのに。
[ 2017/05/03 14:53 ] [ 編集 ]
朝日の記事を批判するなら、朝日の言い分もちゃんと掲載しなくっちゃ公平とは言えんよ。
[ 2017/05/03 15:01 ] [ 編集 ]
朝日もこういう事するけど、大手他紙も似たり寄ったりな所がある
ということはマスコミの記事を書く人間がデタラメだって事かな
売れれば何でもOKみたいな前時代的なことはもう通用しないっていい加減学習すべき
[ 2017/05/03 15:18 ] [ 編集 ]
朝日の記事を批判するなら、朝日の言い分もちゃんと掲載しなくっちゃ公平とは言えんよ。
[ 2017/05/03 15:01 ] 名無し [ 編集 ]


誰がコイツの言うことなんて聞くか
肝心なのは、朝日が嘘つきだってことさ。
許可を得ず、勝手に載せ、しかも嘘なんてジャーナリズムでもなんでもないだろ。
さすが慰安婦嘘をばら撒いた日本人の敵
[ 2017/05/03 15:43 ] [ 編集 ]
ま~た朝日か
捏造王だなここは
[ 2017/05/03 16:15 ] [ 編集 ]
赤報隊事件と宅見組事件と関空利権の日
[ 2017/05/03 17:07 ] [ 編集 ]
こんなことやってるから馬鹿にされるわ、部数減りまくるわで自滅まっしぐらですね。
[ 2017/05/03 17:25 ] [ 編集 ]
朝日、読売、産経は読む価値ない
[ 2017/05/03 17:57 ] [ 編集 ]
>朝日、読売、産経は読む価値ない

朝日、毎日 だろ。しれっと嘘を吐くな嘘を。
[ 2017/05/07 12:08 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
アクセス数
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク