情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.03 19:00|カテゴリ:政治経済コメント(16)

【憲法記念日】憲法施行から70年、各党が意見表明!自民「改正に全力」民進「憲法が大きな危機」


s_ice_screenshot_20170503-161559.jpeg
*国会議事堂

5月3日の憲法記念日で日本国憲法が施行されてから70周年目となります。節目の年ということもあって、各党も気合を入れた集会や声明文の発表を行いました。

自民党は公式ホームページ上で「憲法施行70年という節目を契機に、新しい時代の理想の姿を描き、憲法改正に向けた道筋を鮮明に示すことは、国民各層の願いであり、こうした認識のもと、衆参両院の憲法審査会等で議論を深め、各党とも連携を図りながら、憲法論議を加速させてまいります」と述べ、時代の変化と同時に憲法を変える必要があると強調。
公明党もほぼ同じで、与党は憲法改正を強く主張するような内容になっていました。

これに対して野党の民進党は「いま日本国憲法は、大きな危機に瀕しています。安倍総理は、年々憲法改悪への野心を露にしてきました。衆参両院で3分の2を制しており、憲法改悪を数の力で達成することも厭わない姿勢さえのぞかせています」と声明を発表し、安倍政権の憲法改正に強く抗議しています。

共産党や自由党も民進党と同じ様に「野党と市民の共闘をさらに前進させ、必ずや安倍政権の改憲策動を打ち破り、暴走とモラルハザードの安倍政権を打倒しなければならない」などと指摘しており、野党と与党の対立姿勢が鮮明になっていました。


自民党 
https://www.jimin.jp/news/discourse/134851.html

憲法記念日にあたって 平成29年5月3日 自由民主党

本日、憲法記念日を迎えました。
本年は、現行憲法が施行されて70年の節目の年にあたります。この間、わが国は不断の努力で平和と繁栄を築き上げ、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重という基本原理は普遍的価値として国民のなかに定着しています。一方で、わが国を取り巻く情勢は70年間で大きく変化しており、時代の変化に即し未来への責任を果たしていかねばなりません。
憲法施行70年という節目を契機に、新しい時代の理想の姿を描き、憲法改正に向けた道筋を鮮明に示すことは、国民各層の願いであり、こうした認識のもと、衆参両院の憲法審査会等で議論を深め、各党とも連携を図りながら、憲法論議を加速させてまいります。

憲法改正は国民投票において国民の過半数の賛成が必要であります。このため、憲法改正への理解促進と国民各層の幅広い合意形成に向けた活動を、これまで以上に党を挙げて取り組んでまいります。今後とも多くの国民の皆様のご理解ご参加を頂きながら、わが国の未来は私たち一人ひとりの国民が自らの手で切り拓いていくという気概を持って、憲法改正に向け全力で取り組んでまいります。



民進党
https://www.minshin.or.jp/article/111643/%

【代表談話】憲法記念日にあたって
代表 蓮舫 談話 憲法記念日 ニュース

民進党代表 蓮舫

本日、日本国憲法の施行から70年を迎えました。

 「国民主権」「平和主義」「基本的人権の尊重」という3つの基本原則を柱とする我が国憲法は、日本国民が長い年月をかけて育んできたものです。戦後の日本は、日本国憲法と国民とが手を携えて歩みを進めることで、自由と民主主義、平和と繁栄を築き上げてきたのです。

 これまでの歩みを重く受け止め、本日の憲法記念日を祝したいと思います。

 民進党は、綱領において、自由と民主主義に立脚した立憲主義を断固として守るとともに、時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想すると掲げています。憲法を「不磨の大典」とするのでなく、しかし「まず改憲ありき」という風潮に流されることもなく、着実な議論を進めてきました。

 しかし、いま日本国憲法は、大きな危機に瀕しています。

 安倍総理は、年々憲法改悪への野心を露にしてきました。衆参両院で3分の2を制しており、憲法改悪を数の力で達成することも厭わない姿勢さえのぞかせています。憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認にはじまり、安全保障関連法の強行など、立憲主義、平和主義の本質を全く理解しようともせず、これを大きく損なわせた安倍自民党政権が、いよいよ憲法改悪に手をつけようとしているのです。

 また、現在国会で議論が行われている「共謀罪」法案も、その本質は国民の内心を取り締まり、表現の自由などを委縮させようとするものです。憲法で保障されている基本的人権を侵害するおそれのある法案を、「テロ対策」とはならないのに、それを名目として、強引に成立させようとしているのです。

 数の力のみで日本の国のかたちを変えていこうとする安倍自民党政権の暴挙に、民進党は正面から対峙してゆきます。来たる衆議院選挙は、誤った方向への改憲を目指す安倍政権の暴走を止める機会にしなければなりません。

 憲法記念日にあたり、民進党は日本国憲法の根幹である「国民主権」、「平和主義」、「基本的人権の尊重」をさらに深化させ、時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想していくことを、改めてお約束致します。

以上

民進党広報局



共産党
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-05-03/2017050301_04_1.html

憲法施行70周年記念日にあたり、日本共産党の小池晃書記局長が発表した談話は次の通りです。

 一、今年は、憲法施行から70年の節目の年になる。日本国憲法は、第9条という世界で最も進んだ恒久平和主義の条項をもち、30条にわたる豊かで先駆的な人権条項も盛り込まれている。日本共産党は憲法記念日にあたり、日本国憲法の全条項を守るとともに、憲法を生かす政治を実現する決意を新たにする。

 同時に、日本を「戦争をする国」にするための安倍政権の危険な改憲策動に断固反対し、広範な国民・市民のみなさんと、安倍改憲を阻止するため、ともに力をあわせる決意を表明する。

 一、国際的な緊張が高まっているもとで、憲法9条を生かすのかどうかが問われている。北朝鮮の核・ミサイル開発は断じて許されないが、解決の方法は外交的手段しかない。深刻な犠牲が必至となる軍事的選択肢は絶対にとってはならない。米国のトランプ政権が4月26日に経済制裁の強化と外交的措置の追求という声明を出したことは注目されるが、安倍政権が米国の軍事対軍事の緊張を高める行動を支持、歓迎してきたことは重大である。とくに、安保法制=戦争法を発動し、自衛艦に「米艦防護」の任務を付与したことは、それ自体が軍事対軍事の緊張をエスカレートさせるとともに、トランプ政権が軍事力を行使したときに自衛隊を自動参戦させてしまう、きわめて危険な行為である。日本国民の命と安全を守る立場に立つなら、軍事的緊張を緩和し、戦争を起こさない外交での解決に全力をあげるべきである。まさに日本国憲法の立場での外交が求められている。



自由党
http://www.seikatsu1.jp/activity/declaration/20170503-2.html

憲法記念日にあたって

平成29年5月3日
代 表 小 沢 一 郎

 日本国憲法が施行されて、本日で70年を迎えた。

 確かに普段国民が憲法そのものを意識する機会は決して多いとはいえない。しかし、憲法と立憲主義の精神が、この国と、国民の生活全体を支える欠くことのできない基盤となっていることはいうまでもない。

 我々が、日々自由に活動できるのも、自由に発言・表現できるのも、すべて憲法の保障によるものであり、憲法記念日は、そうしたことを国民一人ひとりが改めて噛み締める良い機会である。

 しかし、同時に、憲法と立憲主義は現在、これまでにない最大の危機を迎えている。安倍政権は、現行憲法が戦後の「押しつけ」であるとして肯定的な評価を与えないばかりか、安保法制の強行採決に見られたように、あからさまに憲法をないがしろにする政治姿勢を続けている。

 そもそも総理は、信じがたいことであるが、「憲法で国家権力を縛るというのは絶対王政時の旧い考え方」と国会で答弁するなど、現行憲法と立憲主義を全く理解しておらず、この総理が提唱する憲法改正など、考えただけでも恐ろしいことである。

 すなわち、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義、国際協調主義の四原則をしっかりと守るため、国家権力の暴走を食い止めることこそ憲法の本質なのであり、これを全く理解せず、情緒的な反立憲主義の立場をとる安倍政権下での憲法改正は、全く認められない。

 このまま安倍政権による憲法軽視、権力の濫用・私物化を認めていけば、この国の立憲主義も、議会制民主主義もいずれ必ず終焉を迎える。我々は絶対的にそれを阻止すべく、この国の将来のため、引き続き徹底的に安倍政権に対峙していきたい。








関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
一番まずいのは、緊急事態条項
緊急事態期間には、衆議院の解散はなし。三権分立もなし。国民は政府に従えとなる。

で、今は「原子力緊急事態宣言」中。という事は、憲法改悪と同時にどうなるか。考えればわかるが、バカにはそれがわからない。いや、考えようとしないのだろうな
[ 2017/05/03 19:26 ] [ 編集 ]
“人権より国家”
“人権より国家” ― 憲法改正草案に見る安倍自民党の正体
http://hunter-investigate.jp/news/2016/02/post-837.html

基本的人権の不可侵性を否定

自民党は、基本的人権を「侵すことのできない永久の権利」として認めていないのだ。

緊急事態条項のお手本となっている「国家総動員法」との比較をしておきたい。

戦時法規である「国家総動員法」。

国家の名において国民に塗炭の苦しみを与えた同法の第一条にある立法趣旨と、自民党憲法改正草案にある緊急事態条項の内容とは、

国に権限の一切を委ねるという点でまったく同じもの。
(転載以上)

一人でも多くの国民の気付きが必要です。
[ 2017/05/03 19:41 ] [ 編集 ]
熊本で福島のコピペ談話 不作為安倍首相の空っぽ復興計画
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203658

復興より憲法改正
ミサイル危機より外遊
被災者よりオリンピック

主権国家
平和憲法破棄
基本的人権より国家

非常事態宣言で、独裁可能
[ 2017/05/03 19:56 ] [ 編集 ]
気は熟したという世論誘導!言ったもん勝ちですか?
[ 2017/05/03 20:11 ] [ 編集 ]
じゃあ、安倍さん辞職するんだって、森友関与でって言いふらそう!
[ 2017/05/03 20:17 ] [ 編集 ]
怒濤のゴールラッシュか?

共謀罪、憲法改正と
北朝鮮は(何時も)安倍政権に絶妙なアシスト。
[ 2017/05/03 20:29 ] [ 編集 ]
人権軽視戦争主義の安倍自民主導の改憲は戦後日本の危機だ。
私は熱心に反対する野党を応援します。
[ 2017/05/03 20:30 ] [ 編集 ]
忘れるな!ベトナム戦争韓国軍死亡者
2005年に韓国国防部が発表した資料では
死者4,968名、負傷者8,004名、という数。

韓国は 合計約50,000人強の兵士をベトナム戦に参加
させていたので、大変な数でしたね。

早く安倍内閣を打倒しないと、憲法改正の後は、「北」と同じようになり
自由にものを言えない日本となる。

青年はマイナンバー制度で徴兵から逃げることができない。
数が足りないと40歳までの男も女も前線だよ。
米本拠のグローバル資本のために日本人が犠牲になる義理はない。
郵政が損した分を返せ!
[ 2017/05/03 20:45 ] [ 編集 ]
レスポンスが早いのは良いんだが、有権者は理念ではなくて、ブラック企業がなくなるとか、失業や貧困がなくなるとか、具体的な成果を求めているから、理念だけじゃ選挙で勝てない。何か自民党の顧客の層にもわかりやすい成果が出ないか。
[ 2017/05/03 20:56 ] [ 編集 ]
改憲したからといって、国が良くなるとは限らない。
そして改憲したからといって、国が新しくなるとも限らない。

安倍政権に改憲させれば、戦前に戻るのは間違いない。

そもそも、国民は日本国憲法に不満などなく、新聞やNHKスペシャルでも報道されている通り、日本国憲法はGHQの押し付け憲法ではなく、その当時の国会議員も了承した憲法である。

今の国民は憲法に不満を持つ以前に景気、経済、社会保障に不満を持っている。それを無視してまで改憲する必要はない。
改憲したら、格差がなくなるわけでも、南海トラフ巨大地震の死者が減るわけでもない。そんなことをするより、法改正や税金を使って教育無償化や防災、減災に力を入れたほうがよっぽど効果がある。
[ 2017/05/03 20:57 ] [ 編集 ]
日本国憲法ですが この時系列を見てみましょう


1945年 8月15日 停戦(終戦) (アメリカの占領開始)

1946年 11月3日 日本国憲法交付(アメリカの占領下)

1947年 5月3日 日本国憲法施行(アメリカの占領下)

1952年 4月28日 日本が主権独立回復(サンフランシスコ講和条約)

1972年 5月15日 沖縄が日本に領土復帰


現在の日本国憲法は、
戦後、日本がアメリカの占領下に置かれていた
7年間の期間に、アメリカから押し付けられた憲法である。その日本国憲法が、今でもそのままなっている。

その憲法が日本国民の事を一番に考えられた内容になっていないこと。アメリカにとって都合が良い内容に
なっているのである。

本来であれば、日本が主権を回復した時点で
日本の自主憲法に改正すべきのもの。

それが、現在の色々なゆがみの根源になっているという事である。

オレはこんな事、学校からも親からも、習った記憶がない。

なんで日本が、他国からの占領支配から
独立した日が、国民の祝日になっていないのか?
世界の常識からみたら あり得ねぇって。

それから主権回復から20年間取り残された
沖縄が日本に領土主権回復した日も同じ


4月28日は、日本の独立記念日なんです

5月15日は、沖縄を取り返した日なんです

この日を国民の祝日にしなくて
なにを祝日にすんのか!!!!

こういう日本人の誇りや歴史認識にとって
大切な事には、焦点があたらないように
させられてきたのである

改めてアメリカからの独立宣言をし
日本が、日本の国益を守る為に
日本人の誇りを守る為に
堂々と主張し発言するためにも
憲法改正 自主憲法制定が必要である!
[ 2017/05/03 21:29 ] [ 編集 ]
GHQ占領時に作られた憲法はハーグ条約違反
当時の国内法でも問題アリだし、民主主義の観点から見ても大問題

少なくとも占領統治終了後、国会で大議論&国民主権を基にした上で
時代にそぐわない部分の改正は必要

国民主権を削除するなら時計の針を巻き戻す行為で、
第二次世界大戦の、300万人の死者が無駄死にになる
[ 2017/05/03 21:55 ] [ 編集 ]
憲法第9条の項目は日本の国会議員などが話し合って作り上げましたね!
[ 2017/05/03 22:19 ] [ 編集 ]
2129さん
押しつけ憲法と安倍は言ってますが、無知で嘘つきだからです。つらく苦しい戦争の後、日本国民が心から求めたのは平和。だから、平和を世界に訴える国になろうと。国民から選ばれた国会議員たちが懸命に話し合い、平和を希求する憲法をつくりあげた。これが事実です。学んで下さい。
安倍は押しつけ憲法だと日本国民にはアメリカを悪く言いますが、現実においてはトランプにはいつくばり戦争屋の言いなりに9条を壊そうとしています。
ジャイアンの悪口を言いながら自分は国民を売ってジャイアンに褒美をもらう卑怯で頭も心も弱い男、安倍。
そんな男が日本人の誇りであり心の支えである平和憲法を踏みにじろうとしています。
絶対に守らなければ。
世界の人々の憧れる私たちの平和憲法を。
[ 2017/05/03 23:07 ] [ 編集 ]
国民主権、平和主義、基本的人権の尊重という基本原理は普遍的価値として国民のなかに定着しています。>

自民党あんたらいい加減にしろよ(笑)
西田昌司とか国民主権とか思い切り否定してるじゃねーか。まず自民党という党名からして違和感ありまくりなので変えたほうがいいのでは?
[ 2017/05/03 23:37 ] [ 編集 ]
押しつけ憲法論がデマだってこと、まだわかんない連中が安倍支持してんだなってことがよ~~~くわかる。
[ 2017/05/04 03:24 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今週の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム