情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.05 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(17)

【激減】子どもの数、ピーク時の半分に減少!1571万人で過去最低を更新!増えたのは東京のみ


s_ice_screenshot_20170504-211500.jpeg

少子高齢化が急激に進行しています。総務省が発表した統計によると、2017年4月1日時点で15歳未満の子どもの数は1571万人となり、過去最低の数字を更新したとのことです。

これは過去最多だった1954年(2988万人)のほぼ半分で、人口に占める子どもの割合は12・4%となりました。都道府県別のデータで増加したのは東京都だけとなっており、割合が一番多い沖縄でも子どもは17・2%となっています。
子どもが減少したことで将来の人口も減る見通しで、少子高齢化の連鎖が激しくなっていると言えるでしょう。

この状況を改善するためには、一世帯辺り1000万円規模の子ども支援を国が打ち出す必要がありそうです。
*中国は16.6%、アメリカは19.0%、ドイツは13.2%、韓国は13.4%、ベトナムは24.0%、インドは30.8%


我が国のこどもの数 -「こどもの日」にちなんで- (「人口推計」から)
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi1010.htm

s_ice_screenshot_20170504-211416.jpeg
s_ice_screenshot_20170504-211427.jpeg
s_ice_screenshot_20170504-211438.jpeg

子どもの数、過去最低に ピークから半減の1571万人
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00000045-asahi-soci

15歳未満の子どもの数は1571万人(4月1日時点)で、前年より17万人減り、比較できる1950年以降で最低になった。36年連続の減少で、ピークだった54年(2988万人)のほぼ半数まで減ったことになる。






























関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
子供は可愛いけど、子供に関するめんどくさいことが色々ありすぎる。

お金かかるのもそうだけど、街で子供が泣き出したら周囲は犯罪者を見るような目でみるし。

あれってなんなの?私誘拐犯?虐待親?

あんな目で見られたら、子供なんていらないと思うのは当然だわ。


幸い田舎に住んでるから、普段そんな目で見られることないけどね。
[ 2017/05/05 12:12 ] [ 編集 ]
働く女性、嫁 を弾圧しつづけた結果です。
これから、憲法改正で 家庭の在り方が変わるとますます ひどくなりますよ。
日本会議は 男尊女卑 まっしぐら。 老人天国。
[ 2017/05/05 12:13 ] [ 編集 ]
安倍は本当に、自分が死んだあとは知らんってヤツだね。
史上最悪の総理大臣として歴史に残るね。
よかったね!安倍ちん。
[ 2017/05/05 12:16 ] [ 編集 ]
当然の結果ですし、これは誤魔化せないデータ
本当に景気が回復しているのならこんなことになるはずがない
国民の大半は収入が減っていることは間違いないし、将来に対する余裕が減ってきていることも間違いない
幼稚なアベが政治を利用してこの国をおかしな方向にもっていきたがっているのだから
一部の利権にまみれた関係者の家族はどんどん子供を産んで貢献しなさい
そうではない普通の家庭の人は自分の今後の生活と子供の将来の両方を考えた行動をしている
有効求人倍率とかいうものは求職者に対しての求人だから、求職しない、できない、諦めた、非正規の人は含まれない
アベ内閣の支持率も誘導尋問だし、メディアに報じさせないように今井らが画策していることくらい分かっている
無茶苦茶になっていく国の人口が増えないのには原因があるってこと
[ 2017/05/05 12:19 ] [ 編集 ]
放射能も原因の一つだ
放射能も原因の一つだな
[ 2017/05/05 13:04 ] [ 編集 ]
貧困、将来への不安、親になるよりいつまでも子供でいたいメンタル、パソコンやスマホによる遊びの充実化、見えないけど生殖能力に影響のある様々な物質、
そんな感じかな…

景気を良くして福祉を厚くすれば半分くらいは向上するとは思うけど、他のメンタル面はなにか対策しないと厳しいと思う

昭和なら叶姉妹タイプはリアルにいてもモテモテだろうけど今はフェロモンモンスター扱いで外人くらいでしょ、まじで迫るのは
[ 2017/05/05 13:16 ] [ 編集 ]
すると例えば五十年後ぐらいには、人口もほどよい塩梅の日本社会になるのでは?

その時までこの国が持ち堪えていればね。子孫のために我々世代は耐えよう。
[ 2017/05/05 13:36 ] [ 編集 ]
子供養育するカネはないし、子供に関するニュースもドラマもマイナスなものばかりだし、進んで子供を欲しがる人が少なくなってるのは変じゃないと思う
[ 2017/05/05 13:49 ] [ 編集 ]
少子化対策担当大臣(内閣府特命担当大臣)として
何人も大臣たてて人数使って予算使ってなにしてたの?
ドリルで穴開け?

かえって貧困化、ピンハネ派遣 エンゲル係数 福祉不安
子供産むのに困難な状況になっている様に思えるんですが
どうなんでしょう?

少子化担当大臣のおかげでこの程度ですんでいるのでしょうか?
[ 2017/05/05 13:59 ] [ 編集 ]
問題はそこだけじゃないよ。草食系男子が増え過ぎ!性未経験者の数がハンパない!子作り以前の問題
[ 2017/05/05 16:54 ] [ 編集 ]
景気がよくなったり安定すると子供の数は減少する…という研究結果を見た覚えがある。
が、日本では景気がよくもなっていないし安定もしていない。
まぁ戦時下や寿命が短い頃、どんどん生めという時代ではないので減るのは当然ですが。

近年だけを見ても減っているのはどういうことか見ていかないと、(解決しようというのなら)解決できないでしょう。
国が子育てや教育にかけるお金が日本は諸外国と比べても少なめ。
支援が無ければ子供を生む余裕のある夫婦がそもそも減っており、結婚式さえ出来ない夫婦もいるくらい。
また、今の日本に昔のような「子供は宝」という感覚は、政府だけで無く国民にもどれだけ残っているか。
幼稚園の問題なんかも見ると、うるさい邪魔者と見ている人も結構多いのではないだろうか。
こう考えると結構根深く、解決は容易ではない気がします。
[ 2017/05/05 18:43 ] [ 編集 ]
シンガポールは税金が無く、資産運用の手段が幅広い金融大国になったので、ヨーロッパの金持ちの移住希望者で溢れているらしい。日本が移民政策解禁をすればアジア地域の貧しい若者たちが殺到するだろう。どちらがいいかな?
[ 2017/05/05 20:39 ] [ 編集 ]
草食系という言葉は元々ネガティブな言葉として発せられたものではなかった。
いろいろな問題の原因を若い世代に押し付けるために利用された面が大きい。
実際は少子化は今に始まったものではなく1970年代の半ばから始まっている。
それを放置してきたのが自民党でありそれを支持してきた国民。
[ 2017/05/05 20:53 ] [ 編集 ]
1571万人中、100万人は隠れ喉頭癌の疑いあり
[ 2017/05/05 21:17 ] [ 編集 ]
安倍と麻生と小泉と甘利が主犯で福島原発事故を引き起こし、放射能汚染水は地下や海に今も垂れ流し中。安心して魚も食えないこんな日本に生まれて来たくないだろ子供だって。 まあ、安倍にしてみたら子供ですら将来税金絞り取るための道具だから少子化は困るんだろ。
[ 2017/05/05 22:39 ] [ 編集 ]
私の活動がテレビドラマで再現された。実名で
戦術核兵器食らってるほど人口減ってる。

という表現を書いたのは私で、テレビ朝日の朝まで生討論で
東大と慶応の先生がぱくっていってくれた。

あの後に子育て革命が小池知事の要請ではじまった。

私の意見はマスコミやテレビでよく使われるので、注意してみてといい。
最近ドラマ2つできたしな。私のテーマで。笑

実名でテレビドラマに出てます。私の役で。

[ 2017/05/06 00:33 ] [ 編集 ]
夫婦共働き、教育費(塾もふくむ)、食料品インフレ、公共料金アップ、消費増税、、、、最近子育てする若夫婦をみると、尊敬の念が湧いて来る。私にはとても無理だ。若夫婦頑張れ!
[ 2017/05/06 00:56 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム