情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.09 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(28)

毎日新聞社、社説で安倍首相の国会答弁を猛批判!「あまりに無責任でご都合主義だ」


s_ice_screenshot_20170509-100033.jpeg

毎日新聞社が社説で安倍首相の国会答弁を痛烈に批判しました。

毎日新聞は5月8日の国会答弁について、『今回「2020年に新憲法施行を」とまで明言したのは首相本人だ。ところが国会で質問されると、首相と総裁の立場を使い分け、「後は与野党で」とゲタを預けてしまう。これではあまりに無責任でご都合主義だ』と指摘し、首相自身が憲法改正のための議論を妨害していると言及。

憲法改正だけではなく、森友学園問題でも同じような点が見られるとして、『国民が聞きたいのは、そんな話ではなく真相だ。野党が籠池氏の証言ばかりを流しているというのなら、昭恵氏が記者会見や国会の場できちんと反論するよう首相が促すべきだ』なとと疑問を投げ掛けています。

野党に応じて提出された資料も黒塗り状態で、最後は『国民軽視』という言葉で毎日新聞は断定していました。毎日新聞社がここまで強い首相批判の社説を書くのは珍しく、8日の国会答弁に対する怒りが見えてくると言えるでしょう、


憲法改正提案と森友問題 首相答弁に改めて驚く
https://mainichi.jp/articles/20170509/ddm/005/070/119000c

 
 今回「2020年に新憲法施行を」とまで明言したのは首相本人だ。ところが国会で質問されると、首相と総裁の立場を使い分け、「後は与野党で」とゲタを預けてしまう。

 これではあまりに無責任でご都合主義だ。首相が狙ったという「憲法議論の活性化」も阻むことになる。

 大阪市の学校法人「森友学園」問題に関する答弁にも驚いた。

 この問題では最近、学園の籠池泰典前理事長が一連の交渉経過について首相の妻・昭恵氏にその都度、報告していたと明らかにしている。自らの進退にも言及した「私も妻も関わっていない」との首相答弁は一段と揺らいでいると言える。

 だが民進党議員が「学園と昭恵氏はズブズブの関係だ」と指摘した途端に首相はムキになり、「品の悪い言葉はやめた方がいい」「それが民進党の(低)支持率に表れている」とお門違いの反論をしてみせた。

 言葉遣いは確かに悪い。ただし、国民が聞きたいのは、そんな話ではなく真相だ。野党が籠池氏の証言ばかりを流しているというのなら、昭恵氏が記者会見や国会の場できちんと反論するよう首相が促すべきだ。

 財務省も結局、手続きは適正だったと繰り返すだけで、野党の要求に応じて提出した資料も黒塗りだらけだった。これで通用すると考えているとしたら、首相と同じく国会、いや国民軽視である。


























関連過去記事

【森友学園】GW明けの国会は大荒れ!野次に怒号、安倍首相はズブズブ指摘に怒り!公開資料は真っ黒
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16695.html
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
安倍ちゃんは深い議論をしたがらない。国民軽視というより民主主義を軽視してるな

野党の人は国会答弁で「総理への批判は毎日新聞に書いてあるとおりだから読んでください」ってやり返すべきだ
[ 2017/05/09 12:10 ] [ 編集 ]
安倍総理の人柄の不誠実さが、あらためて伝わってきますね。
[ 2017/05/09 12:17 ] [ 編集 ]
穏和な毎日新聞をキレさせるなんて
すごいな
[ 2017/05/09 12:19 ] [ 編集 ]
国民側が無責任にも近所付き合いと棄権ででんでん政権が選択されている現状を憂うとき。この根本である国民側の無責任行動こそがすべての元凶。

毎日新聞社は『国民軽視』を使用したところで、当の国民には響かんよ。元々、『政治への無関心』が根底にあるからね。
だから書くなら「国民は政治に対して、もっと意識を高めて、何が問題かを認識しなければ、本質を見ることができず、世の中が悪い方向へ向かっていったとしても気づけない」くらい書かないと国民はまったく分からないだろうね。
ま、白痴のくせに新聞テレビを朝から晩まで見て『俺は物事を良く知っている』なんて知ったか日本人のことだから逆ギレする輩の方が多いだろうな。
[ 2017/05/09 12:19 ] [ 編集 ]
安倍さんもレベル高いって敗北宣言してたよね
[ 2017/05/09 12:21 ] [ 編集 ]
全国紙といえども北海道や沖縄県などでは販売網が弱い。讀賣の場合は中部地区などでも販売網が弱いようだ。
また、ネット配信の当該記事も有料記事になっていると他新聞系のテレビニュースで報じられている。
新聞記事を以て答弁に代えるというアベの考え方は非常に不誠実だろう。

讀賣では森友も加計も非常に報道が少ない。森友学園の小学校の許認可に、財務局側にも私学審側にも讀賣社員が諮問委員に参画していたことが明らかになっている。

但し、毎日にも注文がある。自社ビルの一部を加計学園系大学のサテライトキャンパスとして貸している事情があるらしく、その所為か、加計学園問題に関する報道が不熱心だと仄聞する。
[ 2017/05/09 12:30 ] [ 編集 ]
毎日新聞をちょっとだけ見直した。でもまあ新聞は一紙もとる必要ないな。
[ 2017/05/09 12:35 ] [ 編集 ]
詭弁と黙秘と黒塗り資料で憲法改正が出来るなら、この国は終わってる。こっ恥ずかしい国だよ。
[ 2017/05/09 12:36 ] [ 編集 ]
あの答弁を聞いて 何も感じない人間はいないと思う。知らないから怒りを持たない。でも、知ったら 終わる。本人はよくわかっている。いい年した男があの答弁じゃみじめだわ。。。。 それを選ぶ人もいるって言う…気が知れんわ
[ 2017/05/09 13:02 ] [ 編集 ]
今、予算委員会で同じ事やってるよ〜
自民党総裁で立ってる
内閣総理大臣で立ってる だって!
ならば、人間安倍晋三として出直してほしいと思います
[ 2017/05/09 13:08 ] [ 編集 ]
黒塗りの量が腹黒さの度合いを示してるな
[ 2017/05/09 13:11 ] [ 編集 ]
無駄に時間を稼ぎ質問に答えず長々と中身のない答弁!酷い答弁!安倍晋三という奴は謝ることをしらないで育ったのでしょうね。内閣総理大臣の素質がひと欠片もない酷い答弁です!
[ 2017/05/09 13:13 ] [ 編集 ]
今度民進党は安倍に、毎日新聞読んで下さいとてもで言ってみたらどうだ?
もし安倍がキレたら、その時は「そうでしょう。新聞読めなんて言うのはおかしいでしょう」と切り返してやればよい。

安倍は都合が悪くなると逆切れする。
そして開き直る。
問題については真摯に答えない。
どうしても答えなければいけない時でも、関係ない話をして時間を稼ぐ。

最悪!
[ 2017/05/09 13:16 ] [ 編集 ]
仮にも一国の総理が、「自分の考え知りたいなら新聞を読め」と?それも新聞名を出して?
あいた口が塞がらない。
そういう発言は不適切なので謹んで下さいと指摘された時も、全く悪びれた様子もなく気色悪い薄笑いを浮かべていた。
これでもまだこの脳無しを支持するの?いい加減目を覚ましてほしい。
[ 2017/05/09 13:18 ] [ 編集 ]
当然の社説。

これが報道機関の役割、そして責任。
[ 2017/05/09 13:41 ] [ 編集 ]
ネット掲示板(2ch)の低能な煽り合い
まえから、そんなかんじで典型的な粘着荒らしそのもので安倍とか日本会議や右翼のやつら気持ち悪いっていわれてるじゃん
ネットで見苦しいネトウヨ荒らしやってる人たちの正体といっても過言じゃないぐらい不快
[ 2017/05/09 14:14 ] [ 編集 ]
安倍さんはたぶんこれまでの人生経験の中で劣等感を築いてきていると思う。

いま首相という位置にいる。ここまで自分は不遇に生きてきた。
なので、いまぐらいはこのくらいのことはしてはいいだろう、という認識なのだろう。

ものすごい甘えなのである。
こうした甘えた感じで首相をされたら、国民は困るのである。

それまでの人生が、その人に政治に出る。

自然と思いつつも、悩む日々。。。
[ 2017/05/09 14:33 ] [ 編集 ]
言語能力ゼロの首相なんだからしょうがない。
こんな人を政治家にしている有権者も悪い。
[ 2017/05/09 15:29 ] [ 編集 ]
もう殆ど自棄のやんぱりヤケクソ論理、日本のメディアの質の劣化。メディアや野党が政権を批判するのは常識当たり前だが、ピントズレの鰈ヒラメ論理じゃ国民が迷惑するも国民は呆れてるところは厚顔スルー。共謀罪にしろ個別具体例を質問するのに刑事局長は呼ばずあほな法相のアゲアシとりに終始。憲法もそうモリトモもそう・野党の稚拙さは虫・で・国民なん茶っての変態新聞らしいわな。

[ 2017/05/09 17:50 ] [ 編集 ]
明日発売の週刊新潮についに山口敬之のスキャンダルが出る
幼稚で無能な権力者のアベにすり寄る御用ウジシロアリの山口の素性の一つが明るみになる
権力者とグルになれば楽に金を得られるが、最終的には人間として腐っていくのがよく分かる
こんなウジシロアリをジャーナリストと誤って報道番組に出しているウジテレビの存在価値は無い
[ 2017/05/09 18:16 ] [ 編集 ]
>毎日新聞社がここまで強い首相批判

毎日新聞社だけではないだろう。明らかに、森友疑獄を境に、安倍を取り巻く周辺環境が一変したのである。

安倍晋三の応援者であった筈の籠池氏を、都合が悪くなったと判断するや否や、無残に切り捨てた安倍晋三の豹変ぶり、これには、義理人情に敏感な右傾した方面の人々も一編に興ざめした事だろう。

国民感情が明らかに安倍晋三から離れている。単に反対と言うだけでなく、嫌悪し始めているのだ。

新聞の支持率は捏造されたものであるから対して変わらないようだが、自分の周りの多くの人の話を聞けばもはや誰も信用していないと言うことが分かる。

安倍批判の論調に乗って、退陣を求める声が至る所で加速度的に拡大しているのである。
[ 2017/05/09 19:11 ] [ 編集 ]
彼の発言は官僚が書いてるんだろ?
[ 2017/05/09 20:03 ] [ 編集 ]
読売新聞へのあからさまな

利益供与

批判しないNHK。

ここまで腐ったか。
[ 2017/05/09 20:15 ] [ 編集 ]
NHKと米ABCの違い、「客観」報道でお茶を濁すのか安倍の横暴を横暴と批判する気概があるのか
NHKは米ABCと提携している。では、同じ「民主主義国」として、NHKは米ABCのように民主国家の報道機関としての矜持を持っているのであろうか。トランプ陣営の報道官は、トランプ大統領就任式への参加者がオバマ大統領就任のときより多かったと主張した。それに対して各メディアは写真を根拠に、それは違うと批判した。それに対してトランプ陣営の報道官は、「もう一つの事実だ」と言い張った。「もう一つの事実だ」と言われて米ABCのキャスターはどう答えたか。「もう一つの事実というのは、それは嘘ということだ」と決めつけた。デタラメを言い張る横暴な権力者に対して、民主国家の誇りあるメディアなら当然そう言わなければならない。日本のNHKのキャスターにはその矜持があるのだろうか。今まで見てきたかぎりでは、そのような気骨ある発言はほとんどなかった。今回の安倍の横暴な発言に対しても、ただ垂れ流して与野党の幹部にコメントさせて終わりだ。それが「客観」報道だと言いたいらしい。横暴な権力者にとって、これほど都合のよい「公共放送」はないだろう。かりにも「公共放送」たるNHKがそうなら、国民もそれに染まって横暴な権力者に慣れてしまい批判精神は社会から失われていく。政治に対して無知・無関心・無気力な風潮が社会に蔓延し、民主主義の健全な発展を謳う放送法の趣旨に沿うどころか、民主主義の崩壊につながるだろう。それは国力と国民生活の衰退にもつながっていくだろう。毎日新聞が権力者の横暴を容赦なく叩いたのは、日本の民主主義再生への希望になる。NHKは横暴な権力者を利するだけの「客観」報道に逃げるな。権力者の横暴には「横暴だ」と声を上げなければならない。「社会の木鐸」として日本国民の政治意識を高める使命がNHKにはある。覚悟を持って安倍の横暴を批判せよ。
[ 2017/05/09 21:50 ] [ 編集 ]
犬HKが最も犬々しく輝く時間帯=19:00台=馬鹿洗脳タイムw
[ 2017/05/09 22:41 ] [ 編集 ]
判ったつもりでNHKを叩くのが大変滑稽
[ 2017/05/09 22:46 ] [ 編集 ]
弾劾しかない。
こんな人が総理やってるなんて、日本はなんてレベルの低い国だろう。マジで。
不正の結果こうなってるのはうすうす分っているが、この状況を打破しようとしない日本人は
バカばっかりということだ。
いい加減に気づきましょう。
そして、犯罪者をブタ箱へ入れるまで立ち上がらないと!
[ 2017/05/10 02:19 ] [ 編集 ]
「他に人がいないから」というアナウンスをすんなり受け入れて
バス会社の重役のひ孫が運転に自分と家族の生命を預けたりしない
この日本の舵取りをできる器が彼の他にないなんて誰が信じるか
[ 2017/05/11 03:45 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム