情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.19 12:00|カテゴリ:ニュースコメント(3)

【注意】刺し身等で発生するアニサキス食中毒、「よくかめば大丈夫」は根拠無し!噛むのは気休め!


s_ice_screenshot_20170519-031851.jpeg
*厚生労働省


増加している寄生虫のアニサキスによる食中毒ですが、「かめば大丈夫」という話はあまり効果が無いので注意が必要です。アニサキスの体は非常に薄く、かなり強靭な体をしている事から噛み切るのはかなり厳しいと言われています。

NHKがまとめた記事中にも「しっかりとかめばアニサキスが死ぬ可能性はありますが、アニサキスは厚みが1ミリほどしかなく、歯と歯の間に入り込んだ場合など、かんだと思っていてもちゃんとかみ切れない可能性があります」と書いてあり、よくかんでも気休め程度にしかなりません。

よく噛むよりも、アニサキスが多い「サバ」や「サンマ」などを生で食べる事を避ける方が圧倒的に効果的です。ワサビや生姜のような薬味も効果が薄いため、食べる時はマイナス20度以下で冷凍保存した物か、70℃以上の熱を通した物だけに限定した方が良いと考えられます。

人によってはアニサキスその物がアレルゲンとなって魚が食べれなくなるケースも有るため、出来るだけ摂取しないようにしましょう。


アニサキス食中毒 よくかめば大丈夫?
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170517/k10010985161000.html?utm_int=all_side_ranking-access_001

Q お酢でしめると有効って聞いたよ?

A 効きません。

殺菌効果があるとされるお酢は、効果がありそうにも思えますが、しめさばを原因としたアニサキスによる食中毒が起きています。

また、通常の料理で用いる程度の量のワサビやしょうゆなどの調味料で死滅することもありません。
Q かんだら大丈夫だって?

A しっかりとかめばアニサキスが死ぬ可能性はありますが、アニサキスは厚みが1ミリほどしかなく、歯と歯の間に入り込んだ場合など、かんだと思っていてもちゃんとかみ切れない可能性があります。

そもそも、刺身は何回もかんで食べる食べ物ではなく、専門機関は、「かむという対策は推奨できない」としています。



アニサキス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%B9

予防
アニサキスの宿主を生食しないことが、最も確実といえる。
それ以外では、60℃1分以上の熱処理、または長時間の冷凍によって、感染リスクを減少できる。冷凍温度と保持時間に関する規定は次の通り。
日本:-20℃以下で24時間以上(厚生労働省の指導)
オランダ:ニシンに対し、-20℃以下で24時間以上(1968年の法律で義務付け)
米国:生食用の魚に対し、-35℃以下で15時間、または-20℃以下で7日間(食品医薬品局の勧告)
EU:生食用の海産魚に対し、-20℃以下で24時間以上(衛生管理基準による指示事項。視覚検査も義務付けられている)

予防効果の期待出来ないもの
よく噛んで食べる:アニサキスの虫体はかなり強靱で、通常の咀嚼では噛み切れない。薄く切るのも同様[要出典]。
薬味(ショウガ、ワサビ、ニンニク)、酢による殺虫:人が食べられる濃度では効果はない[15]。































関連記事


ブログパーツ
前はそんなに聞かなかったけれど
やっぱり海の状態が変化している一端なのかな

ネトウヨにとっちゃこれも中国のせいなんだろうけれど
[ 2017/05/19 12:26 ] [ 編集 ]
北のミサイルのせい
[ 2017/05/19 13:22 ] [ 編集 ]
安倍のせいです
諸悪の根源 安倍晋三
[ 2017/05/19 23:19 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク