情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.20 13:00|カテゴリ:政治経済コメント(6)

天皇陛下の退位法案、特例法で閣議決定!与野党もほぼ合意で成立が確定か 婚約騒動で女性宮家も


s_ice_screenshot_20170520-030439.jpeg


天皇陛下の退位と譲位を定めた特例法案について、安倍政権は5月19日に閣議決定を行いました。

報道記事によると、天皇陛下の退位は皇室典範改正をせずに、特例法という形で行うことが決定し、2018年末にも譲位が行なわれる予定とのことです。
法案は本体の「本則」と「付則」があり、附則の中に「特例法が皇室典範と一体を成すものである」という規定が盛り込まれました。

皇室側からは永続的な退位制度を求める声も聞こえ、特例法で一時的な退位とすることに反発の声も多いです。
自由党の小沢代表は「天皇陛下の地位が政治的に利用される危険性を残しており、こういうやり方は良くない。特例法で扱うことには反対で、皇室典範の変更によるべきだ」と述べ、法案の内容に疑問を投げ掛けています。

また、眞子さまの婚約騒動から女性宮家を求める声も浮上し、こちらも国会で議論される見通しです。この特例法は今国会に提出され、早ければ今月中にも成立する予定。


s_ice_screenshot_20170520-030510.jpeg
s_ice_screenshot_20170520-030516.jpeg
s_ice_screenshot_20170520-030540.jpeg

天皇陛下の退位 特例法案を閣議決定
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170519/k10010987051000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

政府は、19日の閣議で、天皇陛下の退位に向けた特例法案を決定しました。法案で、天皇陛下が退位される日は法律の公布から3年を超えない範囲内で政令によって定める日とし、退位後の称号を「上皇」とすることなどを規定しています。










関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
だから典範改正が一番だってのよ
[ 2017/05/20 14:30 ] [ 編集 ]
一歩前進か
安倍政権においても退位制度を認めざるを得なくなった

ポスト安倍政権においては、皇室典範そのものの改正が望まれる
[ 2017/05/20 14:58 ] [ 編集 ]
何が何でも自分の憲法改正を邪魔されたくないでんでん
(皇室典範改正議論に時間をとられたくない)
[ 2017/05/20 14:59 ] [ 編集 ]
>与野党もほぼ合意

女性宮家を創設することを皇室典範の本則に規定することなく与野党ほぼ合意と言うことは、末永くの皇室の安定した存在を与野党共に望んでいないと言うことだろう。例外は自由党だけと言うことだ。

皇統が絶えたら適当な宮家を政治利用の為どこかから持ち込みたい与党。そこで断絶させたい野党と言うことなのだろう。
[ 2017/05/20 20:26 ] [ 編集 ]
女性宮家を民進党が異常押しなんだよな。天皇家など気にもかけなかった連中がいやに熱心だね、胡散臭い奴らだ。
某〇子様は日本人でない疑惑があるが勿論〇子様だけでないが、疑惑は…
今回の真子様婚約騒動、世間知らずの××など誘導するのはチョロい… なんって空耳が響いているような~
[ 2017/05/21 00:06 ] [ 編集 ]
陛下のお気持ちは無視されましたね。陛下が何故生前退位を発表されたか、陛下のこれまでの活動を鑑みれば、そして少し考えればわかるはず。世が明治ならば議員全員切腹ものだ。安倍晋三は戦前回帰、歴史修正をお望みなのだから切腹してしかるべきだろう。
[ 2017/05/21 16:15 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
アクセス数
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク