情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.23 20:00|カテゴリ:政治経済コメント(5)

トランプ大統領、イスラエルの「嘆きの壁」でユダヤ教に忠誠!現職米大統領で初!世界で議論に


s_ice_screenshot_20170523-151338.jpeg


アメリカのドナルド・トランプ大統領が現職として初めてエルサレムにあるユダヤ教最大の聖地「嘆きの壁」を訪問しました。トランプ大統領はユダヤ教の象徴である黒い防止をかぶって、目をつぶりながら壁に手をあてて祈りを捧げたと報じられています。

今までイスラエルの領土問題から現職大統領の訪問は控えられていましたが、イスラエルとの協力姿勢を表明したトランプ大統領が訪問を強く主張しました。

アメリカの国内外から批判を受けており、トランプ大統領の行為がイスラエルの植民行為を容認しているとの声も相次いでいます。
トランプ大統領はイスラエルとの首脳会談で「イランは核兵器を決して手に入れない。それははっきり言える」と述べ、イランの核保有は絶対に認めないと表明しました。

トランプ大統領はイスラエル関係で大胆な政策を打ち出しているだけに、一歩間違えば再び中東戦争の再現となる可能性もありそうです。


トランプ氏、「嘆きの壁」を訪問 現職米大統領で初
http://www.afpbb.com/articles/-/3129165?cx_part=topstory

s_ice_screenshot_20170523-152158.jpeg
s_ice_screenshot_20170523-152202.jpeg
s_ice_screenshot_20170523-152222.jpeg
【5月23日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は22日、エルサレム(Jerusalem)にあるユダヤ教最大の聖地の一つ「嘆きの壁(Western Wall)」を訪問した。現職米大統領の同地訪問は初めて。



イランは決して核兵器を手に入れない=トランプ米大統領 イスラエル訪問で
http://www.bbc.com/japanese/40008986

初外遊先となったサウジアラビアからイスラエル入りしたトランプ大統領は、エルサレムでネタニヤフ首相と共同記者会見を行い、イランがバラク・オバマ前米大統領から「素晴らしい取引」を引き出し「生命線と繁栄」を勝ち取ったと指摘した上で、イランは「お礼を言うどころか」テロリストを支援していると批判した。













関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
安倍もユダヤ教に忠誠を誓ったが
トランプと違うところがあるとしたら
安倍は忠犬として飼い主様にしっぽを振りまくりの
ネタニヤフのお靴をぺろぺろしに行ったってこと。
[ 2017/05/23 20:56 ] [ 編集 ]
安倍と小泉の「田布施ペア」も行ってるのに、日本のメディアは、総スルー

安倍はキッパ帽(ユダヤ教徒が被る帽子)をかぶり、永遠の炎の前で跪き、
小泉は、嘆きの壁で、祈っていた。

ユダヤ教徒じゃあるまいし…………………。
[ 2017/05/23 21:15 ] [ 編集 ]

麻生も行ったよ
売国奴は皆 ナデナデ
[ 2017/05/24 01:16 ] [ 編集 ]
嘆きの壁で祈るためには、ユダヤ教の戒律で、だれもが頭を布で覆わなければならない。壁の前ではキッパを売っている。キッパでなくて、持参の帽子でもOK。私も自分の帽子をかぶって、壁に手を当ててイスラエルとパレスチナの和解と平和を祈った。あそこで祈ったからといって、必ずしもユダヤ教に忠誠を誓ったことにはならない。

問題は、トランプがイスラエルに肩入れし、イラン敵視を強めていること。イランとの緊張が高まれば、中東は戦争の危機が高まる。



[ 2017/05/24 09:09 ] [ 編集 ]
コメント欄、内容濃ゆいっすねw
[ 2017/05/24 14:23 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク