情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.25 15:00|カテゴリ:政治経済コメント(5)

イギリス政府がテロ警戒レベルを最高に!10年ぶりの水準、ISが犯行声明!公共施設に兵士が展開へ


s_ice_screenshot_20170525-013856.jpeg


イギリス中部のマンチェスターで22人が犠牲となったテロ事件が発生したことから、イギリス政府はテロ警戒レベルを過去最高水準に引き上げると発表しました。
5月23日にイギリス政府は「新しいテロ攻撃の危険が切迫しているおそれがある」と述べ、主な公共施設やコンサート会場等には兵士を配備して警戒を強化するとしています。

テロの実行犯はマンチェスター出身のリビア系男性と見られ、テロ事件の直後には中東の武装集団IS(イスラム国)が犯行声明を発表していました。
警戒レベルが最高になったのは10年ぶりで、メイ首相は「相応の合理的な反応だ」とコメントしています。


イギリス政府 テロ警戒10年ぶり最高レベルに引き上げ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170524/k10010993151000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_020

イギリス中部のマンチェスターで起きた、8歳の女の子を含む22人が犠牲になったテロ事件で、イギリス政府は、さらなるテロが差し迫っている危険があるとして、警戒レベルを10年ぶりに最高度に引き上げ、厳重な警備態勢を敷いています。



英政府、テロ警戒水準を最高に 攻撃「切迫」のおそれと
http://www.bbc.com/japanese/40024236

英マンチェスターのコンサート会場で爆弾攻撃によって22人が死亡した事件を受けて、英政府は23日、テロ警戒レベルを最高の「危機的」に引き上げた。テリーザ・メイ首相は、新しいテロ攻撃の危険が切迫しているおそれがあると説明した。









関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
IRAやPLOのテロが盛んな時には一つの事件に複数の組織が犯行声明を出す事も
[ 2017/05/25 16:03 ] [ 編集 ]
移民政策はやめるべきであり、移民政策と国家の安全保障は同時に両立しない

メイ首相は6月の選挙に備え公約を発表しましたが、移民政策は前政権と同じく続けるようなのでこれを機にもう一度考え直すべきではないでしょうか?と思う

我が国でも国家戦略特区内において外国人の農業就農が認められ、ますます移民政策が加速していく現状を見るとほんと悲しいです
[ 2017/05/25 17:03 ] [ 編集 ]
移民がいる限り当たり前の帰結
外人増えれば犯罪やトラブル増えるのは当たり前!

政府要人が犠牲にならないと国は行動しない
[ 2017/05/25 19:18 ] [ 編集 ]
5月22日22時に22人死亡って、毎度おなじみの数合わせ

ちなみに、322はブッシュ×ヒラリーのイェール大学の秘密結社スカル&ボーンズのマークの数字で、7月22日には、ノルウェーで極右とされる銃撃テロなんかありましたよね。

今回のは、5月22日22時に22人死亡ね

で、犯人死亡

都合良いね。

で、またまたゴミ箱だかタクシーから犯人のパスポートだのIDだの出てくるんでしょうね。


マンチェスターでは、昨年の5月10日に、マンチェスターモールでクライシスアクターを使ったテロ訓練が行われていたそうで、随分と用意周到です。

映像はこちら
Not an action film! Anti-terror drill featuring fake suicide attack in Manchester mall, UK
[URL]


メイクや演技やクライシスアクターの養成もばっちりですね。

おまけに、このテロ訓練が行われていたのは、月曜の夜だそうで、今回の事件と一緒です。
[ 2017/05/25 20:21 ] [ 編集 ]
キチ朝鮮のパシり雑魚による原発テロの準備を防ごうぜ。
[ 2017/05/25 20:55 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
アクセス数
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク