情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.26 12:00|カテゴリ:政治経済コメント(18)

【憲法改正】自衛隊の明記、「9条の2」を自民党が検討へ!9条3項とは別に新設!公明党に配慮


s_ice_screenshot_20170525-090202.jpeg


安倍晋三首相が2020年までに憲法改正を目指すと表明した問題で、自民党は「9条の2」を新設する案を検討している事が分かりました。報道記事によると、自民党は9条3項ではなく、新しい別条を作ってそこに自衛隊を記載する方向で調整しているとのことです。

これは加憲(加える憲法)を主張している公明党に配慮したと見られ、今の9条を変えずに新設という形で自衛隊が記載されることになります。

ただ、保守層を中心に「中途半端すぎる」という声が多く、自衛隊という軍隊でも救助隊でも無い組織が固定化されてしまうと懸念する意見も相次いでいました。


「9条の2」新設案を検討 自衛隊明記
https://mainichi.jp/articles/20170525/k00/00m/010/180000c

 自民党は24日、安倍晋三首相が提起した自衛隊を憲法に明記する憲法改正について、「9条の2」を新設する案の検討に入った。9条3項ではなく、別条とすることで、現行9条を「堅持」する姿勢を示し、9条解釈の変更や自衛隊の役割拡大を懸念する公明党の理解を得たい考えだ。


























関連記事


ブログパーツ
世界中の戦争に参加するための加憲でしょう?世界情勢の変化に対応ってアメリカのプライマリーバランスの都合でしょうが。動機が不純すぎる。
[ 2017/05/26 12:18 ] [ 編集 ]
とりあえず憲法を変えたかったら『改憲』(ともちろん『共謀罪』)を焦点にして解散総選挙で国民の信を問え。勝手に進めるなよ、(現段階では憲法無視を繰り返している以上)国賊のくせして。
[ 2017/05/26 12:25 ] [ 編集 ]
日本はあらゆる戦争・兵器の国際法上の非合法化に向けた取り組みを行うことを、憲法に具体的に記すべき。
[ 2017/05/26 12:27 ] [ 編集 ]
まずは周辺国から9条を飲み込ませないと(使命感
[ 2017/05/26 13:00 ] [ 編集 ]
自衛目的なら反対しないが、米国の思惑で世界中に派兵させられる可能性があるから反対。少なくとも米国に対してNOを突き付けられる気概を持った首相が現れるまでは改憲すべきでない。
[ 2017/05/26 13:15 ] [ 編集 ]
自衛隊の存在を明確にしてあげるのは賛成。ここに留まればね。
この点すら反対しているのはただのクルクルパー
[ 2017/05/26 13:35 ] [ 編集 ]
改憲だか加憲だかの議論はもうたくさん。
憲法そのものを蔑ろにする安倍政権には、憲法の問題に触れてほしくすらない。危なすぎてやらせるわけにはいかない。
安倍政権が終わった後に、憲法の問題は、ちゃんと議論していけばいい。
[ 2017/05/26 13:38 ] [ 編集 ]
公明党を出汁に使っているが自衛隊を恒久的に米軍の下請けにするための加憲だろ
安倍は動けば動くほど不可逆的に日本をアメリカに隷属させ将来に禍根を残す真似をする
余計なことをせず大人しくして置け
[ 2017/05/26 15:01 ] [ 編集 ]
>自衛隊の存在を明確にしてあげるのは賛成。ここに留まればね。
この点すら反対しているのはただのクルクルパー

そこに留まる信用がないから反対される。
信用がないのは安倍政権のこれまでの言動、所業から。
私も自衛隊は外敵や災害からの防衛隊として認めてあげてほしい。でも安倍政権下ではそこに留まるための十分な論議とセーフティガード設置はしないと思うという不信から反対。
安倍らは自分達の信頼を取り戻すべき。
[ 2017/05/26 15:35 ] [ 編集 ]
[ 2017/05/26 13:15 ] 名無しさんに同意
[ 2017/05/26 16:06 ] [ 編集 ]
今のままでいいじゃないか。
[ 2017/05/26 17:08 ] [ 編集 ]
“人権より国家” ― 憲法改正草案に見る安倍自民党の正体
http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/17/story_n_16676496.html

自衛隊は合憲だから、平和活動(戦争)してもいい、と言いそう(@_@)
[ 2017/05/26 17:47 ] [ 編集 ]
こんなバカ殿の世迷い言を真剣に検討し始めるなんて、自民ってほんとにバカになってしまったんだな
[ 2017/05/26 20:05 ] [ 編集 ]
13時35分の方は認識不足、自衛隊憲法明記は軍事優先宣言を意味する
13時35分の方がこう書いている。「自衛隊の存在を明確にしてあげるのは賛成。ここに留まればね。この点すら反対しているのはただのクルクルパー」。根本的な勘違いをしておられる。自衛隊の存在は自衛隊法に明確に規定されている。すでに自衛隊法で「自衛隊の存在を明確にして」いるのだ。安倍が言っているのは、憲法に自衛隊の存在を明記せよということだ。まず第一に、そんな必要性はまったくない。専守防衛に徹する自衛隊なら、憲法の制約の範囲内で制定された自衛隊法で存在を明確にしているのだから。なぜ他の職務の組織を差し置いて、自衛隊だけ憲法に明記する必要があるのか。病院も消防も警察も一般公務も介護も土木建設もどの職務も尊く国民のために必要だ。労災事故が多いことでもわかるように、命をかける職務もある。東日本大震災では正規の職務でない消防団員の人たちが地域の人を救うため何百人も犠牲になった。だが、それらの職務は憲法に明記されていない。憲法の制約の範囲内で制定された法律のもとに存在が許されているだけだ。それでも、どの職務の人も懸命に職務に励んでいる。自衛隊だけ憲法に明記することは、自衛隊をそれらの尊い職務の上に置くことを意味する。すなわち、軍事組織優先を国是とすることを意味する。日本は軍事優先国家として国を破滅させた苦い教訓がある。その教訓に基づいて、軍事優先を国是としないことに決めた。自衛隊も他の職務組織と対等であるべきだ。自衛隊という軍事組織を特別扱いして優遇してはいけない。それは、また軍事が国民の基本的人権に優越する国に変質させられることにもなりかねない。それを志向する勢力が日本には根強い。自衛隊明記改憲を軽く見てはいけない。自衛隊を憲法に明記すれば、それを盾に学校での自衛隊教育・国防教育が始まり、日本学術会議の軍事研究拒否の生命にも圧力がかかるだろう。決して現状追認にはならない。
[ 2017/05/26 21:55 ] [ 編集 ]
「今のままでは自衛隊って合憲じゃないんですよ」って
総理大臣自らが言う日本って・・・
周りが忖度してくれるんだから本人が言っちゃァおしまいよ。

村山富市首相(当時)の頃から
「日米安保堅持・自衛隊は合憲」以上終わり。 ってなってるのにね。

本当のねらいは別のところにある。
可能性1 自衛隊を米軍のパシリにして「カラード同士で殺し合う」路線をまい進。
可能性2 現憲法の3大原則「国民主権」「平和主義」「基本的人権」をすべて壊す。
可能性3 1と見せかけて実は大日本帝国の復活を目指し米帝と競争関係に突入する。
   --全部だったりして--
[ 2017/05/26 22:20 ] [ 編集 ]
安倍さんの悲願やっと達成できそう。
日本を守るには
共謀罪も改憲も徴兵制も
絶対不可欠です。
[ 2017/05/26 22:21 ] [ 編集 ]
創価の教義解釈を知る立場から言わせて頂くと…
公明党は教義もなにもないアニミズムの延長のような神道集団信徒である安倍一派にすり寄られていい気になっているが、派生母体創価学会が慕う宗祖日蓮仏法は教義に厳格であったはず。
つまり創価南無妙法蓮華経は謗法厳誡をあっさり破り、日蓮の命であった折伏を怠り神道一派と同座して国民を苦しめ卑しい嘘つき政党と同化した。
日蓮が見たら怒り心頭であることは明白。
一国の総理大臣がこの大謗法の似非法華信徒達と連座して名誉や利権を貪り、欺瞞的な三悪道を行ずるということは、日蓮の遺文にある「国さえ亡ぶ」国難の時が近い印であろう。
救われる道はただひとつ。
国民は軽々しく神や仏にすがる前に対象を深く精査し、少なくとも低俗なカルト宗教にかかわる政治家連中への投票を一切辞めることが先決である。
もちろん無宗教政党であっても安易な迎合は禁物であるが、歴史を紐解けば政治の邪な宗教依存に明るい未来はない。
[ 2017/05/27 05:01 ] [ 編集 ]
九条を二つにするって
それって
「ソッチには書いて無いかもしれないけれどコッチには書いてある」
「コッチの憲法を解釈しなおすと,地球の裏で先制攻撃する事も自衛になる」
「コッチの憲法使っているんだからソッチはもう要らない」
って事になるだろ

今までだって散々「自衛権は放棄していない」って解釈してきたわけで
ここでハードルを下げたらダメだろう
特に今の政権だと
[ 2017/05/27 06:38 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク