情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.01.31 06:00|カテゴリ:健康問題全般コメント(2)

STAP細胞、既に猿で臨床試験を開始!細胞を移植した半身不随の足が動く!当初は「細胞学を愚弄している」等と強く批判されていた!


20140130204133saibougaku.jpg
もしかすると、がん治療だけではなく、若返りなどを含め、あらゆる人々の願いが実現することになるかもしれません。

弱酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞に分化できる万能細胞を作製することに理化学研究所発生・再生科学総合研究センターのチームが世界で初めて成功しました。この研究チームのリーダーは小保方(おぼかた)晴子氏で、実はかなり前からこの研究成果を各所で発表していたことが分かっています。
ただ、最初の頃はあまりにも突飛な研究成果から、逆に「細胞生物学の歴史を愚弄している」とまで言われて批判されていました。

小保方さんのチームが発見したSTAP細胞は、従来のIPS細胞よりも短期間に大量に作製することが出来るため、様々な分野での活躍も期待することが出来ます。既に理化学研究所と共にSTAP細胞の研究をした米ハーバード大の研究チームが、猿を使った臨床実験をしており、半身不随だった猿の足や尾が動くようになったのを確認しました。

先日にも鳥取大学が癌細胞を正常な細胞に戻す方法を発見しましたが、このような技術が実用化されれば、癌を含めた膨大な数の病気に対応することが出来るようになるかもしれません。


☆理化研・小保方晴子:万能細胞「STAP細胞」を開発


☆「STAP細胞」何がそんなにスゴいのか?・・・詳しく解説(14/01/30)


☆新万能細胞、サルの治療で実験中…ハーバード大
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140130-00000620-yom-sci

引用:
 【ワシントン=中島達雄】細胞に強い刺激を与えただけで作製できる新たな万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の開発に理化学研究所と共にかかわった米ハーバード大の研究チームが、脊髄損傷で下半身が不自由になったサルを治療する実験を進めていることを30日明らかにした。

 研究チームの同大医学部・小島宏司医師によると、脊髄損傷で足や尾が動かなくなったサルの細胞を採取し、STAP細胞を作製、これをサルの背中に移植したところ、サルが足や尾を動かせるようになったという。

 現在、データを整理して学術論文にまとめている段階だという。研究チームは、人間の赤ちゃんの皮膚からSTAP細胞を作る実験にも着手。得られた細胞の能力はまだ確認中だが、形や色はマウスから得たSTAP細胞によく似ているという。
:引用終了

☆理研の万能細胞、海外から賛辞 「また日本人が成果」
URL http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG3000P_Q4A130C1CR0000/

引用:
 「革命的だ」「また日本人科学者が成果」。30日付の英科学誌ネイチャーに掲載された新たな万能細胞「STAP細胞」開発の成果は海外の主要なメディアが取り上げ、称賛する研究者の声を紹介した。

 STAP細胞は、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)らが作製。英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのクリス・メイソン教授は「また日本人が万能細胞の作製法を書き換えた。山中伸弥氏は4つの遺伝子で人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ったが、STAP細胞は一時的に酸性溶液に浸して培養するだけ。どれだけ簡単になるんだ」と驚きのコメントをネイチャーに寄せた。
:引用終了

☆万能細胞「STAP細胞」ヒトでも成功するか注目
URL http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140130/t10014883201000.html

引用:
STAP細胞は、神戸市にある理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子研究ユニットリーダーなどのグループが作製に成功したもので、マウスのリンパ球を30分ほど弱酸性の溶液に浸し培養したところ、体のさまざまな細胞になる万能性が確認されたということです。
STAP細胞は、遺伝子を細胞の中に入れて作るiPS細胞に比べ、短期間に効率的に作り出せるほか、がん化するおそれが低いとみられるなどの特徴があります。
こうした点は、病気やけがで傷ついた体を治す再生医療の実現のためには大きな利点で、今後、ヒトの細胞で今回と同じような万能性を持った細胞がつくり出せるかに注目が集まっています。
:引用終了

ビックリするほどiPS細胞がわかる本 ES細胞やiPS細胞といった万能細胞の基礎知識から再生医療の可能性まで (サイエンス・アイ新書)


万能細胞医療―衝撃の未来医学 (医学最先端シリーズ)


抗がん剤は効かない


抗がん剤治療のうそ ~乳がんをケーススタディとして~ (ワニブックスPLUS新書)
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
STAP細胞研究の小保方晴子さんが

「研究活動に支障が出ている」と報道機関にお願い


ファッションブランドから、サイトには写真特集、

中学の作文を発掘して掲載、と程度の差はあれ

研究以外の人物像を取り上げているメディアは、

反省すべき点が多いにあるのではないでしょうか。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/fujisiro/20140131-00032204/

静かに見守るのが日本人のこころではないのか?
NHKをはじめマスゴミは、安倍晋三を擁護して
こづかい稼ぎするネトウヨと同じレベルで、
芸能報道機関に成り下がったようだ。

[ 2014/02/01 12:11 ] [ 編集 ]
こっぱずかしい記事!
[ 2014/04/03 00:43 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

新しい万能細胞作製に成功 iPS細胞より簡易 理研
各紙が取り上げています。右の写真の割烹着を着た御嬢さんが話題の中心人物。女性の年齢を言ってはいけませんけど、研究者だから。30歳の小保方晴子さん。すごい研究成果ですよ ...
広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム