情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2014.01.31 21:00|カテゴリ:健康問題全般コメント(6)

ワクチンは効果無し!島根県の保育園で風疹の予防接種をしたのに風疹集団感染!インフルエンザワクチンでも同様の事例が!


20140131045250aseiyakukaisya.jpg
島根県の保育園で風疹の予防接種をしていたのに、風疹の集団感染が発生してしまいました。感染が確認されたのは、園児22人と職員1人、家族7人の計30人。この保育園の事例からも分かるように、ワクチンというのは全くと言っていいほどに効果が無いのです。昨年は過去最多の風疹患者が発生しましたが、これも風疹ワクチンが無意味である事を示していると言えるでしょう。

過去にはインフルエンザワクチンでも似たような事例が世界中で報告されており、今では多くの専門家らが見直しや中止を要望しています。元国立公衆衛生院感染症室長­の母里啓子さんもワクチンの中止を要望している専門家の1人で、「集団接種で流行を防ぐ効果は無かった。.インフルエンザ・ワクチンは血液中にしか抗体を作れず、のどや鼻には抗体ができません。ウイルスはのどや鼻から入るから感染はまったく防げないのです」と断言をしました。

このような効果の無いワクチンを、世界中の政府や各機関が推進している原因は「お金」です。ワクチンを一回受けるには約3000円前後の費用が必要ですが、元のワクチン仕入れ金額はたったの1000円しかありません。しかも、厚生労働省によると、ワクチンの原価は僅かに350円という驚きの価格。原価は350円なのに、それを3000円で売れてしまうのですから、政府や医療関係者がこぞって推進しているのにも納得です。

また、ワクチンを接種することで、体の弱い人は逆に感染してしまう危険性なども指摘されています。この辺については、母里啓子さんの書籍などに詳しく書いてあるので、興味のある方は読んでみてください。
いずれにせよ、ワクチンはマスコミ等が宣伝しているほど、強い効果があるわけでは無いので、注意が必要です。


☆予防接種したのに風疹集団感染…島根の保育園
URL http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140116-OYT1T00729.htm

引用:
島根県の保育園で昨春、風疹のワクチンを接種した園児らの集団感染が起きていたことが、国立感染症研究所などの調査で分かった。

 唾液がついたおもちゃをなめるなどしてウイルスが広がった可能性が高いという。感染研によると、ワクチンを接種した幼児の風疹の集団感染例は国内で初めてという。感染研は「妊婦が出入りすることが多い保育園などは注意してほしい」と呼びかけている。

 感染研や県によると昨年4月、予防接種を受けていない1歳の男児がまず発症し、その後、約2か月間に、この男児を含む1~5歳の園児22人と職員1人、家族7人の計30人に感染が広がった。このうち少なくとも園児18人は風疹の予防接種を受けていた。ただ接種した園児の症状は1人を除いていずれも軽く、発熱と発疹がない園児も6人いた。

(2014年1月16日19時36分 読売新聞)
:引用終了

☆インフルエンザワクチン 原価350円が接種時3000円 厚労省公表
URL http://ameblo.jp/yamagata12345/entry-10004123581.html

引用:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050907-00000071-mai-soci

上記サイトより引用

インフルエンザワクチンの製造原価は接種1回分当たり350円だが、二つの中間業者を経て、医療機関に売られる時には平均1000円になっている。厚生労働省は7日、こうしたデータをワクチンに関する同省の検討会(座長=神谷斉・国立病院機構三重病院名誉院長)で公開した。医薬品の原価が公表されるのは極めて珍しい。
同省が、ワクチンを作る国内メーカー全4社に聞き取り調査をした。
メーカーは、1回分平均約350円で作ったワクチンを、約600円で販売会社に出荷する。販売会社は約750円で「卸」と呼ばれる業者に売り、卸は約1000円で医療機関に納める。

インフルエンザワクチン接種は健康保険の対象外で、接種の料金は各医療機関が自由に決める。同省の昨年の調査では、1回の接種料金は平均3000円だった。1万円近い例もあるという。
医薬品は通常、製薬会社から卸に売られる。ワクチンの流通は、1段階多い。神谷座長は「原価と末端価格の差が大きい。これを何とかすれば、新型インフルエンザに備えた新ワクチンの研究開発費のねん出もできるのではないか」と指摘した。
ワクチンメーカーなどで作る細菌製剤協会によると、04年度のインフルエンザワクチンのメーカー出荷額は約171億円で、各種ワクチンの合計出荷額の約3割を占めた。【高木昭午】
(毎日新聞) - 9月7日19時46分更新
:引用終了

☆先天性風疹症候群、昨年の出生児数32人に修正
URL http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140127-OYT1T01012.htm

引用:
妊婦の感染により胎児の目や耳に障害が起こる先天性風疹症候群について、国立感染症研究所は、2013年に報告された出生児数を、31人から32人に修正した。
 昨年末、埼玉県内で診断された男児がいたが、県への届け出が遅れ、今月上旬に受理されたという。
 風疹は2013年に大流行し、昨年の先天性風疹症候群の出生児は、発生の報告を義務づけた1999年以降で最多だった。大流行の影響はまだ続いており、今年に入って新たに3人の出生児が診断されている。

(2014年1月27日19時36分 読売新聞)
:引用終了

☆インフルエンザワクチンは打ってはいけない
URL http://www.thinker-japan.sakura.ne.jp/dontvaccinated.html

引用:
ワクチンが有効とされる仕組みです。弱ったウイルスや死んだウイルスをあらかじめ、打っておく。そうするとそのウイルスに対しての抗体ができる。後にそのウイルスに感染したときには、以前にできた抗体があるので、すぐさまウイルスにくっついて、免疫細胞が攻撃しにいくから感染を予防できる、というわけです。
o0550041212395490740.jpg
ところがワクチンが有効とされる他のウイルスと違い、インフルエンザウイルスは速いスピードで小変異を繰り返します。だから、去年インフルエンザにかかって、免疫があるはずなのに今年も罹ってしまうことがあるわけです。インフルエンザウイルスは、ヒトからヒトに感染するたびに小変異を繰り返すのです。一方、ワクチンをつくるのには約半年、ウイルスの選定から入れると約1年かかります。
:引用終了

☆ワクチン大丈夫?!15年前に集団接種は中止した!


☆『待って!そのワクチン本当に安全なの?』【10分ダイジェスト版】WB3



関連過去記事

☆【危険なワクチン】ワクチンは接種しない方が良い!?ワクチンの危険性と利権  その裏には人口削減計画と世界管理
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-286.html



薬をやめれば病気は治る (幻冬舎新書)


インフルエンザワクチンはいらない (双葉新書)


フレンドの遺言状―それでもあなたはワクチンを打ちますか?


新型インフルエンザワクチン・タミフルは危ない!!―病気より薬が怖い?


安部英医師「薬害エイズ」事件の真実
関連記事



ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
火事場泥棒の資本主義
ショックドクトリン
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=29l3PIWcNTg

何もインフルエンザなどの病気だけではない。戦争、緊張、貧困、気候変動、恐慌などの「脅威」が1%には必要なのだ。99%はこんな八百長みたいなステムにいつまでも踊らされ苦しめられ殺されつつあるのが悲しい現実だ。
[ 2014/01/31 22:19 ] [ 編集 ]
免疫が低下してるんで、抗体作れないんですよ。
抗体自体の数が減ってる。

ワクチン打ったところで、防ぐもんが弾切れなんだものw
打っても流行するわけ。311以後から。急に。
[ 2014/01/31 22:26 ] [ 編集 ]
煽り?医薬品のCM?・・・ではありません!?  
これは ↓ ニュースです!・・・???

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2115702.html


副作用には触れません。勿論効果?も分かりません。。巨大な利権ムラ?。。。
[ 2014/01/31 23:31 ] [ 編集 ]
削除されていました同一のCMのようなニュースがありましたので再度UP
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2116263.html
[ 2014/01/31 23:36 ] [ 編集 ]
以前、「風疹 遺伝子」で調べたとき、「今ある風疹ワクチンは日本型で、最近流行しているのは東南アジア型」というような内容の文書が出てきました。
そこら辺も関係してるかもしれません。

私は3歳ぐらいでかかり、中学生の時に集団で予防接種、23歳で妊婦検査で風疹の免疫がついていないことがわかりました。
そのときに、「風疹が最近はやっていないから免疫が無くなったのかも」と言われました。
2年後くらいに再度接種、その3年後に第2子妊娠、またも免疫なし。
先生「まれに風疹の予防接種が効きにくい人がいる。私も3回接種したけどつかなかったのであきらめた。周りに聞いても3回までは打って見た人はいるようだが、4回目となると経験的な安全性が補償できない。」
とのことで、予防接種はあきらめ、結局3人出産しましたが、無事でした。
(もちろん旅行しない・人混みを極力避ける・マスク・手洗いうがい等対策はしました)
どうも風疹の予防接種は効きにくく、また10~15年くらいで消えてしまう事がわりとあるとも言われました。

以上、妊婦さんやそのご家族が見ているかもしれないので書かせて頂きました。


[ 2014/02/01 12:37 ] [ 編集 ]
日本人を断種して、かわりに似た顔の朝鮮系が後釜にすわる。
このようなトンデモな謀みがあればこそ、創価学会=公明党なんぞは、
危険きわまる子宮頸がんワクチン接種に血道を上げてきた。
1000万人移民計画なんぞも、似たような思惑から計画されてきた。

http://blog.goo.ne.jp/wagasato/d/20140213
[ 2014/02/13 14:39 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク