情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.28 13:30|カテゴリ:噴火関連情報コメント(3)

再び噴火が連続発生、小笠原諸島の西之島が拡大!赤い溶岩も!西之島噴火後は地震の恐れ



s_ice_screenshot_20170528-061614.jpeg

先月に1年半ぶりの噴火を観測した小笠原諸島の西之島ですが、最新の映像で今も非常に活発な活動を続けていることが分かりました。

NHKの取材班によると、1分間に10回程度の噴火が観測され、いわゆる「ストロンボリ式噴火」が連続で発生している様子が撮影されたとのことです。火口からは赤い溶岩も溢れている状態で、溢れ出た溶岩が冷え固まることで島が拡大しています。

島の大きさは噴火直後の約12倍に拡大し、この1ヶ月間の噴火でも約180メートルほど成長した可能性が高いです。

西之島が噴火すると数カ月後に大地震が発生することが多く、熊本大地震の直前にも大噴火を観測していました。過去には伊豆諸島沖での地震でも西之島が噴火しており、念の為に地震対策だけは入念にしておいたほうが良いです。


西之島は今も活発な火山活動続く NHKが撮影
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170526/k10010996151000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

s_ice_screenshot_20170528-061912.jpeg
s_ice_screenshot_20170528-061929.jpeg
s_ice_screenshot_20170528-061944.jpeg
s_ice_screenshot_20170528-061951.jpeg
s_ice_screenshot_20170528-062047.jpeg
s_ice_screenshot_20170528-062052.jpeg
s_ice_screenshot_20170528-062101.jpeg
s_ice_screenshot_20170528-062119.jpeg
先月、およそ1年半ぶりに噴火が確認された小笠原諸島の西之島をNHKが上空から撮影した結果、島の中央にある火口で噴火が断続的に発生し、1か月余りたった今も活発な火山活動が続いていることがわかりました。専門家は、流れ出た溶岩で島の南西側が拡大を続けていると指摘しています。



海上保安庁 西之島
https://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/kaiyo18-2.htm

s_ice_screenshot_20170528-061546.jpeg
s_ice_screenshot_20170528-061600.jpeg
s_ice_screenshot_20170528-061614.jpeg
s_ice_screenshot_20170528-061625.jpeg
s_ice_screenshot_20170528-061641.jpeg
























【防災バック】VIAGGIO多機能ディバック/アウトドア 【7077】 オレンジ


防災 非常用 ソーラーチャージャー RAVPower 超軽量 改良版 16W 2ポート 折りたたみ式 ソーラーパネル ソーラー充電器 iPhone iPad Galaxy S7 など スマホ タブレット モバイルバッテリー 対応 スマホ用充電器 アウトドア用


尾西食品 アルファ米12種類全部セット(非常食 5年保存 各味1食×12種類 )
関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
北陸住まいの俺だが、昨日の夜の地震は弱いながら『揺れが長かった』。あれはスゲー不気味だった。
何かの前兆でなければいいのだが。
[ 2017/05/28 15:36 ] [ 編集 ]
島の名前を「平成新島」とでも変えたほうがよくない?
[ 2017/05/28 17:00 ] [ 編集 ]
長野で群発してるね。
[ 2017/05/28 18:11 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム