情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.31 00:13|カテゴリ:政治経済コメント(5)

JASRACの著作権料問題、音楽教室が一斉提訴!ヤマハ音楽振興会など200社以上!「例のない規模」


s_ice_screenshot_20170531-000338.jpeg
*JASRAC

JASRAC(日本音楽著作権協会)が音楽教室から楽曲を使用した著作権料を徴収すると発表した問題で、ヤマハ音楽振興会など約340事業者が集団訴訟を起こすと発表しました。

265社が訴訟に賛同する方針で、事務局は「200社以上が訴訟に参加する手応えを得た。JASRACを相手取った訴訟では過去に例のない規模になるだろう」とコメントしています。

JSARACを巡っては過度な著作権料の強制徴収でトラブルが頻発しており、ネットでも強い反感の声が相次いでいました。ただ、安倍政権はJASRACの方針を認める閣議決定をしていることから、裁判で勝訴まで行けるかは不透明です。


音楽教室側、JASRAC集団訴訟へ 200社超参加か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000079-asahi-musi

日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権料を徴収する方針を決めたことをめぐり、ヤマハ音楽振興会など約340事業者でつくる「音楽教育を守る会」(東京都)は30日の総会で、「教室での演奏には著作権が及ばない」としてJASRACへの支払い義務がないことの確認を求める集団訴訟を起こす方針を承認した。






















関連記事
ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
JASRACは当然の権利を行使しているだけと見る向きもあるが、間違えてはいけないのは著作権者への分配が極めて不透明感であり、尚且つ小規模の会場では例え演奏者が著作権料を適切にJASRACに支払っても、事務手数料の方が高いという理由で、著作権者には一銭もお金が渡っていない事が明らかになってきた事である。
どこの世界にそんな意味のわからない手数料が発生する事例があるのか、一体誰に対する手数料だと言うのか。
これじゃ、音楽教室から徴収しても著作権者に一切還元されないじゃないか。
更に、JASRACは包括契約意外の透明性のある契約に対しても消極的である問題もある。PCとネットを使えば簡単に済みそうな事務処理も、紙ベースで余計な手間を掛けている状況は改善されたのか?
要するに、著作権者の利益をうたいながら、己の都合を押し付けているのがJASRACの実態である。
安倍、橋下ら新自由主義者達が既得権益云々と言うのには懐疑的な俺だけど、JASRACに関してだけは時代と実態がかけ離れていると断罪せずにいられない。
まずは管理楽曲の著作権収入を透明化し、著作権者に正しく還元する所からだ。
音楽や権利者を守るとはそういう事である。
[ 2017/05/31 01:33 ] [ 編集 ]
共謀罪が出来てしまうと、この諸音楽教室の行動も萎縮させられるに相違ない。
[ 2017/05/31 06:59 ] [ 編集 ]
>安倍政権はJASRACの方針を認める閣議決定をしている


安倍政権は岩盤を打ち破って自由化を進めると言葉では国民騙しに専念していますが、やっていることはグローバルな大企業の利権や、既得権益を持つ者をひたすら太らせることに御執心で、私腹を肥やし、親族や知り合いの利益にのみ奔走する詐欺犯罪者集団の悪漢の徒党です。
[ 2017/05/31 11:56 ] [ 編集 ]
JASRACは、一度コテンパンにやられた方が良いよ
害が大きすぎるからね
[ 2017/05/31 16:05 ] [ 編集 ]
Jasrac に質問 公教育での 楽曲使用 の場合 はどうなるんでしょうか?
[ 2017/05/31 19:55 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

広告
今日の人気記事
広告
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
広告
検索フォーム