情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.31 15:00|カテゴリ:健康問題全般コメント(8)

【世界禁煙デー】電子タバコに高濃度の発がん性物質!紙タバコよりもリスク?スイスがIQOSを調査


s_ice_screenshot_20170531-071846.jpeg
*IQOS


電子タバコに猛烈な発ガン物質が含まれている可能性が浮上しています。
スイス・ベルン大学の研究者らによると、アメリカのフィリップモリス社が販売している加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」には多数の発がん性物質が含まれ、場合によっては普通の紙タバコよりも多いとのことです。

電子タバコは電気の熱で加熱することで煙を発生させないタバコで、受動喫煙対策の面から利用者が世界中で激増。その中でもアメリカのフィリップモリス社は非常に生産数が多く、電子タバコの影響を調査するためにスイスの研究者らが動くことになりました。

医学雑誌の「JAMA Internal Medicine」で副編集長を担当している医学博士のミッチェル・カッツ氏も、「発がん性物質が周囲に流出するため、公共の場での利用は非喫煙者の健康も害する恐れがある」と言及しています。

シンガポールでは危険性の高さから電子タバコの所持自体が禁止されているほどで、安易に電子タバコを安全と信じ込むのはリスクがあると言えるでしょう。

ちなみに、日本の国会で議論が行われている受動喫煙禁止法案では、電子タバコだけが対象外になっています。


Smokeless cigarettes contain MORE cancer-causing chemicals than traditional ones - despite tobacco giants claiming they are safer
http://www.dailymail.co.uk/health/article-4551908/Heat-not-burn-cigs-contain-cancer-causing-chemicals.html

s_ice_screenshot_20170531-071808.jpeg

'Heat-not-burn' cigarettes still release cancer-causing chemicals
http://www.reuters.com/article/us-health-tobacco-heatnotburn-idUSKBN18M2JB

(Reuters Health) - - A new type of "heat-not-burn" cigarette releases some of the same cancer-causing chemicals found in traditional cigarette smoke, a recent experiment suggests.

Researchers analyzed the chemical compounds and nicotine in smoke from traditional cigarettes and from the new devices, which are designed to heat disposable tobacco sticks and give users the taste of tobacco without the smoke or ash.

The smoke released by this "heat-not-burn" cigarette had 84 percent of the nicotine found in traditional cigarettes, researchers report in JAMA Internal Medicine.

Heat-not-burn cigarettes also released chemicals linked to cancer including carbon monoxide, volatile organic compounds (VOCs), and polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs).



【悲報】IQOSは紙巻タバコより「高濃度発がん性物質」を含んでいることが判明! 科学者「副流煙も有害」「使用制限を」
http://tocana.jp/2017/05/post_13365_entry.html

 国際ニュース通信社「Reuters」(5月26日付)によると、「フィリップモリス」社から販売されている「IQOS」用タバコに「一酸化炭素」、「多環式芳香族炭化水素」、「揮発性有機化合物」といった有害物質が含まれていることが分かったという。分析にあたった研究者らは、「これらの有害物質に安全な最低基準は存在しない」ため、どんなに少量でも人体に有害であるとの見解を示している。

 さらに、「フィリップモリス」社の紙巻タバコ「Lucky Strike Blue Lights」と比較したところ、IQOS用タバコには、これより高濃度の有害物質が含まれていたというから驚きだ! 「従来のタバコに比べて90%の有害物質をカット」を謳う「IQOS」にとって、これは致命的だろう。









関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
>電子タバコに猛烈な発ガン物質
以前から凄く有名な話ですな
IQOSも絶対やばいと思ってみてましたが、案の定な様で
[ 2017/05/31 15:36 ] [ 編集 ]
メーカー担当者の話しでは、普通のタバコと同じでこれからヨーロッパやアメリカでは規制されてしまうので、ホイホイ買ってくれるアホな日本人は本当にありがたいそうです(笑)。
[ 2017/05/31 16:10 ] [ 編集 ]
せっかくタバコの伏流煙を吸わなくてもいい環境が増えてきたのに
タバコより酷い害のある伏流煙は勘弁してくれよ
[ 2017/05/31 16:43 ] [ 編集 ]
喫煙者は分煙ルームにこもってばんばん吸って早々に死に絶えてくれれば非喫煙者にとってもハッピーな未来
[ 2017/05/31 17:01 ] [ 編集 ]
タバコ吸う人減っているのに
アイコスなんて作って
ガンになりやすいとか
誰が買うの?
[ 2017/05/31 18:03 ] [ 編集 ]
タバコはパーキンソン病の治療薬になり得るので今後は医薬品として薬事法で定めたらいいと思います。 マリファナも 同じように 医療用として 許可すべきだと思います。 それから 煙害ですが タバコばかりが悪者にされて いますが 仏壇の線香の方が もっと有害だと思います。タールの量がハンパないらしいです。
[ 2017/05/31 18:44 ] [ 編集 ]
そのうち発癌性物質を含まない電子タバコが開発されるでしょ
[ 2017/06/01 01:39 ] [ 編集 ]
世界のタバコ市場の趨勢は健康志向を背景に紙巻きタバコの生産を縮小させ加熱式タバコに力を注いでいる
世界最大手のフィリップモリスは言わずもがな第二位のシェアを誇る英国のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)も加熱式タバコ「glo」を仙台のみで販売していたが来月より東京 大阪 宮城でも販売する
第三位のJTの今年度の紙巻きタバコの販売数は年間1000億本を初めて下回るとの試算があり加熱式タバコにおいては上述の二社の後塵を拝していた
JTは今月27日から加熱式タバコ「プルーム・テック」を東京都で販売を開始し2018年末までに💴500億投資する予定である
JTの小泉氏にとってこの研究結果に関して意見を求められれば煙に巻きたいだろう☺
[ 2017/06/01 09:38 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
アクセス数
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク