情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.05.31 22:00|カテゴリ:政治経済コメント(39)

自民党元総裁・河野洋平氏、安倍首相を名指しで猛批判!「理解しようがない。9条はさわるべきではない」


s_ice_screenshot_20170531-213700.jpeg


元自民党総裁の河野洋平・元衆議院議長が安倍政権を猛批判しました。

報道記事によると、31日に都内で行った講演会で河野氏は「理解しようがない。9条はさわるべきではない。(2020年の憲法改正で)突如としてああいうことをおっしゃる言い方に全く驚いている」と述べ、安倍首相の憲法改正を強く批判したとのことです。

また、続けて河野氏は「憲法は現実に合わせて変えていくのではなく、現実を憲法に合わせる努力をまずしてみることが先ではないか。憲法には国家の理想がこめられていなければならない」などと主張し、安倍政権の憲法を強引に変えようとしている方針に疑念を投げ掛けました。

講演会の途中では「安倍という不思議な政権」と呼び捨てにする場面も見られ、河野氏が安倍政権に大激怒していることが分かります。


河野氏、安倍首相を批判「憲法9条はさわるべきでない」
http://www.asahi.com/articles/ASK505T5JK50UTFK00W.html

 自民党元総裁で衆院議長も務めた河野洋平氏が31日、東京都内で講演し、安倍晋三首相が憲法9条を改正して自衛隊の存在を明記する考えを表明したことについて「理解しようがない。9条はさわるべきではない」と批判した。

 河野氏は、首相が憲法記念日に合わせた集会に寄せたビデオメッセージで9条改正を目指す考えを明らかにしたことについて、「突如としてああいうことをおっしゃる言い方に全く驚いている」と指摘。9条について「このままでも国民は納得しているのだから、このままでいい。自衛隊の存在がある以上(憲法に)書くべきだという人もいるが、それは間違っている」と述べた。



「安倍という不思議な政権」河野洋平元衆院議長が首相を呼び捨て猛批判 外交も「中国の嫌がることばかり」「9条は触るべきでない」 講演詳報
http://www.sankei.com/politics/news/170531/plt1705310039-n1.html

 かつて自民党総裁を務めた河野洋平元衆院議長が31日、都内で講演し、安倍晋三首相(党総裁)が9条への自衛隊の存在明記などの憲法改正に意欲を示したことに関し、「安倍という不思議な政権」と呼び捨てにし、「理解のしようもない」と首相を猛批判した。















関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
日本は平和憲法の精神を活かして、あらゆる兵器と戦争の国際法上の非合法化に取り組み、それを実現させなければならない。
[ 2017/05/31 22:05 ] [ 編集 ]
>憲法は現実に合わせて変えていくのではなく、現実を憲法に合わせる努力をまずしてみることが先ではないか

素晴らしい
[ 2017/05/31 22:07 ] [ 編集 ]
22:07のコメントに同感です。

本当に素晴らしい。

河野氏は立憲主義や憲法の意味合いをよく理解している。

これは政治家として当然のことなのだが、安倍氏は・・・。
[ 2017/05/31 22:11 ] [ 編集 ]
河野氏の真の意味で公共性を感じさせるご発言とともに、

こういうニュース(安倍政権に対する多様な意見)をアップしていくこと自体にも拍手だと思います。

こうしたニュースが知られてけば、少しずつ人々の認識も変わっていく。

ぜひ、こうしたニュースをどんどんあげていって欲しいと思います。

[ 2017/05/31 22:13 ] [ 編集 ]
これが最悪最低の阿部野ミクスの本領発揮ですな。
消えてもよし。
[ 2017/05/31 22:15 ] [ 編集 ]
彼なら、こう発言するだろうと思っていた。穏健派の立場が変わっていないことに安堵した。
[ 2017/05/31 22:17 ] [ 編集 ]
自衛隊を憲法に明記すると、
へ理屈付けて、戦争に持っていきそう。
[ 2017/05/31 22:26 ] [ 編集 ]
さすが河野太郎氏が自分の肝臓を提供(生体肝移植)して命を救ったお父上だけのことはある。
[ 2017/05/31 22:36 ] [ 編集 ]
流れをかえなくては
絶対に
[ 2017/05/31 22:37 ] [ 編集 ]
速報 待機児童問題3年後に先送り
また嘘
安倍ちゃん、前に
「待機児童問題を今年度中に解決する」と大見得切ったのに、

3年後に先送り(!)

もう一つ
アメリカが、

【パリ協定から離脱】
[ 2017/05/31 22:39 ] [ 編集 ]
自民党の安倍首相は正しいです。人類を死に追いやる根本原因たる9条は即刻廃止し、日本のためになくなっていった兵士たちのためにも、北朝鮮や中国、韓国に宣戦布告するべきです。立ち上がれ日本!
[ 2017/05/31 22:40 ] [ 編集 ]
河野氏はカンボジアで文民警察官二人死んだ件について未だ重責を感じているようですね。彼だけでなく当時政権中枢にいた後藤田、宮沢も同じ想いを抱いていた様相を語ってます

権力の頂点に君臨しながら、個人として、一国民としてのフラットな視線を忘れなかったから当時の自民党は広く支持されたのでしょう

以下文民警察官が死んだ件をモチーフに、押井守が戦争論を語った名作【パトレイバー2】より引用

https://www.youtube.com/watch?v=deYO3Hph3_4

(荒川)
後藤さん。警察官として自衛官として、俺たちが守ろうとしてるものってのはなんだろうな。
前の戦争から半世紀、俺もあんたも生まれてこの方、戦争なんてものは経験せずに生きてきた。
平和…、俺たちが守るべき平和。(中略)戦争への恐怖に基づくなりふりかまわぬ平和。
正当な代価を、よその国の戦争で支払い、そのことから目をそらし続ける不正義の平和。

(後藤)
そんなきなくさい平和でも、それを守るのが俺たちの仕事さ。
不正義の平和だろうと、正義の戦争よりよほどましだ。
[ 2017/05/31 22:46 ] [ 編集 ]
トランプみたいに安倍晋三を弾劾するとか出来ないわけ?
[ 2017/05/31 22:46 ] [ 編集 ]
引退した元自民党員の人達は党内でも自由に声を上げれない今の安倍ボン政権をどう思っているんでしょうかねー?
金絡みの不祥事は昔から多かった自民党ですが、ここまで急激に幼稚で短絡的な政治思想にまで落ちぶれるとは思ってもいなかったのでは?
[ 2017/05/31 22:46 ] [ 編集 ]
至上最悪のぼくちゃん知らないキャバクラ安倍だもの❗
[ 2017/05/31 22:47 ] [ 編集 ]
22:46
押井守自身のスタンス、オピニオンは荒川の側なんだよなぁ…。
[ 2017/05/31 22:58 ] [ 編集 ]
安倍政権の美しい日本とは 民主主義を目指す真の平和国家とは到底思えない 

東北の悲惨な現実を 直視するなら 少なくとも 脱原発をなぜ主張しないのだ

戦後の混乱から生まれた自民党は すでに崩壊し 似非右翼の安倍政権に乗っ取られたのである
[ 2017/05/31 23:00 ] [ 編集 ]
今の自民党は安倍晋三に反感を抱かない意思薄弱な議員ばかりになったのでは。
というか自民党に限らず日本人全体に泥臭い正義感が失われてしまったような気がする。
結局それで困るのは日本人自身なんだが。
[ 2017/05/31 23:01 ] [ 編集 ]
今ごろ安倍サポータークラブはカチャカチャカチャカチャ、河野氏のネガティブ情報をググりまくりなんだろうな。

それにしても河野氏、あまりに正論で胸がすく。でも別段、特別なことを言っているわけではなくこれまでの自民党内での話をしているだけ。

つまり、安倍自公政権はもはや保守・自民党ではない。革新・安倍性急党。新自由ご勝手主義党でもいい。

旧自民党員のかたは名を騙られていることに怒ってくださらないでしょうか。一般の情弱老人の方々は、安倍自民を昔ながらの自民党だと思って票を入れてると思う。

少し前に亀井氏なども言っておられたが、他の自民党重鎮と言われた方々もまた、何度でも今の自民党はおかしいと言ってほしい。

自民党につい入れる人々に、今の安倍政権は昔の自民党とは違う、しかも悪い方向に違うと広めることが大事と思う。
[ 2017/05/31 23:10 ] [ 編集 ]
国民投票やってみたい
[ 2017/05/31 23:11 ] [ 編集 ]
自民党5割支持さんは、以前の自民党半分支持なのか、今の自民党半分支持なのか、別に今も昔も一緒だと思ってるのか、
聞いてみたいです。
[ 2017/05/31 23:14 ] [ 編集 ]
>>23:14
小泉政権のときは8割くらい支持してたかな
[ 2017/05/31 23:25 ] [ 編集 ]
>押井守自身のスタンス、オピニオンは荒川の側なんだよなぁ…

確かに押井は荒川的思考法を内包しており、単純な平和主義者ではないと思いますが・・欺瞞に満ちていても平和を望む後藤的なスタンスが彼の最終的な結論なのではないか?と思ってます

※以下のインタビューは参考になります
彼は決して戦争を肯定的に捉えていません。また若年層の物語性や存在感の希薄化、現実の説得力の無さが戦争を呼び寄せている、との指摘は的を射た見方のように思えます

押井守インタビュー 世界情勢は『パトレイバー2』より悪化している
https://www.youtube.com/watch?v=TmAxWod_qsA


【おまけ】だから、遅すぎたといっているんだ!
https://www.youtube.com/watch?v=OV2Vd3apgUw
[ 2017/05/31 23:28 ] [ 編集 ]
小泉支持とは随分ミーハーですね
[ 2017/05/31 23:29 ] [ 編集 ]
自民党憲法草案はもちろん現憲法改正となれば憲法の理念という視点では間違いなく劣化したものになるだろう
[ 2017/05/31 23:49 ] [ 編集 ]
> 05/31 23:25 By:自民党5割支持 URL

夏希かよ
[ 2017/06/01 00:00 ] [ 編集 ]
河野氏があまり変わってなくて軽くビックリ。
そんなに老け込んでもないし目力もある。
そして今回の素晴らしい言葉。
ところで息子の変節(脱原発から推進へ)をどう思っているのだろう。誰も聞かなかったのかな。
[ 2017/06/01 00:03 ] [ 編集 ]
安倍・読売・日本会議の謀略改憲、軍事優先から卒業しないと人類破滅をもたらす
安倍の突然の改憲提案が日本会議の発案であり読売と結託した謀略であることは明白になっている。安倍のブレーンの一人で日本会議常任理事てもある伊藤哲夫は、代表を務める日本政策研究センターの機関誌の去年9月号に次のように書いている。「最優先すべきは護憲派陣営への反転攻勢である┄。そのために改憲はまず加憲から、である。加憲なら、反対する理由はないのではないか」。また、同センター研究部長・小坂実は同機関誌の去年11月号に次のように書いている。「速やかに9条2項を削除するか、あるいは自衛隊を明記した第3項を加えて2項を空文化させるべきである」。9条改憲を悲願とする安倍がこの案に飛びついたと見て間違いないだろう。そして今年4月下旬に安倍は読売新聞のナベツネと会食した。その2日後、読売新聞は首相官邸で安倍に単独インタビューをした。そのインタビューで日本会議案出の改憲案を持ち出し、それが5月3日の読売新聞一面の記事となった。同日、日本会議系の改憲集会のビデオメッセージでも発信した。読売新聞では、首相インタビューとして掲載された。安倍が言うように自民党総裁としての見解を党員に向けて述べたものなら、読売新聞は自民党機関紙ということになる。だが、読売がそのことで安倍に抗議したという話は聞かない。読売が言うように首相インタビューなら、改憲発議権がなく憲法尊重擁護義務だけがある行政府の長の安倍は、行政府の長の立場でありながら憲法を尊重し擁護することを極めて軽んじる人物ということになる。憲法尊重擁護義務をきわめて軽んじる人物が主導してできる憲法が、為政者の尊重擁護義務を期待できる憲法になるとは到底思えない。きわめて軽んじられる「憲法」になるだろう。だから、「憲法」は、もはや為政者を縛る役目を期待できない。したがって「憲法」と称するものがある非立憲主義国家となると考えてよいだろう。改憲でなく壊憲と見なされるゆえんである。いずれにしろ、突如として安倍が出した改憲案では、安倍・読売・日本会議による謀略改憲となるだろう。狙いは日本会議の目論見どおり9条の空文化である。自衛隊明記の条項が9条に書き加えられるなら、狡猾な為政者はその条項を振りかざし、その他の条項は無視するに決まっている。ちょうど放送法の中に第4条があるため、権力者やその加担者がそれを振りかざして放送局の報道内容に介入する口実としていることと同じことになる。放送法第1条に「放送による表現の自由を確保すること」と規定していても、第4条に「政治的に公平であること」と規定されているため、狡猾な権力者によって第1条の「放送による表現の自由を確保すること」が空文化されているようにである。だから、9条空文化を目論む自衛隊明記改憲など許してはならない。自衛隊だけが特に国民にとって大切で命をかける職務などということはない。どの職務も大切な職務であり、殉職した消防士、警察官も多い。土木建設業や製造業、運輸業でも労災事故などで殉職する人はいくらでもいる。国民の生命を守る病院の職務だって感染のリスクを負っている。正式な職務でない地域の消防団員も、東日本大震災では何百人も犠牲になった。PKOの日本人殉職者5人はすべて自衛官以外である。それらの大切な職務はすべて憲法に明記されているわけではない。憲法の制約のもとでの法律に基づいて存在している職務である。自衛隊も憲法の制約のもとの自衛隊法に基づいて存在すればよいだけだ。自衛隊だけ特別扱いしたり聖域化したりする必要はない。それは自衛隊が国民の信頼を得た理由のもとである慎みを奪い、戦前のように増長した軍部になり、また右翼が自衛隊に浸透するもとになるだけだ。あのドイツでも、軍に右翼思想が浸透する問題が起きている。9条との緊張関係があったこそ自衛隊の健全性と統制が担保される。自衛隊を明記して軍事優先の国になることは戦争のハードルを下げるだけだ。それは東アジアの緊張と軍事的抑止力競争を激化させるだけで、国民の安全とは逆行する道だ。不信・敵意の連鎖と軍拡競争の果てに戦争に至れば国民の生命と財産など守りようがない。原発を攻撃されたら復興もできやしない。軍事的抑止力競争は抑制・縮小していかなければ、人類の破滅をもたらすだけだ。
[ 2017/06/01 00:04 ] [ 編集 ]
名無し
にじみ出るオーラが今の国会で遊んでる連中とは
一線を画してますな。
体調が許せば戻って欲しいな。
[ 2017/06/01 00:44 ] [ 編集 ]
なんで今まで黙ってたんだ(笑)
[ 2017/06/01 07:43 ] [ 編集 ]
アベなんて自民党という党の総裁の前に我々国民の使用人であることを忘れてはいけない
使用人が今の立場を利用して、憲法改正の声をあげたことをメディアが全国で報じるのなら権力乱用憲法なんて改正しなくてもできるという人の発言も同等に扱って全国に報道しろ
どこまで腐りきっているのだこの国の報道機関は

[ 2017/06/01 07:49 ] [ 編集 ]
辻元は日本に戻ってきたのか?
3・11の金返せよ。辻本を追求しろー
泥ボー猫を飼うほど3・11の被害はまだ癒えてないぞ 人々には金が必要だ!
[ 2017/06/01 09:44 ] [ 編集 ]
河野洋平、加藤紘一、古賀誠など宏池会は国賊集団だからね。
[ 2017/06/01 09:51 ] [ 編集 ]
理想が大事なんですよね。

公共性をもった理想をもつことで、現実を導く羅針盤になる。

河野さんはそのことをよく理解しています。

政治家として素晴らしいと思います。
[ 2017/06/01 09:57 ] [ 編集 ]
自民党5割支持さん、お応えいただきありがとうございます。
他の記事のところでも書いたのですが、もともとの自民党推しの人からみて今の自民党は違うように見えないのか不思議だったので、聞かせていただきました。
8→5に変化したぶん、やはり感じてらっしゃるんですね。
参考になりました。ありがとう。

[ 2017/06/01 10:17 ] [ 編集 ]
いいぞ洋平よくいった・でんでん!?
[ 2017/06/01 10:38 ] [ 編集 ]
子息の河野太郎氏はどうか、残念ながら無言! 彼は現topと意見違う場合でも従うのは仕方がないと思っているようだ。(故郷の元県議会議長が彼に会ったときにそう言っていたようだ)、彼は苦言でも自分の信念を表明すべきと意見したが、そういう人がうらやましいとの発言であった。太郎氏は信念がなのかと問いたいですね。 優秀なので期待しているが、彼がお父さんのようn信念を持つことを期待する、NEXTbestとして、期待するのは自民党内で安倍を倒し政権交代する事を願うばかりである。自民党議員もバカではないので安倍、菅が嘘八百を言っている事は解かっているはずと思うからである。国民の側に立って今後の政治判断すべきです。
[ 2017/06/01 11:05 ] [ 編集 ]
ついに報道がきた。
世論をリードするのは大手新聞社ではなく、地方紙。
そういう時代に入ってきました。

「共謀罪」法案の対象犯罪 政治や選挙除外に批判
神戸新聞NEXT 6/1(木) 7:30配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000002-kobenext-soci


[ 2017/06/01 12:56 ] [ 編集 ]
自民党の良心
まだ生きていたのか
ありがとう
そもそもそういうことはふまえた上での敵同士だったはずなのに今は心励まされる味方に思える
現状の異常さなんたるか
[ 2017/06/01 17:09 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
アクセス数
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク