情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.06.02 06:00|カテゴリ:政治経済コメント(21)

【速報】ドナルド・トランプ大統領、正式にパリ協定脱退を表明!欧州や国連からは懸念の声も


s_ice_screenshot_20170602-055204.jpeg


アメリカのドナルド・トランプ大統領が正式にパリ協定からの脱退を宣言しました。トランプ大統領はホワイトハウス前で演説を行い、公約とアメリカの国益を守るために脱退すると発言。
政府の離脱手続きも開始しており、年内にも手続きが完了する見通しです。

ただ、国連やヨーロッパなどから反発が相次ぎ、アメリカに中止を要請しています。国連の反対を押し切る形でアメリカが独断で脱退する形になり、外交面での摩擦に懸念が高まっているところです。


トランプ大統領 パリ協定脱退の方針を発表
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170602/k10011003791000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

アメリカのトランプ大統領は地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」から脱退する方針を決定したと発表しました。


















関連記事


ツイッターもやっています!フォローをお願い致します!  情報速報ドットコム 公式ツイッター https://twitter.com/kennkou1
ブログパーツ Twitterボタン
Twitterブログパーツ
排出権取り引きに熱心なのは、ヨーロッパだけだから。地方レベルではやってる所もあるようだけれど、(日本では東京都)国レベルの取り引き制度になるかは疑問。
[ 2017/06/02 06:27 ] [ 編集 ]
科学者の大半が温室効果ガスの効果は認めているのに
時代錯誤も甚だしい
[ 2017/06/02 07:10 ] [ 編集 ]
経済的富裕層が食糧を独占して、または宇宙脱出のように、
「地球温暖化なんて大丈夫だ」と思ってるんじゃなくてそもそも「人口激減するような破局的事態が起こってもかまわない」
という発想を発端としているのが地球温暖化消極派の主流かもしれない、というのは留意しておくべき点

そもそも破局的事態を望んでいるという可能性
自分も今まで地球温暖化は特に楽観派vs人類・地球にとっての危険という対立軸で捉えてたから、
意外と気付きにくい
[ 2017/06/02 07:16 ] [ 編集 ]
排出ガス削減は必要だが、詐欺的な排出権売買市場からは離脱すべき。トランプの今後に期待。
成層圏のCO2が早急に懸念されるなら、増え続ける旅客機やカーゴの便数制限を議論すべきかと。
(個人的にはCO2数値増加の主因と思ってる)
[ 2017/06/02 07:33 ] [ 編集 ]
専門家にただ従っていると悲惨な未来が待っています。 特に一般庶民。
[ 2017/06/02 07:47 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 排出ガス削減は必要だが、詐欺的な排出権売買市場からは離脱すべき。トランプの今後に期待。
> 成層圏のCO2が早急に懸念されるなら、増え続ける旅客機の便数制限を議論すべきかと。

パリ協定と混同してないか?
それとこれは別。
トランプ大統領は汚いガスもバカスカ出して、工場を動かしまくって、金稼ぎしろと言うているのです。
温暖化云々よりも、トランプ大統領の言うことが実行されると公害が増えます。
だから、大問題なのです。
[ 2017/06/02 07:50 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 排出権取り引きに熱心なのは、ヨーロッパだけだから。地方レベルではやってる所もあるようだけれど、(日本では東京都)国レベルの取り引き制度になるかは疑問。

パリ協定その物は排出権の取引なんて決めていません。
パリ協定を結んでいても排出権は拒否している国はたくさんある訳で、最低限の知識を調べてから書いたら?
[ 2017/06/02 07:52 ] [ 編集 ]
>パリ協定と混同してないか?
そんなことは百も承知。動機はどうあれ政治家の誰かが声を上げるのは大切なことでは。
[ 2017/06/02 07:54 ] [ 編集 ]
米国はずし、トランプはずしは、欧州にとってとても意味がある。

米国なしでやってゆくことは、意識改革に繋がる。

優先順位は何なのか、中国やロシアと組む事の方が
はるかに、メリットが大きい。

東京都もついに、封建社会の男根オヤジはずしが
幕を開けた。酒とかタバコとか、女性や弱者、幼子への犯罪と蔑視、
これがある限り、自民党とははっきりと決別したい。
安倍友問題、加計問題、メディアとご飯食べる内閣、
スガのあの道徳のかけらもない老醜した役人の姿、

「古い議会を変えてゆきましょう」
小池百合子氏は静かな口調で語った。

















[ 2017/06/02 08:35 ] [ 編集 ]
CO2を削減していかなければ、難局の氷が全て溶けて、島々が沈没するってネイチャーとか偉い人たちがいってんのになにやってんだトランプ、偉い人の言うことも聞けないのかトランプ、ころすぞ?
[ 2017/06/02 08:42 ] [ 編集 ]
近いうちに、増え続けるCO2が太陽光を吸収し間氷期の終焉が早まった、とかネイチャーとかの偉い人たちが言い出しそう。
[ 2017/06/02 09:10 ] [ 編集 ]
本当のことを言うと叩かれる
アメリカは本当のことを言う人が大統領になったので変わってゆく

日本は本当のことを言う人は”とんでも”扱い、風評だ などと潰されていく・・・・
[ 2017/06/02 09:40 ] [ 編集 ]
やりますね。そもそも口先協定ですから、中国あたりは、
守るといいながら、平気で破りそうですから、バカ正直なだけ、人間味があるのかな。米国が世界に対してしたツケ?を払うのか?それとも世界がツケ?を負うのか?これからが楽しみです。中国のウイグル、チベット問題が、中国民族に跳ね返るか、世界(他民族)に広がるか?日本人も米国に守ってもらう思考が愚かだ改めるべき。
[ 2017/06/02 11:20 ] [ 編集 ]
CO2に反対するくせに原発にも反対する知能障害児
何処見ても狂った奴ばかり
[ 2017/06/02 12:25 ] [ 編集 ]
この決断でアメリカは益々基礎から揺すられる事になる。定まらない地盤でポロポロ落ちたり離れたり、当分盤石な運営は無理だ。アメリカが決める事だが、少なからずでんでん政権も一緒に揺れる筈だ。
[ 2017/06/02 12:35 ] [ 編集 ]
CO2がないと植物が育ちません
[ 2017/06/02 12:43 ] [ 編集 ]
安部政権は、支持しないの?
都合が悪いとダンマリですか。
それとも他国が誤解しているのでしょうか?
[ 2017/06/02 19:13 ] [ 編集 ]
トランプがパリ協定を離脱する最大理由はシェールガスな。

あれは採取する際に地下水を汚染する仕組みで
本格的な採掘前にパリ協定に批准しちゃうと汲み出せなくなる。
[ 2017/06/02 20:19 ] [ 編集 ]
大気中の二酸化炭素量上昇グラフと気温上昇グラフの連動性の議論がよく見られる(理科の教科書にも掲載)が、これは因果関係が逆だという議論がある。つまりCO2が増加したから気温が上昇したのではなく、(何らかの原因で)気温が上昇したから植物の光合成が活発になりCO2量が上昇したのではないかと言われている。樹木の年輪や、氷河に閉じ込められた大気の検出による、地球の数万年に及ぶ気温変動を調査すると、数千年単位で平均気温の変動が見られる。ここ数百年の気温上昇を見ただけではCO2犯人説の根拠としては弱い。
[ 2017/06/02 21:02 ] [ 編集 ]
シェールガスは環境にとても負荷がかかる。

だいじょうぶだ~と言う馬鹿がいるが。

地元の住民に沢山の健康被害も派生する。
キチガイトランプにとってはなんてことないだろう。
[ 2017/06/04 10:11 ] [ 編集 ]
トランプは間違いを正直に正しただけ
報道すべきだったこと1(パリ条約離脱)
http://takedanet.com/archives/1066273704.html

トランプは、当初 その根拠にした予測が間違っていたから、素直にそれを
認めて、間違いを正しただけだぞ。

 このことでトランプを非難する連中は、間違いを認めたくないのか、困ること
があるのだろう。そうするために、あたかもトランプが悪いように印象操作する
のかもね
 
[ 2017/06/11 03:14 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク