情報速報ドットコム

政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!
2017.06.12 18:00|カテゴリ:政治経済コメント(24)

退位後の天皇陛下、京都市長が京都滞在を要請へ!双京構想で上皇の居住を検討!特例法案で動く


s_ice_screenshot_20170612-174959.jpeg
*京都御所


京都市の門川大作市長が上皇(退位後の天皇陛下)の京都居住を国に要請すると明らかにしました。これは「双京構想」として提案される見通しで、門川市長は「国民の総意に基づくもので、国会で特例法が成立するまでは慎重に発言すべきと考えていた」とコメントしています。

双京構想は京都の有識者懇話会が2013年5月に発表した案で、宮中行事の一部を京都御所や京都迎賓館で行うように提言していました。特例法案が成立したことから浮上した話となっており、仮に実現するとしても調整作業で難航することになりそうです。


「上皇」京都滞在、国に要望へ 市長、特例法成立で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000017-kyt-l26

 天皇陛下の退位を実現する特例法の成立を受け、京都市の門川大作市長は12日の定例記者会見で、皇族の一部に京都に居住してもらう「双京構想」を踏まえ、「京都における上皇の滞在や宮中行事の実施に関し、具体的にどういう可能性があるのか、知事や各界の有識者らと近々に再び協議を行い、早急に国に要望したい」との考えを示した。


























関連記事


ブログパーツ
上皇になられる今上陛下を皇居から京都に移住させる…
裏には、政権による、福島原発事故の矮小化を狙う魂胆があるのでは?
[ 2017/06/12 18:14 ] [ 編集 ]
2020年東京五輪が終わったら、京都遷都(せんとく〜〜ん)
すかさず京都オリンピック立候補(冗談です)
[ 2017/06/12 18:18 ] [ 編集 ]
東京のベクレ具合がハンパないからな

東京は危険レベルということ。

「都民ファースト」の一番おいしい特典でもあります。
[ 2017/06/12 18:20 ] [ 編集 ]
この件が本当ならば、維新が推進する大阪賭なんかよりも、京都都(京都々)を作る方が正当性は高かろう…
[ 2017/06/12 18:43 ] [ 編集 ]
公務が0になって完全隠居するわけじゃないなら、京都にいたら不便でしょ?
[ 2017/06/12 19:23 ] [ 編集 ]
退位後も
退位後も政治家の思惑に縛られる天皇…。

というか少なくとも、この問題は京都市・京都府が決める問題ではない。

上皇個人と世論の考えをうけて決めるべきことなのに。
[ 2017/06/12 19:36 ] [ 編集 ]
子や孫の近くにいたいというご希望は考慮されないのか。
ただでさえ一般人より会う自由が利かないんだから、上皇になられたら機会を増やせないものか。
なんかすっかり政治利用されちゃってんな。
[ 2017/06/12 19:40 ] [ 編集 ]
関東人は朝鮮人だから借りたもんを返さないからねえ
[ 2017/06/12 19:48 ] [ 編集 ]
歴史的経緯を尊重するならば、明治以前の形を取り戻すため
天皇の国事行為の大部分を廃止し、皇居そのものを京都に戻すのが筋。
しかし、それは憲法改正が必要なので、妥協として当面は皇居は東京でよい。
[ 2017/06/12 20:06 ] [ 編集 ]
東京一極集中 を少しでも解消する案は大賛成です。

天皇も退位後は京都で京大や同志社とかの大学で 生物の研究を存分にできます。
ips細胞の研究所は京都に集まってるので 天皇も興味深い研究に参加できる機会も増えますし
昭和天皇に海洋生物を献上した 南方熊楠の出身地である和歌山も近いですし
良いことだと思うのですが。
[ 2017/06/12 20:19 ] [ 編集 ]
>>18:43
おいおい、今も京都が都なんだから
「京都都」じゃなくて「京都」でいいの!
大阪なんかと一緒にするなよ!
[ 2017/06/12 20:52 ] [ 編集 ]
また四コマまんが『がんばれ田布施くん』の愛読者が与太万背しています。
[ 2017/06/12 21:00 ] [ 編集 ]
ふざけんな、極左。
京都府なんて、今は単なる歴史観光地方都市。
陛下に都落ちの屈辱など、絶対に許さん。
[ 2017/06/12 21:40 ] [ 編集 ]
京都はリベラルな土地柄でもあるし双京構想なんて地元の政財界の一部が主張してるだけで、京都市民もそんなに興味ないし、全国の人は存在すら知らないよね。
今の天皇が京ではなく東京で即位したのは、戦前回帰を嫌った戦後天皇制の目指す立ち位置もあるだろうから難しいと思う。天皇個人も家族の側がよいでしょうし。京にいたらいたらでそれこそ関西中心に二重権威になっちゃう。
個人的には仮に天皇が望めば京で長期間ゆっくり隠棲するのも構わないとは思うけど、そのせいで御所周辺や主要駅の監視や警備が強化されるのは絶対嫌。
システムとしての天皇制にもメリットが希薄だし、地元市民、一般国民、天皇個人、誰も望まない。
[ 2017/06/12 21:42 ] [ 編集 ]
21:42さん
>>今の天皇が京ではなく東京で即位したのは、戦前回帰を嫌った戦後天皇制の目指す立ち位置もあるだろうから難しいと思う。
どういう意味ですか?
崩御されるまでずっと第二次世界大戦を悔やんできた昭和天皇を見て育った陛下が 戦前回帰を嫌うのは当然でしょうが
天皇は明治以降ずっと東京にいるので 今の天皇が仮に京都で即位したとしても 戦前回帰には繋がらなかったと思うのですが どうでしょうかね
[ 2017/06/12 21:50 ] [ 編集 ]
都取りって!以前から決まっていた話を見えるように表に出したにすぎない。国民に知らせる序文。
天皇家が西に移動する話は何年も前から聞いていた。
いよいよ皇室も具体的に動き出すか。

そして現在の皇居は徳川幕府を再現して一大観光地にする話は既に本に書いている人もいる。
[ 2017/06/12 21:50 ] [ 編集 ]
北の核ミサイル攻撃を考えれば首都東京は危険であるのは明白なので、皇族方にはいざという時の為に、極左や共産主義者・在の巣窟である京都以外で安全な場所を確保しておいて頂きたい
[ 2017/06/12 21:57 ] [ 編集 ]
遷還
東京ヲ解放解消セヨ
[ 2017/06/12 22:02 ] [ 編集 ]
昔住んでおられた懐かしい御所で静かに暮らしたいとおっしゃられたと何処かで読んだ気がします。
譲位された後はご自由にされて欲しい。
[ 2017/06/12 22:05 ] [ 編集 ]
なんだか幕末みたいになってきたと感じるのはわたしだけでしょうか
[ 2017/06/12 22:11 ] [ 編集 ]
スーパーグローバリストの前川誠司が 京都市の地区 で出馬してますが^^;
京都が極左や共産主義者の巣窟というのは大昔の話ですよ。

在日ですが 数で言えば東京や川崎・横浜の方が多いですよね
[ 2017/06/12 22:11 ] [ 編集 ]
2150さん
歴史上初めて東京で即位した意味は色々あるでしょう。
ただ、東京にいても即位は京都でという慣習を敢えて断ち切ってでも東京を選んだのは、新天皇の即位という大事な出発点に、戦前期の昭和天皇の即位の光景(1926年)になぞらえれるのを少しでも嫌ったということが一つ考えられます。
そういった連想イメージが一時的にでも国民に拡散するのは避けたかったのではないでしょうか。
それは明仁さんが個人的に気にしたかどうかというよりは、戦後の象徴天皇制が代替わりしても継続し出発しようとする1989年の時点で、あらゆるリスクを避けるために必要な政治的判断だったのではないかと思います。分かりやすく一言で言えば不吉、縁起が悪いと。
今回、話題になっているのは、そのような昭和天皇と明仁さんの即位の連続と不連続の微妙な併存とは時代的状況が違うはずなので、徳仁さんの即位はどちらでもいいんじゃないかと個人的には思いますけどね。
彼は日本史学者でもあるからそこらへん何かしらこだわりや考えがあるかもしれないなとそれは気になります。
[ 2017/06/12 23:03 ] [ 編集 ]
売敬老害倶楽部与太万背
[ 2017/06/13 06:23 ] [ 編集 ]
有識者会議で権威を二分しかねないから退位には反対って言ってた人がいて、それはお可哀想でしょ上皇でもいいじゃんって当時は思ってたんだけど、ああいう人達が危惧していたのってこういう事だったのか…と今更ながら納得
[ 2017/06/13 15:46 ] [ 編集 ]
長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。また、引用記載無しの貼り付けコメントやスパムは削除致します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
今日の人気記事
スポンサードリンク
最新記事
今月の人気記事
プロフィール

ヤマダ

Author:ヤマダ
記事の更新を優先するので、コメント返信はあまりしないと思いますが、コメントには一通り目を通しています。重要な情報や話などはコメントやメッセージだと埋もれてしまう場合があるので、出来るだけメールでお願いします。メールアドレス kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp

お問い合わせ先
サイトの運営に関して 当ブログに関するお問い合わせは以下のメールアドレスにお願い致します。情報提供等も歓迎していますので、お気軽にメールを送って下さい。 kennkou1usagi@mail.goo.ne.jp
フェイスブック
ツイッター
Amazon
スポンサードリンク
検索フォーム
スポンサードリンク